Kameの独り言

思いついたことをありのままに

ありがとう 小太郎!!

2021年08月31日 18時00分16秒 | ペット

我が家の小太郎。 長い間ありがとう。

    

2011年に我が家の一員となった小太郎。

先輩のトモとしばらく仲良くできなかったけど、時間をかけてゆっくり距離を詰めて、いい家族になってくれました。

   

         美浜町でお散歩  こまどりの湯でワラビ採り

  上がってはいけない二階に忍び足で!見つかりました!

2021/7/30に小生が入院先から退院したら、とても喜んで長い間待っていたよと微かな動作で教えてくれました。

歩くことも、食事も自由にならず寝たきりの状態で、老夫婦に介護をさせてくれて世話をすることの喜びを感じていました。

8月17日(火)老夫婦に看取られながら静かに眠るように息を引き取りました。

11年の間本当に家族として寄り添ってくれてありがとう。

ありがとう。 感謝合掌。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

病気回復を願って千羽鶴

2021年08月16日 11時04分04秒 | 健康・病気

7月30日に無理やり退院をして自宅療養。

8月3日から外来診療。放射線照射治療が8月いっぱいほぼ毎日続く。

そんな中、道場へ顔を出してみんなの元気な顔を見てきた。

  

 

拳士が早く回復するように願って千羽鶴を折って手渡してくれた。うれしいことです。 8/10(火)

夏休みを前に顔を出すことが出来てよかった。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

そろそろ終活?

2021年08月02日 13時10分18秒 | 日記・エッセイ・コラム

以前からの腰痛がさっぱり治らないので、伊藤クリニックから藤田医科大学に紹介状をいただき、7月5日に脊髄整形を受診。

MRI写真を見て即緊急入院。15日に手術を行うが40Cmほど切開して脊髄を補助する鉄板を入れビスで固定する。

入院日から作成されたコルセットは四六時中装填していないといけない。

   病棟の看護師さんが、手術やリハビリがうまく行くように願ってメッツセージを寄せてくれた。日ごとに増えてくるのがちょっぴりうれしい。今まで初めてのことで他の棟や診療科の看護師さんはびっくり。

術後の傷の痛さや、リハビリのつらさはハンパない。

  ベットに寝たまま歯ブラシ洗顔、身体拭き。すべて看護師さんがしてくれるが、さすが下のお世話はしばらくお願いできなかった。

早く退院したいので看護師さんに無理を言って、主治医にまだ駄目ですか?と聞いてもらうこと屡々。

おかげで7月31日(土)に退院することが出来た。あとは外来で肝臓がんの治療に専念しなければいけない。

家はやっぱりいい!! 痛みは変わらないが心が安らぐ。癒される。小太郎も元気にしている。 やっぱりいい!!

8月はほとんど外来で検査診療で日程が潰れる。

こんな状態で職場復帰はまだ難しい。というよりできるのか不安である。

そろそろ道院の事務処理もしっかり引き継いで、完璧にしておかないと聞きたいときには主はいず・・・。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

小太郎の気力回復

2021年06月06日 15時41分09秒 | ペット

      

4月には完全に衰弱していた小太郎。

自分で排泄ができないので、掛かりつけの獣医さんがポンプで吸い出してくれる。2日に一度通って排尿は何とか。

5月の半ばになって自分で排尿も排便もできるようになった。

歩行ができないので身体を転がして至る所で時間もお構いなし。

後の始末が大変で、せっかく小太郎が歩きにくいと思って新調したカーペットも止む無くお役目御免。

フローリングでの用足しは幾ばくか楽に処理ができるようになる。

あとは身体についた汚れをお風呂場でしっかりシャンプー。

毎日の時もあれば、一日2回の時も。

ドライヤーで乾燥すると、あとはゆっくり気持ちよく睡眠。

腰痛を持つ老夫婦が老犬の介護を楽しんでやっています。

つらい時もある「老々介護」。介護させてもらえることの有難さ。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

孫 未春音の誕生

2021年05月26日 20時15分48秒 | 日記・エッセイ・コラム

未春音の誕生

 

次男夫婦に長女が誕生しました。

小生にとっては5人目の孫となる。

スーパームーンと皆既月食が重なる日に元気にお誕生!

