今日のころころこころ

おばさんのつぶやき

2018・9・8 東京の素敵な建造物 文京区・日本聖公会東京諸聖徒教会

2018-09-08 10:27:53 | 東京の素敵な建造物
一昨日は小石川方面おばさんぽ。
小石川植物園を総合研究博物館小石川分館出口から出る(出るだけで入れません)。

総合研究博物館小石川分館は本郷から移築された旧東京医学校本館。当時の東大建築物群で現存しているのはこの建物だけ。



面白い(^^♪













小石川分館を出て簸川神社さま。



9月8日・9日は御祭礼。



境内を抜けて坂道を行くと明治天皇行幸記念碑があったりなんかする。







お!幼稚園だ。

園児の気配がないから写させてもらおう。

物置なんだろうけど、教会への子供たちの出入口にも見えるなぁ(^^♪

と・・・
気配が無いわけだ。2015年に閉園していたのか。

そういえば23区内の幼稚園閉園を時折耳にする。人口は増加しているし子供も多いはずだけど、足りないのはゼロ歳児からの保育園ということなのかなぁ。。
教会へ行くにはぐるっと回って。

おお!

日本聖公会東京諸聖徒教会。





設計はJ.バーガミニー。施工は不明。昭和6年に建てられたが空襲で被災。1950年に復興し全体の様子は変わったとのことだが塔は当時のままという。
塔だけは残したいという思いが今でも伝わってくるようなぁ。







教会の下は猫又坂。

猫又橋の親柱が残る。

猫貍が化かしにかかってくるなんてもうあり得ないのは言うまでもない。









コメント

2018・9・7 東京の素敵な建造物 文京区・東京大学大学院理学系研究科附属植物園本館。小石川植物園の正式名称は舌を噛みそうだなぁ。

2018-09-07 16:25:44 | 東京の素敵な建造物
昨日は小石川植物園へおばさんぽ。

小石川植物園の正式名称ってまじまじとみれば舌を噛みそうだよなぁ。東京大学大学院理学系研究科附属植物園。



入口すぐのソテツもただのソテツではない。



鹿児島県立博物館から来た精子発見のソテツ。

入口の坂を上れば本館。





ゴシック様式東大建築群といえば内田祥三。
この本館も内田の設計。施工は不明。昭和14年の建物。本郷とか少し違うなんかシンプル。




植物園散策。昨日は曇りなんだけど蒸し暑い上に桜とか紅葉とかなんとかないシーズンだからたぶんカラスの方が多かったと思う。

メンデルのブドウ。



ニュートンのリンゴ。



園内の通路も営みがある。





薬草保存園。この場所には江戸幕府の小石川御薬園があったのだ。



北海道の大震災直後だったからなんか真剣にみてしまった。







分類標本園の向こうには旧養生所の井戸が残る。





徳川幕府が江戸の南と北に薬園を設置したのは寛永15年(1638年)のこと。
小石川養生所は享保7年(1722年)にここに創設された。
なんだか大岡越前なのである。
イチョウもただものではない。

精子発見のイチョウ。

学ぶのも楽しいし散策も楽しい(^^♪

実が落ちている。

カラス鳴く。

こんなとこにきのこ!

藪蚊の襲撃。

カリン林はスズメバチの巣が確認されたというから昨日は近付かなかった。
メタセコイア林は必須。

謎のお稲荷さま。

いくつもの池。



そうして、素敵な旧東京医学校本館(総合研究博物館小石川分館)が見えてくる。



見えてくるのである。あるが私にはここだけが気に食わない!
植物園から小石川分館に出ることはできても、小石川分館からは植物園に入ることができないのである!

茗荷谷駅からのアクセスは小石川分館の方が色々とよろしいかと勝手に思っているだけだけど(^^;







コメント (2)

2018・8・18 東京の素敵な建造物 港区・東京都庭園美術館本館(旧朝香宮邸) 私はラジエーターカバーと照明器具に感心!

