新婦人 盛岡支部

たのしい、うれしい、おいしい、ためになる!がいっぱい!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

親子で運動会!

2019-10-11 13:37:41 | ●親子リズム●

当会では盛岡市内4か所で親子リズムサークルを運営しています

10月10日(木)は、4か所の親子リズムサークルのみなさんが参加する「親子で運動会」を開きました

いつもの手あそびやリズム体操に運動会メニューを立て続けにこなして…

子どもたち・ママたちはさすがいつも体を動かしているので涼しい顔…ですが、

この日お手伝いに来たサポーターさんたちは汗だく(笑)

運動会の後は、持ち寄った不用品のとっかえっこもしました。


お菓子釣りも好評

みんな楽しんでくれてよかった~


新婦人は盛岡市内で4つの親子リズムサークルを運営しています

いつでも見学OKですので、どうぞ遊びに来てくださいね

チューリップ班だいたい火曜午前 見前児童センター

どんぐり班だいたい木曜午前 本宮児童センター

コアラ班だいたい金曜午前 中野地区活動センター

オレンジ班月1回土曜 緑が丘児童センター

お問い合わせは新婦人盛岡支部へどうぞ

コメント

道路環境整備と事故予防策

2019-05-23 12:05:00 | ●日記●

滋賀の大津で散歩中の園児が亡くなる痛ましい事故がありました。

ガードレールがあれば、こんな悲しい事故が起こらなかったのではないか…

身の回りを改めてみてみると、子どもたちが通る道路には無防備なところがいっぱい。

私たちは、事故のリスクがありそうなところを出来る限り減らしてほしいと自分たちが住む盛岡市に要請書を提出しました。

時間も予算もかかることなので、すぐに全てを整備することは難しいと思いますが、迅速に手立てを尽くしていただきたいです。

また登園降園、お散歩コースで危険なところはないか保育園に聞き取りをすることも提案しました。

二度と悲しい事故が起こらないように切に願います。

コメント

岩手県母親大会in遠野

2019-05-07 15:09:10 | ●岩手県母親大会●

6/30(土)に岩手県母親大会in遠野が開催されます

毎年、県内各地で開催している岩手県母親大会。遠野市での開催は今回が初めてになります。

午後の記念講演は、2018年に著書「おらおらでひとりいぐも」で芥川賞を受賞した若竹千佐子さん。
若竹さんは今回の岩手県母親大会の開催地でもある岩手県遠野市出身。
「おらはおらだ あきらめねで主張するも」という演題を見ても期待大ですね。

午前は多様なテーマでの分科会が開かれます。

大会の詳細・参加方法は下記へお問い合わせください。
第65回岩手県母親大会実行委員会:tel/fax 019-625-8032

コメント

市長選立候補予定者に聞いてみた!

2019-04-22 10:21:04 | ●日記●

おたふく、インフルエンザ予防接種費用助成について
市長選立候補予定者に聞いてみた!!

以前から子育て中のママさんたちから、子どもの予防接種費用が高くて大変との声が出されていました。

定期接種は公費負担ですが、任意接種は自費。
特におたふく風邪は、罹ってしまえば有効な特効薬はなく合併症の心配もあることから、子どもに予防接種を受けさせたいと思っているパパ・ママは少なくありません。けど、このおたふく風邪の予防接種がまた高いんです

インフルエンザ予防接種も、毎年のことなので費用が気になるところです

そこで私たちは、盛岡市で接種費用に補助を出してほしいと要望しました。
合わせて、次期盛岡市長選に現時点で立候補を予定している3氏にアンケートを実施しました。
現在のところ立候補を表明しているのは、現市長の谷藤裕明氏、内館茂氏(会社役員)、福井誠司氏(岩手県議)。
3氏からそれぞれ回答が届きましたので紹介します。

 


―― アンケート内容 ――――――

. 盛岡市として、おたふく風邪予防ワクチン定期接種化の早期実現を国に働きかけるとともに、現時点においては早急に助成を行うことが必要だと思いますが、どうお考えですか。

.盛岡市は、インフルエンザ予防ワクチンへの助成を増額しさらに助成対象年齢を18歳まで拡大するべきだと思いますが、どうお考えですか。

―― 立候補予定の皆さんの回答 ――――(50音順に紹介)

内舘 茂 氏(会社役員)

.私もその通りだと思います。
市民のみなさんの今のところの認識も低いと思います。そういう意味で定期接種化の早期実現を国に働きかけると同時に、助成を行うことを検討することが必要と考えます。

.私も3人の子どもを持ち、特に受験期には、自分の子、同級生の皆さんに非常に気を使ったことを覚えています。前向きに検討することが必要と考えます。

 

谷藤 裕明 氏(現盛岡市長)

