たいちゃんの奥の細道

~人生、すなわち旅也~

俺VS動物園 第62節 海の中道海浜公園 動物の森 戦

2019年08月21日 19時19分53秒 | クマと動物たち

水族館のすぐ近く・・・だ?

 

8月18日(日)

毎年恒例の「鷹の日(=職員組合厚生事業でソフトバンクホークス戦を見に行く日)」のスピンオフ企画で「マリンワールド海の中道」に行きます。

 

 

えっと・・・

職員組合の役員をやっている関係で「ほぼ、引率」です。

 

毎年の様に県庁から9時集合でバスに乗り込み、一路、福岡市へ向かいます。

昼食は「ヒルトン福岡シーホーク」内のビュッフェでたらふく飲み食いします。

13時45分、再びバスに乗って「マリンワールド海の中道」に行くわけですが、隣接するプールの人手で到着が遅れるかと予想していましたが、当日の天候がパッとしなかったことからか、予定より15分短縮で到着です。

 

さて・・・

一応、引率ですから水族館に入りますか。

 

館内は人人人・・・

入館料が2,300円もするのに、これほどの人手を集められるのですから「動物園ももっと値上げすればいい・・・」と、毎回思ってしまいます。

人混みをかき分け、半分、嫌気が差しつつ館内を1周回ります。

ここで注目すべきは全国で8頭しか展示していないラッコ。

その内こちらには2頭のラッコが居ます。

 

もちろん、大人気!!

これまた人並みの間から観察&撮影を行います。

 

撮影も終了し、することも無くなったので売店へ

マリンワールド30周年記念のラッコのぬいぐるみを見つけ、連れて帰ることとします。

また売店前で「コビレゴンドウのユキちゃんクジ」をやっていたので、4等(一番ハズレ)のぬいぐるみ(小)狙いで引くと、2等(=そこそこでかいヤツ)が当たります。

 

失意(?)の内に、一端外に出ます。

以前、水族館の「すぐ近く」にミニ動物園があるという話を聞いたので、行ってみることにします。

歩き出すこと10分。

ワンダーワールド海の中道海浜公園のゲートに到着です。

450円を払い入園し、「動物の森」目指して歩き出します。

 

 

近く・・・だよな?

歩き出して、かれこれ10分

都合、20分ぶんの徒歩で、スマホ計測で1.5kmを超えた頃、ようやく「動物の森」入り口に到着です。

 

こちらで飼育されているのは、コブハクチョウ、アカカンガルー、カピバラ、マーラー、ボリビアリスザル、フサオマキザル、クロクモザル、ヒツジ、トカラヤギ、ロバ、ポニー、ラマ、フラミンゴ(ベニイロ、チリ、ヨーロッパ)

・・・and so on

 

そんなに珍しい動物は居ないのですが、行った人からは「あそこはエエ!!」との情報があったので、何気に期待です。

 

まず、感想からいうと

 

 

動物を飼育する施設環境でいうと、「最高レベル」です。

 

展示場は広く、綺麗に整備され、木や運動施設、寝室等も立派です。

特にサルたちは水モートで、基本的に檻や柵がなく、写真撮影が楽しくってしかたありません。

カンガルー、カピバラ&マーラーの展示場にはウォーク・インが可能で、相手が嫌がらなければふれあい(=おさわり)も可能です。

今回は時間が合いませんでしたが、動物のガイドも有るようです。

 

これは楽しい!!

 

時間があれば1日居ることもできそうです。

しかし今回は出発時間が決められているので、時間が全く足りません。

とりあえず一通り見て回り、ロバにマッサージしてあげたところでTime Up!!

 

 

退園し、再び20分程歩いて、バスに戻ります。

時間は16時50分

集合時間になんとか間に合います。

 

ちなみに公園内を行き来する園内バスが有り、500円で乗り放題だそうです。

さらに言えば公園入り口にレンタサイクルが有るのですが、これは700円/日だったような。

 

歩くのが嫌だったらコレですね・・・

また近く、訪れたい園です。

コメント

ある日、ふと、急に、不意に・・・

2019年08月04日 00時48分47秒 | クマと動物たち

 

動物写真家に!!

俺はなるっ!!

的な・・・


 

動物園で動物写真を撮っていて、最大の敵はというと・・・

 

檻、柵、ネット、ガラス 

and so on

 

 

要は動物が逃げ出さないように、またはお客様が飼育している動物により怪我等をされないようにしている物すべて

 

 

ことごとく、邪魔です!!

