北京ダック「日本鬼嫁・中国オニシュウトメ」日記。

再開しました。 私は今、夏に居ます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ダック鬼嫁日記101「ハナ子とスイカに御用心!そのさんじゅうはち」

2009-03-09 | ㊥ハナ子とスイカに御用心!
 
まーたサボってました。
引越ししていたら、自分でも意外なほど大変で、再開まで時間がかかっちゃった。
何しろ国内引越し(日本に残していく私物の移動)して、その後国際引越し。
実は今オーストラリアに居ます。
しばらくここに居て、今年の中ごろはまた中国に戻ります。
都市は未定だけどたぶん北京・・・?
そんでまた数年で日本・・・?
移動ライフ、我が家には良いようで、楽しめてます。
                   


;「なんなんだよ!」
大きく明瞭な声だった。

ハナ子は、その声を聞くや否や、料理をよそうのに使っていた大きなスプーンを手にしたまま、思いっきり反撃に出た!

「うおおおおおおおっ!」

叫ぶ。

叫ぶ。

叫ぶ。

意味の無いことをひたすら叫び、明らかにの言葉を遮るだけを目的としている・・・。
も懸命に言い返そうとするが、何しろハナ子は物凄い勢いなので対抗しきれず。
俄かに押し始めたハナ子、またも唐突なアクションで、手にしていたスプーンを投げるように置くと、海鮮茶碗蒸し的な料理の入った大皿を掴んだ。 そしてそれを、大きく振りかぶって、ブチ撒けるか???に見えた。

私、すっごい焦った・・・

だって、ハナ子が振りかぶった先にはどう見てもMYママンが居た。
私の実母が茶碗蒸しかぶるのは、ネタ的にはおいしいけど、いくらなんでもやり過ぎだと思うぞ・・・。
母も、えっ、アタシ?みたいな感じで身構えていた。
どうしようか、と思いつつ誰も動けないでいるなか、ハナ子は振りかぶった皿をビシッ!とひっくり返した。

皿の中身は、母の身体のまん前にあった、別の皿にぶちまけられた。

母に直接かけなかったのは、ギリギリの理性が働いたのか・・・
持ち帰らない料理を、やはり持ち帰らない料理の入った別の皿にあけること事態、意味のあることには思えないから、やっぱり一瞬は私の母を狙っていたと思う。

なんで母なのだろうか。

私を狙えばいいと思うけど。
憎い嫁なのでしょうに。

私は、性格、たぶん強いから、直接当たれないのだろうか。
たぶん強い、というのは、自分のことはよくわからない・・・という意味。 若い頃は気が強かった気がするんだけど、今は随分己を知り、丸くなったと思うんだけど、そういう表面的なことでなく、対人関係において私は合理を尊ぶズケズケ言いだからして。
建前ばかり言いたがるハナ子から見れば、やりにくい人間なんだろう。

引き換え、母はわりと、ひとの思惑とかに弱いタイプだ。
相手が期待していることをしてあげなきゃ、って気持ちが無意識のうちに働く。 責められるのが苦手で、真面目で、責任感が強い。
タイプ的はハナ子の餌食になりやすい。

そういうの、ハナ子にはわかるんじゃないだろうか・・・と私は思った。

考えすぎか。

母が、娘の私のみならず、とも仲良くしているから気に入らなかったんだろう。 その前の年、婚姻登録で顔を合わせたときから、なんとなく張り合っているっぽかったし。 

夫曰く、ハナ子は美人が嫌いなんだそうだ。 美人は必ず夫を裏切り、真面目に働かず、家族を不幸のどん底に突き落とす、と言っているらしい。

母は、現在ではもう還暦過ぎてすっかりオバちゃんだが、若い頃はキレイなひとだった(ちなみに私は父似で残念な感じだ、不美人ゆえ結婚に反対されなかったのであろう)し、ごく普通の日本人として、娘の夫の実家訪問にはまあまあキレイな格好をしていたわけで。

むかっ腹だったんですね。

が、「おい!」と声をかける前に、ハナ子は再び走り去った。

ものすごい勢いで。

捨て台詞は、

「それ、全部ちゃんと家に持って帰って来いよ!!!」

だった。

おーーーーーーーーーーい、ハナ子・・・

後には呆然と立ちすくむ夫・私・母・従妹ちゃんと。

言われたとおり素直に料理の箱を袋に詰める、パパの姿が・・・







「ハナ子とスイカに御用心!そのさんじゅうきゅう」に続く。





オーストラリアに戻るまでは、内心AUSに長く居つきたいなあと思っていたんですが、さすが移動ライフも長くなってきたんで、いいところわるいところ、冷静に見られるようになってきました。
まあ、空気や水の安全、自然なアクティビティの多さはオーストラリアに勝るものは無く、子供に野生のイルカやカンガルーやコアラを見せたり、海で遊ばせたり出来るのはすっごく幸せです。
でも年初にちょっと行った北京も、空気がマシになっているように感じて、あの生活も考えてみれば色んな楽しみがあったよな、と思ったり。
夫は日本の暮らしを本当に気に入ってくれて、子供が大きくなる前に、もう一度日本で、家族で数年は過ごしてみたいと話してはいるのですけど。
どうなることやら。


人気ブログランキング
 


㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥㊥

お気の向くままコメントくださいませ。
↓↓↓↓↓↓↓↓  
 


コメント (6)   この記事についてブログを書く
« ダック鬼嫁日記100「ハナ... | トップ | 「取説」日本鬼嫁中国オニシ... »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (honyo)
2009-03-10 10:12:52
再開まってましたー
おお (しろくま)
2009-03-10 18:30:31
再開されてたんですね
更新楽しみにしております。
うちも秋、某国へ引越し確定です。
まだ余裕をかましていますが直前にあわてる事
間違いなしです。
AUSですか (かのこ)
2009-04-15 19:05:36
今は、オーストラリアなんですね。国際引越しが多いようですが、健康保険とかはその国々でいちいち入るんですか?どこの国でも使える保険に入りっぱなしなんでしょうか?フットワーク軽く楽しんでくださいね。
おひさです (シュンロン)
2009-09-08 11:54:24
こんにちは。私もひさびさにブログを更新し始めて
遊びに来ました。
はなこさん、常識を超えてしまってますね。

ダックさんのお母様は心の中で泣いているんじゃないでしょうか。

こんな人が世の中にいるんですね。
Unknown (国際結婚のひよこブログ)
2011-01-08 20:53:03
ブログ村( 国際結婚 )ランキングからきました。

すばらしいブログですね。

ランキング ポチしました。

又、遊びにきます。
【海外情報メディアとの相互協力・記事執筆依頼】 (スカウトチーム)
2019-10-01 16:29:39
ブログ運営者様
先日連絡したTripPartner運営事務局です。(https://trip-partner.jp/ )
弊社海外情報メディアとの相互送客、もしくは弊社サイトでの記事執筆(2500円~4500円/1記事)をお願いしたいのですが、いかがでしょうか?
範國(ノリクニ)宛(director@trip-partner.jp)にメール頂けますと具体的な内容等を相談いたします。(その際メールにブログのURLを記載ください。)
何卒宜しくお願い致します。
※既に返信頂いた方・ライター登録頂いた方がおりましたらご放念ください。申し訳ありません。

コメントを投稿

㊥ハナ子とスイカに御用心!」カテゴリの最新記事