コロナ禍もあってお見舞いや出産立ち合いもできなかったけれど、

先日退院後に会いに出かけて初対面。

あまりにも小さく抱くと壊れそうで、抱っこができなかった。

今度会ったらゆっくり抱っこしよう。

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

小太郎歩行補助サポータ制作

2021年04月25日 10時08分54秒 | 日記・エッセイ・コラム

 愛知県に蔓延防止対策が発出され、自粛の生活を継続して自己防衛をしている。

 我が家の小太郎が、もうだめかと思うほど衰弱していたが動物病院の先生のおかげで少しずつ回復して、身体を起こすことが出来るようになった。

 歩行補助用のサポータ作成を試みる。柄は風神雷神の生地で

小生のマスクとおそろいの柄

  

  

 胴の長さを少し追加してベルトを付けて完成

前足に力が入らずうまく立てないが、少しずつ慣れていけば。

小生の腰痛が激しく、左足にしびれが出るので整形を受診。

レントゲン、MRIを撮影して診断を受けるが、特に異常はないようで痛み止めを投薬してしばらく様子を見ることに。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

免許更新と73歳の手習い

2021年03月06日 15時51分21秒 | 日記・エッセイ・コラム

もう一度昔の音を出したくて、73歳になって初心に帰って手習いはじめ。

時間があるときにマウスピースだけで練習をしているが、最初より何とか向上している様子。

半年後にには演奏できるようになっているかな??

 

免許更新に平針試験場に出かける。

到着して受付書類の記入と手数料の支払いを済ませ、視力検査をを終えて写真撮影。

通常の更新者は写真撮影後講習があるのだが、小生は高齢者講習会を事前に受動者学校で受講していたので、写真撮影後その場でしばらく待っていると出来上がった免許証を渡されすべて終了。

所要時間約20分。早すぎる。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

想い出の品

2021年02月20日 12時43分38秒 | 日記・エッセイ・コラム

  孫に譲った小生の思い出のトランペット。 ピストンの調子やバブルの調整が悪く、音が出なくなったと修理の依頼。

すべて分解し、洗浄とスプリング等部品の調整をし、新品同様の動きを取り戻すことが出来た。

 新しいマウスピースのセットを購入して、しっかり練習する様にと渡したが、果たして手にしてくれるのはいつの日であろう?

 小生も久しぶりに音を出してみたが、全く音が出ない。

 購入したマウスピースを1本手元に置いて、夜勤の時など1時間ほど吹いている。所持用にマウスピースケースを手作りしてフォルダーに入れて携帯できるようにしてみた。

 最近ニニロッソのCDを購入して青春時代を想い出している。あの頃の音を再び出すことが出来たら楽しいだろうになぁ。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ぎっくり腰

2020年12月19日 16時00分00秒 | 日記・エッセイ・コラム

名古屋で初降雪があった。

前日タイヤ交換を依頼するのに、二階からスタットレスタイヤを4本降ろし自家用車に積み込む。

その時ちょっと来たかな?と思ったが大したことはなかったので油断した。

履き替えたタイヤを自家用車から降ろすとき「ギクッ」

本格的な痛みを久しぶりに体験。

 

ブリが届くとのことで調理するための出刃と刺身包丁を研ぐために、先日シンクタンクに調理用の板を設置。

今日は砥石の調整と包丁の研磨。

何とかとりあえず完了することが出来た。

ついでに鑿も3本ほど研磨した。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

母の七回忌

2020年12月06日 14時38分13秒 | 日記・エッセイ・コラム

燈峰榮蓮大姉の七回忌法要。

コロナ禍の中 家族のみで仏前と墓前に納経して済ませることができた。

久しぶりに家族全員が集まって昼食をし団欒。

  

みんな元気になって新年を迎えることが出来そうです。

母のおかげです。ご先祖様に感謝。合掌

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

全員合格 中学生二段

2020年11月22日 14時00分00秒 | 少林寺拳法

高校受験を前に二段資格をと、少々修練不足ではあったが挑戦してみた。

今月11月から通常形態での試験方法で、少し厳しい面があったけれど

試験官や関係役員各位の配慮をいただき、なんとか合格。

小生も久しぶりに公式行事の会場に出かけ、連盟の先生方の顔を拝見することができ、

懐かしくお話出来て、近日中の個人的な会食も約束できた。

 

