ぽっかぽか

お出かけして写した写真とおしゃべりを

高塔山の紫陽花

2018年08月05日 | 若松

紫陽花祭りの高塔山は、この日のJRウォーキングのコース
なので、指定されたコースを歩かなくっちゃいけません
いつもとは反対側に降ります



あれこんなところにお寺があったんだぁ
ちょっとお参りして、、



素敵な紫陽花です~~♪



ここにもお社があります
お参りに見えていました



山から下るのだから当たり前といえば、当たり前ですが
階段が多いです~~♪




でも、この階段は半端じゃない!です
急斜面そのまま、、、の角度は
見下ろすのもこわい!!
も少し迂回して、なだらかな階段にしてほしかったぁ



階段のそばのお宅の庭にはいろんなお花が咲いていました
あ、これは以前に校区の広場で見たことがあります



紫陽花に似ているのですが
「ボタンクサギ」という名前だそうです
クサギという字は「臭木」
ちょっとかわいそうなネーミング
コメント

高塔山

2018年08月03日 | 若松

昔は、筑豊から船で遠賀川を下り
若松へ石炭を運んできて
ここから全国へ出荷したのだそうです



沖の本船で石炭荷役をする仲士のことを
”ごんぞう” と呼びました。



その名残がごんぞう小屋と呼ばれる建物です



かって明治時代、石炭積出港として隆盛を極めた若松には、
そうした ”ごんぞう”さんが溢れていたそうです



炭鉱の発展を支えていた、ごんぞうたち
当時の炭鉱労働者の活気あふれる仕事ぶり、
力強さや明るさを伝えています

でも、ごんぞう小屋は、あんまりにもきれいな作りなので
どちらかといえば過酷な労働を強いられていた
当時の炭鉱労働者たちは、
果たしてちゃんと休憩をとっていたのかなぁと
疑問も感じられるような、、、(^_-ゞ



若松区は「麦と兵隊」を書いた火野葦平さんの故郷です
ちなみに、火野さんは石炭仲仕業の家に生まれ
従軍作家としての戦争体験をもとにして、戦争小説を描いた方です
故郷と河童を愛した葦平さんの足跡はあちこちでみられます




高塔山に上がってきました



葦平さんの愛した河童が祭られています



この日はアジサイ祭りの日でした



コメント

青空の下のカキラン

2018年07月23日 | 我が家


先日の大雨で大きな被害を受けられたたくさんの方が
この猛暑の中、いろんな困難を抱えながら
黙々と前を向いていらっしゃるご様子に心が痛みます
一日も早い復旧をお祈りします

大雨が降る前に出会ったお花たちです
可愛らしいカキランの花~~♪



いつもは、茶が床の方から歩いてくる道を
貝殻山の下から茶が床へ、、、



貝殻山の下の広場にはウツボグサが満開でした



ソクシンランもあちこちに



貝殻山をバックに



オカトラノオの白い花が目立ちました。
すっかり夏ですね





ここからカキランのオンパレードです







あ、遅咲きなのかな?きれいなシランの花も



カキランは小さいけど存在感が抜群です





締めもカキラン~~♪


コメント

ネムの花

2018年07月15日 | 京都郡(等覚寺・他)



今年はタイミングが合わなくって
満開のネムの花に会えませんでした



この日苅田方面から峠越えで平尾台に上がるとき
実は曲がるところを間違えて
いつもの道じゃないんですが、、、



わぁ!ネムノキです~~♪



ここに合歓の木があるって知らなかったです



川の向こうは農作業にいそしむ姿が見えました。
暑さの中で優しいお花、ほっと一息!



コメント

この木何の木?

2018年07月13日 | 小倉北区(山田緑地・他)

ここは区役所の前の広場です
子どもたちが小さいころは市民会館や
市民プールがありました

広場になって随分たつようなきがしますが
お役所って、あんまり用事がなくって
ほとんどなじみがありませんでした



私たちが見上げる視線の先にお花が咲いています



こどもさんを遊ばせているグループや
お昼休みのような仕事仲間のグループをみかけました



空に向かって背伸びをしているような
のびのびとしたお花、、、気持ちよさそう~



黄色い花びらと赤いシベがかわいいですねぇ



あれ?蕊は赤じゃない・・・みたい
赤いのは?
さっそく「松江の花図鑑」さんにお邪魔しました。

花弁の基部には赤いハート形の付属体がある…
若い花は付属体が黄色い
雄花には長い雄しべが8本ある。
       ・・・ということでした(^^;



コメント