映画で綴る鑑賞ノート

ドキュメンタリーを中心に、新作映画を楽しく語ります。
鹿児島弁のコーナーもあるよ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ジャーヘッド

2006年02月12日 | スクリーン
世界中の人々が、お茶の間で目撃した湾岸戦争。

確かに、飛び交うミサイルや、着弾する映像(テレビゲームといわれていました)は覚えていますが、
そこに、兵士の姿はありませんでした。

では、彼らは、どこにいて、何をしていたのか。

この映画で明らかになります。

空を制したほうが勝利を収めるのは、彼らも承知しているのだけれど、
それでも、海兵隊としての誇りもあれば、プライドもあって、
素直に勝利を喜べない。(喜ぶ奴もいる)

戦争に行って、何もしなくて、人を殺さずにすんで、無事に帰還できて、ラッキー♪
…なんて考えは、当然のことながら、まったくない。(ある奴もいる)

ベトナム帰還兵は戦争体験に苦しんだが、湾岸帰還兵は戦争無体験に苦しんだのだのかもしれません。

なにか、ハイテク戦争に取り残されていく歩兵たちの姿に、「ラスト・サムライ」が重なって見えました。

ジャーヘッド
★★★★ 2005 アメリカ
監督:サム・メンデス
出演:ジェイク・ギレンホール、ピーター・サースガード、ルーカス・ブラック、クリス・クーパー、ジェイミー・フォックス

追記

 一瞬、「大統領が直々に!?」と思った24ファンは、多いはず。

映画短歌

 芥子粒の如き一人の人間が テレビゲームの画【え】の隅に居り

コメント (8)   トラックバック (51)   この記事についてブログを書く
« RIZE ライズ | トップ | 最終兵器彼女 »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「24」のファンです♪ (マダムS)
2006-02-15 19:59:25
今晩は♪ TB有難う御座いました!

私も「24」夢中で見た一人です~

大統領がっ 出ていましたね^^(笑)
大統領! (せんかいへき)
2006-02-16 16:31:58
>マダムS様

いまだに、名前覚えられなくて…

これからも、「大統領」と呼ぶことになりそうです。(笑)
TBありがとうございました (wakana)
2006-02-17 16:10:00
湾岸戦争は私にとって一瞬のゲームのような戦争でしたが、そこには本当にたくさんの人がいたんだと現実だったんだとそんなふうに思いました。

私は前半のおバカなかんじも後半の重い感じもなかなか気に入ったんですけどね。あまり同意は得られません。。。
コメント、ありがとうございます。 (せんかいへき)
2006-02-17 16:56:06
>wakana様

ゲームといったのは、外から戦争を見た人々で、

一人の兵士にしてみれば、もちろん現実で、生き死にに関わることですからね。

前半後半、違和感なく楽しめましたよ。
TBありがとうございました (ミチ)
2006-02-17 19:46:54
こんにちは♪

戦争へ行って人を殺さずに帰ってきても、殺さずに帰ってきても悩むんですよね。(悩まない人もいますが)

人間の心理って複雑ですね。

私も「あ、大統領!」って思いましたよ~(笑)