2018-08-18 19:22:21 | 東京の素敵な建造物
ナイトミュージアムで17時以降の入館料2割引(団体割引)にひかれて立ち寄った東京都庭園美術館。



本館は素晴らしい建物だ(^^♪

国指定重要文化財・旧朝香宮邸。
庭園も含めて全体の設計は、宮内省内匠寮。
内装は、アンリ・ラパン他ルネ・ラリック、イヴァン=レオン=アレクサンドル・ブランショ、マックス・アングラン、レイモン・シュブとそうそうたるメンバー。
昭和8年(1933年)の建物。
世界的にも貴重なアールデコ様式。









久邇宮朝彦親王の第8王子鳩彦王・朝香宮の邸宅として建てられ、朝香宮家1947年の皇籍離脱により同年から1954年まで吉田茂外相・首相公邸として使用され、1955年から赤坂迎賓館の改修が終わる1974年まで迎賓館として使用されたという。
なるほどにどこを切り取っても素晴らしい!

















































この扉なんかほんとに昭和初期なんだろうか?と目を疑う。



なかでも私が感心してしまったのは、ラジエーターカバーと照明器具!それぞれの部屋のテーマに合わせて制作されている!











これなんかゴルフボールだった!







すごいなぁと出る。



それにしても・・・
なんだか戦国時代から江戸時代までの宮家ってなんだかそのこう言ってはなんだけど、懐具合があまりよろしくないイメージな気がする。明治になってから急激によろしくなったということなのかなぁ???
建物は色々と物語ってくれるようだなぁ。。







コメント (4)

2018・7・10 東京モノレール整備場駅前の謎の建物を訪ねて。。

2018-07-10 20:31:49 | 東京の素敵な建造物
読者登録させてもらってる「34Leftで」さま。
日本一ハンバーガーとモンブランを食し女房とオリーブをこよなく愛し羽田空港の隅々まで知る男!
数日前の記事は「昔の羽田空港の玄関口はココだったんです。」。
初代羽田空港案内所なる建物があると言う!
これは行ってみよう(^^♪
東京モノレールを天王洲アイル駅から乗る。













しかし、各停しか停まらんのね(^^;

何本かやり過ごして乗車して整備場駅。



ホームの窓からなんとなく中途半端な風景が見える。

そう。ここは旧整備場。今はほとんどが新整備場に引越してしまい、跡地状態。







改札口へ。



改札出て目の前にあった!









それにしても酷い状態だなぁ(^^;





しかも、どうみてもこれは守衛所。
師匠を疑うわけではないが、本当に初代羽田空港案内所なのかな?
師匠すいませんm(_ _)m



横を流れている川はなんという川なんだろう?







私は全く羽田空港周辺の地理をわかっていないことにあらためて気が付いた(^^;

その後、大田区羽田図書館へ行ってみました。
こういう時は昔の写真や絵葉書や浮世絵やらが頼りになる。
館員さんがいくつか写真集を出してくださったが、ヒットしなかったなぁ。。。
これは謎だぞ!















コメント (2)

2018・7・6 東京の素敵な建造物 台東区・旧京成博物館動物園駅 今年秋には一般公開か!?!

2018-07-06 10:56:15 | 東京の素敵な建造物
綺羅星のごとく近代建築が並ぶ上野の森。
一見公衆トイレかと思う旧京成博物館動物園駅。





斜めお向かいは東京藝大。

十数年前までは、藝大の学生さんたちが便利した現役の駅舎であった。



設計は中川俊二。施工は不明。昭和8年の建物。
小建築の上に中川俊二という建築家はよくわからないけど、周囲の建築物に調和するように工夫された意匠は素晴らしいのです(^^♪



四両編成の電車しか停まれないというけど、電車がホームをはみ出すのはある。私の住む方向だと、東急大井町線の九品仏駅がそう。
だからといってどうということもなく、最初からはみ出す車両には乗らないかああ九品仏だったと移動するだけ。
それぞれに事情があるんだろうけどもったいないなぁと思っていた。
そしたら!今年の秋には一般公開が始まるらしいです(^^♪
当時のまま封印されてるというから、楽しみだ(^^♪







コメント (2)