ひろふみのブログ☆

囲碁棋士大橋拓文のオフィシャルブログです。

寿限夢~五劫無勝負出現!

2013-06-30 23:01:05 | 囲碁

昨日今日と富士通囲碁部さんの合宿に行ってまいりました。

富士通囲碁部は、みなさんとても強く、

指導碁で三面打ちとはいえ、先の碁が三局という事もあるな所です。

その先の碁の一つで、このような場面が現れました。相手はアマ強豪で有名な窪庭さん。

1図 白番 左下が何やらキナ臭い形です。左上は両劫で白が生きています。

2図 実戦進行 これは・・・

同型反復したので無勝負となりました。

これは、三劫でも四劫でもなく・・・

五劫ですねハジメテミタはじめてみた 初めて見た

両劫(白勝ち)+両劫(黒勝ち)+劫 でお互いに両劫が劫の劫材として使えるという、スーパーレアなケースです。

古来三劫は本能寺の変の前夜に現れたという伝説から、不吉の前兆とされますが、

五劫はというと、

寿限無 寿限無 五劫の擦り切れ~~~

に出てくるように、とても縁起が良さそうです

 総譜 313手五劫無勝負


棋譜再生

コメント (4)   トラックバック (1)

本因坊戦第4局

2013-06-17 21:46:55 | 囲碁

今日明日と、本因坊戦第4局が打たれています。

井山本因坊、高尾挑戦者、共にLG杯も8強に進出しました。

2日制7番勝負、世界戦での海外遠征対局と物凄いハードスケジュールだと思いますが、

だからこそ神経が研ぎ澄まされ、また火花が散り名勝負となる、ということもあると思います。

国際戦での激しいプレースタイルと、とことん考えられる2日制での持ち時間8時間。

はた目にはそれが融合しつつあるように感じています。

さて実は私、明日はコチラでこの碁を解説いたします

というわけで久しぶりに封じ手予想。

井山裕太本因坊(黒)vs高尾紳路九段(白)

1図 黒△とコスミツケた場面 

2図 封じ手予想は白1

白1押しだと思います。

難解な変化がたくさんありそうですが、第1感でした。

根拠はありません(笑)勘です。

というわけでまた明日、お会いしましょう。

コメント

手合8「長考そして」

2013-06-14 00:41:15 | 手合

今日は名人戦の予選で大竹英雄名誉碁聖と対局しました。私の白番。

幽玄の間でネット中継もありましたので、合わせてご覧下さい。

普通棋譜は黒番の向きですが、ここは自分のブログなのであえて白のときはそのまま載せています。

序盤で珍しい形が出来ました。

1図 白1と切る形と速断してバタバタと黒6まで進みました。感覚的には白がうまくいくはず・・・という形ですが

打とうと思っていた手がうまくいかない事にここで気付く

2図 当初の予定 これでしめつけが決まると思い込んでましたが・・・よくよく見ると・・・

3図 劫を仕掛けられて、黒3、9が劫材になるので外が破れてしまいます。というわけで読み直しの長考。

4図 実戦進行 というわけで緩いしめつけを選びましたが、これは当初のイメージより上手くいきませんでした。

5図 局後に大竹先生に指摘された図 白7のピンツギ!なるほど・・・この方が厚いですね。

6図 黒が外側をこじあけようとするとつぶれてしまいます。

7図 そしてその後、記録係の O君と更に検討をしました。すると新たな発見が。

白1を決めると・・・・

8図 2子を捨ててしめつける。Aは約20目の手ですが、この局面では左下(左辺)に先着出来るのが何より大きそう。

そういえばこの図も頭をよぎった気がするけど、なぜ選ばなかったんだ

記録係の O君によると4図白1は42分の長考だったそうで、

そんなに考えたのに、最善を打てなかったか~と反省・・・

苦しい時間帯が長かったと思いますが、最後はなんとか勝ち。

総譜 278手完 白1目半勝ち 消費黒1時間33分 白2時間58分


棋譜再生

コメント (6)

夏のはじまり

2013-06-09 18:44:55 | 囲碁

明日は手合です。

超久しぶり。まさしく超をつけるに相応しいぐらい、久しぶりです。

竜星戦の予選で石倉昇九段と対局します。

梅雨があるんだかないんだか分からない天気ですが、

とにもかくにも夏のはじまりですね。

コメント