コメント、ありがとうございます。 (せんかいへき)
2006-02-20 03:12:02
>ミチ様

戦争とはいえ、その人にとっては、殺人であり、殺人未遂であるわけですからね。

まして、一般人の死体を見せられれば…

悩まずに喜んでるのは、銃を手にしていない、会議室の偉いさんだけですね。

TBありがとうございました (mugi)
2006-02-21 00:12:15
私はわざわざ中東の夫のもとに不倫ビデオを送りつける妻がいたのが笑えました。

妻や彼女がいる兵士たちはさぞ気になったでしょうね。
不倫ビデオ! (せんかいへき)
2006-02-21 16:17:20
>mugi様

最初は、プライベートビデオを間違って送っちゃったのかと思ってたんですが、

中指立ててましたもんね。 コワイヨ…

コメントを投稿

スクリーン」カテゴリの最新記事

51 トラックバック

映画館「ジャーヘッド」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
湾岸戦争を題材にした作品。 湾岸戦争といえば、1991年に勃発した戦争。 当時、私はまだ若くニュース映像では知っていましたが自分の遊びで忙しく本当に他人事のように思っていました。それが、こうやって映像で出されると私が遊びほうけているときにもこうやって戦って...
ジャーヘッド (シャーロットの涙)
戦争映画というより兵士達の日常を描いた人間ドラマ。 この作品では一切人を殺さない主人公達…緩慢とした日々に悶々としながらも、淡々と物語りは進む。私の知ってる戦争映画とまるで違う。 若いうちのエネルギーというものは破壊力を秘めていると思うが、それらを発散さ
ジャーヘッド (色即是空日記+α)
「ジャーヘッド」  アメリカの海兵隊員の丸刈頭が、ジャー(びん)ににていることから、海兵隊のことをこう呼ぶ。 最高の生き方がある。    そう、信じて僕は戦場へ向かった   父も祖父も海兵隊員、当たり前のように18歳で海兵隊に入隊。  夢は祖国に尽く.
映画「ジャーヘッド」 (いもロックフェスティバル)
「アメリカン・ビューティー」のサム・メンデス監督の映画「ジャーヘッド」の試写会
ジャーヘッド/ JARHEAD (我想一個人映画美的女人blog)
ブログ女王、真鍋かをりが「心をえぐられました」 と宣伝チラシにコメント。 ワタシは全然えぐられなかったなぁ~。 戦争モノは結構観てきたけど、予告を観てても全然魅かれなかったのは ワタシの苦手顔、 ジェイクギレンホール主演というせいだけではない(気がする) じゃ
ジャーヘッド 評価額・710円 (Blog・キネマ文化論)
●ジャーヘッドをTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 祖父、父に次いで海兵隊に入隊した青
「ジャーヘッド」 (試写会帰りに)
「ジャーヘッド」JARHEAD試写会。 「アメリカン・ビューティー」「ロード・トゥ・パーディション」のサム・メンデス監督最新作。 「戦闘シーンのない戦争映画」という触れ込みにとても期待していました。 同じく“戦わない戦争映画”の最高傑作、ロマン・ポランスキー監督作.
『ジャーヘッド』 (Brilliant Days)
私達がイメージする”湾岸戦争”と言うと・・ TV画面に映し出された暗闇に浮かび上がるイラクのどこかの町・・空からの幾筋もの光線が建物を爆破するが、実際に死体などは出てこない。衛星画像から目標物を定めたピンポイント攻撃というハイテクを駆使した新しい”戦争のや
『ジャーヘッド』2006・2・12に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
『ジャーヘッド』  公式HPはこちら ●あらすじ アンソニー・スオフォードは、18歳になると当然のように憧れの海兵隊へ入隊を果たす。その彼が新兵の現実に直面。訓練に次ぐ訓練。・・・時勢はクウェートにイラクが侵攻していた・・・・ ●コラム //////////////
『ジャーヘッド』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
そんな経験をするよりも、普通に青春を謳歌してほしいと思う。 混沌とした戦場の青春映画。 1990年の夏、20歳の志願兵アンソニー・スオフォードは湾岸戦争で戦うため、サウジアラビアの砂漠へ派遣された。2003年のベストセラーとなったアメリカ海兵隊員狙撃兵の手記を
ジャーヘッド (映画通の部屋)
「ジャーヘッド」JARHEAD / 製作:2005年、アメリカ 123分 R-1
