金井Pak 雅子先生の著書『説き語り 看護経済学入門 エンパワーメントモデルへの招待』

2018-09-03 22:59:46 | 本・論文の紹介(看護)
 9月になった。明日から国際助産師連盟の合同地域会議(東地中海、東南アジア、西太平洋地域)で通訳のためにドバイに向かう。大変な暑さだった夏が終わり秋に向かいつつあるようだが、まだ夜もエアコンのお世話になっている。明日は台風が来るというので、空港まで無事に行けるか心配している。



 さて、写真の本であるが、一昨日、金井Pak 雅子先生から届いた、新著『説き語り 看護経済学入門 エンパワーメントモデル』である。出版社はライフサポート社だ。編集長の佐藤信也氏は、私の著書『対人コミュニケーション入門 看護のパワーアップにつながる理論と技術』も手がけてくれた。以前は日本看護協会出版会の編集長をしていて『インターナショナル・ナーシング・レビュー』誌を担当していた。自分の本を出してくれた出版社からではないが、ライフサポート社は本当に良い本を出す。今回も良い本ができた。


 金井Pak 雅子先生は、看護管理学、システム論の第一人者で、日本で看護経済学という新しい学問分野をリードしてきた。アメリカのペンシルべニア大学のリンダ・エイケンとも共同研究をしていた。国際看護師協会(ICN)の理事を2期務め、2期目は第一副会長であった。

 私が最初に金井先生に会ったのは、2009年南アフリカ ダーバンで開催されたICN4年毎大会の各国代表者会議。私は通訳をしていた。金井先生が最初の理事選で当選したときである。小柄な身体でどこからそんなにエネルギーが出てくるのかと不思議に思ったくらいパワーがあって驚いた。
 
 本の中では、大学院での学び、結婚、生活、病院での勤務など、アメリカでの生活を織り交ぜ、やさしい語り口で看護と経済の関係を説いていく。グラフや表だけでなく、オリジナルの図もたくさんあり、おそらく今後、日本の看護文献の中で引用されていくと思う。

 順番に読む必要はなく、好むところから読み始めてもよい。とても読みやすいのだが、内容は濃い。おすすめの本である。

https://www.amazon.co.jp/看護経済学入門―エンパワーメントモデルへの招待-金井Pak-雅子/dp/490408439X/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1535985073&sr=1-1&keywords=%E7%9C%8B%E8%AD%B7%E7%B5%8C%E6%B8%88%E5%AD%A6%E5%85%A5%E9%96%80%E3%80%80
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

医療通訳に関する資料の改訂版の公開

2018-06-10 22:14:06 | 医療通訳
 ジュネーブ出張から戻り、いつもの生活に戻った。時差のある海外出張の後は、体調も含め調子をもとに戻すのに少し要する。6月に入り、大学の前期授業も半ばを過ぎた。これまでは学生らも一生懸命に取り組み、順調に進んでいると思う。

 先週、6月4日に医療教育財団の三河さんから連絡があり、厚生労働省の下記のホームページから、『医療通訳に関する資料一覧』が公開されたことが分かった。「医療通訳育成カリキュラム基準」とテキスト『医療通訳』の改訂版である。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000056944.html




カリキュラムの最後には、専門研修75時間を一括で行う場合と、37.5時間ずつ医療通訳研修ⅠとⅡに分けて行う講義事例が掲載されている。分割版を載せたのは、地方で研修を行う場合に、通訳指導者と医師などの医療専門職者の講師を確保することが難しい場合など、まずは医療通訳研修Ⅰを実施してみるといった形を可能にするためである。

 カリキュラムもテキストも旧版よりも内容はぐっと良くなっている。

 表紙の絵は旧版と変わりない。

 ちなみに、私は、医療通訳育成カリキュラム改定方針委員会委員、執筆委員である。対話通訳と相互作用、質の高い通訳とは(サービスとしての医療通訳)、患者・医療従事者間の関係とコミュニケーション、非言語的コミュニケーションの効果的活用などについて執筆した。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

5月に入った

2018-05-01 13:21:51 | 日記
 5月に入った。今日の東京は28℃。外は暑い。でも家の中はまだ、過ごしやすい。

 大東文化大学スポーツ・健康科学部 看護学科がスタートして1ヵ月がたった。東松山キャンパスは広く、会議室、研究室、看護学科事務室を移動するのに相当歩くので、行くだけで結構な運動になっている。

