開光塾 カアチャンのつぶやき

どうしたら子どもたちに力をつけていけるか、元気に育っていけるか。
愉快でパワーにあふれたみんなとの、楽しい記録です。

北からの便り

2019-10-27 20:41:13 | 子どもたち
それぞれの花

尊敬する人生の先輩から、手紙を受け取りました。
口ではぼやきながらも
いつも遠くを見つめる哲学者のようです

「ブログに載せてもいいですか?」
「お役に立つなら、どうぞ


……………………………………………………*…………………………………………………

写真は店の看板ですが朝顔が咲いてますね!


9月も終わりだという頃に咲き始めました。
常連さんに小さな苗をもらって店の前に置いてました。

「 他人を励ますことは出来ても
  自分を励ますことはむずかしい
  だから…というべきか
  しかし…というべきか
  自分がまだ開く花だと
  思える間はそう思うがいい
  少しの気恥ずかしさに耐え
  少しの無理をしてでも
  淡い賑やかさのなかに
  自分を遊ばせておくがいい 」



吉野 弘さんの詩ですが
店にいてお客と接していると、
店の仕事をあれこれやることを通して、
自分はまだ咲く花🌼かも…
と案外愉しくなってきましたね!
自分の人生もこの朝顔のようなのかなー
と今まで以上に面白くなってきました。

年齢に関係無く人生は豊かにもなるんですね?!

今年もまだ残っています。
都合がつきましたら遊びに来て下さいね!
中さんにもよろしくね❣️


……………………………………………*…………………………………………………

10月も半ば過ぎたころ、写真の朝顔は短かった花期を終えたそうです。
きっと種を残しているでしょう
それぞれの花期をプログラムして、
生きている私たち。

目の前の子どもたちの花はいつ咲くのか、
その芽を伸ばすひと役をしたい




コメント

リアル子ども社会

2019-10-22 07:25:22 | 子どもたち
へエ〜、そんなもの(こと)が…

☆今日から、中学2年生は九州へ修学旅行です
福岡では、「明太子」を作るそうな。

「明太子って作れるの~食べてみたい

何年か前、
修学旅行の土産話を聞いていて、
思わず口走ってしまった
子どもたちはいくつも持ってきてくれて、
塾長からはひんしゅくを買ったけど、
それはそれは、新鮮で、おいしかったのを思い出しました

今回の旅行で、一番の楽しみを聞いてみると、
「シーカヤック」、「川釣り」と並ぶ中で
一人「新幹線」と答えた子どもがいました。

「だってさ、みんなと行くんだよ!
周りにみんながいて、一緒に新幹線に乗るんだよ

(ああ、なるほど~

☆最近の英語の宿題、
とても上手に和訳や英訳をしていることがあり・・・。
スマフォを使いこなしているらしい。

そう言えば、話題の「アレクサ
話しかけると答えてくれるAIですね、
あれは、掛け算もできるらしい。

「アレクサ、295×32 計算して!」

息子がアレクサと勉強しているらしい」と
お父さんから聞かされて、
子どもの柔軟さの方に軍配を上げてしまった

☆小6の理科では、地層を勉強している。
「地層」を実際に見たことのある方は少ないかもしれない。
「化石」も写真で見ただけというので、
手持ちの「化石」に触ってもらうことにした。


理科仲間が子どもたちに届けてくれたものだ。
とても大事そうに化石を扱う手つきを見て、
その感性に感動した

子どもと一緒にいると、
ときどきWAooと目を見張ることがある。

「先生、見て!」

と見せてくれたのが、この消しゴム

消しカスが磁石にくっつくのでびっくり
(磁石がいるなあ

修学旅行の土産話も、とても楽しみ


♦読書会のお知らせ♦

広島会場 ー11月開催ー
講師:中幸子
日時:11月16日(土)10:00~12:00
会場:開光塾(広島県広島市中区吉島東1丁目20-6)
参加費:1,000円
定員:10名
内容:(1)読書会:『子どもはあなたに大切なことを伝えるために生まれてきた』(池川 明)
   (2)ワークショップ:アロマハンドクリーム作り

