おひさまのレシピ

諦めないことが、一番の勇気。
挫折の日々。
子どもたちのこと。
大好きな料理のこと。
つれづれなるままに。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

生春巻きサラダ

2007年02月28日 | サラダ
我輩は主婦である。名前はみえり。

いつものサラダが、生春巻きに包むだけで、
ぐぐっとオシャレ♪

具は、かいわれ大根、きゅうり、あさつき、大葉、薄焼き卵。
メインが茄子の肉挟み焼きだったので、あえて肉なし生春巻き。
かえって、肉ない方が評判がよく、我輩も好みであった。
たれは、ごまだれ。(市販のごまだれ使用)

大葉は外せない、アイテム!
あと、薄焼き卵がナイス!!

この薄焼き卵を入れるのは、
とても美味しい情報満載のブログtomoさん情報から。
tomoさんのブログはこちら↓
tomo’s diner

ほんと、薄焼き卵と生春巻き相性バッチリであった。
tomoさんのお料理いつも美味しそうなので、参考にさせていただいておる。
いつもありがとう~。作ってみました!(^^)!
これからもよろしくお願いしますでござる<m(__)m>

生春巻きの皮は、水で戻すだけで簡単!
最近はどこのスーパーのエスニックコーナーに売ってるので、
オススメである。





コメント (3)   トラックバック (2)

ひじきサラダ

2007年02月27日 | サラダ
我輩は主婦である。名前はみえり。

「のだめ」に教えてあげたいサラダ№1!
「のだめ」とは、
あのクラシック音楽マンガ「のだめカンタービレ♪」の野田恵ちゃんである。

のだめが留学先のフランスにて、
実家から送られてきた「ひじき」を水で戻すのであるが、
数時間後、水で戻ったひじきがボールに山盛りになって、
「ギャボー!」と頭を抱えたのであった。

のだめちゃん、ひじきは水で戻すとふやけることを忘れちゃだめよ♪

その後、のだめはどうしたかというと、
同じアパートに住むロシアだの中国出身の音楽家の卵たちに、
味をつけずに戻したひじきを食べさせたのであった。
不味いと評判。

ということで、このサラダをのだめに教えてあげたいのである。

このサラダは、レシピブログにて
ピックアップされていた記事を見て作らさせて頂いた。

そのブログはこちら↓
暮らしのレシピ: 乾物レシピ 『ひじきのサラダ』

我輩は「きゅうりとひじきのさっぱりサラダ」を作製。
とっても美味しいので、週1のペースで作ってしまうほど!
しかも翌日の便通がスッキリ!!
ひじきってスゲ~!!
快便の女王の我輩に必要ないかと思いきや、まだまだ必要あったみたいである。
(ちょいと汚い話で申し訳ありませぬ<m(__)m>)
腸のお掃除を兼ねていかがであろう?

我輩は、芽ひじきを使用したので、
水で戻しただけでOK(下茹でを省く)であった。
より簡単にひじきサラダを作りたい方、芽ひじきオススメでありますよ。


ひじきといえば、煮物オンリーだった我輩。
乾物は便利で栄養いっぱいなので、
もっと上手に使いたいと兼ねてから思っていたので幅が広り嬉しさいっぱい♪
「暮らしのレシピ」のMIKIさん、ありがとうございました!!

余談であるが、千秋先輩ラブである
昔から二次元に限り、天上天下唯我独尊男に弱い。
ときめきトゥナイトの真壁俊

ここはグリーンウッドの忍先輩

スラムダンクの流川くん

現在は、のだめカンタービレの千秋先輩。

我輩を知る旧友たちは、
「みえり、まだそんなこと言っているの・・・?」と呆れられそう(涙)

あと、イタズラなkissの入江くんも好きだった!!
そろそろ本当に呆れられそうなので、このへんで!!!
さよ~なら~








コメント (4)

野菜カレー

2007年02月25日 | ごはんもの
我輩は主婦である。名前はみえり。

忘れられないカレーがある。
我輩が学生時代を過ごした、東京都武蔵小金井にある、
カレー屋プーさんの野菜カレー。

素揚げした野菜がたくさん入った(15種類以上あった覚えが・・・)カレーで、
目にも楽しく、栄養たっぷり!
スパイシーの中にも野菜の甘みがあって女子好みなカレーであった。

でも、かれこれ10年以上前の話。
なかなか機会がなくて、卒業以来訪れていないのだが、
たまにムショーにカレー屋ぷーさんのカレーが食べたくなるのだった。

ということで、ちょいと真似してみようかなぁとキラーン!
昨日のカレーは、
冷蔵庫にあったレンコンと茄子を素揚げしていつものカレーにトッピング。

レンコンは食感がパリパリがいいかなぁと思い、レンコンチップスに。
茄子は普通に素揚げ。

評判はというと、
茄子の素揚げはカレーにベストマッチ!イケル!
(ふむふむ)
レンコンチップスは、カレーにトッピングしないで塩かけて食べたいとのこと。
(ほほぅ)

今度は冷蔵庫にカボチャがある時にトライしてみうと画策しておる。

どうやら我輩、素揚げした野菜が乗ったカレーに弱いらしい。
素揚げ野菜が乗ったカレーを見ると、乙女心がキュンキュン。
(ゴホン。まだ乙女と言わせてくだせぇ・・・)

中目黒にある「レストラン ムッシュヨースケ」の野菜カレーもオススメ!
素揚げした茄子やカボチャ、レンコンの乗せ方が、さすがフレンチレストランと感心。
ビューティホー(巻き舌で発音)。

東京で一人暮らししていた頃に、ムッシュヨースケが家から近かったので
休日ランチに野菜カレー目指してチャリを漕いで食べに行った。
道に迷いつつ辿りついたカレーは、格別であった。
ランチで¥1000.
お一人様の優雅な休日ランチ・・・(遠い目)。
今の現実は、日曜日の昼下がりに一晩寝かせたカレーを
ダーリンオススメの生卵をトッピングして
かっこむのであった。
これも、最高にウマイ!