■ジャーヘッド (ルーピーQの活動日記)
祖父も父も「ジャーヘッド」という青年スオフォード(ジェイク・ギレンホール)。彼もまた迷わず海兵隊に入隊し、訓練に耐えきって見事偵察狙撃隊・STA候補に抜擢される。そんな折、ニュースではイラクのクウェート侵攻を告げていた。戦地へと派遣されたスオフォードだ
ジャーヘッド (ネタバレ映画館)
 『フライトプラン』で犯罪を犯したことを履歴書に書き忘れたために悲惨な結果を迎える。湾岸で客室乗務員をナンパして相棒にしたんだな・・・
ジャーヘッド (Alice in Wonderland)
湾岸戦争からもう15年も経つんだなぁ、あの頃はまだ学生でこのまま世界大戦になったらどうしようなんて思いTVを見て、連日のように報道される誤爆で民間人が巻き添えになったというニュースを見ながら、なんてアメリカって馬鹿な国なんだろうって憎憎しく思っていまし...
【劇場鑑賞13】ジャーヘッド(JARHEAD) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
最高の生き方がある。 そう信じて、僕は戦場に向かった―― メディアが暴けなかった湾岸戦争の真実が、ここにある
「ジャーヘッド」 (空の「一期一会」)
*ネタバレ注意! マダ、観てない方は読まないで下さいね。* ★「男は何年も銃を持
ジャーヘッド (toe@cinematiclife)
TOKYO FMホールで行われた試写会に行ってきた。 ビジネススタイルエバンジェリスト(?)の小阪 裕司氏のミニトークショー付き。 エバンジェリストって伝道師って意味があるらしい。 エヴァンゲリオンの熱狂的ファンなのかと思ったよ・・・(^^;) 映画は、アカデミー賞
ジャーヘッド (八ちゃんの日常空間)
戦地では、兵士たちの生活がある。特殊な環境でのその暮らしを通じて戦争が何かを語っている。が、しかしこれは反戦とかのメッセージ映画ではない。単に海兵隊員の体験談を映像化しているに過ぎないのだ。 戦争を知らない一般市民には想像を超える世界がそこにあったのだ。
ジャーヘッド (不良中年・天国と地獄)
2月13日(月)文化シネマ2にてこれは戦争映画というより、軍隊映画、と言ったほうが適切でしょう。題材は、1991年の湾岸戦争です。が、戦闘シーンはほとんどありません。内容は、砂漠に送られた若い兵士たちのキャンプ生活が中心です。二代にわたる軍人一家に生ま...
興味深い戦争の裏側だけど・・・ 「ジャーヘッド」 (平気の平左)
評価:55点 ジャーヘッド 珍しい戦争モノですね。 主人公は、誰一人敵を殺さなかったというアメリカ軍の海兵隊の一員です。 この映画は、普通の兵士が理不尽ないじめのような訓練に耐え抜き、海兵隊の配属時に洗礼を受け、イラクに派兵されるという一兵士の戦場での日
「ジャーヘッド」 Jarhead (俺の明日はどっちだ)
\"Four days, four hours, one minute. That was my war,\" the Marine sniper Tony Swofford tells us. \"I never shot my rifle.\"実際に海兵隊の狙撃手として湾岸戦争に従事したアンソニー・スオフォードのベストセラーとなった回顧録「ジャーヘッド~アメリカ海兵隊員
映画「ジャーヘッド」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ジャーヘッド」★★★★ 海兵隊員として湾岸戦争に従軍したアンソニー・スオフォードのベストセラー回顧録「ジャーヘッド」をサム・メンデス監督が映画化。 戦争映画は数々見てきたけれど、湾岸戦争物は初めてかもしれない。 1人の青年が海兵隊に入隊し、訓練
ジャーヘッド(2005年) (勝手に映画評)
タイトル ジャーヘッド ---感想--- 1990年の湾岸戦争に従軍した若き兵士の物語。この戦争は、TV中継された戦争と言っても過言ではなく、その過剰なTV中継が作戦行動にも若干なりとも影響を与えています。この経験から、2003年のアメリカ軍によるイラク侵攻の際には、作戦行
ジャーヘッド (A Date With Tracey)
おれはいつでもコワいもの知らず 一人前のソルジャーだ! クソッタレの戦場へ飛んで 片っ端からブッ殺しまくるぜ! ワンツースリーフォーRatatatata!!!!! 殺れ、殺れ、ブッ殺せ!クソども殺して男を磨け!{/goo/} 湾岸戦争。アメリカの兵隊は皆殺しモードで戦闘準備万
「ジャーヘッド」 イメージキャラ山本KID徳郁は、頭の形だけで選んでないか?  (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
