一碗

みんなで楽しく、
何でもありのお茶人生・・

シンポジウム・白茶のはなし

2018-08-16 13:21:51 | 袋井茶文化促進会
      

9月2日(日)に袋井市の旧南公民館で行うシンポジウム「白いお茶ってな~に?」の告知を静岡新聞社のアットエスという告知欄(ネット)を利用して流しました。

念のため、開いてみたら、なかなかうまく整理してのっけてあります。さすがに手馴れたもの・・・

でも、見る人がいるんだろうか・・・?


新聞では、毎週木曜日に掲載紙面がありますので、来週か再来週に載ると思いますが、こちらも、見る人がいるのかしら・・


私が言うのも変ですが、素晴らしい会ですので、ぜひお越しを・・・無料!


・・・
コメント

白いお茶ってな~に?

2018-07-17 16:12:51 | 袋井茶文化促進会
      シンポジウム
  「白いお茶ってな~に?」~袋井三白・白茶の話~

      

静岡県・袋井市では数年前から三種の白いお茶を作っています。本格的にこのようなお茶を作っている場所は全国でも珍しいのではないでしょうか。そこで、今回、あまり知られていないこれら白いお茶について、皆様にご紹介する機会を設けました。多くの方々のご参加をお待ちしています。

開催日時:平成30年9月2日(日) 13:00~16:30
会場:袋井市南コミュニティーセンタ(旧南公民館) 袋井市高尾754-1(tel 0538-43-3386)
   (JR袋井駅南口から東へ徒歩約6分)
内容:
① 白いお茶三種の概要説明(13:30-15:00)
13:30-14:00 白茶について(小泊重洋:日本中国茶協会顧問)
14:00-14:30 白葉茶について(鈴木利和:静岡県茶業研究センター上席研究員)
14:30-15:00 白葉品種茶について(森田明雄:静岡大学教授)
② 袋井三白 生産の実際
15:30-15:50 白茶生産の実際(寺田直樹:宝玉園園主)
15:50-16:10 白葉茶生産の実際(安間孝介:安間製茶代表)
16:10-16:30 白葉品種「きらか」について(竹内正司:袋井茶研究家)
③ 白いお茶三種の試飲
13:00-13:25  15:00-15:30

参加費並びに資料代:資料代として300円頂きます。
事前申し込みは不要です。直接会場へお越しください。 開場は12:45の予定。

主催:袋井茶文化促進会・松下コレクションを活かす会
連絡先:袋井茶文化促進会事務局:井上博之(℡ 0538‐23‐5827)
コメント

女子大生とお茶

2018-07-04 08:52:18 | 袋井茶文化促進会
      

昨日は、浜松にある「静岡文化芸術大学」に行ってきました。

浜松駅から徒歩15分。木々に覆われた広大な構内・・というイメージとは違います。

なんだか会社みたい・・・いいようなわるいような・・でも便利です

先生たちも便がいいせいか、入れ代わり立ち代わり・・・いまテレビで売れっ子の磯田先生もここで教えていました。

木村尚三郎先生、熊倉功夫先生、そして川勝平太先生達も学長だったのです。

で・・今回は・・

ここの学生さんが、大変お茶に関心を持ってるとか・・そこで、若い女性のお茶に対する感性で茶業界を元気づけられないかと・・

「女子大生が語るお茶のこれから・・」というテーマで11月にフォーラムを開くことにしました。


ご期待ください。



・・
コメント

茶の巨人

2018-06-23 19:45:19 | 袋井茶文化促進会
      

いま、袋井で松下智先生の茶文化に関する講座が5回シリーズで行われています。

今日はその二回目・・

市井に身を置き、生涯かけて茶の原産地や喫茶風俗の調査に情熱を傾けてこられた松下先生。

88歳のご高齢ながら、得た情報をできる限り多くの人々へ伝えたいという情熱・・・


交通不便な場所にもかかわらず、今回も県外から多くの人々が集まりました。


あと三回・・・7月8月9月に一回ずつ行います。

またとない機会です。ぜひどうぞ・・・



・・・


コメント

茶文化促進会総会無事終わる

2018-06-09 19:52:20 | 袋井茶文化促進会
今日は、午後から袋井茶文化促進会の総会を行いました。私、会長・・・

小さな会ですが、ちゃんと規約があり、そこには年一回総会を開くこととうたってあります。
で・・・とにかく、やんなきゃなんない・・

どうせ来る人は少ないので、適当に・・なんてわけにはいきませんね・・

資料作りから、会場準備まで・・老骨に鞭打ってやったので大変疲れました。おまけに今日は暑かったし・・・

でも、少しホッとしました。


明後日から、別の宿題を・・・

この10月に中国は湖南省で国際茶文化研討会が開かれます。

宿泊費先方持ちでご招待! 老骨はひとまず棚に上げて・・早速準備!

