神戸大学メディア研ウェブログ

神戸大学メディア研が取材・制作した情報、メディア研自身の動きをアップします。

六甲台でロケ行われる NHK土曜ドラマ『心の傷を癒すということ』

2019-10-22 18:52:06 | ニュース
 神戸大六甲台本館でドラマロケが行われた。阪神・淡路大震災直後から被災者の心のケアに奔走した神戸大OBの精神科医・安克昌(あん・かつまさ)さんをモデルにした作品で、1月スタートのNHK土曜ドラマ『心の傷を癒すということ』の重要なシーン。主演の柄本佑さんが、その恩師役の近藤正臣さんの授業を受けるシーンが、カメラに収められた。<渡邊志保、綿貫由希>


(写真1:柔らかな光が差し込む六甲台本館102教室で撮影が行われた 2019年10月20日午前、神戸市灘区六甲台町で)

 10月20日、爽やかな秋の木漏れ日が射す中、神戸大六甲台本館の1階102教室で撮影されたのは、安克昌さんをモデルにした、主人公・安和隆(柄本佑さん)の医学部生時代の授業のシーンで、1981年4月の設定だ。安さんに多大な影響を与えた医学部精神神経科の中井久夫教授をモデルにした、永野良夫教授の講義などの重要な場面の撮影が行われた。
 大教室の教壇には白髪にジャケット姿の永野良夫を演じた近藤正臣さん。階段教室の座席には、エキストラの学生役に混じって、紺のジャケットにメガネをかけた柄本佑さんの姿がある。
 撮影開始の合図がかかると、静まり返った教室に近藤正臣さんの長セリフだけが響く。
 教室前の外の廊下には、ミキサーなどの機材が並び、演出陣や技術、照明、メイクスタッフらが真剣な顔でモニターを見つめる。
 総勢80人ほどの演者やスタッフらの真剣な横顔から、このドラマにかける想いが伝わってくる。


(写真2:廊下に並ぶ機材。スタッフが真剣な顔でモニターを見つめる)

 ドラマ広報担当の齋藤明日香さんは、神戸大の歴史を感じるキャンパスが作品に合うといい、「天気が良くて自然光がとても美しく入った、安さんの母校である神戸大で撮影できて本当によかった」と話す。

 撮影中は張り詰める緊張感が走るが、カットになると打って変わって拍手が起こり、現場は和やかで柔らかい雰囲気に包まれていた。
 このシーンはドラマにするとわずか1分半。それをおよそ70分かけて撮影するという。同じシーンを角度を変えて撮影を重ねていくうちに、ーつのドラマが紡がれていく様子が、伝わってきた。


 主人公のモデルは神戸大医学部卒業生で精神科医の故・安克昌(あん・かつまさ)さん。安さんは阪神・淡路大震災直後より、全国から集まった精神科ボランティアをコーディネートし、避難所などでカウンセリングや診療活動を行った。自らも被災しながら奔走したその活動は、ドラマのタイトルにもなった安さんの著書『心の傷を癒すということ』に記録されている。
 ドラマでは安さんの人生を元に、志半ばの39歳の若さでこの世を去りながらも人々の心の傷に寄り添い続けた精神科医の物語を描く。

 NHK大阪拠点放送局の堀之内礼二郎プロデューサー(40)は「今でこそ『心のケア』や『カウンセリング』という言葉はあたりまえだが、25年前は心の病やそれを扱う精神科医に対する偏見が強くあった。そのような時代から心の傷に苦しむ人々の話を傾聴し心に寄り添う安さんの姿勢は今の世の中でも通じるし、何より今心の傷に苦しむ人々や彼らを支える人に光を与えるはずだ」と語る。


(写真3:取材に答える堀之内礼二郎プロデューサー)