ラジー賞界において、スタローンの後継者になった感のあるトム・クルーズが、「ドント・ウォーリー・ビー・ハッピー」を聞きながら都会でのんきに「カクテル」(ラジー賞作品賞)をふるまっていた頃、「華氏911」で見たように田舎の若者はショッピングセンターで海兵隊の
「ジャーヘッド」  (てんびんthe LIFE)
「ジャーヘッド」 ヤマハホールで鑑賞 1991年にいきなり始まった湾岸戦争はずっとTVで放映されていて、爆弾があたかも雨のしずくのように投下され、何がなんだかわからないうちに終戦となりました。15年も前の話ではあるけど最新の技術でアメリカは圧倒的な強さとスピ
ジャーヘッド (ようこそ劇場へ!)
Jarhead 「アメリカ海兵隊員の告白」というノンフィクションを、サム・メンデスが映画化した。『新・地獄の黙示録』とも言える、現在の見えない戦争を描いている。 ☆☆☆☆
何も起きない戦争映画 (犬も歩けばBohにあたる!)
メディアが暴けなかった湾岸戦争の真実が、ここにある と、大々的にうってでた『ジャ
ジャーヘッド~新しい戦争映画 (Osaka-cinema-cafe)
「戦争映画」と聞くと、「プライベート・ライアン」のような リアルな戦闘シーンがあるものや、「プラトーン」のような 戦場での兵士の内面を描くものなど、どちらかと言えば、 女性は好き好んで見たくはないジャンルではないでしょうか? さあ、今日ご紹介の映画は戦争
ジャーヘッド (Rohi-ta_site.com)
映画館で、出演:ジェイク・ギレンホール/ピーター・サースガード/ルーカス・ブラック/クリス・クーパー/ジェイミー・フォックス/原作:アンソニー・スオフォード/脚本:ウィリアム・D・ブロイルズ・Jr/監督:サム・メンデス/作品『ジャーヘッド』を観ました。 ●スト
ジャーヘッド (映画君の毎日)
湾岸戦争での海兵隊の苦悩を描いた映画。 初っ端は「フルメタル・ジャケット」そっくり。 あとはそんなに似ていなかった。 戦地での待機の退屈さやお気楽さは真実味もあり、 戦地で一発も撃てないで戻ってくる欲求不満も、 今までの戦争映画には無かったもの
ジャーヘッド (映画をささえに生きる)
「海兵隊に入って新兵としてトイレ当番になる」何があってもこれだけは避けようと思います。
ジャーヘッド (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  叩き込まれた戦争欲、後に残るは空しさだけ
ジャーヘッド (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
湾岸戦争でのアメリカ、海兵隊員の姿を描いた作品です。 海兵隊員として厳しい訓練に耐える若き兵士、スオフォード。イラクとの関係が悪化し、狙撃の名手としてイラクへ派遣されることとなります。けれど、なかなか戦闘は始まらず、暇をもてあます日々。そして、相当の日
ジャーヘッド 2005年【米】サム・メンデス監督 (トーキング・マイノリティ)
 “ジャーヘッド”とは海兵隊を指すスラングで、その訳は(ジャー(ポット)のように刈り上げた頭=頭が空っぽの海兵隊員)からきているそうだ。この映画は湾岸戦争時の“ジャーヘッド”、アメリカ海兵隊たちを描いている。  父親がベトナム帰還兵の主人公スオフォードもま
ジャーヘッド (シネマちゅうどく)
最高の生き方がある。 そう信じて、僕は戦場に向かった―― メディアが暴けなかった湾岸戦争の真実が、ここにある 今日は、10時半に起きて倉敷イオンまで行ってきました。今日公開の『ジャーヘッド』を観に。 公開初日に観にいくなんてほんとひさしぶり! 監督は『アメ
ジャーヘッド (こっちゃんと映画をみまちょ♪)
「ジャーヘッド」・・・・この言葉の意味を知っていますか? いわゆるアメリカ海兵隊員の俗称。   これこれ、そこの人。今、武田鉄矢は関係ありませんヨ。   ・・・え?なに?     だから、それは”海援隊”でしょっ! こっちゃんが言ってる
ジャーヘッド (キャバ嬢このはの気まぐれ日記)
久々の更新です バレンタインどうでした??いいバレンタインでした? このは はゴディバ のチョコ買いましたぁ もちろん自分の分も(笑) すごく美味しかったぁ それで先週の・・先週かな。『ジャーへッド 』の試写会に行ってきました 戦争映
ジャーヘッド (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
