FZXな日々

YAMAHA FZX750を 旅のともとして 気ままなツーリングの記録

これはスゴイ!

2020年09月13日 | Weblog
岩手県に引っ越してから、寂しいなぁと思うことは、今まで5分おきに上空を通過していた航空機の姿が全く見られないことだ。私が住んでいるところは空路から外れているらしく、まったく航空機の機影が見えないし、音すら聞こえない。 千葉に住んでいた時は、成田空港や羽田空港が近かったこともあり、また近くに海上自衛隊の下総基地があったので、朝から晩まで空を見上げれば航空機が飛んでおり、天気が下降気味な時には美しい . . . 本文を読む
コメント (4)

思い出の稲庭うどん

2020年08月13日 | Weblog
今まで日本の各地を巡って美味しいものをいろいろ食べたが、一番おいしかったものは?と尋ねられたら、まず「稲庭うどん」と答えるだろう。 2005年8月にFZXで初めて東北ロングツーリングに出かけた。 私にとって初めての大型2輪である初代FZX(2AK)。爆音にあこがれFZ750用のストライカーを無理やりつけていた。 福島県の鳴子温泉から始まり、秋田県の川原毛温泉、青森県の八甲田山から十和 . . . 本文を読む
コメント (2)

爆音卒業

2020年08月10日 | Weblog
今年は、また憂鬱な車検を受けなければならない年だ。2年間なんてあっという間だ。2年前までは、行きつけのバイク屋にお任せだったので、車検というと「ああ、また定期点検の時期か」ぐらいにしか考えず、憂鬱になることもなかった。 ところが、2年前車検の予約をしようとバイク屋にもっていくと、バイク屋がなくなっていた。スカイツリーの真下で営業していた「ベスト・バランス・インターナショナル」という店だったが、と . . . 本文を読む
コメント (2)

バイク・ガレージ ~その2

2020年07月17日 | Weblog
バイク車庫が完成したが、思ったより狭かった。作業台とか置けて、パーツの錆を落としたり、ちょっとした工作などできればよいのだが、シャッターを閉めると息苦しい。 で、何かする時は車庫の前に店開きをして、テーブルといすなど並べてラジオを聞きながら、まったりするのがせいぜいである。 しかし、車庫ができたからには、家の中のそっちこっちに置いてあったバイク用品を配置して、いざツーリングという時は、すぐに準 . . . 本文を読む
コメント (2)

バイク・ガレージ ~その1

2020年07月07日 | Weblog
2003年から17年間、大型バイクに乗ってきたが、たった一つかなえられなかった夢、それはバイク・ガレージだった。団地住まいだったため、屋根なしの雨ざらしの駐輪場にバイクを置き、心を込めて洗車しても次の日に雨でも降ろうものなら、元の木阿弥だった。 ツーリングに行くたびに、他の人が乗るピカピカのバイクを眺め、いったいどうすれば、こんなにきれいに保てるのだろうか、とそればかりが気になった。 FZXは . . . 本文を読む
コメント (2)

室根山ツーリング

2020年04月25日 | Weblog
一関から気仙沼に向かう途中に、室根山(むろねさん)という山がある。標高895mの独立峰で、形がいいことと頂上まで車で行けるので、ツツジの名所として親しまれている。オートキャンプが盛んな頃、室根山の8合目にある望洋台キャンプ場は、人気が高かった。 子どもが小学生のころ、毎年夏休みには大船渡の女房の実家に帰省していたので、ドライブを兼ねて立ち寄ったりしたことがあった。あれから30年くらい行ったことが . . . 本文を読む
コメント

五葉山

2019年05月20日 | Weblog
岩手県には岩手山や早池峰(はやちね)山のようなよく知られた山もあるが、県内のそれぞれの街に「故郷の山」が存在している。ここ大船渡にも、今出山(いまでやま 756m)という山があり、山頂には各種のアンテナが立ち並び、市民にとっては毎日目にする山であり、春にはツツジの名所として親しまれている山である。 海岸に近いので、山頂からの太平洋や大船渡湾の眺望が見事である。また756mというと大したことはない . . . 本文を読む
コメント (8)

春の訪れ

2019年04月29日 | Weblog
千葉から大船渡に転居して4か月が過ぎた。今年は暖冬だと言いながら、大船渡では4月20日まで雪が降っていた。地元の人に聞くと、例年なら4月になるとスタッドレスタイヤを夏タイヤに履き替えるそうだが、今年は、思わぬ雪に焦ったドライバーが多かったそうだ。 私は4月14日に履き替えたが、その後の雪は幸い大船渡では積もるほどの雪ではなかった。 来た当初は寒さに震えあがったが、少しずつ体も慣れてきた。私は極寒 . . . 本文を読む
コメント (6)

ファイナル・ツーリング?最終日

2018年08月23日 | Weblog
楽しい旅もいよいよフェリーに乗って帰宅する日となった。しかし、困ったことに台風20号が北海道に接近し、天気が怪しくなってきた。来た時と同じように深夜便を予約していたのだが、天気予報では深夜便が出港する時刻にもっとも台風が苫小牧に接近するようだ。 もし台風のため欠航にでもなったら旅程が大幅に狂ってしまう。三井商船フェリーの大洗ー苫小牧ルートには、真夜中に出航する深夜便のほかに、夕方便という7時間前 . . . 本文を読む
コメント (6)

ファイナル・ツーリング?3

2018年08月22日 | Weblog
翌朝、友人が丹精したという野菜尽くしの朝食をいただき、友人宅を後にした。 今日の目的地は、富良野と決めていた。以前の北海道ツーリングでは道北や道東、知床を走ったが内陸部は走ることができなかった。昔、山登りに明け暮れていた時、ホームグランドは大雪・十勝の山々だった。 当時暮らしていた旭川から近いこともあり、富良野や美瑛へはよく出かけていった。しかし北海道を離れてからは、「北海道のへそ」と言われ北 . . . 本文を読む
コメント