今日のころころこころ

おばさんのつぶやき

2018・12・10 第42回丸の内ストリートギャラリー

2018-12-10 20:36:09 | 野外彫刻
長野市から帰宅途中の東京駅。
長野市ほど寒いはずは無いと思っていたのだけど、寒いじゃないの!
まずは、TORAYA TOKYOさんで小倉汁粉。

なんだかほっとした。

KITTEのサザコーヒーさんで豆を買って出たら、おや?まだイチョウの黄葉が残っている。
誘われるようにお堀へ。





丸ビルのクリスマスツリー綺麗だなぁ(^^♪



おや?
丸ビルの横に野外彫刻!

「Hard Boiled Daydream(Sculpture/Spook)#1」。金氏徹平。2018。





でもなんだろ?

検索してみたら、第42回丸の内ストリートギャラリーというのか(^^♪
いつもいつも北陸新幹線から東海道新幹線に乗り換える途中下車。
東京に建物見物にはちょくちょくと出かけるけど、そういえば丸の内界隈を観光目的で歩いたことはなかったなぁ。。
今度ゆっくりと来てみよう。

そうして。
なんだか晩秋と初冬がごっちゃになっている今年だけど、もう残すところあと二十日。。



コメント (4)

2018・12・9 長野市の野外彫刻 七二会・七二会コミュニティーセンター 冬への信州

2018-12-09 20:25:44 | 野外彫刻
今日から小川村(長野県上水内郡)の道の駅おがわ・さんさん市場が冬ごもりに入るということで、西山大豆が欲しい母のリクエストでさんさん市場へ。
その前に長野市の野外彫刻へ。
長野市七二会。
七二会はナニアイと読む。
江戸時代は松代藩の領地で、七つの村と二つの枝村で構成されていたという。
明治9年に合併して七二会村となり、昭和41年に長野市七二会となった。
国道19号線を小川村へと向かう途中なのだけど、そういう地名があるなぁとはわかっていても19号線で通り過ぎるだけだった。
カーナビで長野市七二会支所へ。19号線から3㎞ほど登ったところが七二会の中心地。
支所。

郵便局。

駐在所。

公衆トイレも(^^♪

気温は0℃。雪がちらつく。



支所の裏手に七二会コミュニティセンター。

あった(^^♪



「ドン・キホーテ・シリーズ《主人のつらさ下僕の気楽さ》後編・第20章より」:池田宗弘:1990年:第18回長野市野外彫刻賞受賞。
ドン・キホーテがサンチョを養うのに心を砕いているのに、呑気に昼寝のサンチョ。



でもここでの冬はお気楽に寝てはいられないなぁ(^^;

さんさん市場へ。

春の営業再開は未定。母に言わせると蕗が出てくる頃だそうな。そういうのもいい(^^♪
帰ろうと思ったら、母が安曇野に行きたいという。
かといって安曇野のどこというわけでもなく、父と一緒にドライブしたからなんとなく行きたいという感じ(^^;
これも親孝行になるのかな?
なんとなくでカーナビに安曇野アートヒルズミュージアムと入れて車を走らせる。
安曇野アートヒルズミュージアム。

レンタル自転車も冬ごもり。



ミュージアムの中へ。













エミール・ガレ美術館。



食事をして更にドライブ。

結局、長野自動車道塩尻ICから上信越自動車道で帰ってきた。
アルプスは雪。






コメント (2)

2018・11・30 神田のアート七福めぐり 恵比寿(神田明神)

2018-11-30 21:02:41 | 野外彫刻
バーコードを読み取ってみてももう期限切れのようで私には何がなんだかよくわからない「神田のアート七福めぐり」(^^;
この間、神田明神さま鳥居のとこの天野屋さんに沢庵を買いに寄ったついでに、当たり前だけど神田明神さまへ。











そういえば神田明神さまにも神田のアート七福めぐりのなにかが御座したはずだな。
ただ今色々と工事中の神田明神さま。



巨大な大黒天さまがそうなのかな?





巫女さんにお伺いしたところ、どうやら恵比寿さまがおられるようだ。
工事中で門の外からの方がいいですよと教えていただく。

お!これはこれはなかなかにいい感じ(^^♪



そうか。あの巨大な大黒天さまが大国主命さまとすればこちらは少彦名命さまか。

なるほどに。
それにしても、そこかしこ工事中でも神田明神さまは人気あるんだなぁ!