正直言ってあんま好きになれないサム・メンデス監督。 キャッチコピー「メディアが暴けなかった湾岸戦争の真実がここにある」・・・メディア以上に描いたものなど何かあるのだろうか?
ジャーヘッド(映画館) (ひるめし。)
戦場は、あなたの中にある。 CAST:ジェイク・ギレンホール/ピーター・サースガード/クリス・クーパー/ジェイミー・フォックス 他 ■アメリカ産 123分 戦争ものは苦手だけど、予告編見て音楽がかっこよかったのと、坊主頭のジェイク・ギレンホールがちょっとかわいかっ
「ジャーヘッド」見てきました (よしなしごと)
↑前売り券のおまけのシリコンバンド 今年はテロや戦争を題材にしたノンフィクションが多いなぁ。その中でもイノセントボイスとホテルルワンダは僕にとっては最高の傑作でした。果たして今回見たジャーヘッドはどうでしょうか。
ジャーヘッド (future world)
91年の湾岸戦争が舞台、かつてない戦争映画、実話に沿ったドキュメンタリー、そして監督がサム・メンデス・・・とても興味そそられる作品だ。 戦争映画といえば、打ち合って殺し合って、血だらけの兵士達がのたうち回り、激しい弾薬の爆音・・・それが無い。 あるの.
『JARHEDA ジャーヘッド』 サム・メンデス監督 ジェイク・ギレンボール主演 (物語三昧)
評価:★★★★☆星4つ半 (僕的評価:★★★★★星5つ) 全米ベストセラー『ジャーヘッド アメリカ海兵隊員の告白』を映画化した作品。 そしてなによりも、『アメリカンヒューティー』のサムメンデス監督作品。 アンソニー・スオフォード, 中谷 和男 ジャ
ジャーヘッド (まつさんの映画伝道師)
第362回 ★★★★(劇場) (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ) 「暇つぶし」のことを、英語で「Killing Time」と表現することがある。 「時を殺す」と表現するこの言い回しは、時間を潰すことが同時に自分自身の人生を無駄にしている.
ジャーヘッド (【極私的】Movie Review)
原題…JARHEAD 監督…サム・メンデス 出演…ジェイク・ギレンホール/ピーター・サースガード/ジェイミー・フォックス 極私的満足度…△ 良くも悪くも他と一線を画す この戦争は、ワタシも非常によく覚えている。つい最近のことだと思っていたけど、すでに10年以上も前.
「ジャーヘッド」 監督 サム・メンデス 主演 ジェイク・ギレンホール (いってきマす。)
戦うことすらできない戦場。 「900メートルの射程を撃つのにベトナム戦争では一週...
ジャーヘッド (サウンドトラック秘宝館)
http://ap.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb.do?newsid=9550972537 JARHEAD 監督: サム・メンデス  音楽: トーマス・ニューマン  出演: ジェイク・ギレンホール、ピーター・サースガード、ルーカス・ブラック、クリス・クーパー、ジェイミー・フォックス、ブラ
ジャーヘッド (☆えみたんの日記帳☆)
昨日は珍しくバイトなかったから映画見てきたよヽ(*^^*)ノ 前々から見たかったあの 「ジャーヘッド」を・・烈y(^ー^)y烈 ストーリー 祖父、父に次いで海兵隊に入隊した青年スオフォードは、 苛酷な訓練を経て、偵察狙撃隊STAの一員としてサウジアラビ
ジャーヘッド-(映画:今年36本目)- (デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと))
監督:サム・メンデス 出演:ジェイク・ギレンホール、ピーター・サースガード、ジェイミー・フォックス、ジェームズ・モリソン、スコット・マクドナルド、ブライアン・ケイシー 評価:84点(100点満点) 公式サイト プラトーンで描かれたようなジ
『JARHEAD』 (BEAUX JOURS)
『JARHEAD ~ジャーヘッド~』を観てまいりました ストーリー・・・ 海兵隊員の一家に生まれた青年、アンソニー・スオフォード。 18歳になった彼は、一人前になろうと故郷に彼女を残して、海兵隊に入隊。 3代目の“ジャーヘッド”となった。しかし、スオフォー...
ジャーヘッド (Jarhead) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 サム・メンデス 主演 ジェイク・ギレンホール 2005年 アメリカ映画 123分 戦争 採点★★★★ 小学校の頃、日曜の校庭で楽しそうに野球をする損に見事に騙されカブスカウトに入ってしまった私。夏はキャンプに冬はスキーと、楽しいイベントも多かったのだが、 ...