合格した拳士たちは、ここまで育成してくれた道院長や指導者に心から感謝し

更に自己を高めるために研鑽し、後進の指導に当たることを期待する。

合格おめでとう!!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コロナ第3弾 マスク鬼滅の刃

2020年11月11日 11時04分43秒 | 日記・エッセイ・コラム

11月に入って新型コロナの感染拡大が全国的に広がっている。

先日家内と「鬼滅の刃・無限列車の編」を鑑賞してきた。

 退院後指先も自由に動くようになり、11/9から勤務再会することになったが当分週3日の勤務になるという。

余暇の時間を利用してマスク作りに専念する家内。

今回は鬼滅の刃の柄を集めて息子たちや小生のものを制作。

老後を楽しむようにミシンを踏む。 平和である。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日常に戻る(^^♪

2020年09月17日 11時55分37秒 | 日記・エッセイ・コラム

緊急入院から約40日。09/16にやっと退院することができました。

難病指定の「潰瘍性大腸炎」と鼻腔膏の炎症。

発熱の原因や病状、治療方針などが確定できて一安心。

高額医療費申請や難病指定申請書、病院への治療費の支払いetc。

何が何やらあっという間の40日。

何はともあれ、元気な?顔で自宅に戻ってくれて感謝である。

小太郎も衰弱した体で喜び表現している。可愛いね。

道院の拳士からのお見舞いメッセージ。 ありがとう!!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

病状安定

2020年09月05日 11時04分40秒 | 健康・病気

8/11に緊急搬送で入院した愚妻の容体が、一時は点滴と抗生剤ほかの投与のみで三週間。

その間の検査等で病名が解明し、治療方針が決まり安定した状態で診療が始まった。

病名は、今話題の安倍首相と同じ「潰瘍性大腸炎」。

鼻腔に溜まった膿の除去を行い、呼吸も楽になり9/2より重湯の食事に代わりおなかに物が入ったことで、何とか精気がよみがえってきたようだ。

点滴投与が終了し、引き続き二週間ほどの検査とリハビリを併用して体力回復に精を出すことになった。何はともあれ原因と治療方針が決まり、精神的にも落ち着いてきている。

病院から今後の治療方針や、難病指定の申請手続きや諸々の事務処理の方法を説明してもらい、必要書類の取り寄せや記入提出の作業で毎日がパニック。

食事や洗濯、ゴミ出しに、病院への差し入れや洗濯物の引取りetc。 やったことのない家事に困惑しながら早1か月近くが過ぎる。が、やればできる。最小限だが。

この猛暑で老犬も体力消耗、視力減衰で一日中クーラーをかけてそばにいられる時間はそばにいる。

コロナ自粛でお休みしていた道場も再開。一人で担当する時は愚息たちが応援に来てくれる。頼もしい限り!

勤務も休むことができず、通常通り。疲労困憊。 が、今後も同様に続く。

 

健康増進・護身練胆・精神修養。 永年世話をかけてきた今後の生涯の修行である。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

老々介護

2020年08月14日 10時18分53秒 | 健康・病気

コロナ禍で世間が再び脅威にさらされている今日。

異常気象で日中気温の上昇で、熱中症で搬送される方の増加。

8月10日に家内が少し風邪気味かもと市販薬を飲んで一日過ごす。

翌日えらいと言って休んでいたが、20時ころ38.8度の高熱と体中の痛みを訴える。

 すぐに救急車を依頼し近くの病院に搬送。CT検査を行いコロナではないことが判明し、直腸炎ということで1週間ほどの入院となる。

小生は夜勤のため、病院には次男が付き添いすべてを処理してくれた。

面会も家族の差し入れ等のみ許可されて、一般面会はできない。

入院中は家のことは自分で行うが、毎日夜間の気温も下がらず愛犬もふらふら。クーラーを一日中かけて自分も愛犬も熱中症にならないよう用心。

お盆を迎えて仏さまのお世話は長男にお任せ。

3日経過しても熱が下がらず、点滴と抗生剤の投与のみ。空腹に耐える老女。

小生は老犬のお世話と家事を行う。勤務も休むことができないので留守中の愛犬の様子が心配だが、活発に動けなくなった愛犬はクーラーの利く部屋でじっと過ごしていてくれる。

早く回復して楽な状態になって、ゆっくり養生ができるように望む。

様々な事態に出会うが、都度対応して生きてゆくことが日常。

平穏な日常に心より感謝して。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする