一碗

みんなで楽しく、
何でもありのお茶人生・・

またまた松江

2018-06-22 08:53:13 | 旅行
たまたま、昨日の夕方、NHKの番組(しぶごじ)で松江の庭園をやってました。
足立美術館だけでなく、普通の家庭でもきれいな庭を持ってるようです。

      
      

確かに松江は木がきれい。こんもりと滴るような緑・・。
葉が茂り、枝や幹が見えないからでしょうね。

きっと、空気や土に水分が多いせいかも・・・

それに、あまり木を切り刻まないせいかも・・

掛川は、木が少なくって殺風景です。街路樹があるのですが、しょっちゅう枝を切っています。

以前なぜ切るのか聞いたことがあります。

信号が見えなくなるから・・鳥が寄ってきて糞をするから・・風で枝が折れると危ないから・・
 
・・という理由のようです。



市民の苦情を気にするからなんでしょうね。

つまるところ、市民の意識の問題なんでしょうね。

生涯学習都市の成果はどんなところに出てくるんでしょうかね。


付け焼刃には限界がありそうです。


・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

松江は素晴らしい!

2018-06-19 09:09:49 | 旅行
      
松江城、国宝です。
      
中に入ると柱がいっぱい。板をまいた独特の物・・昔のままなので素晴らしい!
そして、ほとんどだれもいない!

      
天守閣から宍道湖を・・宍道湖がこんなに大きいとは・・海みたい。


      
水と緑・・今が一番いい季節なのかも・・

      
小泉八雲の記念館、予想以上に見でがありました。小泉八雲って・・何も知らなかったことを知りました。
日本で191番目に国際結婚した人だそうで・・焼津とはほんの少しの接点。
カタカナで書いた奥様や子供宛の手紙に感動。ここの館長さんは曾孫さんとか・・

      
あたりを散策するといろんなものがあります。城山稲荷神社というのがあって、そこの耳の欠けたキツネの石像を八雲が気に入ってたとか・・
  
      
ふと立ち寄った小さな茶店でボテボテ茶を食べました。500円。一息つくのに最高でした。

      
武家屋敷通り。どこもきれいに管理が行き届いてるのに感心しました。

普通の民家も・・・観光地にするなら、こうでなければ。

市や観光協会がやればいいってもんじゃないですね。



冬になると一転、どんよりとした寒い灰色の毎日なんだそうで・・だからボテボテ茶ができたとか


好天に恵まれ、すがすがしい松江の旅でした。

おわり。


・・・



     
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

松江行ってきました

2018-06-18 21:04:38 | 旅行
      
静岡空港から出雲空港へ直行便ができました。富士山も見えます。
早割で、往復25000円・・なんと一時間かからないのです。 新幹線だとそれより高くて、6時間以上・・
それに、地震だったりすると・・・今頃どこかで立ち往生・・ 

で・・皆生温泉に泊まったのですが、うかつにもここは鳥取県だったのです。
島根県に行って鳥取県に泊まっちゃったんですね・・

      
 この旅館「つるや」は、プロが選ぶ日本の旅館・ホテル100選で53位だったんだそうで・・
二食付きで二万円以上が普通・・そこへ素泊まり6300円で・・夕食と朝食は近くのコンビニ弁当・・

温泉を堪能しました。

      
翌日、団体さんは、総出でお見送り・・素泊まりさんはひっそりと・・

好都合にも、すぐ前から足立美術館行の直通バスが出ています。1030円也。
足立美術館は島根県。

      
      
入館料2300円ですが、さすがに15年連続で庭園日本一とか・・どこから見ても絵になるんですね。
展示物もよかったですね・・横山大観よりも、わたしは童画に感激・・2700円出して童画集を買いました。

それに、足立さんという方の波乱万丈の人生もすごいですね。
それに、島根県って水と緑、大変自然豊かな・・県全体が足立美術館って感じです。

美術館から安来駅(約20分)まで無料のシャトルバスがあります。すごいサービスですね・・

特急列車で松江へ・・このあたりでは、普通列車はほとんど走ってない・・お金にならないからでしょうか。

松江では、茶の湯文化学会の大会へ・・
ボテボテ茶の実演がありました。
        

私もやらせてもらいました。
      
泡を立てるのがお上手ですねと褒められました。


松平不昧公についてのシンポジウムも面白かった。あわただしかったけど有意義な一日・・


      
仕上げは、沢村さんといっぱい・・「のどぐろ」や「島根牛」などなど、おいしかった。

二人で、7000円程度ですから、やすい・・!

