ニヒル牛 石川あるの紹介日誌

『ニヒル牛』の店番石川あるの、作品紹介を中心にした日誌です。レンタルボックスと言われる事も多い昨今です。

匂うような

2018年02月27日 | Weblog
胸元に、ひらひらと咲いたらどんなにきれいだろう。



ビーズで編まれた桜の花びらは、透明で、はかない。



白浜そよ子さんの納品は、ネックレスとイヤリング。
匂うような作品です。

コメント

岸キエコの新作

2018年02月26日 | Weblog
人は不自由だなと思う。
お金、健康、仕事、気持ち。
色んな事で、動けなくなるし悲しくなるし、時には倒れてしまう。
ゴミを抱えて、人を抱えて、立ち上がることも出来なくなる。
私たちは地面を這って食べて、泣いて、空を見上げる。

だけど、私たちは、動けない体で空を飛ぶ。



抱えたゴミは蝶にだってなるのだ。



だから大丈夫とは言わない。
ただ、人は不自由で、そして自由だ。



私たちは、泣いて空を見上げるほどに自由なのだと。
コメント

きりりとした

2018年02月25日 | Weblog
さて、後半となりました。

蜂の巣をモチーフにした真鍮と銀の指輪。



Facedさんのアクセサリーは、付けてみると、とてもかっこいいのです。



ご購入の方には箱を差し上げます。贈り物にもぜひ。
一つ一つ姿の違う、美しい作品です。
3/1まで。
コメント

たった一つの

2018年02月24日 | Weblog
花ケモノさん本日納品の帽子が、とてもとても可愛い。

ありきたりじゃない、けもの帽子。




形を自在に変える帽子。



お星様だってかぶっちゃおう。



どれも、たった一つの帽子。
街歩きにも旅にも、野原にだって月夜にだって。
好きな帽子をかぶって、お出かけしてみませんか?


コメント

針の一本一本、糸の一刺し一刺し

2018年02月23日 | Weblog
ほれぼれ。



ヨスガラユウギさんの納品。
ドームに入ったハリネズミの、100本以上ある針の美しさ。
粘土で作られたコーヒー豆の、挽いてしまいたくなる光沢。

そして。



こちらは刺繍のコーヒー豆。
まだ若い青い豆に熟した赤、深煎りの茶、散らばったコーヒーの花。
コーヒーをこよなく愛する作家さんならではの、何とも愛しい作品。

私はいつもながら、この作家さんの、憧れの強さにひかれます。
コメント

この魅力を伝えたい・・

2018年02月19日 | Weblog
意外に、気づかれていない方も多いのじゃないだろか。
この、魅力的な人形たちに。



hirata kozueさんの素敵なお嬢さんたち。
これは花の似合う『レディルリ子』

そしてセクシーな『スキャット』



一度見たら忘れられない。
あなたの相棒に、ぜひ。



「待ってるわ」

ああ、どうしたって様になる。
コメント (1)

にゃあっ!

2018年02月18日 | Weblog
PAVI LIONさんの新作。
変身ファィル。

猫が・・・。



紙を入れると。



『にゃあ!』

かあいいです。
コメント

「8864」

2018年02月17日 | Weblog
不思議なタイトルの個展です。



蜂のネックレス。



蜂の巣モチーフのシルバーリングは、少し脆いです。
だけど、壊れたら、ネックレスやイヤリングに加工してくれるそう。



ガラスに閉じ込められた蛍石は、どうぞ太陽の光に透かしてみてください。
とてもきれいな青になります。



作者はFacidさん。彼女のしんとした世界は、刹那的に美しい。

3/1までです。
コメント

印象的な・・

2018年02月16日 | Weblog
搬入、終わりました。
明日からはFacidさんの個展。
印象的で、不思議な、アクセサリーが揃いました。
詳細は、明日。
コメント

5000個目のしずく

2018年02月13日 | Weblog
聖悟さんのしずくペンダント。
聖悟さんはニヒル牛作家さんとしては10年目。
そしてちょうど、これが、5000個目の納品だそうです。
5000個!!
すごい・・。
聖悟さんは間違いなく、ニヒル牛で一番まめに納品して下さる作家さん。
「記念に、最初に納品したのと同じ作品を作ってみました」
シンプルなガラスのペンダントは、外の風景を飲み込んで色を変えます。
聖悟さんの作品はずっと、どこか素朴で愛らしい。
これからも、よろしくお願いいたします。
ちなみにお値段も、今回は最初の作品と同じになっているんですよ。


コメント