伊藤とし子のひとりごと

佐倉市議会議員3期目
議会活動、さくら・市民ネットワークの活動あれこれ、お知らせします

6/27「震災ガレキの現場を見る!」石巻市・仙台市・女川町 視察報告会

2012-06-21 18:20:08 | ガレキ広域処理問題
5月14・15日に市民ネットワークの4人(佐倉市3人、四街道市1人)の議員で視察に行ってきました。

6月のネットギャラリーは、「震災ガレキの現場を見る!」石巻市・仙台市・女川町の現地視察報告です。
~6月30日

また、現地視察報告会を行います。

6月27日(水) 13:30~
さくら・市民ネットワーク事務所にて


ガレキ広域処理は本当に必要でしょうか?

震災ガレキ量の見直しが行われ、大幅に焼却ガレキの積算量が減っています。
新潟県の試算によると、宮城県、岩手県に設置された31基の仮設焼却炉で事足りるとも言われています。

一番津波被害が大きかった石巻市の市内の状況、仮置場のガレキの量、地盤沈下の深刻さ、
宮城県の処分場の焼却炉もフル稼働となれば日量1500トンもの焼却処分が始まります。

女川町の津波の深刻さ、女川原発オフサイトセンターも無残に津波被害にあっていました。
ガレキに埋もれて大変とキャンペーンされていますが、実際はどうなっているか。

震災直後から10種類以上の分別を行いながら処分場に搬入を行った仙台市。
なぜそのようなことが可能になったのでしょうか?

議員として、視察を受けていただき、現地処分場の説明をしていただきました。
また、現地でボランティアを行っているコーディネーターのマサさんから、震災直後から現在までの深刻な状況を聞き取ってきましたした。
生々しい話も伺っています。

実りの多かった視察の報告会になると思いますので、どうぞご参加ください。
お待ちしています。










また、坂本さんの「さつき」も展示しています。





『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ガレキ広域処理の合理的根... | トップ | 電気料金値上げ問題 「原発... »
最近の画像もっと見る

ガレキ広域処理問題」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事