朝食付き4300円の「松江アーバンホテル」で一泊・・ここお勧め

翌日は、松江見物。

つづく・・・

・・



・・・

           
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

松江へ

2018-06-16 09:48:44 | 旅行
今日から18日まで、松江へ行ってきます。

で、明日の袋井市茶文化資料館での呈茶は、お休みです


生来の貧乏性でのんびりゆったりの旅ができません。

どうせ行くのならと、あれこれ欲張ります。

まず、あまり知らない温泉地を探します。皆生温泉! これを何と読むのか知りませんでした。「かいけ」・・・

そして、かの有名な足立美術館へ・・
そして、あわただしく茶の湯文化学会大会へ・・

翌日、飛行機の時間まで午前中、松江市内見物・・・


うまい具合にバスや電車の乗り継ぎができるのかしらん・・・


・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

絆の固い中国の大学生

2018-05-26 20:47:29 | 旅行
中国はホントに興味深い国です・・

      
先日、六安市のお茶工場に行ったとき、若い人たちがお茶の選り分けをやってました。
聞けば、安徽農業大学茶学部の学生(3年生)の実習だそうです。1週間くらいかと思って聞いたら、一か月間泊まり込みでみっちり一から十まで・・・

私の大学には、当時としては全国でも珍しく付属農場に茶畑と茶工場があり、製茶実習をやりましたが一日だけ・・

中国の茶学部卒業生はお茶について、かなり実際的な知識も持ってます。こうやって身につけるのですね。

それから、中国の大学は全寮制です。
      
これは、信陽師範学院の学生寮?

以前、安徽農業大学の学内宿泊施設に泊まったことがありました。
朝、構内を歩くと、多くの学生が本を片手に立ったり、歩きながら勉強しています。相部屋なので他の学生に迷惑にならないよう、早朝、頭のさえてるときに外で暗記物を勉強するのだそうです。

昔はもっと多かったとか・・・最近はどうなんでしょうか・・

もう一つの特徴は、同窓生の絆が固いこと・・。全寮制ということもあるのでしょうね。

全国的なお茶の集まりがあると大抵、同窓生が集まって旧交を温めています。
仕事上にも大いに役立ってるようです。中国は人とのつながりを大切にする国ですから・・・

一昨年、北京に行ったとき、夜、何もすることがなかったので、そのような会に入れてもらいました。
言葉はわかりませんが各地から持ち寄ったお酒を飲みながら大いに盛り上がっていました。
わからないなりにこちらも楽しくなりました。
       

最近日本では、ほとんど同窓会も開かれないし、横や縦のつながりもなくなりましたね・・

気楽だけど、ちょっと寂しい・・


・・・


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国の有機栽培

2018-05-19 09:30:23 | 旅行
      
中国では有機栽培が盛んです。すでに、有機栽培を行ってる茶園面積は、日本の全茶園面積の四倍以上になります。

ここ、六安の主産地でも全面的に有機栽培が実施されています。

      
      誘蛾灯。これは蛾を殺すためのものらしく、あちこちに。
      
      これは、なかに茶毒蛾のフェロモンがくっつけられていて、蛾の捕獲用。
      発生状況調査用には、別個に蛾を自動計数する装置も・・・
      
      おもにウンカを調べるために黄色トラップも・・・
      天敵のハチ類がけっこう沢山くっついています。

このように熱心な取り組みがされていて、農薬散布や違法肥料を使っている者を見つけた場合の報奨制度もあります。
報告者には5000元~30000元・・
殆ど害虫の発生は見られません。夏になると出るのかも・・・

以前、福建省のあるお茶企業から有機栽培のコンサルタントを委嘱されていたことがありました。
安渓にある直営農場を見に行きましたが、全く病害虫の発生が見られません。
このまま継続すること、と指導?して帰ってきました。

農薬を使わずに、なぜあんなにきれいな畑を維持できるのか教えてほしいほどでした。

でも、信陽の茶業研究所の担当者に聞くと、結構ひどい被害が出ることも、とか・・・

もう少し若ければ、共同研究をしたいところですけど・・血が騒ぎました。


・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

写真の思い出

2018-05-18 14:58:07 | 旅行
      
上海では、「錦江之星」というチェーン店に泊まります。素泊まり。
朝食は、街中で調達するのが楽しみなんです。
前回と同じホテルだったので、勝手知ったる・・・で、ショーロンポー8個、110円くらいを買ってすませます。

どんなお店でどんな具合に作り、売ってるのかを写真に撮りたいのですが、以前、路上で野菜を売ってるおばさんに怒られたことがあるのです・・ですから、不本意ながら横から・・