 

 

さらには最近、環境エンリッチメントと称して展示場に設置された人工物

 

 

正直、邪魔です。

 

 

私にとって動物園での撮影と言えば、手軽に安価で、かつ専門的な機材を用いなくても自然に近い状況の動物写真を撮ることが最大の目的となっているため、檻の中を暇そうに寝ている動物の姿を見ても、今ひとつ「燃えない」というか触手が動きません。

確かに生息環境展示のときわ動物園などでは、機材と天候によっては「人工物0」の写真が撮れる(※1)のですが、こちらもそろそろネタ切れっぽくなっています。

 

注:※1 ナマケモノは無理です。室内展示なので、アップを外すとどうしても背景に人工物(っていうか、部屋)が写ります。

 

なら「自然の動物を撮ればいい」

と言うことになるんですが、これはこれで結構ハードルが高いのです。

 

 

そこでだ・・・

 

「ガイドツアーなどで観られる動物を撮りに行く」事を思いつきました。

ありきたりの動物を狙っても芸がないので、撮影のテーマとなるのは主に「天然記念物などに指定されているちょっとレアな哺乳類」です。

 

まずはリストアップ

「哺乳類」「特別天然記念物」をググってみたところ

 

カモシカ、カワウソ、イリオモテヤマネコ、アマミノクロウサギ

 

この内「絶滅宣言」が出されたカワウソを除けば3種類

 

さらに「天然記念物」では・・・

アブラコウモリ(西湖蝙蝠穴およびコウモリ:山梨県)、日本犬(秋田犬、甲斐犬、紀州犬、越の犬(1971年絶滅)、柴犬、土佐犬、北海道犬)、ウサギコウモリ(岩泉湧窟及びコウモリ:岩手県)、西湖蝙蝠穴およびコウモリ:山梨県、見島ウシ:山口県萩市、ウマ(岬馬およびその繁殖地:宮崎県串間市)、オガサワラオオコウモリ、キクガシラコウモリ、岩泉湧窟及びコウモリ:岩手県、クビワオオコウモリ、エラブオオコウモリ(亜種指定)、ダイトウオオコウモリ(亜種指定)、コキクガシラコウモリ(岩泉湧窟及びコウモリ:岩手県・西湖蝙蝠穴およびコウモリ:山梨県)、ケナガネズミ、ジュゴン、スナメリ(スナメリクジラ廻游海面:広島県)、タヌキ(向島タヌキ生息地:山口県防府市)、ツシマテン、ツシマヤマネコ、テングコウモリ(岩泉湧窟及びコウモリ:岩手県)、トゲネズミ、オキナワトゲネズミ、アマミトゲネズミ、トクノシマトゲネズミ、ニホンカモシカ(笠堀のカモシカ生息地:新潟県)、ニホンザル(下北半島のサルおよびサル生息北限地:青森県・高崎山のサル生息地:大分県・箕面山のサル生息地:大阪府・臥牛山のサル生息地(岡山県・高宕山のサル生息地:千葉県・幸嶋サル生息地:宮崎県)ニホンジカ(ケラマジカおよびその生息地:沖縄県座間味村)、奈良のシカ、モモジロコウモリ(岩泉湧窟およびコウモリ:岩手県)、ヤマネ(種指定)、ユビナガコウモリ(大吼谷蝙蝠洞:山口県下関市)、群集(龍河洞:高知県香美市・小型コウモリ類が生息)・・・


 

えっっと・・・

 

 

哺乳類だけどコウモリ、イヌ、ウシ、ウマ、ネズミ(含むヤマネ)は止めておこうか・・・

高崎山のサル、ケラマジカ、奈良のシカは制覇済みなので削除します。

そもそもサル、いるか??

近所にいるし、さして何処で見ても変わらんだろうと言うことで、まとめてパス。

特別天然記念物とかぶるニホンカモシカ(笠堀のカモシカ生息地:新潟県)もパス。

あと、(ジュゴンとスナメリ)も・・・

 

ということで

向島のタヌキ、ツシマテン、ツシマヤマネコ を加えます。

 

よって全6種類

 

ニホンカモシカ

 

イリオモテヤマネコ

 

アマミノクロウサギ

 

向島のタヌキ

 

ツシマテン

 

ツシマヤマネコ

 

 

とりあえず

難易度の低い順から行ってみたいと思い、検討したところ、向島のタヌキが最寄りです。

向島って、家から30分だし楽勝!!

