篠窪の四季写真

神奈川県大井町篠窪(しのくぼ)から見える冨士山は超きれいで感動します。
春夏秋冬それぞれ見所があります。 現代版頼朝?

篠窪(しのくぼ)の隣町 大井町農村公園の森の中で「おおいまちあそびば」楽しむ (2018/9/22)

2018-09-24 07:51:45 | 21_おおいまちあそびば

 お早うございます
先日(9/22)の土曜日は大井町四季の里の傍にある「大井町農村公園」で 「大井のかかし祭り」「おおいまちあそびば」が行われました。
 前日まで雨が降っており開催が危ぶまれましたが、当日は雨は上がり朝から曇り空でした。無事にイベントが行われました。
 案山子祭りの表彰式では「おおいまちあそびば」のメンバーの方が2名表彰されました。
・・景品がすごい(大井町のとれたて野菜の詰め合わせが沢山)

なお、写真は顔もろ出しの写真です。不都合な写真ありましたらお御教えください。 削除致します。

【あそびば】

 初めての場所です。
「大井町農村公園内こもれびの森」と言う場所です。
・・・私は個人的には何百回と四季の里や大井町農村公園には来ていますが、初めて知りました。

 大井町農村公園内を森の中に進んでいくと50メートルほど先に広い空間が現れます。
 軽井沢の森のイメージに近いかも
傾斜がついており、とても広い自然の中で思いっきり遊べます。
・・・・秘密の隠れ家の様な素敵な場所です。

↑01

【彼岸花がいっぱい】
 篠窪(しのくぼ)と同じように標高が少しあるので平地より2度~3度温度が低いです。
このため、彼岸花が見頃でした。

02

03 畑の上から公園方向を見る

04 雨にぬれた彼岸花

【森の中へ】

↑05 森の方向へ歩いていきます

06  足跡が道になっているので迷いません

07 とても広い場所へ出ます

08 ここが遊び場の舞台です

   軽井沢かと思わせるような素敵な場所です。

09 土(落ち葉)の上なので子供さんも安全です

【ターザンロープ】

↑10

11

12

13

14 ブランコ遊びもできます

【ハンモック】

15

16


【工作、ベイゴマなど】

↑17

18

19

20

21

22

23 大人も子供もベイゴマに夢中

   難しいところが面白いのかも

24

25 つかまえたカエルと工作で写真を撮る

26

27

28

29

30

31

32

33 やったー

34

35

36

37 こどもが倒れても落ち葉の上なので安心です

38 あそびの学校の先生です

   虫よけもばっちり  蜂取り用の煙で蚊などを寄せ付けません

39 煙を散らすのは子供の役目です。 火の危険が無いので良いアイデアですね

40 スーパーマリオの帽子の様な真っ赤なキノコを発見

   ・・・これはタマゴダケで無毒ですが、似たような毒キノコもあるので

     子供だけでは採らないでね。 これは皆で勉強の為に採りました。

【記念写真】

↑41

42

43

44

45

46

47

48

49

【大井のかかし祭り】
 アットホームなとても良い感じのイベントでした。
 事務局の方々の暖かい気持ちが伝わってきます。
 素敵な写真がたくさんあるのですが、その一部をアップしてみました。

↑50

51

52

53

54

55

56 あいにく富士山は見えませんが矢倉岳が見えます

【作品のスナップ】

↑57

58

59

60

61

62

63

64 案山子が展示されている公園で子供たちは遊んである

65

66

67

68

69

70 案山子と同じように決めたポーズがとても可愛いですね

71

72

73

74

75

76

77

78

79

80

81

82

83

【表彰式のスナップ】

↑84

85 景品がすごいです 大井町の新鮮野菜が箱いっぱい

86 子供たちはスタンプラリーを押しながら見て回ります

87

88

89

90

91

92

93

94

95

96

【集合写真】

↑97


【けんちん汁とふかしイモ】

・・・容量制限で一部掲載できず。

 