 今回ドラマ制作のきっかけをつくったのは、震災取材を続けてきた京田光広プロデューサー(57)。震災当時、東京勤務だった京田さんは神戸にある実家が被災。その後、大阪局へ転勤したことをきっかけに、被災者や遺族への取材を開始。その中で今回の主人公のモデルである安克昌さんの存在を知り、その生き方に強い感銘を受けた。
 2011年に『心の傷を癒すということ』の改訂版が出版されるタイミングで、安さんのドキュメンタリーの企画を試みたが実現には至らなかった。しかし今回、ドラマ担当ディレクターの安達もじりさんの賛同を得たことや、2020年に阪神・淡路大震災25年を迎えるというタイミングもありドラマ化が実現したという。
 「特に見てほしいのは安さんの生き様。今回、安さんのご遺族にもたくさんの取材を行った。そのなかで様々な困難に立ち向かい、それを乗り越えるための生きる力を教えられた。今の若い人たちも大変なことが沢山あると思うが、安さんの人生を見て、どうか目の前の壁に立ち向かう勇気を持ってほしい」と、京田さんは若い世代へのメッセージを送る。


(写真4:制作のきっかけをつくった京田光広プロデューサー)

 主人公の恩師、医学部教授役の近藤正臣さんが収録の合間に取材に応じてくれた。
 「モデルになった中井先生は、心が健やかな人も病んでいる人もふくめ、生きている人全てが好きな柔らかい人だと思う。台詞も柔らかい喋りになっていったよ」と、優しい眼差しで記者に語ってくれた。
 「このドラマは、極めてドキュメンタリーに近いもの。今もなお安さんの著書は多くの人に読まれているけど、自分もこのドラマを通じて安さんが深め、追求していった『心の傷を癒していく』ことに触れたと思う」という、近藤さん。
 「地震や津波、先週の台風…今も心に傷を負った人がとても沢山いらっしゃる。その方々の心の傷を癒すということは、彼らの心の中を覗くということだけど、そうすると今度はこっちの心が覗かれて、どんどん傷ついてしまう。それは本当にしんどいことだけど、傷つかないようにやっていくと患者の気持ちは分からない。他の人の痛みを自分が引き受ける、それこそが『心の傷を癒す』ということだと思うね」。
 穏やかな語り口だが、このドラマにかける熱い想いを感じた。


(写真5:主人公の恩師、永野良夫教授役の近藤正臣さん)

《土曜ドラマ『心の傷を癒すということ』》
●放送日=
2020年1月18日(土)から2月8日(土)の毎週土曜日全4回。NHK総合テレビ21時から21時49分(毎週土曜日)。
●出演者=
柄本佑、尾野真千子、濱田岳、森山直太朗(NHKドラマ初出演)、趙珉和、浅香航大、上川周作/濱田マリ、平岩紙/石橋凌、キムラ緑子、近藤正臣 ほか。
●あらすじ=
ジャズピアノはプロ級の腕前、レコードと読書をこよなく愛する“はにかみ屋”の若手精神科医・安和隆(柄本佑)。 自分の居場所を探し続ける青年時代を送ってきたが、明るい妻・終子(尾野真千子)と出会い、同じ在日としての悩みを共にできたことでようやく心穏やかな日々を送る。第一子が誕生した直後、阪神・淡路大震災が起きる。精神科医としてできることは何か…模索の日々が始まる。和隆は被災者に寄り添い話を聞き続ける中で、精神科医にできることは、被災者を治療することではなく、「治癒力を回復させる手助けをすること」だと気づいていく。その後、精神科医として見た被災地の様子を一冊の本にまとめ、学芸賞を受賞。明るい兆しが見えはじめた39歳のある日、がんが発覚する。
●精神科医・安克昌(あん・かつまさ)さん プロフィール=
1960年大阪市生まれ。神戸大医学部卒。神戸大附属病院精神科勤務を経て、神戸市西市民病院精神神経科医長を務める。阪神・淡路大震災直後、全国から集まった精神科ボランティアをコーディネートし、避難所などでカウンセリングや診療活動を行う。震災1年後に臨床報告としてまとめた著書『心の傷を癒すということ~神戸…365日~』(作品社)で第18回サントリー学芸賞を受賞。PTSD(心的外傷後ストレス障害)の若き研究者として治療活動に尽力したが、2000年12月、39歳でがんにより死去。共訳に『多重人格性障害 その診断と治療』(岩崎学術出版社)などがある。
●番組サイト=
https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/6000/411467.html




コメント   この記事についてブログを書く
« 「神大紛争」とは何だったの... | トップ | 「神大紛争」とは何だったの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ニュース」カテゴリの最新記事