North Man Style
  ~カメラとボクと、時々、散歩~
 




朝日を浴びながら綺麗な空気の中でのびのびと食事をしているサラブレッドを「パシャ!!」
本当にサラブレッドなのかは定かではありません。。

*EOS 30D+EF70-200mm F4L IS USM*

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )






GR DIGITAL発売から2年。ついに「GR DIGITAL II」が発表されましたね。

CCDの大型化や手ブレ補正の搭載など過度な期待をされていた方には、
単なるマイナーチェンジ程度にしか感じられないでしょうか?

自分は現在のデザインはそのまま。←とっても気に入ってます
内部に2年分の技術進化が組み込まれればそれでいいと思っていました。

まさに期待通りのモデルチェンジです。

あまりに変化が大きかったり、最悪リコーがGR DIGITALの撤退なんかもあれば、
今のGRをもう一台なんて考えていましたが、これでしばらく安心して使えます。
なにしろ繊細な造りですからね。1年で2回もリコーに入院しました。。

新たに加わった「電子水準器」がいい!!
日頃地平線や水平線を切り取ることの多い自分にとって嬉しい機能です。

それからRAW記録時間の短縮や、バッテリーやオプション類が今のを流用出来るのもありがたいです。


とは言ってみたものの、、、すぐには飛びつけません。
一眼用レンズの購入で家庭内ローンがまだまだ残っています。。。。

*GR DIGITAL*

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )






先日の出張は日が昇る前に出勤、日の出とともに出発でした。
総走行距離650km。。。しかも日帰り。。。しかもなれないトラックの運転。。。

相方は部下のSさん。前日に彼女の「私、トラックの運転は高速だけでいいですか?
発言に唖然、、、、でもなれないトラックの運転はそのほうがこちらも安心です。
高速道路ならアクセルとブレーキだけですからね。

なので道々の「真秋」は高速道路上のトラックの窓とパーキングから。

3枚目はおまけ。
何かと気を使う旅です。「食欲の秋」ということでお昼は美味しい物を!!





*GR DIGITAL*

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )


影橋  




朝日で橋の影が谷に移りこみました。
そう。「謎の塔」はこの橋からの撮影です。
自分は橋の真ん中あたりから撮影していますが、
ちょっと小さすぎて陰にはなっていませんね。

なんとこの橋。谷の底から120mのところに架かっています。
真下を覗き込むと恐らく誰でも腰がひけると思います。

トラックが通ると微妙に揺れるし。。。

*GR DIGITAL*

コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )






先日エントリーした「謎の塔」。こんなロケーションに建っています。
ここはいわゆる絶景ポイントなのです。
特にこの時期は上から見下ろす谷が綺麗なのですが。。。
あまりの高さにちょと腰が引けます。



*EOS 30D+EF17-40mm F4L USM*


コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )


真秋  




「真夏」や「真冬」という言葉があるのだから「真秋」。。。

あっと言う間に過ぎ去る北海道の秋。
仕事の日も朝や昼休みを有効に使って秋を切り「撮って」ます。
休みの日だけでは足りません。。。もっと休みが欲しい。。。

というわけでしばらく「真秋」にお付き合い下さい。

*EOS 30D+EF70-200mm F4L IS USM*

コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )






ちょっと紅葉を見に中国に行ってきました。。。ウソです。。。

昨日は出張でした。北海道は紅葉のピーク。
道々綺麗な紅葉を恨めしく眺めてました。
出張じゃなければ写真を。。。もしくは1人で出張だったら寄り道を。。

ということで今朝は少し早く家を出て、かなり寄り道をしながら紅葉と謎の塔を「パシャ!!」

*GR DIGITAL*

GR BLOG「トラックバック企画『スクエア』に参加」します。

コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )





「ヘラオオバコのせいくらべ」

もちろん過去の写真です。
今は干からびたヘラオオバコが何とか生えている感じです。
空っ風が身にしみます。。

*EOS 30D+TAMRON 90mm F2.8 MACRO*


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






1週間前に撮影です。ちょっと紅葉には早い感じですね。
今はどうでしょう?

カメラを持って出かけたいけどなかなか時間が取れません。。

*EOS 30D+EF17-40mm F4L USM*

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )






「カムイチェプ」とは「神の魚」という意味のアイヌ語。サケのことを指します。
身も皮も骨も全てを活用でき捨てる所の無い魚。まさに神からの贈り物です。

北海道は今、サケの遡上の最盛期です。
河川で生まれ海へと下り、3年から5年間海で過ごしてから再び生まれた河に戻ります。
自然産卵をし、人の手を加えずともしっかりとサケが戻る河川もありますが、
現在では孵化場生まれのサケが殆どです。
この河のサケもそうです。上流に孵化場があります。

たとえ人の手が加わっているとはいえ、こうして生まれ故郷に戻り、
子孫を後世に残そうとするサケの姿は何度観ても感動的です。


*EOS 30D+EF24-70mm F2.8L USM+CPL*

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