花子と呼んでくりょ~ってことで・・・ 「 福は~内! 」

大切に育てた二匹の猫を、同じ結果で亡くしてしまいました。しかし、季節外れのサンタさんが、福ちゃんを連れてきてくれました。

菊薫る晩秋~

2018-11-12 21:44:32 | 猫・作品

 今日は、高馬の循環器病院の受診日

お医者様に叱られる~!    って、ドキドキしながら行って来ました。

先ずは、私の絵の話。すごい作家に知り合えたのだから・・・

絵のために!体調の管理は二人でしっかりとやっていきましょう!

ついでに、真っ黒の足も見てくださいました。

「お~! やったねえ! 内出血は下に下に降りて上から鈍くなって消えるから大丈夫だよ。」

湿布薬を貼って、休むように言われました。が、

 

 

実家に寄って、農園にある落花生を全部収穫し、ピーマンとねぎも取り。

5cmほどに伸びた人参の雑草を抜きながら、白菜と思われる苗?を引き剝いて

植えなおしてきました。  育つのでしょうか?

 

実家には好きな花がいっぱいです。

 

白いりんどうも兄が大切に育ててくれています。

満天星ツツジも真っ赤です。

あまりにもきれいなので、母に届けましょう。

 

母は珍しく、ぐっすりと眠っていました。

先日持って行った黄色い小菊を片付けて、赤い小菊に生け変えました。

母の身の回りの物を少し片付けて、母を起こし、

お饅頭と、リクエストのバナナを持って行きましたが、両方ともに一口食べておしまい。

夕べは眠られなかったのかな?  早々に帰って来ました。

(猫が待っているから帰るというと、ニコニコしてくれます。)

 

そんな、なっちゃんは、

 

なんていう事でしょう!アトリエの壁の養生してある紙を破いて遊び始めました。

おい!やめてくれ~!

 

 

主人が帰って来ると、おすましして甘えています。(笑)

コメント

もう ぉ~~~ 痛か~!

2018-11-11 21:20:24 | 猫・作品

 

 

なっちゃんは元気ですよ!

とんでも無く元気ですよ!

大はしゃぎで、元気いっぱいですよ!

 

眠いのかい?起きたいのかい? わからんけど、元気ですよ!

 

 

 

元気でないのは、私でやんす!

びっくりでやんす!

真っ黒です!! ふくらはぎの方も、黒くなり始めています。

腫れていて、右と左の足の太さが違います。

もう、保冷材はやめましたが、サロンパス・パテックス・・・などは、

朝・昼・晩と一日三回取り換えています。

あざが消えるのは時間がかかりそうです。

 

😻

 

 

 

大学の先生とは今でも交流があります。

先生がわが校を辞めて北海道教育大に職し、退官された時に皆で旅行券を差し上げました。

それを使って、伊豆へ奥様と遊びに来たいと。

伊豆半島南側半分の地域で、お薦めできる宿を調べました。

我儘なご夫婦(笑)を、満足させる宿は我が町にありそうですが、どうなることやら・・・

 

コメント (2)

大道芸ニャン と 負傷者

2018-11-09 16:37:09 | 猫・作品

 

 

 

我が家の猫は、元気いっぱいです!

あまりにも元気で、カーテンを登ってしまいます。

爪を立ててよじ登るカーテンは、特注の高価なお気に入りのカーテンです。

登れないようにひとまとめして高いところで縛って置いても、ダメ!

仕方なく、カーテンを片付けてしまおうと、脚立に乗って長~いカーテンを下ろしました。

いざ!脚立から降りようとすると、なっちゃんが一瞬の同時で同じ場所に足を降ろし!

私はあわてて避けようとバランスを失って落っこちてしまいました。

なっちゃんは、何事かと猛ダッシュでどこかへ逃げて行きました。

一晩中 腫れようとする皮膚がピリピリと痛くって、

サロンパスを貼って、保冷剤をくるんで当てて包帯で巻きました。

翌朝、この通り! 内出血と腫れ・タンコブ  W

確かに太っている私ですが、こんなには太くない足なのに・・・

 

翌々日の昨日、身体中が痛い!ひざだけでなく、

右の二の腕あたりの筋肉痛・右足の薬指の青あざ

どういう状況で落ちっちゃったのかしら!?

 

 

 

さて、なっちゃんはというと 

 

 

アトリエに入り込んで、高い場所を目指して登る~登る~

まるで、静岡市で行われている大道芸のように、どうやって登ったのかしら!?

元気です!

私はビッコで、東京を歩くのでしょうか!

