moss

ひっそりと書き綴る俺のチラ裏

Hanne Boel Outtakes

2022-01-24 22:19:12 | 

お気に入りのシンガーや曲はいくつかある。
その中でもずっと探していたHanne BoelのアルバムOuttakesがようやく手に入った。
ラベルのデザインも格好いい!

Hanne Boelは1957年デンマーク コペンハーゲン生まれの大学教授でありシンガーでありPOP,JAZZ,ROCKなんでも歌える凄い人。その歌声はどことなくTina Turnerと似た雰囲気がありパワフルではっきりしつつも時にスモーキーに歌い上げる。強力なバックの演奏にも埋もれない存在感のある声だ。

その中でもお気に入りはAfter midnight。 POPな演奏とJAZZっぽい歌声が相まってジャンルを超越したリズム感ある非常にパワフルな曲だ。これは是非大音量で聴きたい。
YouTubeのリンクはこれ↓

After Midnight - Hanne Boel


この元となった曲はJJ CaleのAfter Midnight。これはこれで軽快な雰囲気がありなかなか良い曲だ。

After Midnight - JJ Cale


最近はオーディオラックを作り変えて微妙にレイアウトが変わったせいかJBL4429の鳴りっぷりは凄まじいのに超精密な音を出す。前後方向の立体感があるのでスピーカの間に小さなステージがあって歌手がどこへ移動したか、どこを向いて歌っているかイメージが伝わってくるほど。かと思えばスピーカーの外側からシンバルの響きが聞こえてきたりと自分がどこにいるか一瞬わからなくなる。
この調子の良いタイミングでAfter midnightが聴けるのはラッキーだ。

Comment
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

久々の望遠鏡での星見

2022-01-14 21:49:35 | 天体撮影&観望

昨年夏以降はなかなか天気に恵まれず、プラドとジムニーを弄っていたこともあって星見はほとんどしていなかった。久々に星見しようという気になったのと天気も良かったから本日19時半頃にベランダへSTL80A-MAXIをセットアップした。しかし、5分後にはまばらな雲がやってきて10分後にはもっとでっかい雲がやってきたので短時間で終了。
そんな中でトラペジウムとリゲルと月とシリウスに望遠鏡を向けた。

まずはトラペジウム。手持ちアメリカンサイズで最も長焦点のMEADE SP40を付けてピントを合わせていく。
倍率は30倍。トラペジウムが4つに見えるし、周辺の星々の色の違いもわかった。ガスもしっかり見える。
次に賞月のUF15。倍率は80倍。振動が収まりにくくプルプルした状態だがトラペジウムは4つに見える。それよりもガスの姿がSP40よりもコントラスト良くてくっきり見える。
次にXWA5mm。倍率は一気に240倍。ピント合わせのための操作の後の揺れがなかなか収まらなくて良くわからんけど4つくらいに見えるがまだガスもわかる。これだけ倍率上げても見えるんだ、ピント合ってないのに。
この頃から何度か薄雲が通過するようになってきた。

ピントを合わせるために一度UF15へ交換してリゲルへ向ける。お!伴星が見える。双眼鏡ではそこには伴星があると信じて覗いてもカスリもせずまるっきり見えないがこれくらい倍率上げると良くわかる。こうやってただ明るくギラギラした恒星を見ているだけってのは結構好きかもしれない。そのうち何か見えてきそうで。
そのままXWA5mmへ交換してピントを合わせようとするがユラユラ揺れて合っているかどうか良くわからないがジフラクションリングの見え方を基準に合わせてみた。
バーティノフマスクを取りに部屋へ戻ろうかとも考えたが面倒臭い気持ちが勝っていたのでこのまま続行。この倍率でも伴星は見えているがもっと倍率低いほうが見易いと思った。

伴星といえば今年はシリウスBでしょ!ということでシリウスへ向ける。が、雲に隠れてシリウスが見えなくなった。雲が通過するまでの間に月へ向けてみる。見掛け視界102110度倍率240倍で見る月面は単純に迫力がある。眼の前いっぱいに月面が広がり、明るさに目が慣れてくるとくっきりしたクレータの輪郭、背景の宇宙空間と月との境界に殆ど色が感じられないことに気づいた。色についてはFS60Cと比べても全く遜色ないレベルで目の位置を変えてわずかに色があることに気づく程度で普通に中心を見てると殆どわからない。それにしても焦点距離5mmのアイピースでここまでくっきり見えるのには驚いた。LX90-20やC9 1/4にFS60Cでもここまでくっきり見えたことはなくボヤッとしていたのでえらい違い。アクロでも長焦点だと気持ちよく見えるんだ。今日はこれだけでも満足。
また、そのへんの星と違って望遠鏡を触らず月が移動していく様を見ていればよいので揺れは最小限に抑えられる。そういう意味では月は見易いようだ。

どんどん雲が流れてきていたが、わずかに雲の切れ目ができたので再度シリウスへ向けてみる。
ユラユラ揺れているがある程度収まるとジフラクションリングが何重にも見える。しかし伴星は全然わからない。粘ってみるが雲を通して見ているような状態になってきたので諦めて終了。この揺れを何とかしないとダメっぽい。というかこんな街中でこんなシンチュレーションということもあるけどそもそも8cmじゃ無理かも。
けど今日はSTL80A-MAXIのスッキリクッキリした見え味を体験できたので満足!

Comment
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

USBヒーター手袋

2022-01-04 21:44:37 | MISC

冬にデスクでじっとしていると指先が冷えてきて思うよにマウスやキーボードを扱えず誤って余計なものポチってしまう事故が多発する。そんなためにかれこれ10年以上USBヒーター手袋を使っているのだけど普通の手袋の中に5cm四方のヒーターが入ったものが殆どで指先まで暖かくならない。
そんな中でAmazonで見つけたのが「THANKO USB指まであったか手袋」。

この手袋にはよくある取り外しできる汎用の四角いヒーターではなく指の根本まで伸びた異型のヒーターが入っている。
裏をめくったところ。

更にヒーターの温度調整スイッチが左右独立で着いている。というか配線が左右1本ずつ付いている。四角いヒーターのようにゴワゴワしないし指の根本まで温かいのでこれまでのとはだいぶ違って快適。
ただし、これまでの四角いヒーターは手の平側にヒーターを持ってきても手の平のくぼみに収まるよう位置を調できたが、この新しい方はヒーターが縫い付けられているので位置を変えられない。手のひら側を温めるのにはちょっと不向きだった。しかしそれ以上に従来型に比べてメリットのほうが大きい。
ちょっと高かったけどこれは良い。

Comment
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

プラドへFJ CRAFT サイドステップマット取り付け

2021-11-03 23:53:32 | プラド

プラドがリボルトコーティング施工から帰ってきて早々AVX02を取り付けたりUSBを分岐させたりと忙しい。今日はFJ CRAFT サイドステップマットが届いた。取り付けは貼るだけの簡単作業なのですぐやってみよう。

マットと説明資料が入っている。

ベルクロを両面テープで貼り付ける。

ベルクロの分だけ浮くのではと想像していたがオーバーロック部分の張り出してうまく高さが揃うようだ。
 両面テープを貼る前に仮置きしてみる。
いい感じ・・・かな? あれ?

3rdシートへの入り口のカバーのグロメットを跨ぐ感じで両面テープが張り付くことになる。これではマットを外してもカバーのボルトへアクセスできなくなる。これは困った。

←このままでは後側 ( 画面左側)のグロメットを塞いでしまう。

このベルクロはマットに塗ってあるので簡単にバラせない。なのでベルクロの受け側をグロメットサイズに小さく切り取って貼ってみることにした。

面積は小さいがパタつくことは無いだろう。

しかし、ベルクロのオス側がカバーへもろに当たるので余剰部分を保護することにした。

位置をテープでチェックしておいて部屋にあったベルクロの受け側を切り抜いて貼り付ける。

OK!なんとかなった。

このスカッフの部分は結構踏んでしまうので踏み跡でみすぼらしくなる前に貼れてよかった。ドアを開けた時のぱっと見ての見栄えも結構良いと思う。
整備性を考えるとグロメットの部分は画期的なアイデアか何かで何とかしてほしいところ。

Comment
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

プラド ディスプレイオーディオとXperia

2021-10-20 20:19:21 | プラド

持っているスマホはXperia10。スクリーンミラーリングに関しては相手によって接続できないものもある。
プラドにはMOPのディプレイオーディオが搭載されているが繋がるかどうか心配だった。念の為ビートソニックのAVX02も購入しおりダメならジムニーでも使っているカシムラKD-199経由で繋げようと考えていたが手順を変えて何度かトライしたらXperiaでディプレイオーディオとのスクリーンミラーリングができた。

ちなみに、ディプレイオーディオのオーディオバージョンは1381、納車時点で最新だった。
ディプレイオーディオはすぐにXperiaを認識したが、問題はXperiaがKD-199を記憶していてスクリーンミラーリングを開始するとKD-199を探しに行ってディプレイオーディオに繋げようとしない。
なのでディプレイオーディオのミラキャストメニューを押して機器検索状態にしてすぐにXperiaの設定画面のスクリーンミラーリングのウィザードを開始したらディプレイオーディオは「Car multimedia」として認識された。それを選択するとスクリーンミラーリングが成功した。

その時の画像はシャッターを押す直前にデジカメの電池切れで写せていない。残念。

さて、AVX02はどうすっか・・・Amazaon Fire TV 4Kがあるからそれを繋げるか・・・

Comment
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする