トイチニッキ

旧ドイツニッキ
ドイツ駐在の日々から日本での小さな日々まで

貴重な土日を

2019-06-30 14:53:52 | おべんきょう


naheの持っている国家資格で
できる業務が増えた為
この土日はその講習会に費やされた。

といっても今の職場では
やることのない業務なので身も入らない。

ひたすら講習を聞いていたのだが
ひたすら眠気との戦いだった。

でもnaheと同じような人がいっぱい。
400人の受講者がいたが
この業務に携わる人は数名だろう。
ただただ資格取得の為に
義務的に受講しなきゃならないのだ。

その為受講時間も決められており
例え講義が早く終わろうとも
席を離れることは許されない。

だから講師の先生も大変みたいで。

本当に必要な手技の説明は
30分もあれば終わるのだ。
それを180分の授業にしなきゃならない。

ちょいちょいトイレ休憩をはさんだり
復習といって一から同じことを説明したり
ある先生は自分の生い立ちから話し出した!

面白くさせるような小ネタも仕込んでいたのだが
会場のウケはほぼ無し

聞く方はね、この一回だけだからいいさ。
でもこの講義、有資格者が全員受けるまで
何年も何回もやってたのよ。
(今年で終わる)
何年もこの空気の中講義してたかと思うと
先生が気の毒で気の毒で
いや、逆に強靭なハートの持ち主なのか?

とにかくあの場にいたスタッフも含め、
みんなが疲れるような講習会だった。


が、ひとり意気揚々としてたのは
最初に出てきた協会の会長。
「私を見るのは初めての人は挙手して」
なんて偉そうに言って
自分が会長になって
こんな業務ができるようにしたんだと
デカイ声で散々述べ
「自己顕示欲半端ないな」
と思ってたら

「そして参議院議員となり…」
政治家だったかーー。
道理でその喋り方。

最後は次の参院選のお願いをして帰ってったわ。
けっ!





コメント

タピオカ激戦区

2019-06-03 15:05:50 | おさんぽ

我が家と最寄駅の間の道には
200mほどの距離に
美容院や歯科医院や飲食店が並び

飲食店は入れ替わりも多く
いつぞやはカレー激戦区になったという話を
ここに買いたような覚えがある。

それが今度はタピオカミルクティーだ。
今何故かそれらしき物が流行っているのは
naheも知っている。
若者がよく並んでるよね。

しかしこんな片田舎の町に
しかも駅までの通り道として成り立っているような商店街に
数軒離れて2軒もオープンするのはどうだろう?

加えて駅の向こう側にももう一軒オープン予定!
あっちの方が駅近だよー。
大丈夫なのだろうか?と
オープン前からnaheは心配でしょうがない。

そのうちの一軒が先日オープンした。

なんと!
渋谷や横浜にも負けない行列だよ。
学生や子連れ客がズラリと。

この駅に行列ができるなんて
タンタンメン屋以来の快挙じゃない?

しかし今はまだオープニングセール中。
通常営業になった時にどうでしょう?
まだまだ心配だわ。


そして出店と同時に
台湾人?中国人?の進出も実感する。
中華料理の店も結構あるし、
この市のチャイナタウン化するんじゃなかろうか。







コメント

さらに参った

2019-05-16 18:25:11 | おでかけ:きょうかい・じしゃ

GWの話。
伊勢に行った帰りは
二日間かけて気ままにドライブ。
目的地も宿泊予約もなしで心の赴くまま。

しかしさすがGW。
宿は赴く余裕などなく、空室探しに一苦労。
近場の所が全くなく、
2時間の距離の所なら空いてるが
それなら家帰った方がいいんじゃね?となったり。

こうしてなんとか空きを見つけて
長野市に泊まることになった。
michnahe初めての土地。

ホテルのロビーにジオラマみたいのがあって
そこで初めて気づく。
「あ、善光寺ってここなんだ」

翌日の気ままドライブは善光寺参りに変更。


善光寺って名前は聞いた事があったけど
知識はゼロ。
改めて調べてみると

なんと善光寺も伊勢神宮と同じく
「一生に一度は行きたい」と言われているそうで。
伊勢参りがブームだった江戸庶民は
帰りはこの善光寺にも寄っていったそう。
江戸時代の憧れ旅を奇しくもやっちゃったよ!
長野市のホテルが一瞬だけ空室になったのも
何かのお導きかね?


駐車場の関係で裏から入る。



デカっ!!

表。


伊勢神宮の後だから余計に思うわ。
寺って派手!



門もデカイし、人は多いし。
michの好きな不動尊だけお参りして
御朱印をもらう。

門をくぐって参道へ。
長野駅からずっと続いてるんだね。
これなら歩いてくればよかった。


びっくりしたのが
周辺にもに小さな寺がいっぱいあるのだ。

michが善光寺の御朱印について調べた時
御朱印帳1冊はすぐ埋まるとか読んだそうだが
これで納得。
何十軒あるのよ?この寺達。
敷地にお墓も見当たらないけど
どんな役割を担っているのだろう?


参りまくりの10連休。
御利益あるといいな。







コメント

参った参った

2019-05-07 21:27:56 | おでかけ:きょうかい・じしゃ
GWのメインイベントはお伊勢参り

令和最初の御朱印は
由緒正しき所のがほしいもんね。
行ったのは5月2日だけど。

前日は雨で寒くて
それなのにニュースでは
午前中だけで6万人の人出だと!

朝5時から開いていることは知っていたが
8時くらいに行けばまだ空いているだろうと踏んだnahe。
車で内宮前を通るともうかなりの人の量!
外宮を詣ってから内宮に来るのが習わしだから
ここにいる人殆どが既に外宮は終えてるってことでしょ?
みんなどんだけ早起きして来てるんだ⁈
長い行列を覚悟する。


しかし意外に外宮はスムーズ。
初詣の時のような参拝への長蛇の列はなく、
御朱印の列に20分くらい並んだだけ。


さらに意外に正宮が質素。

別宮3つもほぼ同じデザイン。


全てのお社の隣が空き地になってて
ここへ遷宮するんだろうな。


ここで初めて知ったのだが
外宮、内宮以外の場所にも
数ヶ所別宮があるという。
こりゃ全部まわって御朱印貰わなきゃダメでしょ。
michの収集癖の血が騒ぎ出したよ。


まずは外宮から徒歩で行ける月夜見宮へ行き
車で倭姫宮に行く。
どちらも人が少なくていいわ。

御朱印も同じデザイン。


次は内宮へ。

駐車場から内宮へ向かう参道は

この賑わい。
人が多すぎておかげ横丁に入るのは断念したわ。

まだ11時だけど今食べとかないと
大変なことになりそう!
先に伊勢うどんで腹ごしらえ。
30分程待って食べ終わったら
列はさっきの倍の長さになってた。
危なかったー。




参拝はこちらもさほど待たず。
御朱印も臨時デスク?が設置されていて
すぐに頂けた。

月読宮へ行く。



ここだけでも4人の神様が祀られており
この日1日で何人にお詣りしたことか?
もうお賽銭の小銭も尽きてきたよ。

そして40Kmほど離れた瀧原宮へ。


残るは伊雑宮。
途中の道が通行止めになったりして
この日のお詣りは断念し翌日に。

 
結局16宮、お詣りしたらしい。

外宮御正宮:豊受大御神 内宮の天照大御神の食事を司る神 衣食住、産業の守り神
多賀宮:豊受大御神の荒御魂(活動的な神格)
土宮:大土乃御祖神 この土地の守り神 
風宮:級長津彦命級長戸辺命 風雨を司る神
月夜見宮:月夜見尊 月と夜を司る神
倭姫宮:倭姫命 天照大御神の社を伊勢に建てたとされる皇女
内宮御正宮:天照大御神 最高神であり日本人の大御祖神
荒松宮:天照大御神の荒御魂
風日祈宮:級長津彦命級長戸辺命
月読宮:月夜見尊
月読荒御魂宮月夜見尊の荒御魂
伊佐奈岐宮:伊弉諾尊 天照大御神の父
伊佐奈弥宮:伊弉冉尊 天照大御神の母
瀧原宮 瀧原並宮 伊雑宮:天照大御神の御魂

毎回祈るのは同じ事になってしまい
「あちこちにお願いしてご利益あるのか?」
と疑問に思い始め
最後の方は
「naheと申します。以後お見知り置きを」
と自己紹介だけしてきたわ。



でもどの宮も緑に囲まれていて穏やかで
地味なんだけど品がある感じ。


一生に一度は行くべき場所だわ。
でももう一度行ってみたいね。
遷宮の前あたりに二つの社が並ぶのが観られるのであれば。











コメント

8-3

2019-05-01 10:24:57 | おでかけ:すぽーつ

平成最後の日は甲子園へ。


こんな証明書も貰った。



相変わらず綺麗な球場。


現在低迷中のタイガース。
相手は広島よ。
いくらあっちも低迷しているとはいえ
去年の王者だもの。
あんまり期待しないでおこう。


ところが秋山のナイスピッチングに加え
ヒット!ヒット!またヒット!

ホームランを打たれた後の回も
きっちり繋いで点を取り返す。

まあぁ、楽しいこと



ビールも沢山飲めて幸せ




幸せな夜だ。




コメント

想い出参り

2019-04-30 01:29:33 | おでかけ:きょうかい・じしゃ


京都でひとり遠足することになったnahe。

京都は思い出深い街なのだ。
付き合っていた当時、
michは京都在住だったから
ちょくちょく来たりしたものさ。

平成も終わろうとしているこの日、
今まで行った所を巡って
御朱印という記録も残そうじゃないか。


とりあえず東山方面に向かい
聞き覚えのある寺社を探す。

知恩院。

ここは付き合ってた時に来たんだっけ?
思い出深いといいながら、記憶はかなり曖昧だ。



だがこの本堂は見覚えあるぞ。
今は改修中で入れなかったけど、
雨の日に来た気がする。



でも黒門がこんな城っぽい造りとは!
当時はこんな石垣なんて全く興味なかったもんね。

御朱印をいただきました。




さて、次はどこ行こう?
近くで行ったことがあるとこ…


南禅寺。


ここってnaheの父もいたような?
あれは結婚する前か??
なんで親まで京都に来てるんだ???
もう何もかもがあやふや。



でもこの水道橋の裏側はmichと2人で歩いてた覚えがあるぞ?



この門も確かに見ている。
でもいつ見たのか思い出せない。
もやもやしながら御朱印を貰う。
記憶喪失の人ってこういう気分なのかしら?

ここの御朱印は配布式。



次はお隣に見つけた永観堂へ。
ここは明瞭な記憶あり。
ドイツ人M&Nの日本旅行をアテンドした時に
紅葉を観に行ったのさ。

しかし拝観料が必要だってことは忘れてた。
紅葉だけ撮って入り口で踵を返す。



そこから次の目的地へ歩いている途中
偶然に見つけた岡崎神社。

ここも明瞭な思い出。
nahe1人でわざわざお詣りに来たんだよ。
御守りも買ったけど
結局御利益なかったんだわ。

naheにとっては苦い思い出だから
御朱印貰うのもちょっと迷ったけど


貰っちゃった。


狛兎、可愛いかったから。



そして次に向かうは

下鴨神社

ここはmichと付き合っていた頃
葵祭の流鏑馬を観に来たのだ。

ただ、流鏑馬を観た記憶はあるけど
お詣りなどをした覚えはなく…



建物を見ても蘇らない。あれぇ。

今回はちゃんとお詣りして


御朱印ゲット。

残念ながらここでタイムアップ。


そしてmichと合流し
知恩院と南禅寺の答え合わせをすると…。


なんとどちらもドイツ人M&Nを連れてきたそうだ。
その前に一度2人では来ているとのこと。
nahe両親を連れて行ったのは別の所だそう。

へええ、すっかり忘れてました。
別のお寺の名前を聞いても全くピンと来ません。
20年近く前のこと
よく覚えてるよなぁ、michって。



-->
コメント

日曜日の過ごし方

2019-02-04 13:49:12 | おうち

去年から始めたゴルフが
意外にもまだ続いているmich。

週末、土曜日は22時には寝て
朝4時に起きて打ちっ放しに行く。
早朝だと安いし、まだ暗くて打球も見やすいそうだ。

早寝早起き健康的!
と自画自賛のmichだが
naheはそうは思わない。

一時間半ほど練習しての帰り道
コンビニで朝食を買ってくるのだが
それが毎回惣菜パンと黒ラベル。
朝7時からビールだよ?

そして満腹になって朝寝。
まるで力士の朝稽古みたいでしょ。
どんなに身体を動かした後でも
きっと太るぞ。脂肪にしかならないぞ。


そして昼まで寝るもんだから
日曜はどこにも出かけられやしないし。


こんなmichだけど

michと一緒に早起きしてジムに行こう!
と思ってたのに起きられなくて
michの朝寝中にジムに行こう!
と思いつつダラダラして行けなくて
午後にジムに行って帰りに買い物して来よう!
と思いつつ結局面倒になって家から出ない
naheよりはマシかな?





コメント

ジオラマ増設

2018-12-24 23:09:07 | おかいもの


ドイツで買った物のひとつ。



Paderborn のDom。



現物は只今工事中。

前々からずっと欲しくて
これを買う為にクリスマスマーケットがある
この時期にドイツに行ったと言っても
過言ではない。

結構高かったけど買っちゃったよー。
陶器で出来ていて
中でロウソクを灯せるのよ。

こんなに欲しかった訳は

ジオラマ増設の為。



我が家の飾り棚、今はこんな感じ。
暗くて失敬。

以前貰ったRathaus と並べて
かなりPaderborn ぽくなったでしょ。
実際にはこんな近くにはないんだけど。

さらにクリスマスマーケットのプラモも置いて。
これは去年にmichが買ってたんだけど
1年手付かずで、
クリスマス前夜に慌てて二軒だけ作ったもの。

まだ華やかさが足りないよねぇ。







コメント

Weihnachtsmarkt tour 2

2018-12-15 00:13:22 | おでかけ:まち

ドイツクリマツアーの続き。

次はミュンヘンへ。

ミュンヘンはWeihnachtsmarkt ではなく
Christkindlmarktと言うみたい。
クリストキントとはクリスマスの天使だって。
南ドイツではプレゼントをくれるのは
サンタクロースではなく
クリストキントだそうな。

だから



サンタもヒマでグリューワインなんか飲んでたのか。
このサンタ、移動手段は手前のチャリ。


ミュンヘンのグリューワインは
店によってカップが違う。



以前からある陶器タイプで飲んでみたけど
やはり細長いガラスタイプの方が冷めにくい気がする。



マリエン広場前は電飾と人でキラキラ





クリスマスツリーに飾るオーナメントや
煙吐き人形などの雑貨が多い印象。
パダボーンにはこんなになかった。
店の数が全然違うせいもあるけど
昔デュッセルドルフのクリマに行った時には
パダボーンとの違いを感じた記憶はないので
地域差ということにしておこう。



ミュンヘンではここと
ハクセを食べに行くことしか目的がなかったので
2日間何度も歩き回ったわ。


最後、空港の前でも



ギリギリまでグリューワインを呑む。


ここで甘いプレッツェルのお店を見つけ
naheは感激!
こんなのがあるなんて
流石ミュンヘン、都会だわ。


ドイツの食文化って
良くも悪くも保守的なイメージ。
例えばクレープ屋さん。
生地は多分日本のと同じなんだけど
具がシロップやらヌテラだけ。
アイスクリームはおろか
生クリームさえもないのよ!
あんた達ザーネ好きでしょう?
なんでクレープに入れようとしないの???

日本なら期間限定の味とか
流行り物を取り入れたりするけど
ドイツはいつも変わらず(nahe調べ)

だからプレッツェルを甘く味付けするなんて
ドイツにもこんな発想する人がいたのか!と
感激したわけですよ。
もしかしたら昔からあるスイーツなのかもしれないけどね。

















</d>
コメント

Weihnachtsmarkt tour

2018-12-08 08:17:27 | おでかけ:まち

今回のドイツ旅は
パダボーンで旧友に会う&
クリスマスマーケット巡りが目的。

まずはPaderborn Weihnachtsmarkt



これは数日前に載せた記事のとおり。
白グリューワインが登場したことと
グリューワインに足すリキュールが
コアントローからラムやミントに変わっていたこと以外は
変わらない風景で懐かしさに浸る。

さて、このPaderbornのクリマは
11/23から始まっているのだが
naheが調べた限り、どの街よりも早い開催だ。
Stuttgart なんて11/28からだから。
だからもうやってるのが当たり前って感じで
かのmich元同僚のMと会う約束をしている時に
「近くの町のクリマに連れてってあげるよ」
と言われてて、前日に
「他の町はまだだったー!どうしよ?」
ってメールが来たのだ。

どうしてPaderborn はこんなに早くから始めるのか?
田舎町だから少しでも集客する為なのか?
それとも宗教上なのか?
謎。Mに聞けばよかった。


続いてStuttgart Weihnachtsmarkt

先日の記事の通り、まだやっておらず。

でもグリューワインやカリーブルストのお店は
少しだけやっていて





雰囲気だけ楽しんだ。

オープン2日前はまだ店の設営真っ最中。
広場に木造の小さな小屋を建て
装飾し、商品を並べている。

Stuttgart はその装飾が凄い!



見て!この屋根の上。
これ、生のモミの木だから。
壁にも枝をつけたりして
ここだけで何本のモミの木が消費されていることか。
モミの木農家はウハウハだよねと
下世話な会話をするnahe。







この屋根を見ているだけでも楽しい。
きっと店がオープンしたらすごい人混みで
屋根なんか見る余裕も無かっただろう。
オープン前に来たのは正解だったかも?


長くなるので続く。












コメント