 

 

と思っていましたが、ネットで調べてみたら最近で撮影されたのが2013年、その前が1996年だそうです。

 

いきなり、ハードルがめっちゃ上がります。

 

追伸:

どの種もそうですが、例え撮影に成功しても、大々的な公表はしません。

ブログでそっと公表するだけですので、悪しからず!!

コメント

俺VS動物園 第56,57節 鹿児島・熊本の旅vol.3

2019年07月25日 23時21分40秒 | クマと動物たち

キツネとタヌキと

今日のクモザル

 

7月12日(金)

天気はシャンとしませんが、雨の心配はない「海の日」です。

今日は終日、熊本市動植物園で過ごします。

 

朝食を済ませ、8時にホテルを出発し熊本市動植物園に向かいます。

かれこれ4年ぶりとなる正門からの入場です。

 

ここも逢いたい子が一杯居るのですが、まずは順番に・・・

 

まずはエントランス

クモザルたちが島に戻っています。

こちらにはオッドアイ(左右の眼の色が違う=虹彩異色症)のクモザルがいて、そのブルーがめっちゃ綺麗なのです。

 

が・・・

 

この距離ではちょっと発見は困難かも・・・です。

ちなみにギフトショップでオッドアイのクモザルの絵はがきが売っていました。

 

 

猛獣舎

マレーグマの早番はフジくん。

歩き回って・・・いやぁ、むしろ小走りです。

動画以外撮りようも無いので、次ぎに向かいます。

 

ライオンに3頭の赤ちゃんが生まれました。

が・・・公開は午後からのようです。

アムールトラのチャチャは定位置でお昼寝中

 

ウンピョウのジュールもお休み中。

 

ユキヒョウのスピカ様に至っては寝室前シュート(寝室と展示場を結ぶ通路)でおくつろぎのご様子

 

ですので、こちらもまとめて後回しにします。

 

シシオザルの奥に魅惑の身近な動物たちが!!

 

 

ホンドタヌキ

 お子様が生まれ、走り回って愛嬌を振りまいています。

 

 

ホンドギツネ

片や、こちらもお子様が2頭生まれていますが、お子様を土管に隠し、親が揺動となり子供たちが隠れる土管からお客様の目を反らそうとしています。

 

 

2種類の動物の動きの違いを見られただけでも、今日ここに来た甲斐があったというものです。

 

 

チンパンジー

ちょうど展示場に出て行くところ、そしてぱくぱくタイムで室内に戻ってくるところを見られます。

 

飼育員さんのワンポイント解説では、こちらでもテレビで観られる「某チンパンジーはかわいそう」との解説です。

 

そうなんです。

そうなんですが、


どこかシックリこない主張なんですよ

 

まぁ、静観しておきましょう。

 

おっと、キンシコウを忘れるところだった

 

 

大きく回り込んで、アフリカゾウ、マサイキリン、シカたち、シフゾウ、オタリア、ホッキョクグマ・・・

シカの前の池の島に引っ越してきたワオキツネザルたち

 

お子様が生まれておりました

 

 

 

マレーグマまで戻ってきて1周です。

日差しが強くなってきましたしマレーグマもお休み中です。

隣の親子連れのお父さんが、「今がチャンス」とばかり、写真を撮りまくってます。

小学生ぐらいの子供が

「ここの園、檻がキツイから写真撮りにくいんよ」と説明してくれますが・・・

 

ええっ、十分に実感できていますよ(笑)

 

 

一端、遊園地側のスナックコーナーへ。

今日のお昼もフライドポテトとアメリカンドッグ、そしてコカコーラゼロです。

しばし屋根の有るベンチで居眠りし、公開時間となったライオンのコーナーへ。

列になって5人ぐらいづつ、順番に、流れてライオンを観て行きます。

 

中には指示に従わず粘るオバサンがいたりしますが、ほぼ強引に排除されます。

 

こういう方がいるから、「熊本は民度が低い」と言われるのですよ、はい。

 

昼からはライオンの子供公開以外、大きなイベントは無いので、ふらふらと・・・

正にふらふらと彷徨いながら、暑くなったら冷房の効いたゲームコーナーで涼んでおきます。

 

結局、16時前に園外に出て、駐車場の車の中で仮眠です。

 

16時45分

まさかの閉園時間前に嫁が戻ってきます。

なんでも、売店でお土産買おうとしたら、16時30分で閉店していたんだとか・・・

まぁ、気を取り直して、夕食を食べに行きます。

 

夕食はこの時期限定(?)の鰻!!

