今日のころころこころ

おばさんのつぶやき

2018・5・22 葉山港A防波堤灯台

2018-05-22 20:57:16 | 灯台
明日からお天気が崩れそうだから今日は体をほぐしがてら灯台へ。
海上保安庁デザイン灯台。
神奈川県には、湘南港灯台・小田原港新第一号防波堤灯台・小田原港第二号防波堤灯台・大磯港西防波堤灯台・葉山港A防波堤灯台がある。
葉山港A防波堤灯台へ。
京急・新逗子駅下車。

京急バス・鐙摺バス停。

葉山港側のバス停はお洒落。



葉山港へ。

葉山というとマリーナというイメージだが、漁港でもあり、庶民の釣りスポットでもある。
レストラン ラ・マーレさんもあれば葉山餃子もあればあぶずり食堂もある。







船宿。



葉山マリーナ。





全部ひっくるめて見守る赤い灯台。

駐車場の隙間から出る。







色んな葉山港の風景。















灯台へ。









色褪せてるなぁ。。

平成13年初点灯。ヨットの帆をイメージした真っ赤な灯台なんだけど(^^;





等明暗赤光で明2秒暗2秒。
光度は1100カンデラ。
光達距離は9.5海里。
塔高8.1mで灯高13m。



オリンピックまでには塗装するのかな?

バス停へと引き返す。



バス停の裏山は鐙摺城跡。地質学的には鐙摺の不整合もあるのです。











コメント (4)

2017・12・26 横浜港外防波堤灯台 大さん橋から見える(^^♪

2017-12-26 11:27:11 | 灯台
横浜港は、明治20年代にH.S.パーマーの設計により第1次横浜築港工事が始まった。

その時に設置された横浜港内防波堤の赤灯台は今でも現役。



白灯台は氷川丸翁と余生を過ごしている。

その後、第3次横浜築港工事で設置されたのが、横浜港外防波堤灯台。
建築概要・鉄筋コンクリート
設計者・内務省横浜土木出張所
建設時期・昭和14年
もちろん現役灯台(^^♪
しかし、本牧ふ頭と大黒ふ頭に埋没状態(^^;
突堤は関係者以外立入禁止だし、ベイブリッジのスカイウォークがあった頃は隙間(?)から見ることもできたようだが、今は一般人は釣り船をチャーターする以外に近づく方法はなさそうだ(^^;
いつもどっかから見えないかなぁ?とか無意識に歩いていた山下公園。

あれ?ああ!望遠だったら赤い方は見えるのか(^^♪



でも白い方はなぁ(^^;
と!そうだ!大さん橋に行けばいいのかも!(^^)!





大さん橋へ。





着岸しているお船に用事がなくとも誰でも入れます(^^♪











風が強い日は体ごとぶっ飛ばされてしまいそうだけど眺めは抜群!







さて横浜港外防波堤灯台。



白(^^♪









赤(^^♪





すごいなぁ(^^♪

船旅をしたいなぁ。。。













コメント (6)

2017・11・18 おばさんぽ 横浜北水堤灯台(赤灯台)&横浜東水堤灯台(白灯台)

2017-11-18 11:55:04 | 灯台
横浜港は明治20年代にH.S.パーマーの設計により第一次横浜築港工事が施工され港域を確保した。
港口の水堤先端には赤白対の鉄造灯台が設置された。

今の港口は横浜ベイブリッジをくぐって本牧ふ頭と大黒ふ頭の間になっている。

山下公園。







氷川丸翁の横にたたずむのは、横浜東水堤灯台。





明治29年4月1日~昭和38年10月21日まで頑張って、今は氷川丸翁とともに余生を過ごす。

明治29年5月16日から現役で頑張っているのが横浜北水堤灯台。赤灯台。





今ではすっかり可愛い存在になっているけど、これからも現役が続くといいなぁ(^^♪













コメント

2017・11・17 おばさんぽ 横浜大黒防波堤西灯台&横浜本牧防波堤灯台&横浜大黒防波堤東灯台

2017-11-17 20:48:05 | 灯台
今日は快晴。

なんだか灯台(^^♪
桜木町駅から横浜市営バスで海づり桟橋バス停下車。



横浜港シンボルタワーへと歩き出す。



遥かなるもの・横浜「花壇」・田辺光彰。

お船がいっぱいでやっぱり無駄に写真を並べたくなる(^^;







