ニヒル牛 石川あるの紹介日誌

『ニヒル牛』の店番石川あるの、作品紹介を中心にした日誌です。レンタルボックスと言われる事も多い昨今です。

みんな大好きな

2018年07月31日 | Weblog
あいつらがやって来ますよ・・。
どどどーーーーんと。



そう、捨てちゃん達です!!

noraさんの個展『はぎれもの展』
何かね、今までに無いスリリングな捨てちゃん達が集まりそうです。
ときめくったらないね。
展示の様子は土曜日に・・。


コメント

にゃー!!

2018年07月30日 | Weblog
絵になるなあ。



何か、語りかけてくるんですよね、にゃーが。



このにゃー達は、胴体から離れて、ブローチになるんだけどね。
んでもって、やっぱり鼻血は出てるよね。



はなみず屋さん久々の納品は猫ブローチ達でした。
置いて楽し。つけて嬉し。
コメント

お待たせしました!!

2018年07月29日 | Weblog
『七月の或る夜 森に出逢う』
展示中、ずっと流れていた印象的な音楽。
お客さんによく「この音楽は何ですか?」と聞かれました
演奏しているのは『シルヴァノク』
今回の展示は、年内に発売予定のCD『夜の森博物誌』のプレイベントとなっています。
そのCDを個展用BGM MIXとして、新たに製作してくれた物でした。
そして、そして。
今回だけのそのオリジナル音源がCDなりました!
『夜の森博物誌CD予告編版 七月の或る夜 森に出逢う』



明日から販売いたします!!
ああ、間に合ってよかった・・。
本当に、お待たせいたしました。
コメント

始めの日

2018年07月28日 | Weblog
ニヒル牛プロデューサー石川浩司の連載コラムが更新され、今回は『ニヒル牛』についてでした。
ニヒル牛が始まる前の気持ち、始まった後の出来事。
ちょっと懐かしい内容で、一番最初の、ニヒル牛が生まれた日を思い出しました。

18年前の7月1日。
ニヒル牛始めの日。
たくさんの友達や知り合いが来てくれて、ここは生まれました。
敷居の低いギャラリーを、99人にはゴミでも、たった1人の人にとっての宝物が見つかる店を作ろうと。
混沌とした、わくわくする場所を作ろうと。
唯一無二の店を作ろうと。

それからずっと。
ニヒル牛2が出来たり、色んな企画をやったり。
西荻の本を出したり、ファッションショーしたり。
ニヒル牛2が取り壊されたり、大好きな作家さんが亡くなったり。
繰り返された毎日が、続いてきた毎日が、嬉しい事も痛みも、全部全部、宝です。
「ニヒル牛があったから」
そんな事を、ツイッターで書いてくれた方が沢山いました。
それはもう、本当に、嬉しいけど、そのまま返させて欲しい。
ニヒル牛ほど、人に恵まれている店って、中々無い。

もうちょっとしたら20年。
くだらない物、愛しい物、いかした物、必要ない物、ここにしか無い物。
唯一無二の場所でありたい。
続けられるだけ続けたいです。
多分、大丈夫。
2000年の始めの日から、ニヒル牛やっている楽しさは、ずっと変わって無いから。



写真はナナコが、余った西荻本のブックカバーで製作した袋。

石川浩司コラム
コメント

閉じ込められた宇宙

2018年07月27日 | Weblog
いつもながら、うっとり。



マンボウ⭐︎no.5さんの新作。
無数の星、憧れのジュピーター。
素晴らしい手仕事です。

今回は、可愛い動物達も納品してくれました。



小さな宇宙をあなたの胸に。


コメント

クラルハイトは何処?

2018年07月23日 | Weblog
大竹サラさんの展示。
夜の森博物誌CDプレ・イベント。
『七月の或る夜に 森に出会う』
お暑い中、訪ねて下さるお客様に、ぜひおすすめしたい企画があります。



そう。
クラルハイトを探していただきたいのです。
夜の森博物誌によると、クラルハイトは擬態する鳥。
風景に合わせて、自分の姿を変える鳥です。
見つけるのは困難と言われるその鳥達が5羽、ニヒル牛店内に紛れ込んでいます。
どうぞ、それを探し当ててください。
『最も短い時間で発見した勝者5名』には
なんと、夜の森CDが贈られます!

ただいまの最短記録は13分。
さあ『クラルハイト探しの指示書』を手に入れて、挑戦してみて下さい!


コメント

見るだけできりりと

2018年07月22日 | Weblog
あづい!!
こんな時はやはり、ガラス作家、聖悟さんです。



見ているだけで、冷たい氷を口に含んだみたいに、気のせいだけど清涼。



クラゲは人気の定番作品です。
ああ、胸元にゆらゆら。
透明と青の、海の生き物達はいかがですか?
コメント

七月の或る夜に 森に出逢う

2018年07月21日 | Weblog
ニヒル牛の奥に、森がやってきました。
しんとした空気。
不思議な生き物や植物が生息する幻の森。
大竹サラさんの個展『七月の或る夜に 森に出逢う』
本日から。



踏み込むのが怖くて、でも行かずにはいられない森の奥。
懐かしく、胸がかきむしられるようにせつない、美しい青い道。
ここではないどこか。
行き着けないどこか。
でも知っていた、いつかの森。
幻想の森。

今回ばかりは、その森のお土産が買えます・・。




可愛らしい鳥達の一輪挿し。
七色草のハーブティーetc。

そして、宝探しもあります!



店内に隠れたクラルハイトを探してください。

今回の展示はCD『夜の森博物誌』発売のプレ・イベントでもあります。
予告編のようなCDを作って下さいました。
音楽もがっつりと夜の森。
さあ。
夏の夜、不思議な森に迷いませんか?
コメント

森の気配・・

2018年07月20日 | Weblog
うーん、素敵。
サラさんがニヒル牛の奥に、森を作ってくれています。

詳細は明日。



空気がね、リンと変わりました。

コメント

トリコトリさん、セール!!

2018年07月17日 | Weblog
かんわいい、トリのアクセサリーや。
幻想的な植物を作られるトリコトリさん。
大セール実施です!!



何があるかな。



何があるかな。



わい♡



引き出しの中はすべて半額!
お見逃しなくっ!!

コメント