北京ダック「日本鬼嫁・中国オニシュウトメ」日記。

再開しました。 私は今、夏に居ます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ダック鬼嫁日記62「旧正月はハナ子の音頭で乾杯 そのにじゅう」

2006-11-23 | ㊥旧正月はハナ子の音頭で乾杯

おぉ、ま~た間が・・・
年末に向けて、何かと忙しいのです。
生活もだいぶ落ち着いてきて、ぷらぷら出歩くことも増えてきたし・・・。
徒歩圏のお買い物スポットもどうやら押さえた。
何が素晴らしいって、やっぱりお魚やさん。
近所の魚屋で、ピカピカの新鮮なのを「三枚におろして頂戴。」が出来るシアワセ。 これってやはり日本だけなのかしら。

                   



ハナ子に呪われながら、車は、浦江に着いた。
乗っている間中、焦点の合わない目で、ぶつぶつと何事か呟いたハナ子。
正味な話、病院に連れて行くべきだと思うんだけど。

到着すると、彼女は急に元気になった。
昼間、迎えのときにも顔を合わせた、ハナ子妹夫婦が出迎えに出てきた。 昼は、いきなり私を無視してくれたり、なかなかに正直な態度で接してくれたハナ子妹。送りのこのときは、叔父叔母が同行しているせいだろう、妙に愛想が良く、私にも親切そうにゆっくり話しかけてきたりする。 昼間はただガーッ!と話しかけて、通じてないと見るや、「この子中国語ぜんぜんわからないのよ!!!」って叫んだくせに。 さては、私には感情が無いとでも思ってるな?

夜も遅かったので、一向はパパ&ハナ子を届けたら早々に退散しようと思っていた。 が、なぜか物凄い強引さで「おうち見学ツアー」に誘われる。 具体的に言うと、腕を掴まれて家の中に引っ張り込まれるのだ。

この、スーパーフレンドリー。
ハナ子もそうだ。 シドニーで同居したときのこと。 たとえば私が洗い物(お皿3枚とかね)をしようとして、流しに近づく。 そこでハナ子は「ママが洗うよ」と声をかける。 私は、「大丈夫。私が洗う」と答える。ハナ子は近寄ってきて、物凄い力で私の腕を掴んで止めたり、しりもちをつくほど強く突き飛ばして私を流しから引き離す

最初は、私は何か間違ったことを言ったのだろうかと思った。
中国語がほぼ出来なくて、メイクァンシー(大丈夫よ)とウォーライ(私がやります)くらいしか言えなかったんだけど、何か失礼な間違いでもしたか。

しかし夫によると、「ハナ子はもともと強引なんだよ。 それだけ。」
そんな、それって中国では普通なの?(今思ったらバカバカしいけど、私はこれをしょっちゅう聞いていた)・・・この答えは、「別に皆がそんなじゃないけど。 でもハナ子実家ではだいたいそう。」

そして、話を元に戻して、ハナ子妹が掴んだ私の腕は、あとが赤くくっきりと残り、しばらくの間消えなかった。
しかしだからと言って、故意に、意地悪でしたわけでもなかった・・・らしい。
ともあれ、「新築の家ツアー」強引に開催。
ハナ子妹&ハナ子は、「どうだ!ウチはピッカピカでキレイだろう!」と、言わんばかりに得意気。

いや、確かに新築で、建物はきれいなのよ。
義鳥の親戚宅と比べても、ひけをとらない広さと新しさ。
でも、その使い方が違う。
義鳥の叔父叔母の家は、本当にきちんと片付いて、きれいに整頓・掃除がされている。 私なんて、掃除が得意では無いから、自分の家を思うと恥ずかしくなるくらいだ。 広くて、物の置き場には困らないとは言え、普段使いの道具類・仕事関係の書類・なんでもほんとうにピシっと手入れして、片付けられている。 

ひきかえ、ハナ子妹宅は、雑然としていた。
出しっぱなし、掃除も滅多にしない・・・というのが目で見てわかる。
なぜそこに放置されているのかわからない品々が家中にある。

べっつに。
私だってだらしない方だと思うし、ハナ子妹宅を悪く言おうとは思わない。 でも、この状態をひとにひけらかそうという神経はどうかしていると思う。 自慢するなら、キレイキレイに掃除してからにすればいいのに。

それから、私はその、聞くに堪えない家屋自慢をなんとなく聞かされている間中、ハナ子が貢いだパパやのお金は、この家のどれだけを作ったのだろうと考えていた。 柱が2本か3本か。 もっとなのか。

