トイチニッキ

旧ドイツニッキ
ドイツ駐在の日々から日本での小さな日々まで

0-5

2017-06-26 01:12:44 | おでかけ:すぽーつ


初広島観戦。
覚悟はしていた事だが
目の当たりにすると衝撃は大きかった。





駅からスタジアムへ向かう人波が
真っ赤‼️

数々のビジター球場に行っているが
黄色を着ている人は大抵5割くらいいて
昔なんて神宮は黄色い方が多いくらいで

こんなにアウェー感満載なのは
初めてのこと。


駅ビルの店員が普通にユニフォーム着てたり



ローソンが赤かったり

広島市民のカープ愛は半端なさそうだ。



球場内も



ビジターパフォーマンス席以外は
ほぼ真っ赤。

少数派になると団結力は強まるもので
初回から総立ちで応援歌を歌う。

ところが選手が応援に応えてくれない。
ミスはするわ。チャンスに三振。
初球を打ち上げて即アウト。
全然ワクワクする場面がこないのだ。




風船をあげてみてもダメ。

だんだん我等の結束も弱まり
みんな腰も重くなる。


はい、負けー。
ちっともいいとこなし。


せっかくここまで着たのにね〜
誕生日だったのにね〜
残念ね、mich。


でも天気予報はずっと雨で
前日は降雨でノーゲーム。
この日もずっと危ぶまれていたけれど
ポツポツ程度で済んだので
良しとしようか。











コメント

naheのこだわり

2017-06-13 17:57:52 | おうち

新しい洗濯機がやって来た。



Panasonicである。
早速使ってみたけど
中がちょっと見えて楽しいぞ。
しかし水が少なすぎて撹拌されてないような?


さて、ここで問題が。



我が家の洗面所インテリアはほぼ白黒に統一している。
洗面台の上部に収納がないので
すっきり見せる為の苦肉の策だ。
この為、歯磨き粉とか洗顔料なんて
機能も値段も関係ない!
パッケージが白黒なら買うという始末。

元々は前の洗濯機の蓋が黒だったので
白黒にした訳なのだが。


今度の洗濯機はご覧の通りの色。
統一感が崩された!!
いや、真っ白もあったんだけどね。
納品が遅れるっていうから。
1週間洗濯ができないのはかなりキツイ
とあの日は思ったのだけど…。

うーむ、やっぱり妥協すべきではなかったか?


もうひとつ問題。

風呂水給水ホースの収納。
今までは洗濯機の下にスペースがあったので
そこに隠してたんだけど、それは無理。
横のスペースに専用フックでかけられるけど
ホースそのままかけておくのはカッコ悪いぜ。
しかもホースもベージュだしさ。


ネットでホース収納技を調べてみる。
ファイルボックスに入れるのか!なるほど!!
やってみた。狭すぎて入らず。


幅8㎝以内で水受けができるもの・・・
袋でいいんじゃない?

やってみた。



ナイロンのエコバッグ。
中に水が溜まったとしても
ファイルボックスなら拭く必要があるけど
これなら洗濯物と一緒に洗っちゃえばよくない?

ちょうど真下に排水ホースがあるんだけど
それも目立たなくなっていい感じ。

さらにこのエコバッグの色が黒白ベージュ!
洗濯機と周りの白黒用品を繋いでくれるんじゃないの?

我ながらナイスアイデア!!
と独り悦に入ったnahe。
こんなブログかいてみたり。


これで水が滴り落ちてこなければ合格。


残る問題は
毎回こんな綺麗に袋に入れるのか?自分ってこと。
今までは片方は洗濯機につけっぱだったもんねー。






コメント

ケチるとろくなことない2

2017-06-11 11:27:37 | おうち

洗濯機の内蓋が片方外れた。
メーカーに修理を頼むと1万円以上かかるといわれた。

プラスチックの蝶番?が折れただけなのに。
こんなの専用ボンドで自分で直せると
michは豪語した。

片方は固定されているので
使えることは使える。
naheはmichに従った。

ボンド、1350円。
くっつかなかった。



次の方法を考える。
michは言った。
まだ使えたのでnaheはmichに従った。



日曜。晴れ。早起き。
外干しの絶好のチャンス!
張り切ってバスタオルにジーパン
もりもり洗ってみたのが悪かった。


脱水時に物凄い異音が!!
それはもうマンション中に鳴り響いたんじゃなかろうかくらいの。


蓋が完全に外れ
一緒に脱水され
洗剤投入のプラスチックも割れ
完全に壊れた。



恐るべし遠心力。



今日は予定があるので
今、慌ててコインランドリーに来てますよ。

洗濯機買い替えですよ。
思わぬ出費ですよ。
今日中に買えるかなぁ?