SNS上では「ニホンウナギの資源減少を鑑み食べるのを止めよう!!」的な書き込みもありますが、年に1度、資源が減少しているとはいえ、市販されている高級食材を食べる事の何がいけないのか??という思考で、割と無視して鰻屋へ向かいます。

 

 

帰路上にある「うなぎかわ専佐土原本店」

 

いつもは鰻丼なんですが今日は「うなぎ定食」を注文します。

 

 

食後は高速に乗り、一路山口を目指すのですが、帰りがけに博多のヨドバシカメラに寄って、嫁のオーバーホール上がりのカメラ本体とレンズを回収します。

 

再度、福岡ICから高速に乗り、山口までは1時間30分です。

22時過ぎに無事帰宅し、入浴後、即、睡眠です。

コメント

俺VS動物園 第56,57節 鹿児島・熊本の旅vol.2

2019年07月24日 04時59分03秒 | クマと動物たち

雨は止んだが・・・

 

とりあえず動物園の駐車場に入れたところ、車は4台のみ・・・

 

まぁ、そうでしょうよ



雨はやや小降りとなってきましたが、カサを片手に写真を撮り辛いったらありゃしない。

 

サバンナではキリンたちが雨宿りです。

シロサイは何処かしら喜んで草をむしってます。

 

そういえばキリンのお子様が生まれていたのを思いだし、逢いに行ってみます。

まだ、人見知りが激しく、寄ってきてくれません。

 

お隣のクロサイさんは「お久しぶり!!」の挨拶に来てくれます。

 

あっ、写ってるのココね・・・

 

ヤブイヌが何か興味深げにこちらを覗いています。

もう少し色のアクセントがあれば人気動物になり得たのでしょうが・・・

 

ベンガルヤマネコ

お腹が空いたのかな?

 

 

トラたちにも御挨拶

 

ホッキョクグマのカナさん

珍しく・・・いや、初めて泳いでる姿を見られました。

 

サル舎に行く頃には雨も上がりかけです。

今日は「世界チンパンジーの日」ということで、チンパンジーのスポットガイドがあります。

 

集合場所には俺一人・・・

ちょっと不安そうにしていたら、直前には家族連れやカップル、コアなサル好きまで集まり、15人程で飼育員の話を聞きます。

 

 

印象的なのは「テレビで出てくるチンパンジーの子供は、本来のチンパンジーの行動ではない」との説明です。

 

「天才!○○動物園のプ○ンちゃん」のことでしょう。

アノ番組に関する印象はココで説明済みなので割愛するとして、なんと申しましょうか、

 

 

コアな動物ファンはアノ番組、

観てないです・・・

 

 

オランウータン、レッサーパンダに挨拶を済ませ、シカの谷を抜け「南アフリカゾーン」をさらに抜け、谷向こうの「かごしまの動物ゾーン」、「オーストラリアの自然ゾーン」を流し観します。

 

この辺りは入り口から遠いので、よほどのことが無い限り、2週目突入はしないことから「一発勝負」の緊張感があります。

 

久しぶりのコアラにも逢っておきましょう。

 

「おしゃれなカメラ女子」風の方と場所を譲り合って、滅多に起きていないコアラを撮影していきます。

 

ビントロング、マントヒヒを過ぎ、ゾウの側を抜けたら「ふれあいランド」に差し掛かります。

 

ココの売店で昼食です。

お小遣いを考慮し、ポテトフライとコーラです。

 

ここから登りが続くので園内バスを利用し、一気に入り口付近まで行くことも検討したのですが、再度クマ舎に行ってみたくなり、歩いて坂を登ります。

 

ちょうどマレーグマのハニータイム

写真は交代前のウランちゃん

 

展示場のあちこちにハチミツを塗り、マレーグマが舐め取るのを観て一喜一憂するイベントです。

担当はハニイちゃん

 

長い舌使って、あちこちを舐めます。

ちなみにハチミツを塗る場所は決めておらず、自分で探すことに意義を持たせる様です。

ですからいつも入っているはずの木の洞には今日はハチミツは無かったのですが、ハニイちゃん、頑張って舐めきってます。

 

ハニイちゃん、それ雨水・・・

 

シロクマ舎ではカナさん、午前中にも増して泳ぎ回ってます。

おもちゃも入れてもらってご機嫌のご様子。

 