家屋ご自慢ツアーのなかで、「ここが客室です」と見せられた際、ハナ子妹は、物凄い勢いで「今晩はここに泊まって行きなさいよ!!!」と、勧めてくれた。 夫が慌てて、「義鳥に荷物を置いてきちゃったから」と断る。
パパたちを迎えに来たときの、ハナ子妹の態度を見たら、それは、泊まれるはずもないのだった。 口先だけだとしても、「泊まれ」と勧めるのがわからない。

ハナ子妹は、非常に残念そうに
「向こうばっかり泊まったら、こっちが負けじゃないの・・・」と呟いていた。

なんだ、それ。

ダレも勝負なんか、してないのに・・・。






「旧正月はハナ子の音頭で乾杯 そのにじゅういち」へ続く。








その場所その場所で、いいものがあるんだと思う。
北京で気楽に山のように買っていた、マンゴーやライチは、日本ではとっても高い。 とても、好きなだけ食べられるものではない。
上海のショーロンポーだとか、香港の有名店のスイーツや麺なんかが東京にもあるけど、高いうえにイマイチなことが多い。
でも、私は魚育ちなので、他のことはさておき、魚食が手軽なのが嬉しい。
日本にいる間だし・・・。

でも、次の行き先については、「中華圏に長逗留するなら、香港にしてほしい」と夫にお願いしてみた。 可能であれば、の話。
北京や上海に住むのは、本当はイヤじゃない。むしろ楽しめるポイントをいくつも挙げられる。
だけど、大陸はハナ子がビザ無しで動き回れるから、できれば避けたい。
憎んでるわけではぜんぜんなくて。
ただ、本当にハナ子の無い世界で暮らしたいだけ。



たまにはおひとつポチッ!→人気ブログランキング




㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥

お気の向くままコメントくださいませ。
↓↓↓↓↓↓↓↓  
 

コメント

ダック鬼嫁日記61「旧正月はハナ子の音頭で乾杯 そのじゅうきゅう」

2006-11-15 | ㊥旧正月はハナ子の音頭で乾杯

えらいこと間が空いちゃいました。
ごめんちゃい。
実は。
日本にいる間に出来ることをやっとこうと思って、ちょっとテストなんかを・・・
ええ、撃沈です。
本命は来年だからいいの。
でも滞在中に絶対パスしてやるぅ~
                   


5叔母が号泣したものの、宴はとりあえず続いた。

途中、いとこたちの彼氏彼女や、近所のひとが顔を出したり・・・というささやかなイベントが発生したけれど、そのくらいでは雰囲気は変わらなかった。
「和やかじゃないけど戦争状態でもない。」
それって、冷戦構造なわけで。

そうこうするうち、なぜかハナ子側の従弟が現れた。 
新婚の奥さんと、生まれたばかりの赤ちゃんを連れて。 

「いとこが来たよ、赤ちゃんを見に行ってあげて。」
夫に言われたときは、そういえば彼がこっちに顔出すって言ってたなあ、としか思わなかったのだけれど。
どーも、様子がおかしい。
おまえたちも、早く子供を・・・的なことを言われたり、私が内心「誰がオマエをばあさんと呼ばせるもんですか。」と思ったりしたのはお約束なので別にいいのだが。
はて。
ハナ子、赤ん坊を見て、「かわいいねえ。 この子は何ヶ月なの?」だとか。
「おばあちゃんに似てるような気がするねえ。」
とか。
まるで、今初めて対面したみたいじゃないか。
へん。
ハナ子実家の新年会は、既に催されて、いとこはもちろん参加していたはずなのに・・・? 
そのへんのところを夫に聞いてみると、
「あ、赤ちゃんとは初対面だよ。 いとこはね、今年は新年会に参加できないの。 なぜならギャンブルでちょっと10万元くらいイカレちゃったんだって。 そんで親戚うちに顔向け不可なんだって。」
なんですとぉ?
10万元って、私にも大金だけど中国農村部ではもっと大変な額のはず。
日本円で百五十万くらいだもの~。
なんでまた。
この従弟、その以前は1回しか会ったことがなかったけど、すごく親切で感じのよいひとだったのだ。
意外。

そして、親族に顔向けできない状態の彼が、なぜハナ子だけに会いに来たのか。
気になる・・・が、そのわけが明かされるのは少し後のことだった。 後ほど書くのでこのエピソードを憶えててくださいね、っと。

ともあれハナ子サイド従弟は来た。
そして帰った。
ハナ子&パパを送って行くのかと思いきや、浦江には近づきたくないらしく、ご家族だけで帰っていった。

結局、夜遅くに、ハナ子&パパは義鳥の車で浦江に帰ることになった。
「明日浦江でごはんの約束をしてきたから」・・・と、パパはその理由を語ったが、おばあちゃんのお墓参りもしないでハナ子実家に長逗留するのは、どう考えても変だ。 