【その他】
  時間が許せば「NPO法人しのくぼ」のホームページも見てくださいね。
   http://nposhinokubo.web.fc2.com/

コメント

篠窪(しのくぼ)の秋分の日は彼岸花が満開だと思います

2018-09-21 20:59:32 | 12_季節写真
 こんばんは
篠窪(しのくぼ)の富士見塚付近に彼岸花を確認に行ってきました。
2018/9/18及び19に行ってきました。
篠窪は平地と比べ少しだけ標高が高いので、気温も平地より2度~3度程低いです。
このため、平地と違い満開ではなくちょうど見ごろの7分咲きでした
秋分の日(9/23(日))には満開と思います。
是非足をお運びください。

【富士見塚付近】
道祖神がある付近が昔のままの矢倉沢往還道です。
今でもそこは土が残っており、彼岸花が咲いています。
舗装道路には草も花も咲きませんが、土が残っていると花が咲きハイカー達の目を楽しませてくれます。
土が残る生活には素敵な出会いが残っています。








今も残る矢倉沢往還の道です






まだつぼみも残っています


矢倉沢往還を歩く










八重桜の畑にて


蜜を吸っているのか、蝶々を待っているのか、目立ちすぎます





【給水塔付近の景色】

三嶋神社の椎の木杜を見る 奥の山々は丹沢です


富士山を見るが曇りで見えませんでした。 



【了全山(りょうぜんさん)へ向かう道】




【了全山(りょうぜんさん)へ登る】

山頂には大きな椎の木が沢山にあります






伝二階堂政貞の墓所です。
何も書かれていない卵の形をしたお墓(卵塔)と五重塔があります。
毎年、命日の4月11日の前日には供養の念仏が唱えられています。


途中でおはぎ(萩)の花に出会いました。
・・・お彼岸はおはぎを食べなくっちゃ 
   アンコはもちろん「萩の花」の様な粒アンです。




登り口の柿の木付近 何も無いところが良いところです。 美味しい空気はタダ

【彼岸花の老後写真】

10/05頃 彼岸花の老後はこんな形になります
     彼岸花だとわかりましたか? 何かを語りかけてきます。


【その他】
  時間が許せば「NPO法人しのくぼ」のホームページも見てくださいね。
  http://nposhinokubo.web.fc2.com/
コメント (2)

NPO法人しのくぼ活動報告 了全山(りょうぜんさん)の除草作業 (2018/9/16(日))

2018-09-20 06:23:57 | 01_NPO活動
 おはようございます
2018/9/16(日)コアタイムの状況を報告します。
霧雨のうっすら降る中、了全山の草刈りをしました。
夏の1ヶ月草を刈らなかったので、踏み込めないくらいの状況でしたが、
なんとか通り道は刈ることができました。
休憩時間には、おばさんが蒸し上げていてくれたサツマイモをほおばりました。
色々な種類があって、とてもおいしかったです。

        文&写真:NPO法人しのくぼ 天野さんより

【除草作業】

2018/09/19 了全山を仰ぐ 途中の道には彼岸花が咲いていました
       自然の中ですので空気が美味しすぎます。


2018/09/08 除草前の様子


2018/09/08 除草前の様子


2018/09/16 除草作業の様子


2018/09/16 除草作業の様子


ひと段落して休憩時間には、おばさんが蒸し上げていてくれたサツマイモをほおばりました。


色々な種類があって、とてもおいしかったです。

【追加記事】
前回の了全山(りょうぜんさん)の除草作業は2018/6/17(日)に実施しています。この時はピカピカに綺麗でしたが3か月経つとサツマイモが育つのと同じように登山道の草もボウボウになっていました。
・・・9/8に登ろうと来られた方が、思わずひき返してしまったほどの草ボウボウ状態でした。