 

 

 

そして、今日は、バガテル公園で行われている現代アート展に行って来ました。

パリのバガテル公園と姉妹関係を得て、全く同じ設計で設営した公園です。

素晴らしい作品を見せていただきました。

作品等は、ビンちゃんgallery のブログで見られますので、検索してください。

プラタナス(すずかけの木)に可愛い実がなっていました。

さて、なっちゃんがひとりぼっちで待っています。

 

 

顔(頭)が小さいので、まだまだ幼く見えます。が、ずいぶんと大きくなりました。

 

明日は、銀座です。痛い足を引きずって、楽しんで来ましょう。

私の作品はどう評価されているでしょうか。

 

コメント (2)

なっちゃんとまったりしたいです。

2018-11-07 21:39:53 | 猫・作品

 

 

毎日私と一緒に寝ているはずですが、夕べは一人でした。

食卓の下に寒くなって来たので、ホットカーペットの上に

一畳弱のフカフカ布団を、置いて足を入れると暖かいのです。

今は、これだけであったかいです。

足を乗せようとすると、なっちゃんがいます。

遠慮する私達(笑)

 

どうやら、夕べはここで寝ていたようです。

(朝方寒かったのか私の布団の中に入れてくれ~とやって来ましたw)

 

 

なっちゃんの家はだいぶ壊れてきました。

窓という窓は、ボロボロで、サッシ?は取れてしまい・・・

 

でも、

遊ぶ遊ぶ! 人の足を引き込もうとします。

爪をたてて、痛い痛い!

 

 

 

 

今日は、ボランティアに行って来ました。

ふと見守ってみると、天才的な作品を描いているじいちゃん!

今日は、フウセントウワタと小菊・ホトトギスを描いてもらいました。

前回は葉の付いたミカンを描かせました。上手でした。💦 💦  恐るべしじいちゃんがいます。

「おりゃあ 描けねえから 一緒に描いてくれよ」と言うので、

少しだけ手をくわえてあげますが、

途中からは、知らないうちに素晴らしい絵が完成しています。

 

終わると、3Fにいる実母にリクエストしてくれたサツマイモの天ぷらを持って上がりました。

私が実家の畑で作ったサツマイモだと言って、前回は大学イモにして持って行きました。が、

サツマイモは天ぷらが良いと、今日は美味しいと言っていっぱい食べてくれました。

次回はバナナを食べたいと・・・

相変わらず、家に帰るから靴を履かせろ~

車に乗せろ~

ですが、無理だと納得すると、もう帰ろと言います。

毎回、今夜は無事に休めるだろうかと心配しながら帰って来ます。

重い気持ちで、帰宅すると、なっちゃんが迎えてくれます。

可愛いですね!  癒されます!

 

 

 

 

 

今夜はどこに寝るのかな?

 

コメント

お疲れの私?

2018-11-04 19:58:04 | 猫・作品

 

 

勇気を振り絞らねば、行動できない。

少し、風邪っぽいです。風邪薬を飲んで、一日中休んだ日もありましたね。

 

実家の我が農園 いよいよ、これで閉鎖する予定です。

(妹がわざわざ隣町からやって来て地主の畑を耕している。)

(小姑がしょっちゅう実家に来ている。)

という、他人様の目が気になるのだろうか?

兄と話をしあわないために、推測しかないけど、きっとそう思っているに違いないと

冬の作物は何もしてありません。

 

我が町で、近所で畑を貸してくれるところを探すことにします。

上手にはできないけど、やり始めると楽しいですからね。

残りのサツマイモを収穫して、従姉たちに配って回り、

イセエビや海のカニや魚をいただきました。

こんな上手い話 畑仕事しないと、出来ないではないですか!!!?

まだ、落花生・ねぎ・ピーマンが取れそうです。

最後の、種まきをした人参も。芽を出しましたし・・・

 

 

竜胆も、今が盛りと咲いていました。うらやましいなあ。

小菊たちも見事に咲いていました。 実家はなんとなく癒されるので兄妹仲良くしたいです。

 

 

 

我が家の天使は、時々、小悪魔になって、家中を駆け回り、

私たちのお宝までも壊してくれます。

この高い置物の足も2本折れてしまいました。ホットボンドでくっつけました(´;ω;`)

 

 

そんななっちゃんですが、毎晩私の布団の中へもぐりこみ、

温まると私の横で、この通りです。なっちゃん用の枕も作ってあげました。

 

最近は、水に興味いっぱいで、台所・洗面所・風呂場にもやって来て

水とじゃれ合っています。

 

 

 

 

 

 

😺

 

 

もう何年も町の文化祭を見に行く余裕がなく、久しぶりで見に行きました。

陶芸も、生け花も、絵画も、全体的に点数が激減していました。

文化協会事務局の方から、来年こそは出品してと頼まれました。

私の絵は、具象でもなく写実でも、抽象でもないから、見る人たちにどう思われるか・・・

 

まあ、一度出品して置けば、良いかな・・・なんちゃって~

 

私達も、幸せですよ~💕

 

 

コメント