ハナ子からすれば「パパ側ばっかりに居て、ウチにはちょっと顔出しただけで、どういうつもりだろう!」ってところだろうけれど、私にしてみれば「あんたが私の悪口言い放題の家なんかニコニコ行けるかァーッ! ばかぁー!」ってとこ。

パパが帰るときに、4叔母と5叔母と2叔父が送っていくと申し出たので、運転手であるいとこは10人乗りのワゴンを出してきた。
すると、我が夫も同行すると言う。
理由は、「放置したら、車内でまたウチの奥さんの悪口言われるから」。
そんじゃあ、と私も乗り込む。

ハナ子は、が至近距離にいるときは悪口も嘘も言わない。
逆に、至近距離でさえなければ、「そんなこと言ってないよ」とシラを切りとおせると信じている。

だから、が同乗していた浦江までの30分ほどは、不気味なほど大人しかった。 パパと叔父叔母が、私に話しかけてもハナ子は無反応。いや。

・・・黙りこくったハナ子をよく見ると、口元がモゴモゴと動いていた。
食べてるとかガム噛んでる感じではなく、何かを呟いている。
目は宙を見て止まっている。

なんか、怖。
そう思っていた私に、夫がささやいた。



「呪っているんだろうな、あれ・・・。」







「旧正月はハナ子の音頭で乾杯 そのにじゅう」へ続く。








資格を取っとこうとか、もうちょっと言葉を勉強しようとか。
それってリコン準備なんです。
いえ、リコンする気はさらっさら無いですが。
この先、万が一ハナ子が私の人生に不法侵入してくるとか。
なのに夫が防衛してくれないとか。
そんなことになったら、心を強くして戦いたいんです。
うちって移動ばっかりしてて、なかなかマトモに職歴つけらんないし。
無職歴が着々と長くなっていく若くない女としては、「イザってとき、贅沢じゃなくていいから、一人分ならなんとかなる」くらいの能力をつけたいんです。

あら、今夜は私、まじめじゃありませんか?


ポチッ!てしてくれる人がいるのは励みです→人気ブログランキング




㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥

お気の向くままコメントくださいませ。
↓↓↓↓↓↓↓↓  
 

コメント (8)

ダック鬼嫁日記60「旧正月はハナ子の音頭で乾杯 そのじゅうはち」

2006-11-02 | ㊥旧正月はハナ子の音頭で乾杯

更新が滞ってましてどうも。
最近忙しくって~
いえ、自分で自分を忙しくするのが好きなだけなんですが。
それって効果的に忙しければOKですが、あんまり効率よくないとタダの貧乏人ですね。
貧乏暇なし。う~ん。

                   


キョーフの絶叫乾杯ハナ子を後に残し、私たちはいとこ達のテーブルへ移動。
ゆる~く迎えられ、まったく関係の無い世間話、開始。
仕事どー?とか、結婚するんだって?とか、いとこのお嫁さんで妊娠中のひともいて、一人っ子政策の話だとかをひとしきり。
いとこ達は、それぞれ一人っ子ないし2人きょうだいの育ちなので、「一人っ子政策」に取り立てた不満は無いようだった。 これが叔父叔母になると、「奥さんがガイジンだと、何人でも産めていいねえ」って話になるんだけど。 人間自分の育った家庭を基準に考えるから、そうなるんだろうなと思う。

私はハナ子のことを考えるのをヤメていた。
いわゆる人格障害なのかなあ、ということを常々考えていたのだけれど、医者に診せる術はなさそうだし、この春節の間のハナ子を見ても、とにかく彼女がどーしようもないオバちゃんであるのは間違いない。

夫にとってはそれでも母親だから、なかなか割り切れるもんではないだろうけれど、ハナ子がこんなにも浅はかである以上、夫は「やっぱ俺のかあちゃんはダメダメであるな」ということを折に触れて確認せざるをえない。はずだ。

無視無視。
どれだけ吠えても、私の勝ちは揺ぎ無いもんね。

そういう風に心の中でつぶやくことで、不快感・もやもやを解消させていた私。

ふとトイレに立ったとき、視界にハナ子が飛び込んできた。

???
なんだろう。
私達がもともと座っていたテーブルで、ハナ子は4叔母・5叔母と話し込んでいたらしいけれど。 なぜか5叔母が泣いている。 事件だ!・・・じゃなくて、なんでめでたき正月に泣いているのだろうか。 ハナ子にいじめられているっぽい構図ではあるが・・・。
私は、ちょうどすれ違った1叔父を確保。 「ねー1叔父ちゃん、なんで5叔母ちゃん泣いてるの? なんかあったの?」と質問。 叔父ちゃんの返事は、私に聞き取れた限りでは「こざる(5叔母息子、16歳)のことだよ」だった。
周囲を見渡すと、そういえばさっきまでいたこざるちゃんが見当たらない。
私の中国力(+叔父ちゃんの訛り、たぶん)では埒が明かないので、夫を突っついて事情聴取に向かわせる。 だって、5叔母の泣きっぷりは、なんだかタダならない感じなのだ。
1叔父と話す合間に、夫は私に短く教えてくれた。
;「こざるちゃん、悪いって。」
は? 悪い? なにが。
身体ではなかろう。 元気な子だし、今さっきも酒飲んでたし。
手癖でもなかろう。 こざるちゃんは、素直な良い子だ。 口数こそ多くはないけど、よく家業を手伝っているし、私にも親切だし、16にもなって「いい子だねえ」と義鳥語でほめてあげるとニコニコ喜ぶ。 どっちかといえば温めの素朴な少年だ。
でも叔母ちゃん、すごく泣いてるし。 何か私の気づかなかった、悪いところがあるのであろうか・・・と私が少し心配になったころ。 夫は叔父との会話を終え、説明してくれた。
;「ハナ子さあ、こざるちゃんの成績が悪いって言って、叔母ちゃんを苛めているんだよ。」
そういう夫の顔は怒っていた。
なぁんだ、成績か・・・と私は思った。 そして、もしかして悪い子・・・?と少しでも疑ったことを、心の中でこざるちゃんに詫びた。
;「子供の成績が悪いのは、母親であるオマエの責任だとかって苛めて、ウチの子がちゃんとした大学を出てリッパにやっているのは母である私(=ハナ子)のおかげである!とか言い続けている・・・」
絶句。
アホか。
そんな自慢したいがために新年会の席で義妹を泣かすんか。
しかも、夫曰く「ハナ子に虐待されなきゃ俺はもっと成績良かったはず。 俺の成績が向上するためにハナ子が貢献したことは何一つ無い!」とのことだし。

高校時代の成績なんて、どうでもいいと私は思うけれど・・・一応、夫に訊いてみる。「こざるちゃんの成績ってそんなに悪いの?」
;「そんなことないよ。 ただ、得意科目苦手科目が極端に分かれてるから、総合成績だとゲンゲン(4叔母息子)やリンリン(2叔父娘)には負けるってだけで・・・。 高校2年になって文系理系に分かれたら順位も上がるし、それなりに良い大学狙えるよ。」
私;「だよねえ・・・こざるちゃん気も利くし、てきぱきしてるし、頭悪い感じしないよねえ。」
;「それを、親に学歴がないからだ、とまで言っている。 叔母ちゃん8人きょうだいの末っ子で、どうやって大学いけたんだよ・・・」

5叔母にしてみれば、悔しいやら、なにやらで・・・泣けてきた、ということらしい。 
なんとまあ。
ひどいこと。

パパはその様子からも目を逸らしていた。そのように見えた。
気がつかなかった・・・わけではないと思う。

確かに、その場でハナ子に何か言えば、新年会は公開バトルに突入、平和とは程遠い事態に発展してしまう。
でも、私にはその場にいた叔父叔母の、「兄ちゃん! そのキングギドラをやっつけてくれよ!」という心の声が聞こえるような気がした。
言ったところでハナ子の歪んだ人間性が治ったりはしないだろうけど、何が変わらなくとも、言った方はきっとスッキリする。
弟妹全員が、長兄であるパパのためだけに、敢えて口火は切らないでここまできたのだ。
豪快に、口火ブッ千切るのがパパの任務ではないか?

ああ、だけどパパ。
それでもどうしても徹底して無抵抗主義なのですね。
私はパパのことを自衛隊かと思っていたけれど、防衛権すら無いのでは、それは自衛隊ですらない・・・。
無抵抗、それはガンジー。

私は地防軍アメリカになって、越権乱入交戦したかったけど、それは出来ない国連軍なのよね。
私がでしゃばって何かしたら、複雑な心境極まりないところにいる我が夫との関係を損ねてしまうからね。

てか、私中国語出来ないしなあ・・・ 
  



「旧正月はハナ子の音頭で乾杯 そのじゅうはち」へ続く。








煮詰まった頭でブログ書いてると、要らんことまで書きそうで怖いです。
私はこんなひとなんですよとか。
毎日何々してますとか。
冷静にそれが出来ればそれもアリなんですが、自己申告ってたいがい偏っちゃうのでヤなんです。
う~ん。
うなってばっか。


お客様は神様、あれ?客じゃない?そう皆様は私のマイト(怪)。→人気ブログランキング




㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥

お気の向くままコメントくださいませ。
↓↓↓↓↓↓↓↓  
 

コメント (2)