ああ、あの時素直に修理を頼んでおけば…。


ケチるのはほんとろくなことないわ。



コメント

身だしなみを整える

2017-06-06 18:02:59 | おかいもの

もう充分いい歳なのですが、
爪の切り方が、わかりません。

そもそも爪の切り方なんて習った?
多分遥か昔、子供の頃に
親に躾けられたんだろうけど。
それから今までなんとなく切ってきたよ。

足の爪なんてどこまで切ったらいいのやら?
面倒だから切れるとこまで切っちまえ!
と深爪になっちゃったり。

歳をとるにつれ
巻き爪になるわ
体は硬くなるわ
目は見えなくなるわ
腹に脂肪はつくわ
で、小指の爪なんて超適当。
michにも呆れられる始末。

本当はあれでしょ?
切らないでヤスリで削るんでしょ?
でもあの感触が気持ち悪いんだよ。

もう、面倒。

ってことで金に物言わせて外注決定。
生まれて初めて
ネイルサロンに行ってきた。

別に皮膚科で切ってもらってもよかったのだが
ついでにネイルもしてもらおうってことで。

足は自分で塗ってたけど
手は職業柄塗れないし
元々余り興味がなかったんだけど。


丁寧にヤスリかけをしてもらい
気持ちいいフットバスに浸かり
丁寧に甘皮をとってもらい
綺麗にジェルネイルを塗ってもらい
保湿クリームまで塗ってもらい

まあ、綺麗になったこと!!
女子力が1.2倍くらいあがったんじゃないの?


写真撮ってみたものの載せないけどね。
オバさんの足の指なんて見たくないっしょ?


こんなに楽で綺麗になるなら
自分でする必要ないね。
ヤスリがけも全然気持ち悪くなかった。
あの気持ち悪さは手の方だったのね。


髪の毛は躊躇せず美容院に行くのに
爪だって同じだよね。
もっと早くに行っておけばよかった。


ああ、
きっとエステも脱毛クリニックも
こういう感じなんだろうなあ。

そっちも行くか。






コメント

出雲参り

2017-06-02 19:56:14 | おでかけ:きょうかい・じしゃ

旅行七日目。

島根に泊まった目的はただひとつ、
出雲大社参拝。


神様が地上に降り立った場所が出雲の国だったそうで、
そんな由緒ある場所に行かずして
ご朱印集めが趣味と言えようか、michよ!



さすがの有名神社だけあり
規模も大きい
人も多い。


鳥居をくぐり長い参道を歩く。



なんか見えてきた。
お参りする。




あれ?その後ろにもなんかあるぞ?
どうやらさっきのが拝殿で
こっちのが本殿らしい。
こちらもお参りする。


さ、ご朱印、ご朱印。



さすが有名神社、ご朱印の列も多くの人。
書いてくれる方も6人ほどいる。
その窓口には
「初穂料はお気持ちで」みたいなことが書いてあった。

今までもこうやって料金が明記されていない所もあれば
「300円お納めしていただきます」と言ってくれる所もある。
なので明記していない所も300円を納めるのが相場らしい。

しかしmichの前に並んでいる女性2名。
いずれも手に握りしめているのは千円札。
支払ではなく納めるものだから「お釣り下さい」はタブーなのだ。
この人たち、千円払うの??
こういう有名処では千円が相場なの??

michに報告したら
「どこの神様でも差別しない!300円だ!!」
と男らしくケチ宣言。


手抜きされないかしら?大丈夫?



とってもシンプルなご朱印だが
ネットに載ってる画像も同じなので
手抜きされたわけではなさそうだ。
確かにあれだけの人数に
いちいち「出雲大社」まで手書きしてたらやってられないね。

 
さて、出雲大社の御祭神は

大国主大神

オオクニヌシノオオカミ
出雲の支配権を手にした国津神
葦原中国を完成させた
数々の神話にも登場する




因幡の白兎の一節だろう。
どんな話だったかもう忘れたなぁ。

でもこんな神話っぽい像や
うさぎの群れの像やらは沢山あるのに
狛犬がいないぞ??




見つけられなかったので、馬でお茶を濁す。
隣には牛もいたが
撫でまわす人が途切れずに写真を撮れなかった。


調べてみたら神楽殿という所に狛犬がいるらしい。
しかもそっちでも別のご朱印があるらしい!

なんてこったい。また行かなくては。




コメント

広い空と広い穴

2017-06-01 17:45:12 | おでかけ:まち

旅行六日目、
佐世保から九州脱出。

次はmichリクエストの秋吉台。

この日の夜は、島根県の温泉を予約しており
温泉はチェックイン時刻に縛りがあるので
結構タイトなスケジュール。
秋吉台には2時間くらいしかいられないよ!
と自分の興味がないものには非情なnahe。

それでもめげないmich。
人の波についていったら秋吉台に行くつもりが
秋芳洞に着いてしまった。
自称鍾乳洞マニアのmichの企みか?
中から行けるようなのでそのまま入る。




おお、ここ凄いわ。
今までいくつか鍾乳洞に入ってみたが
広さも高さも全然違う。
見応えあるわー。



しかし、本来の目的は別の場所なので
とりあえずそちらに行くために
ゆっくり観ている人々をすり抜け
急ぎ足で歩くmichnahe。
通勤時と同じくらいのスピードよ。

エレベーターに乗り地上へ。



これが秋吉台だって。


見渡す限りカルスト台地。

へぇ、道路があるんだ。ここまで車でこれば良かったね。



でもさ、なんかさ。

この風景、
スコットランドでみたよ。



岩が羊だったかもしれないけど。


人工の造形美は好きなんだけど、
自然の造形美にはあまり関心がないnahe。
感動薄くてごめんなさいね。


暑いし眩しいし、さっさと地下に戻ろう。

そして鍾乳洞をまた駆け足で観て
地酒を探して
予定通り2時間で終了。
鍾乳洞は全部見てないの。また今度ね。


そして島根の温泉へ。
やっぱり最低一日は温泉宿に泊まりたいのよ。
ゆっくり疲れを癒さなければ。

ホテル宿泊続きで風邪気味だったnaheは
早々にダウン。
明日も早いぞ。頑張れ自分。




コメント