NPOしのくぼ がお彼岸前に了全山(りょうぜんさん)の除草作業をやってくれたので
お彼岸前の9/19に了全山(りょうぜんさん)にのぼってみました。

妻が珍しく「美味しい空気を吸いに篠窪(しのくぼ)に行きたい」と言ってきましので
早々に了全山(りょうぜんさん)の山頂まで連れて行きました。

途中珍しかったのは
(萩の花)
  春のお彼岸は「牡丹の大きな花」の様に「練りあん」でボタモチを作ります
  秋のお彼岸は「おはぎ」を食べますが、その「萩の花」を発見
  おはぎは「萩の小さな花」をイメージして「粒あん」で作るのだそうです。

(朴葉(ほおば)の実を見た)
  篠窪で見つけた朴葉(ほおば)の木が了全山にもありました
  赤い実をつけていました。

(その他の花)
  ツルボの花、白いフジバカマなど野草も色々見ることが出来ました。


2018/09/19 了全山を仰ぐ 途中の道には彼岸花が咲いていました
       とても綺麗な山です








了全山への登り口付近から見る篠窪の村と丹沢の遠景
富士山は見えませんでしたが、久しぶりに晴れた景色が見れました


柿の木を目印に左奥へ登っていく


左奥へと登っていく 


角を右上に曲がれば、あとは道なりで大丈夫






登る途中から見える景色・・・空気が美味しい


山頂付近も綺麗に除草されていました


山頂にも大きい椎の木があるんですよ




了全塚


伝二階堂政貞の墓所です。
何も書かれていない卵の形をしたお墓(卵塔)と五重塔があります。
毎年、命日の4月11日の前日には供養の念仏が唱えられています。


以前植樹した桜の木が立派に育っています


若い桜はもう少し保護ネットの中で成長させます
・・・鹿が木の皮をかじらなくなる大きさまで保護してあげます



【草花を楽しみながら下山】







ホウバの木を見つけました


赤い実(?)をつけています


もう秋ですね


お彼岸にふさわしいおはぎ 
この小さな花(萩の花)には立派な家紋があります






ガマズミの赤い実


白いフジバカマ




ツルボの花


遠くに見える丹沢も綺麗




翌年にも咲くように山百合を大事に育てています



【篠窪大橋側に目印の石碑が建ちました】



これを見て了全山に登ろうとされますが、次の目印がないので迷われます




迷わないように案内用の目印が追加されています。

【その他】
 時間が許せば「NPO法人しのくぼ」のホームページも見てくださいね。
 http://nposhinokubo.web.fc2.com/
コメント

篠窪(しのくぼ)の秋は宝石箱の様です(2018/9/3)

2018-09-18 09:33:06 | 12_季節写真
 こんにちは
北海道胆振(いぶり)地方で発生した地震でお亡くなりになられた方のご冥福をお祈り申し上げます。
また、台風、地震で被害のあわれた皆様の一日でも早い平和な生活が戻りますようにお祈り申し上げます。

久しぶりにアップいたします。
記事アップが2週間も遅れてしまいました。
台風が来る前の9/3は朝から小雨が降りました。
お昼を過ぎたころから雨が上がったので秋の篠窪を見に行ってきました。
サツマイモ、栗、オクラなど秋野菜がいっぱい収穫時期を迎えていました。

秋特有の色んな草花がとても綺麗
例のポポーの木にも実がなっており、もうすぐ収穫時期を迎えます。
今年のお彼岸は9/20~26なのにもう彼岸花が数本咲き始めていたのにはびっくり
今年の夏は猛暑だったので、ボケないでねと早めのお知らせかもね

峯山の道祖神の傍は「ツルボ」の花がいっぱい。
ここ以外にも「ツルボ」の花は矢倉沢往還沿いで沢山に見ることが出来ます。
写真撮影から2週間も過ぎてしまいましたので、たぶん彼岸花が咲き誇っている
ことと思います。
篠窪の秋を楽しみにお越しください。