横浜港シンボルタワー。

遥かなるもの・横浜「貝」・田辺光彰。

神殿の回廊。

シンボルタワーが巨大だから可愛く見える赤と白の灯台(^^♪
赤いのが横浜大黒防波堤西灯台。初点は現地に行かねばわからぬ(^^;いよいよ車か。



白いのが横浜本牧防波堤灯台。こちらは親切な釣り関係ネット写真があって昭和45年3月に初点と判明。
ありがとうございますm(_ _)m



もうひとつある小さな白い灯台は横浜大黒防波堤東灯台。これは私にはアクセス不能(^^;

横浜大黒防波堤西灯台と横浜本牧防波堤灯台を結んだ線が横浜港と外洋の境界。



横浜港から外洋へ。



様々な標識が航行を助ける。



私の乗るお船が来たな。

ところで?完璧落ち葉擬態のキミはだれ???










コメント (4)

2016・12・30 おばさんぽ 湘南港灯台 江ノ島は大晦日前日でも混雑(^^;

2016-12-30 19:45:58 | 灯台
朝帰宅して朝飯たいらげて自室掃除して、あ~!寮に忘れ物した!とバカ息子(^^;
夜は飲み会というからゆっくり話もしていられないなぁと、鵠沼海岸の独身寮に引き返す息子の車で江ノ島は湘南港灯台へ行くことにした(^^;
おわ!こんな日でも混んでるよお!と江ノ島界隈を知り尽くした息子は私をさっさと降ろして即寮に向かって走り出した(^^;親孝行なんだか親不孝なんだかよくわからい(^^;
見上げた空は、雲が出てきた(^^;

雲の切れ間を待ってとりあえず昼飯。江ノ島ヨットハーバーのカフェトビッチョ江の島ヨットハーバー店さん。このお店は安くて美味いのになぜだか空いている。

風が弱いなぁ・・・雲は切れるんだろうか?
食べ終わってもダメだから混雑覚悟で稚児ヶ淵へと時間つぶししながら雲が行くのを待つことにする。
裏道からもうエスカー(^^;

それにしても混雑している(^^;お正月のご準備は?とお伺いしたくなる。私もか(^^;

エスカー終わってから稚児ヶ淵までが長い(^^;
江ノ島神社奥津宮さま。

そこから急階段下れば稚児ヶ淵。

今日はおとなしい。

雲切れねーかなーと引き返す。

キャンドル灯台もありか。

とも思ったが、おお!晴れてきた(^^♪

白亜の湘南港灯台(^^♪

裏道をとっとと下る。

息子に降ろしてもらった地点。江ノ島ヨットハーバー前。

晴れているうちにと駐車場から防波堤へ。

近づく(^^♪

雲が出るとこんな感じ(^^;

湘南港灯台は海保デザイン灯台のひとつ。神奈川県内には5灯台ある。

昭和39年9月26日初点灯。灯高13m。塔高8.1m。無等級明暗緑光:明2秒暗2秒。光度とか光達距離とかは何度か変わっているが、先の東京オリンピックのヨットレース会場としてのモニュメントも兼ねる。

ヨットマンたちを見守ってきた。今度の東京オリンピックはどうなるのかなぁ。。

またまた雲が出てきた防波堤をゆっくりと歩く。

おや!足裏健康法かよ(^^;

わああ!鳥だ(^^♪

しかし、なんという鳥なんだかわかんない(^^;鳥写真が素晴らしい方々のブログに読者登録させてもらって勉強してはいるんだけど(^^;

防波堤の突き当りからは海岸に降りられる。

お洒落な観光スポット江ノ島とは違うある意味本来の江ノ島がある。

そういえば、稚児ヶ淵に向かう途中で、もう江ノ島なんか二度と来ないぃ!!!と叫んでいた女性がいたなぁ(^^;オサレなパンケーキにオサレな恋に溢れたお宮めぐりにオサレにえのすいなんて思ってパンプスなんぞ履いてきた日には足痙攣するよなぁ(^^;

そういう私も滑り止めが付いた靴ではないから、てきとーなところで引き返す。

防波堤から裏道。

ああでも、橋はひとつだからやっぱ人混み(^^;

なんでこんなに人を惹きつけるのかなぁ。江戸時代から延々と。。

竜宮城だ。

各停の町田行きでのんびりと寝ながら帰宅。

明日は大晦日。
























コメント (5)