コメント (2)

2018・11・19 神田のアート七福めぐり 大黒天(柴田ビル)

2018-11-19 22:21:41 | 野外彫刻
なんだか色々と見物してしまった15日。
本当の目的は、日本橋の八木長さんでだしパックを買い外神田の北原美顔さんの自販機で石鹸を買うことであった。
淡路町駅から地上に出ればもう夕暮れてきている。

昌平橋を渡ればすぐに北原美顔さんだけど、時間そのものはまだ早かったから、ついでに神田のアート七福めぐりに行ってみようか!
俎橋のところの寿人遊星は面白かったんだよなぁ(^^♪
大黒天さまに行ってみるか。
住所は神田佐久間河岸78-3柴田ビルだそうな。
とりあえず柳森神社さまにむかって歩き出す。

神田佐久間河岸なんて面白い地名だと思うけど、淡路町あたりは江戸時代は徳川幕府御用市場であり、昭和3年まで東洋一の大市場だったのだ。



柳森神社さまへ。











お!岡昌裏地ボタン店のおやじさまお元気でなにより(^^♪

柳森神社さま。

こいつはおっさんにしか懐かない(^^;



岡昌裏地ボタン店さんと海老原商店さんともうひとつ。





この通りの素敵な建造物はいよいよ危機的になってきている。
今現在生活している人たちが優先なのはどの時代も同じ。
だけど、2020年が過ぎて、更に観光立国なるものを目指すならば、こういう建造物は資源になるのだが・・・
ま。
和泉橋。









渡れば神田佐久間河岸。





コイズミさんのショールームはポストモダン。

大黒天さまがおられた(^^♪



しかし。
寿人遊星と違ってなんのキャプションも無い。
バーコードは読み取れたけど意味不明。

この神田のアート七福めぐりとは何なのだろう???
ま。
北原美顔さんで石鹸。



コメント (4)

2018・11・14 黒川里山アートプロジェクト・緑と道の美術展㏌黒川2018 原田理糸・立川真理子・石黒和夫・吉野匠・宮澤泉・杉本繁・杉江玲子

2018-11-14 20:51:36 | 野外彫刻
黒川里山アートプロジェクト・緑と道の美術展in黒川2018。
この間まわれなかった作品を訪ねる。
小田急多摩線はるひ野駅下車。







歩き出す。



今日は尾根道を行かずに、丸山こもれび公園のところから直接黒川よこみね特別緑地保全地区会場へ。





中には入らずに柵沿いに行く。

斜面に「歩く」:原田理糸:木。

ほんとに歩いてる。



誘導サインに導かれて歩く。







おお!なんとも不思議な空間。

谷戸と言えば谷戸。川が流れていたことがあったのかな?それとも湿地帯?

「今、生まれる」:立川真理子:布・木材・他。





私も吸い込まれて生まれ変われる?

おや?なんかチャリの人。

「サイクリング」:石黒和夫:木・針金・鉄・麻ひも。
ちわ~(^^)/ああどうも(^^)/とか言ってしまった。







あれ?なんか下にある。



「コネクト」:吉野匠(多摩美術大学):FRP。

ここが開いて異次元に行くのかな。





栗ひろって喜んで歩く。



通り過ぎかけてキャプションに気が付いた。

作品はあれか。



ああそうだったんだ!
「おかえり」:杉江玲子:大理石。
あの子はこことあそこを自由に出入りしてたのか(^^♪



尾根道が終わる。

このあたりは黒川海道特別緑地保全地区というらしい。山の中の海道。この不思議な緑の帯と何か関係ある地名なのかな?

家庭菜園が並ぶ。

おにいさま色々とお話くださりありがとうございました(^^)/

ここ一帯の家庭菜園の地代は地主さんちの田植えや稲刈りのお手伝いだそうです!
農機具も皆で持ち寄って自主運営!
休耕地というか手入れのできない山林というかの有効活用にこんな方法もあるんだなぁ。
勉強になりましたm(_ _)m

お?秋なのにジンジャーが咲いている!

思わず菜園の手入れをされていた奥様にジンジャーですか!?と話しかけてしまった。
そしたら、夏に咲いて枯れたのだけどなぜだか秋になってまた咲き出したんですよと教えてもらった上に、どーぞ!といただいてしまった!私はジンジャーの香りが大好き。嬉しくて嬉しくてありがとうございましたm(_ _)m
「青空」:宮澤泉:花崗岩。







私の心も青空(^^♪

先になにやら光るもの。





「連鎖」:杉本繁:ステンレス。

いいなぁ(^^♪





そうか!ここはセレサモスから明大黒川農場へ行く道と合流するんだ。

セレサモス方面へ。





セレサモスさんは水曜日定休だったのか。残念。

この間寄れなかった汁守神社さまへ。





子持ち狛犬さまにがまんさま。



トスントスンとどんぐりが落ちてくる(^^♪木から落ちたばかりのどんぐりは綺麗だなぁ(^^♪
そういえば、この間シャトルバスの中で飯守神社もあるのよね!と小耳にはさんだ。
面白そうだな(^^♪
海道とともに宿題(^^♪
黒川駅へ。

南黒川第2公園。



ここにも「蝉」がいるのです(^^♪



読響のある黒川。

駅に入ると交響曲が流れる。



電車接近メロディーなのかな?
なんかホームが舞台になったような気がする!

















コメント