カレーなので、作り方は省略させていただく。
カレールーは、ちょっと贅沢に「こくまろ スペシャル」。
(「こくまろスペシャル」は、香味スパイスがついてくる)
肉は、冷凍庫にあったこま切れ豚肉を解凍してガラムマサラでもみ込み、
みじん切りしたニンニクで炒める。
カレーに入れた野菜は、じゃがいも、にんじん、玉ねぎ。
ケチャップ、中濃ソースで味を整えておる。
ご飯は雑穀米。







コメント (4)   トラックバック (1)

春菊のごまあえ

2007年02月23日 | 野菜料理
我輩は主婦である。名前はみえり。

最近、春菊のごまあえにハマっている。
いつもはほうれん草でするのだが、春菊の方が好きかもしれない。

オリジナルポイントとしては、
めんつゆで、簡単に作ること。

これも、無農薬野菜で手作りの食事を出す助産院でバイトしていた時に、
厨房で盗んだ技です♪

是非是非お試しあれ~。

☆材料
・春菊・・・・・・・・・・・・・・1わ
・練りゴマ(白)・・・・・・・・・大さじ1/2
・めんつゆ・・・・・・・・・・・・大さじ3/4~大さじ1
 (三倍濃縮の「つゆの素」使用)
・いりごま(または、すりごま)・・小さじ2~3(お好みで)
・砂糖・・・・・・・・・・・・・・小さじ1

☆作り方
①春菊を塩で茹でる。(ゆで過ぎないようにするのがポイント!)
②練りゴマ、めんつゆ、いりごま、砂糖をボールに入れ、かき混ぜる。
③茹で上がった春菊を水の中に2~3分ほどさらし、
 一口大に切り、水けを絞る。根元に近い芯は堅いので、みじん切りに。
④③を②の中に入れて、混ぜる。

練りゴマはなくても可である。
しかし、我輩は練りゴマを入れたほうが好み。
コクがでるので。

☆2月22日のメニュー
○夕飯
・簡単ミートローフ(オレンジページに載っていたもの)
・春菊のごまあえ
・ひじきのサラダ
・きゅうりのサラダ
・大根としめじの味噌汁
・玄米入り白米

☆2月22日の買い物
・米(5キロ)・・・・・¥1.690
・玉ねぎ(5個)・・・・¥198
・春菊・・・・・・・・・¥58
・しめじ・・・・・・・・¥68
・えのき・・・・・・・・¥89
・にんじん(3本)・・・¥148

合計 ¥2189
会員割引 -¥62
税      ¥109

合計 ¥2.298

・きゅうり・・・・・・¥78
・なす・・・・・・・・¥105

合計 ¥2.481

2月24日まで、¥86

米が給料日前になくなり、ピ~ンチ!
しかし、今月は余裕があったので無事購入。




コメント (4)

フレンチトースト あんずジャム添え

2007年02月22日 | パン
我輩は主婦である。名前はみえり。

このフレンチトーストの上にのっている、「あんずジャム」。
長野県にあるジャム屋さん「St.Cousair」(サンクゼール)のもの。
サンクゼールオンラインショップ
長野にスキー旅行に行ってきた母からのお土産である。

「うわぁ~、美味しい!」思わずにっこりしてしまう味。
自然な甘さで、飽きがこない、砂糖不使用ジャム。
ぶどう果汁で甘さを整えてあるそうである。

モンドセレクション大賞金賞受賞と書いてある。
我輩は、モンドセレクション大賞金賞をものすごく信用している。
なぜならば、モンドセレクション大賞金賞の「通りもん」(博多土産)がメチャクチャうまい!から。

このジャムで、
モンドセレクション大賞金賞、さらに信用度アップしたのは言うまでもない。

クインズイーストにも出店しているようなので、
桜木町に足を伸ばした時はのぞいてみようかなぁ。
でも、これってお土産で頂くからいいのかもしれないと思いつつ(笑)

ある日のお昼ごはんのフレンチトースト、
幸せなひとときであった。

☆材料
・食パン(6枚切り)・・・・1枚
・砂糖・・・・・・・・・・・小さじ1
・牛乳・・・適宜(パンが浸るくらい)1/2カップくらいかなぁ
・卵・・・・1個
・ジャム・・・お好みで
・バター・・・大さじ1

☆作り方
①卵をとき、牛乳、砂糖をいれ混ぜる。
②そこにパンを入れ、浸らせる。
③フライパンにバターをひき、パンを両面焼く
④お好みでジャムやメープルシロップをかける

☆2月20日
○お弁当
・しょうが焼き
・野菜炒め(ピーマン、玉ねぎ、キャベツ)
・いり卵
・大根の漬物
・玄米いり白米

○夕飯
・でかもやしつくね
・にんじんとしめじの味噌汁
・ほうれん草のおひたし
・納豆
・玄米いり白米

☆2月21日メニュー
○夕飯
・れんこんとえのきのガーリック和風パスタ
・野菜スープ(きゃべつ、にんじん、えのき、ピーマン)
・ガーリック粉ふきいも



コメント (2)