【峯山の道祖神】

2018/09/13 峯山の道祖神




道祖神の傍のツルボの花が綺麗

【峠の景色】









篠窪の方は心にゆとりがあるのか、野菜と一緒に花を植えて季節を楽しみます










トンブリの元になるホウキ草も実をつけ始めています








オクラの花も綺麗




台風の影響か曇っています


富士見塚方向を見る



【一番地付近の景色】

桐の木に実がなっています


落ちた桐の実




栗も立派に実が熟し始めています






彼岸花が咲き始めていました


ポポーの実が熟しているか確認に行く


篠窪は寒いので、まだ少し青いです






柿の実も熟し始めました


山百合も実をつけています


ホトトギスも綺麗に咲いています





【地福禅寺】

タイサンボクの木


タイサンボクの実


百日紅(サルスベリ)が花を咲かせています




六地蔵にお参りする

【富士見塚付近】

曇りのため富士山は見えず


丹沢の山々


途中稲葉様の家に立ち寄る


色んな椿の挿し木をされていました。 こうやって増やしていかれます


了全山の案内板の石碑を彫っておられました





【その他】
  時間が許せば「NPO法人しのくぼ」のホームページも見てくださいね。
  http://nposhinokubo.web.fc2.com/
コメント

篠窪(しのくぼ)では「リンゴツバキ(林檎椿)の実」がたわわに実っています(2018/08/31)

2018-09-01 19:01:17 | 12_季節写真
 こんにちは
昨日、篠窪の稲葉一郎さまからお電話がありました。
「リンゴツバキ(林檎椿)の実」がたわわに実っており見事だから見においで。

初めて見たのは昨年(2017/09/08)でしたが、実が無くなってしまうと葉っぱは普通の椿と全く区別がつきません。
篠窪の富士見塚付近に行くたびに気にしていましたが、実が無くなってしまうと葉っぱは他の椿と全く同じなため、どの木だったのか解らないままでした。
「リンゴ椿の実」がなってやっとどの木だったのか区別できました。 ・・・ホッ

稲葉様が「屋久島のご友人」から苗木を頂かれ、植えられたのだそうです。
屋久島は鹿児島県の更に南に位置します。
今年の篠窪はとても暑かったので、「リンゴ椿」が故郷の屋久島を思い出したのかも知れませんね。
昨年と比較し5倍ほども多く実っています。こんなに沢山の実がなるとは。
実の重みで枝が垂れ下がるくらい沢山の実がなりました。
近所の方からは、食べたら美味しいかもよと言われていましたが未だ食べたことはありません。
食べれなくても、ゆず湯やカリン湯の様な利用方法があると面白いですね。

篠窪の富士見塚と三嶋神社の間にある畑に植えてあり、道路からも確認できます。
ぜひ、探してみて下さい。

【リンゴ椿の実】

まるでリンゴそのものの様です




とても重く枝がしなっています










これは傍にある普通の椿の実です (葉っぱの大きさと比較して見てね)


(ご参考)2017/04/09 リンゴツバキ(林檎椿)の花はシンプルで綺麗です

【その他の椿写真】

(ご参考)2011/03/09 初めて見たとき感動した和菓子の様な椿の生け花 (赤腰蓑(あかこしみの)と言う椿です)


(ご参考)2017/06/05 おなじ椿の名前がついている「夏椿(なつつばき)」は篠窪でも見ることができます


(ご参考)2014/03/03 椿特有の「ポトンと落ちた椿の花」


(ご参考)2017/02/19 これも珍しい「さかずきばつばき(盃葉椿) 」です


椿は色んな種類がありとても面白いですね。
椿は葉っぱ、花、実の変化がすごすぎで見わけがつきませんね。


【その他】
  時間が許せば「NPO法人しのくぼ」のホームページも見てくださいね。
  http://nposhinokubo.web.fc2.com/
コメント