 4月29日(祝・日)に大東文化大学大学院通訳プログラムの同窓会が開かれた。今年の幹事は2期生の亀井千秋さん。現在はISSインスティテュートのスクールマネジャー。専門学校での通訳者翻訳者教育のマネジメント責任者だ。久しぶりに近藤正臣先生、水野的先生を囲み、大東通訳プログラムの修了生が集まった。修了生はみな、キャリアを着実に積み上げ、貫禄を感じる。楽しかった。

 明日、授業の後、連休に入る。5月末にWHOの世界保健総会がある。その前に看護や助産関連の会議がジュネーブで開かれる。世界保健総会から出される世界保健レポートに看護・助産のことが組み入れられるようにしなければならない。そのために、世界の看護・助産のリーダーらが集まり一連の会議を開く。かつてこうした活動を怠った結果、世界保健レポートからnursingとmidwiferyの文字が消えてしまった時期があったそうだ。これは各国の保健医療政策に大きな影響を与えることになる事態だ。国内の政策文書に看護や助産のことが記載されているのは、世界保健レポートにnursingとmidwiferyがあるからだともいえる。国際看護・助産活動は見えないようで、国内の状況と密接な関係がある。看護・助産については、ロビー活動を国内外で続けないと声が政策文書に反映されなくなる。そうした会議の通訳のために、5/14~21はジュネーブに出張する。会議資料の読み込み等、準備を加速させないといけない。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大東文化大学 スポーツ・健康科学部 看護学科

2018-04-06 21:33:08 | 看護教育
 最後にブログを書いたときから、だいぶ、時間というか、年数が経ってしまった。また、再開する。この間もブログに記すべきことがいくつもあったが、忙しくなった会議通訳を始めとした仕事をこなすので精いっぱいでそのままになっていた。この間にあったことを、時間を見つけて、書いていきたい。

 この4月から、大東文化大学 スポーツ・健康科学部に新しくできた看護学科の英語教育担当の専任教員になった。今週はまだガイダンスウィークで授業は来週から。埼玉県の東松山キャンパスまで通っている。都会の中の板橋キャンパスとは異なり、東松山は自然の中の広大な敷地に、たくさんの校舎がある。キャンパス内の移動で10分ぐらいすぐに過ぎてしまう。良い運動になる。2003年に師匠の近藤正臣先生の代講で、半期2コマの授業で通ったことがあるが、だいぶ雰囲気が変わったようだ。

 専任教員になったので研究室を与えられた。本は段ボールに入れて発送できるようにはしてあるのだが、まだ家に積み上げられている。大学で本を整理する時間が取れないからだ。忙しいガイダンスウィークが終わったあたりに一気にやるしかない。

 私の担当の授業は水曜日から始まる。学生らに会うのが楽しみだ。 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

テキスト『医療通訳』

2014-10-04 00:23:45 | 医療通訳
シドニーから帰ってきた。毎年恒例の看護労働に関する会議の通訳が終わった。国際看護はまた、少しずつ、動いている。

 久しぶりのブログ更新で、医療通訳者や医療通訳に関心のある方にニュースである。これまで医療通訳に関するテキストブックはなかったのだが、今回、500ページのものが出された。

 テキスト『医療通訳』

 医療通訳者の役割、倫理、身体の仕組みと疾患の基礎、検査、薬、感染症、医療制度、文化理解、自己管理
 もちろん、通訳技術については、対話型の逐次通訳をしっかり学べるように例題がたくさん出ている。

 医学的な内容は、医療通訳者に必要な関連性のある医学的知識がしっかり押さえられている。医学用語も現場で使う可能性の高いものがおよそ80ページに収められている。

 背景を説明すると、今年、厚生労働省が「医療機関における外国人患者受入れ環境整備事業」を一般財団法人 日本医療教育財団に委託し、その中の医療通訳者用のテキストの作成と研修を多文化共生センターきょうとが受託した。私は通訳技術とコミュニケーション関連のセクションを執筆している。テキストは全500ページ。今のところ非売品なのだが、今後、販売も検討されている。全文は厚労省のホームページからダウンロードできる。今日、前田さんからURLが送られてきた↓

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000056944.html

テキスト作成の経緯は多文化共生センターきょとのHPに掲載されている↓

http://www.tabunkakyoto.org/

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする