占星術思いつきメモ(天体位相調査室)—Astrology研究

占星術に関して日々思いついたことを書き留めるブログ。西洋占星術による地震予測、金融占星術の研究をしています。

金融調波占星術-ドルインデックスによる今後の見通し-

2017-11-13 03:10:38 | 金融占星術
先週の日経平均株価は勢いに乗って26年ぶりとなる2万3000円台を記録したものの、週後半には300円超下落した。これまで強気だった外国勢の買いが失速したと伝えられた。

11月は株や為替のレンジ幅や支持抵抗線の値に大きな変化が起きやすく、筆者の週間予想も今の所手詰まり感もあり、サイクルのトレンドが見えるまで暫く見合わせたい。

◆ジュノーで見るドルインデックス◆

今回注目したいのは、ドルインデックス。天体サイクルで見るには、小惑星ジュノーの動きを見るのがわかりやすい。



今年5月11日にジュノーは冥王星と合。それとともにジュノーは逆行を開始した。8月28日には順行に転じ、11月12日に再びジュノーは冥王星と合となった。

チャートを見ていただくと、5月11日から8月28日までの逆行期間には、102ポイントをつけていたドルインデックスは逆行期間の終了頃には91ポイント付近まで下落した。そして順行開始してほどなくチャートは上昇に転じ、現在94ポイント台に回復している。

ジュノーと冥王星の合は、筆者はドルインデックスのサイクルの起点と見ており、まさに今ドルインデックスは新たなサイクルの最初の一歩を踏み出すところに差し掛かったと言える。

ジュノーのサイクルは、順行期間は上がりやすいので、今後さらなるドル高に推移するのかもしれない。しかし1サイクルの期間は4年以上あり、前回は最初の1年半は低迷している。ジュノーが太陽と合を形成した後は上下どちらかのトレンドが出来やすい。

ここでドルインデックスに影響を与えるファンダメンタルズの動きを見ると、トランプ米大統領が次期FRB議長にパウエル氏を指名すると発表したことが、大きく影響すると思われる。

イエレン現FRB議長の任期は来年2月で切れるが、丁度その頃ジュノーに太陽が合を成立させる。2月まではドルインデックスは上値が重いと見るが、次期FRB議長が正式就任し、政策が明らかになるタイミングで、再び強い上昇を見せるものと見てよいと思われる。

占星学による金融市場の波動分析
ドル円とユーロドルのトレンドを分析しています。

※提供する情報は如何なる銘柄も推奨するものではなく、読者ご自身の判断でご利用下さい。

コメント

金融調波占星術 10/30~11/3予想

2017-10-30 04:47:45 | 金融占星術
◆先週の振り返りと今週の予想◆

先週は、日経平均株価が16営業日連続で高値を更新するという新記録が出現した。株価は一時1996年7月10日以来の高値2万1921円まで上昇した。

筆者は強気相場を予想していたので、概ねうまくいったと思うが、途中何度か出現した下落を描き出せなかった。そこで今回から予想枠に市場と直接結びつかない重要な天体位相を、ワイルドカードとして集めて予想に加えることとした。

今週は先週の流れから一転して、弱気相場となりやすい。市場にこれまでの連騰の反動として不安感が増大し、それが値動きに現れると見る。

また特に今週はポンドが強いと見る。ユーロ、金も同様に下値が堅いだろう。全体に荒れやすい環境で、週末の米雇用統計は乱高下に警戒したい。




占星学による金融市場の波動分析
ドル円とユーロドルのトレンドを分析しています。

※提供する情報は如何なる銘柄も推奨するものではなく、読者ご自身の判断でご利用下さい。

コメント

金融調波占星術 10/23~10/27予想

2017-10-23 05:25:15 | 金融占星術
◆先週の振り返りと今週の予想◆

先週の株式市場は、週半ばのスペイン・カタルーニャの自治権停止手続き開始による急落と、週末の米上院予算決議可決による急騰といった極端な変動を見せたものの、全般にドル買いで一週間が押し通された。もう一段深い調整があるのではと見ていたが、空振りに終わった。天王星と水星、ジュノーは両建て天体として意識する必要を認識した。

太陽がさそり座に入る今週月曜からは、投資家にとっては新しい一年のサイクルが始まると受け取ってよいと思われる。さそり座はストックそのものを象意とするサインで、株や金融商品の買付に好機を提供する時期となる可能性が高い。

この時期を振り返ると、民主党から自民党への政権交代、日銀金融緩和第二弾、トランプ氏の米大統領当選などで株価が大きく上昇する場面がたびたびあった。これまでのトレンド動向はひとまずリセットして考えていきたいところである。

今週は天体位相に勢いがあり、ドル買いは継続されると見る。今週末がひとまずのピークではないかと考えられそうだ。筆者の以下のHPによるドル円、ユーロドルの予想トレンドグラフが割といい線を導いているので、参考にしていただきたい。

占星学による金融市場の波動分析
ドル円とユーロドルのトレンドを分析しています。




※提供する情報は如何なる銘柄も推奨するものではなく、読者ご自身の判断でご利用下さい。

コメント

金融調波占星術 10/16~10/20予想

2017-10-16 05:12:45 | 金融占星術
◆先週の振り返りと今週の予想◆

先週の日経平均株価は強い上昇を見せ、21年ぶりという2万1000円の大台に乗せた。一方為替はドル円は続落して週を終えた。筆者の予想では、米債利回りが低迷すると見て株安と判断したが、為替と株の動きが乖離してしまい予想が外れた。

先週も触れたが木星のさそり座入居で、市場の雰囲気が大きく変わった。株価は年末までに強気で推移するのかもしれない。ところが今週は極めて重要な天体位相が成立する。20日に新月の太陽に天王星が衝となり、これが大きなどんでん返しとなるかもしれないのだ。

これに先立つ18日頃、すなわち水星と木星が合となるタイミングに呼応して、市場を揺るがす何らかの異変が発生するおそれがある。最も可能性のあるのはまたもや北朝鮮のミサイルだが、別の事変かもしれない。

天体位相の効力としては、年に1〜2度あるかないかの相場変動となる可能性があるので、十分に警戒していただきたい。





占星学による金融市場の波動分析
ドル円とユーロドルのトレンドを分析しています。

※提供する情報は如何なる銘柄も推奨するものではなく、読者ご自身の判断でご利用下さい。

コメント

金融調波占星術 10/9~10/13予想

2017-10-10 03:27:13 | 金融占星術
◆今週の予想◆

今週の天体位相は、木星のさそり座入り、太陽と冥王星のスクエアなど、市場のセンチメントが大きく変化しやすい。全般に厳しい配置で、週の前半は米債利回り低下、後半は原油の強い売りが予想され、円高株安に触れやすい。急な相場変動には警戒したい。




占星学による金融市場の波動分析
ドル円とユーロドルのトレンドを分析しています。

※提供する情報は如何なる銘柄も推奨するものではなく、読者ご自身の判断でご利用下さい。

コメント