.現在、国では、おたふく風邪予防ワクチンの定期接種化の検討が進められているとともに、より高い安全性が期待される新たなワクチン(※)の開発が進められていることから、市といたしましては、国の動向を注視してまいりたいと考えております。なお、早期の定期接種化につきましては、全国市長会を通じて国に対して要望しているところであり、引き続き機会をとらえて国に対して要望していまいります。

※MMRワクチン(おたふくかぜ・麻しん・風しん混合ワクチン)

.市では、これまで小学生までのお子さんを対象としてインフルエンザ予防接種料金の一部を助成してまいりましたが、平成31年度からは対象を中学生まで拡大するとともに、助成額を1回につき1,000円から2,000円に引き上げ、集団生活を送る子どもの重症化及び感染拡大の予防、子育て世代の負担軽減を図ることとしております。
さらなる助成額の増額及び対象の拡大につきましては、毎年、インフルエンザの流行により学級閉鎖などの休業措置が行われている実態も踏まえ、感染拡大の抑制という観点から、引き続き検討してまいります。

 

福井 誠司 氏(自民党県議)

.MMRワクチン接種による無菌性髄膜炎等の副反応が問題となり定期接種は中止されており現在は任意接種の取り扱いとなっている。国において「厚生科学審議会」で有効性、安全性にかかる専門家による技術的な検討が行われており、さらに昨年9月には「ワクチンに関する小委員会」においても議論されたが、無菌性髄膜炎の発生頻度等について継続審議となりました。私自身は国における副反応に関し早急に技術的な検討を進めるよう求める。また盛岡市としての助成についても、副反応に関する検討結果を踏まえ判断し問題がなければ助成の検討を行い、さらに国に対し定期接種の対象となるよう要望をしていきます。

.インフルエンザ予防ワクチンへの助成は増額、そして助成対象の拡大もしたい。その財源を確保するため医療情報の共有化の仕組みを作り、二重投薬や重複検査の削減、高度な診療体制の確立、さらに医師・看護師の作業負担軽減に結びつけていきたい。


 

立候補予定者の回答、どうですか?

みなさん予防接種費用助成については肯定的に考えておられますね

ただ、おたふく風邪予防接種による無菌性髄膜炎の対策を待つという意見も。
日本小児科学会によると、ワクチンによる無菌性髄膜炎は減少しているとのことから新薬を待たずに定期接種化、接種費用助成に踏み切っていただきたいですね。

もう一つ、接種費用助成実施のための予算をどうするか…です。
医療体制の改善は重要な課題ですが、そこから接種費用助成の予算をねん出するより、緊急に予算措置をしていただきたいですよね。

私たちは現在予防接種費用助成の署名に取り組んでいます。
5月末まで署名を広げ、6月の盛岡市議会には請願に添えて提出す予定です。

コメント

映画「愛を積むひと」盛岡上映会のお知らせ

2019-04-10 12:04:25 | ●映画●

愛を積むひと盛岡 上映会

■日時:2019年615日(土)4回上映
AM10:00、PM1:00、3:30、6:30 上映時間125分

■会場:プラザおでって3階おでってホール

■前売券:大人1,000円(当日1,200円)、大学生・高校生500円、中学生以下無料
■後援:盛岡市、盛岡市教育委員会
■主催:映画「愛を積むひと」上映実行委員会(☎019‐652-1826)

 


【作品紹介】

夫婦愛、親子愛、そして血のつながりを超えた縁――。
北海道の四季とともに描く珠玉の愛の物語。 

 ■メインキャスト:佐藤浩市/樋口可南子/北川景子/野村周平/杉咲花/吉田羊/柄本明

■監督:朝原雄三/脚本:朝原雄三、福田卓郎/音楽:岩代太郎/劇中歌:「スマイル」ナット・キング・コール/原作:「石を積むひと」エドワード・ムーニー・Jr.(小学館文庫刊)/製作:アスミック・エース、松竹、WOWOW KDDI、読売新聞社、北海道テレビ、TBSサービス/製作・配給:アスミック・エース、松竹/製作プロダクション:松竹撮影所/撮影特別協力:北海道 美瑛町/助成:文化庁文化芸術振興費補助金
■©2015「愛を積むひと」政策委員会 @aitsumu_movie #愛積む

youtubeのシネマトゥデイのチャンネルで予告動画がアップされています。
映画「愛を積むひと」予告編


 

2015年に公開になった作品です。

主人公を取り巻く人々との触れ合い、人が支え合って生きていくことの大切さを、ていねいに描いた愛のあるストーリーです。

1日限りの上映ですが、たくさんの方に観ていただけるよう4回上映となっております。

お誘い合わせのうえぜひおいでください。

【上映会・前売券のお問い合わせ】映画「愛を積むひと」上映実行委員会(☎019‐652-1826)まで

コメント