録画人間の末路 -

人は記録をしながらじゃないと生きていけない

17才少年は天才? それとも・・・

2016-06-09 23:02:42 | B-CAS&規制撤廃運動
ここ最近の悩み事が一安心と言える段階になり、なんとなく心に余裕が出てきました。本当は安心しちゃいけないんでしょうが、少なくともわたしの腹は今までの重みから解放されてスッキリしています。今日は久々に体重が減りませんでした。


ようやくこの話に取り掛かるとしましょうか。

衛星放送の不正視聴を可能に…17歳を逮捕

もうご存知かと思うこのニュース。あちこちで同じニュースが掲載されていますが、もうひとつ具体的な中身が見えてきません。多分インターネットから該当プログラムさえ入手できれば利用は可能ですので、真似されないように意図的にハッキリしないように書いているのでしょう。それでもそれらの情報をつなぎ合わせる限り、視聴録画手段はあくまでPC。それに搭載するデジタル放送用チューナーで、B-CASなしで有料放送まで視聴ないし録画できるプログラムを開発し、自分のサイトで公開、無料で公開、ダウンロードできるようにしたもの・・・ということのようです。寄付を募っていた、という話もあります。その少年のサイトはもちろんプログラムがどういうものか、見ていないので全くわかりませんが。

この件、もっとも気になるのが「「少年はネット上に公開された数百ページにわたるデジタル放送の仕組みが書かれた仕様書を読み込み、独自でプログラムを開発した」という点です。デジタル放送の仕様書がどれを挿しているのか分かりませんが、いろいろ合わせれば数百ページにはなるでしょう。膨大な量でちょっとしたことがやりたいから、程度のことで読む量とはとても思えませんが、それでも一人の人間で読むことは可能な量です。たかがその程度のことで有料放送という仕組みが理解され、それらのスクランブルを外すプログラムの開発が可能? 17才無職という立場を考えるに、プログラムだけならともかくその他技術面において専門家から学んだ知識を持ち合わせているとは思えません。B-CASってそんな簡単に解析されるシステムなんでしょうか? それとも多くのハッカーやクラッカーがなしえなかったことをやってのけた天才少年なんでしょうか。

簡単に集めた情報で見る限り、公開されたのは「プログラム」と言うよりファイルのようです。おそらく視聴録画のシステムは他のプログラムに依存し、CASだけを提供するファイルなんでしょう。覚えている方も多いと思いますが、B-CAS書き換えが大騒ぎになった当時、おそらくその解析を行った人間かそのグループによってsoftcasなるファイルも公開されています。今回の少年のプログラムと、おそらくは同じ機能を持つものです。これは確かそれなりのツールを使い、自分でファイルを構築しなければ動作しない形での提供でした。もっとも、ある程度知識のある人間なら構築はそれほど難しくなかったらしく、ある程度の人は手に入れていたでしょう。また、構築済の完成ファイルを公開したサイトがあった、という書き込みも読んだように記憶しています。少年が開発するまでもなく、すでに「プログラム」は存在していたのです。正直数百ページの資料を解析し、一から組み立てるよりそのファイルや構築前のファイル群をネット上で見つけ、少し手直しして公開するほうがはるかに手っ取り早いと思うのです。ウチのブログですが、最近こそなくなりましたが以前はやたらとコメント欄にこうしたsoftcas売ります、的なスパムが来たものです。基本的に書き込みが確認され次第即削除していましたが、基本部分の入手はその気になればいくらでも可能なんでしょう。今回の事件の少年のプログラムも、そうした基本部分をいじった半自作だったように思えてなりません。そもそもまだ認否を留保しているのに、公開したプログラムの作成に関して具体的な話をしているほうが変とも思いますし。

何かしら警察の意図も感じますが、追及はやめておきます。とばっちり食いたくないし、あまり踏み込まずにいるのが我々としては賢明な行為でしょう。くれぐれもファイル探しなどしないように。まして公開はもってのほかです。

コメント (4)    この記事についてブログを書く
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ご報告2 | トップ | MS、新型XBOX One SでUltra H... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2016-06-11 12:07:59
いかに複雑であっても、公開資料を読んで解読できるならもはや暗号とは呼べませんから、この事件の問題は資料解析ではなく暗号化の仕組みの話のはずですが、その辺りは報道されてませんね。
少年のプログラムの影響力が凄かった(=罪が重い)と宣伝する一方で、肝心な暗号化の仕組みには触れたくない、というのが警察やB-CAS社の意図でしょうね。
Unknown (emanon)
2016-06-11 21:39:31
 17歳は出来ない事を出来るように それだけに固執し才能と時間をむだに浪費しましたと  

まあ 中身を明かさないならいくらでも話盛れますね  そんなどうでもいいことで  騒がなくともいいのに 新しい衛星で有料放送を仕切りなおして現在の枠に無料枠を…   

 何かしら条件をクリアすればクーポンで観れるとかすればいいのではと思いませんか?  スマホで観ずにわざわざ 手間をかけて観ている? 観れる事が楽しいだけではないかと思うのですけどね 



妖怪ウオッチのネタ元を再放送してテレビ視聴の学習講座でもすればいいのですよ どれだけ詰め込んで勉強させるんだと頭痛くなるほどで ダウンタウンの昔の映像前後して診せるとか 

放送時間中の段階でスマホ用動画で見放題プランとか テレビを持たないらしい視聴層に対応を考えるとか?  そこまでして観るのは利便性がまだ足りない そういう事ではないかと だいたいが録画メンドクサイなのでしょ?
Unknown (Unknown)
2016-06-13 17:47:18
おいしい焼きそば は、4年前の発売なので当時12~13歳、自分で作った可能性は限りなくゼロですな・・・
自己顕示欲が強い中二病のおバカの末路ですわ

平成の龍馬は情報拡散したことで、見せしめ的な逮捕の意味があったのかもしれなけど、4年たっても捜査続けてるとか警視庁も無能の極みですね。

捜査費用いくら無駄にしたんでしょうかね。


Unknown (krmmk3)
2016-06-14 23:30:49
>2016-06-11 12:07:59さん
なぜソフトB-CASを公開できたか、を言いたくなくて、あたかも自分で資料から解析した、と取れるような報道してもらうように発表した可能性は高いですね。

>emanonさん
まぁモバキャスで衛星放送と同じものを再送信、みたいな話ありましたけど結局ほとんど何もしないウチに撤退しちゃいましたからね。結局モバイルとリアルタイム受信は相性よくないってことなんですよ。Youtube方式の再送信ならいいですけど、絶対それをやらないのが日本の放送界なんで。

>2016-06-13 17:47:18さん
今回の少年があのときの解析者、という可能性はないでしょうね。
捜査し続けていたというより、たまたま出てきたから逮捕したというところでしょう。多分他の捜査のついで。

コメントを投稿

B-CAS&規制撤廃運動」カテゴリの最新記事