埼玉川口ミューズ林田ピアノ教室/戸田/蕨/南浦和/赤羽~「脳と感性を鍛える/プロ直伝」初心者OK!     

音大講師38年+現役ピアニストの経験を全て伝えるお役立ちブログ。読売/朝日新聞/TV/ラジオ出演/西川口西口徒歩3分

【芸術手記】Vincente Amigos /物凄いギタリストが!

2018年08月18日 | 芸術手記

「ミューズ林田ピアノ教室」の林田です。    

◆「ミューズ林田ピアノ教室」のHPです♪     

    

◆レッスン内容  

      

◆無料体験レッスン  

 

       

Welcome***********************  

 

 ビセンテ・アミーゴ/Vincente Amigos。

 スペイン出身のフラメンコギターの凄いギタリストです。

 

クラシック音楽はヨーロッパの教会を中心に広まり、

その後ロマン派の時代には、貴族社会の庇護の基に発展しました。

 

統一美や形式美を基調とするクラシック音楽は、

良くも悪くも「コントロール」がかかっている、

品行方正な感じがあります。 

  

 

ですが、このスペインのフラメンコギターの様に、

「土着の音楽」として受け継がれている音楽には

何か「生々しさ」を感じます。

 

他にも、

ポルトガルのファド/フランスのシャンソン/イタリアのカンツォーネ/

アメリカのジャズ&ブルース/日本の演歌/南米のフォルクローレ

など・・・。

 

 

その土地に根付く「人々の生活」そのものから、

自然発生的に生まれて来た(生まれて来る)音楽は、

人々の苦しみ・哀しみ・慟哭の思いを「表現」している音楽として、

とても惹かれます。 

「魂の叫び」を表現している様で圧巻!!   

 

 

 

 

 

 

 

不思議な事に、

メジャー(長調の明るい音楽)の曲よりも、

マイナー(短調で暗い音楽)の曲の方が、

どの国にも多くあります。 

 

母親の胎内にいる胎児は、

ひざを抱え頭をたれて」います。

この胎児の姿は「すでに人間の哀しみ」を表現している、

とも言われていますね・・・。

 

 

このギタリストの演奏からは特に、

「人間の哀しみ」を強く感じます。 

 

。。。。。。。。。 Life  is  Beautiful ! 。。。。。。。。。。。。。

  

   

 

◆お子様/ご両親/ご自分へのプレゼントに、 

    一生の財産となる「ピアノレッスン」を◆   

◆「ミューズ林田ピアノ教室」のHPです♪ 

  

◆無料体験レッスン    

     

◆レッスン内容 

 

 ◆お客様の声 

  

◆3才のレッスン 

   

 

048-259-6296レッスン中につき、お電話に出られない場合もございます)  

◆無料体験レッスン 

◆3才のレッスン 

◆お客様の声 

◆ワンポイント 

◆プロフィール 

◆メディア掲載 

◆Youtube ラジオ・TV  

◆ミューズ林田ピアノ教室/ご挨拶  

◆レッスン内容 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
芸術
コメント   この記事についてブログを書く
« 【ワンポイント】青山学院/原... | トップ | 【芸術手記】ミッション・イ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

芸術手記」カテゴリの最新記事