今月中に、5000字の発表原稿を書かなければなりません。

「ただ」と聞くと奮い立つ浅ましさ・・


・・・
コメント

名茶を進呈

2018-06-07 15:26:44 | 袋井茶文化促進会
      
6月9日(土)開催の袋井茶文化促進会の会合に参加される方に中国十大銘茶の中から「六安瓜片」と「信陽毛尖」を差し上げます。ただし、先着15名の方・・

当日、試飲とそれぞれのお茶の作り方について説明も行いますので、是非、お越しください。

1時30分から、袋井市南コミュニティーセンターで・・・参加費無料


・・・
コメント

吉田山茶会

2018-06-04 08:35:20 | 袋井茶文化促進会
昨日は、茶文化資料館で呈茶の日・・・
どんな方が来られるかな・・

      
      

京都の吉田山で毎年、東京の岩茶房さんが主宰して一風変わったお茶会?が開かれます。

今年も、昨日、一昨日開かれたようです。今年も41ほどの出展者が・・・

今年も出かけてきたカトウさんのご報告。

私も、何年か前に一度、出かけたことがありますが、時間がたつのを忘れます。まさに種々雑多って感じで・・

出展者一覧を見ると、なんだか吉田山に妖気ただよう‥なんて感じが・・
とにかく、まだの方は是非一度は・・

上記のお茶は、奈良の「阿部藤右衛門雅博」という方が作った釜炒り茶・・いいお茶です

静岡からの出展者は、カネタ太田園さん、益井悦郎さん、柴本俊史さん・・

カトウさんが入手した台湾の蜜香紅茶、金宣烏龍なども楽しませてもらいました。
      
      

 
先日手に入れた今年の「白豪銀針」(写真)も試飲しましたが、相馬さんお手製の白茶の方が上って感じ・・・・
      

急激に「白茶」が変化しています。どうしてこうなるのか・・・

近々、新旧白茶の飲み比べをしてみるつもりです。乞うご期待・・・



・・・
コメント

中国緑茶を飲む会

2018-06-01 09:45:38 | 袋井茶文化促進会
      

中国の十大銘茶の中から、「信陽毛尖」と「六安瓜片」を飲む会を開きます。

      
信陽毛尖は、まるで「じゅんさい」みたい・・とろけるようです。

六安瓜片は、芽と茎を含まないという世界でもまれなお茶です。
普通は、芽(心芽)を沢山含む方がいいお茶となってるのに・・

開催日:6月9日(土)13:30~15:30
場所:袋井市南コミュニティセンター(旧名:南公民館)袋井駅から徒歩6分
参加費無料
主催:袋井茶文化促進会(連絡先:0538‐23‐5827 井上)

どなたでも参加できますが、上記のお茶二種(特級もの!)を先着15名に限り進呈します。

なお、1時30分から1時間ほど、上記のお茶の独特の作り方をご説明します。見てびっくり・・・!
      
      

試飲会の後、茶文化促進会の総会を行います。この機会に是非ご入会ください。
年会費:1000円  今年は、国内外の珍しいお茶の試飲会を数回開催する予定です。


・・・
コメント

ベトナムのお茶

2018-05-20 19:42:31 | 袋井茶文化促進会
      
今日は、茶文化資料館で呈茶の日・・・10時過ぎから午後4時まで。

夕方、声がかすれてうまく話せなくなったので気が付いたら、お昼ご飯を食べてなかったのです。

それくらい、お客さんがあるのはうれしいことです。

ベトナムの女性がお二人。

数年前、ベトナムは日本を抜いて世界第二位の緑茶生産国になりました。

今年の9月22日に、袋井市で大掛かりなベトナムとの友好イベントがあります。

その時、ベトナムのお茶を紹介することにしています。

ちょうどいい機会なので、お二人にいろいろベトナムのお茶のことを聞きました。

お二人が好きな飲み方は、「生茶」・・・

秋には、それをメインに準備することにしました。


お楽しみに・・・


・・・ 
コメント

中国の名茶を味わおう

2018-05-15 12:28:48 | 袋井茶文化促進会
      
      
これから、袋井茶文化資料館で行う週一回の呈茶の日(日曜日)に、中国の新茶を入れることにします。

最初、今度の日曜(20日)には、恵明茶。

浙江省で昔から有名なお茶ですが、日本ではあまり飲む機会がないかと・・

1915年のパナマ万博で金賞を取ったので、以来、「金奨恵明」といわれています。

我々にもなじみやすいお茶です。

ぜひ、袋井の茶文化資料館へ・・・


・・・
コメント