そういえば前にも怒られたことがあるのです・・・ずいぶん昔。調べたら1999年6月でした。

場所は、かの有名な黄山・・・
      

あのスゴイ階段をすごい荷物を担いで上り下りしている人たちがいるのです。それを撮ってたら・・・
そりゃそうでしょうね。 反省。 その時の写真が残っていました。

          
先日、テレビで二時間、黄山の特集をやってましたが、確かに写真を撮るには素晴らしいところ・・
      

      
鎖に、一杯カギがぶら下がっています。こうすると再び来ることができるとか・・
先日の番組では、見かけなかったので、やめたのかも・・


あのときは、安徽省をあちこち行きましたが、本土で茶芸が広がり始めたころでした。こんな風だったんですね・・
      



あの年、1999年7月、ノストラダムスが人類滅亡を予言してたのです。

あれから20年・・


・・・


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

観光大国中国

2018-05-14 16:10:11 | 旅行
信陽最後の日は午前中観光です。とにかく有名なところに行こうというので、湖北省境にある「鶏公山」というところに・・・

連休の中日、すごい人出!

山の上まで車で行こうと、40分ほどあれこれ交渉したけどダメ・・以前だとうまくいったようだけど最近は厳しくって・・
それでも、何台か黒塗りの車がすいすいと・・

それで、並んでみんなと一緒にバスで・・
      
      
狭い道を大型のデラックスバスが行きかいます。1センチの勝負! 運転技術の巧みさに感服!
厳しい条件があってこそ技術は磨かれるんですね。
わたしなんか、いまだにバックで駐車ができない。
      
山の上には、蒋介石の防空壕と奥さんの宋美齢のダンスホールがありました。こんなところにって・・歴史を感じました。

お昼は、田舎の家庭料理。
      

何年か前、福建省でも同じようなところで食事をしましたが、どうやら流行っているらしい。二日前にやっと予約を取ったとか・・こんなところに何があるんだろうというような田舎です。庭で採ったサクランボや桑の実なんかも出ます。

料理はボリューム満点。野菜たっぷり。そしておいしい。
日本でも、やればはやるんではないでしょうか。

      
最後の夜、久しぶりに字を書きました。以前は、必ず書く場があったものですけど・・
旅の字はかき捨て・・・
福建省の安渓だったかで、松下先生の書を見かけたことがあります。


目下、中国は観光ブーム。上海のホテルでテレビを見ていたら、5月1日、観光に繰り出した人がなんと一億五千万人!

日本の人口より多い!!


無事に帰れてよかった・・・

・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

再会

2018-05-13 08:58:32 | 旅行
     中国に出かけていく楽しみの一つは、友人に会えるからです。

今回は、ほとんど知り合いがいませんでした。このようなイベントが増えたせいでしょうね・・

      
安徽農業大学の丁先生、何年か前、静岡産業大学で開かれた講演会以来かも・・
中国では、このような会には夫婦同伴で呼んでくれます。わたしにも、「奥様も・・」と言ってくれましたが、日本にはあまりそんな風習がないのですね・・一緒に出掛けるのは安倍さんとこくらいかな・・
      
浙江大学の王岳飛先生、昨年3月静岡でお会いして以来の再会・・今回も「韓国で離婚率が高いのはお茶を飲まないからだ・・」という持論を・・
      
中国国際茶文化研究会の周国富会長。
私は、この会の栄誉理事なので、会長さんをよく知ってます。でも会長さんは、私を知らないみたいです。
よくあることです。
わたしは、安倍首相をよく知ってますが、安倍さんは私を知らない・・・


・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国雑感1

2018-05-11 09:19:55 | 旅行
だんだん適当になってきます。
      
上海駅。大きくって人が多くて、外人も多い・・どこも同じで、駅やら飛行場やら・・
ところで、浦東空港がまたまた大工事をやってました。
      
ペットボトルに直接おちゃっぱをいれて・・リーフ消費拡大にいいけど、ゴミで出すとき洗わなっくっちゃ・・
      
車内販売の駅弁。スープをつけて600円くらい。
面白いのは、スマホで次の駅の弁当を注文できるのです。画面にあれこれメニューが出ます。安いのは(300円くらい)大体「売り切れ」・・それで、600円くらいのを注文。車掌さんが受け取って席まで持ってきてくれます。そこでスマホで支払い。
中国の旅行者が日本に来て、スマホ決済ができないのに不満を言ってるとか・・
確かに、一緒に行った中国の友人が現金を払ってるのを見たことがありません。食堂も、コンビニも、タクシーも・・・

      
この辺では、スクーターが多い。雨除けや日よけをあれこれ工夫して・・日本では、すぐお巡りさんが飛んでくるでしょうね・・

      
勿論、車も多い。みんな大きくって立派!
観光地では、駐車が大変。歩道の並木と並木の間に巧みに駐車・・見事なのに感心します。


・・・
      

      
コメント
この記事をはてなブックマークに追加