入り口付近に戻る途中、クロヒョウのシーちゃんと遊びます。

ずーっと見つめといて、壁に隠れ、ちらっと顔を出し、また隠れる。

ガラスの前を通り反対側の壁に隠れて、また顔を出す・・・

シーちゃん、興味を持って近づいてくれます。

ガラスにへばりついて甘えてますが、残念ながら鼻タッチには至らず、お友達認定は持ち越しです。

 

キリンの名前募集

もちろん参加です。が、ベタな名前なので余り期待せず待ちましょう。

 

入り口サバンナに戻ると、キリンのハートくんが遊びに来てくれます。

やり方は教えられませんが、ハートくんは「お友達」です。

 

 

さて、時間は16時前

今日は熊本県八代まで戻る計画なのでルート確認と、少し疲れたので仮眠を取りに車に戻ります。

どおやら高速道路は復旧したみたいで、標準ルートですんなり八代まで行けそうです。

夕食の場所とかを検索しつつ、閉園時間を待ちます。

 

17時05分

平川動物公園を出発し、一路、八代市へ。

時間的には1時間30分程の行程です。

19時前に今日の宿「ホテルウイングインターナショナル熊本八代」へ到着です。

 

夕食には、雰囲気のある居酒屋さんが多数ある中で、ホテルから歩いて5分程の場所にある「居酒屋金之助」をチョイスです。

 

ここがまぁ、良かった。

熊本郷土料理を中心にそこそこ頼んだけど、どれも美味しくてビックリです。

おまけにコスパが良いので安上がり!!

ホテルに帰り、お風呂は部屋のシャワーで済ませ、今日も22時には就寝です。

コメント

俺VS動物園 第56,57節 鹿児島・熊本の旅vol.1

2019年07月23日 04時24分06秒 | クマと動物たち

豪雨×蒸暑×灼熱の九州ツアー

 

7月13日(土)

今日から3連休です。

こんな日は遠征に限る!!

と、嫁は張り切っていることから、春から久しぶりに行ってみたいと言っていた、鹿児島・熊本の2園を目指すことにします。

鹿児島県の平川動物公園は1年2ヶ月ぶり、熊本は昨年12月の復興直前イベント以来ですから6ヶ月ぶりでしょうか?

 

計画では7月13日(土)は昼から霧島温泉まで移動、7月14日(日)の朝、平川動物公園に向かい1日園内を巡りその日のうちに八代へ行き宿泊。

7月15日(月)に熊本市動植物園を廻って、夕方、博多駅前のヨドバシカメラ経由で帰宅予定です。

 

で・・・

時は再び7月13日(土)

12時40分に嫁を職場でピックアップし、昼食後、中国道・九州道をひたすら走ります。

今回はNEXCO西日本のハイウェイパスを利用しますので、九州内は高速道路乗り放題です。

雨が心配でしたが、熊本を過ぎた辺りから正に「豪雨」で、時には前が見えないぐらいです。

 

確か前回も霧島温泉に泊まった際もこんな感じの雨でした。

予定を1時間遅れて宿に到着です。

今日の宿は「霧島みやまホテル」です。

お手頃価格な割に料理も温泉も充実しており、コスパ的に優れたお勧めの温泉です。

 

早速、温泉へ。

2つの内湯と3つの外湯がありますが、雨も酷いので迷わず内湯へ。

 

久しぶりにのんびり足を伸ばして温泉に浸かります。

夕食は「黒豚和膳プラン」・・・豚しゃぶメインのプランです。

 

酒はビールから芋焼酎(ロック)で。

超いい感じで出来上がり、部屋に入って数分で爆睡体勢です。

 

 

7月14日(日)

昨日、9時から寝たもんだから、腰は痛いし冷房が寒いし、雨は凄い(笑)しで、5時起きです。

とりあえず温泉

外の半露天風呂へ。

こちらの宿では貸し切りシステムで、フロント横の鍵を取って空いてる風呂に行くシステムです。

 

にしても、鍵、大きすぎじゃね??

 

 

半露天ですので、露天部分は雨が当たり、そこそこ寒いです。

庇(ひさし)の狭間でそれとなく雰囲気を楽しみ、部屋に戻り朝食に供えます。

7時30分にさっと朝食を取り、8時前にはチェックアウトします。

 

事前の情報では溝辺鹿児島空港以南の九州道は通行止め、国道10号線も通行止め。

よって通ったことの無い裏道で薩摩吉田ICまで行きます。

ええっ、そこそこ渋滞しています。

薩摩吉田ICからは九州道と指宿道を経由し、10時過ぎにはなんとか平川動物公園に到着です。

コメント