お申し込みhttps://forms.gle/AF21HDRL7vFeqckh7



 
-12月開催-
講師:中幸子
日時:12月21日(土)10:00~12:00
会場:開光塾(広島県広島市中区吉島東1丁目20-6)
参加費:1,000円
定員:10名
内容:(1)読書会:『かみさまは小学5年生』(すみれ)
   (2)ワークショップ:クリスマスキャンドル作り

お申し込みhttps://forms.gle/VV72nktqjDki85w8A
コメント

読書会 「子どもはあなたに大切なことを伝えるために生まれてきた」 のお知らせ

2019-10-16 16:52:01 | 子どもたち
自分を愛して、満たしていくこと

SNSで知り合った仲間と、
毎月大阪で集うようになって、もう2年になります。

世界経済から自分の内面まで、
テーマは多岐にわたりましたが、
私は水を得た魚のように
ますます元気に

仲間内で学んだことを、
それぞれの場に持ち帰って、
その場に根を張っていくことにしました



11月、12月はプレオープンですが、
以下のようになります。

東北にお知り合いの方、おられましたら
声をかけていただければと思います


《學びの会》

来月より全国5会場で「たのしむ会」が開催されます! 
※各会場、お支払いは当日現金にてお願いします!
 
■岩手会場
講師:小島美奈子
日時:11月17日(日)10:00~12:00
会場:一関文化センター3階 研修室3(岩手県一関市大手町2-16)
参加費:1,000円
定員:10名
内容:(1)読書会:『神さま! がんばるのは嫌ですが、大成功する方法を教えてください!』(大木ゆきの)
   (2)お話会:自分軸に生きて幸せになるためのお話
お申し込み:https://forms.gle/s4Ck68RKFSogdydo8

 
■山形会場
講師:影山徹哉(読書会)・鈴木育子(お話会)
日時:11月9日(土)14:00~16:00
会場:遊学館 3階 和室研修室(山形県山形市緑町1丁目2-36)
参加費:1,000円
定員:10名
内容:(1)読書会:『がんばらない成長論』(心屋仁之助)
   (2)お話会:古代史のお話&心身が整う縄文施術ワークショップ
お申し込み:https://forms.gle/wekCiRixtetr9dky5
 
■仙台会場
講師:五十嵐実
日時:11月30日(土)10:00~12:00
会場:株式会社スピーディア 仙台本社(仙台市青葉区一番町1-9-1 仙台トラストタワー7F)
参加費:1,000円
定員:5名
内容:(1)読書会:『かみさまは小学5年生』(すみれ)
   (2)ワークショップ:なみなみ測定会(周波数と感情はリンクしています。あなたの周波数を計ってみませんか?)
お申し込み:https://forms.gle/SJEcZEvubKeJJNYP9
 
■東京会場
講師:金子裕明(読書会)・阿部利栄(お話会)
日時:11月10日(日)10:00~12:00
会場:株式会社スピーディア 神楽坂オフィス(東京都新宿区神楽坂3-5 龍公亭ビル4F)
参加費:1,000円
定員:10名
内容:(1)読書会:『子どもはあなたに大切なことを伝えるために生まれてきた』(池川 明)
   (2)お話会:自分の内面に氣付くお話会
お申し込み:https://forms.gle/mKscntJybFxpATS46
 
広島会場 ー11月開催ー
講師:中幸子
日時:11月16日(土)10:00~12:00
会場:開光塾(広島県広島市中区吉島東1丁目20-6)
参加費:1,000円
定員:10名
内容:(1)読書会:『子どもはあなたに大切なことを伝えるために生まれてきた』(池川 明)
   (2)ワークショップ:アロマハンドクリーム作り

お申し込みhttps://forms.gle/AF21HDRL7vFeqckh7



 
-12月開催-
講師:中幸子
日時:12月21日(土)10:00~12:00
会場:開光塾(広島県広島市中区吉島東1丁目20-6)
参加費:1,000円
定員:10名
内容:(1)読書会:『かみさまは小学5年生』(すみれ)
   (2)ワークショップ:クリスマスキャンドル作り

お申し込みhttps://forms.gle/VV72nktqjDki85w8A
コメント

つながっていくって、うれしい!

2019-10-14 08:55:31 | 子どもたち
「お姉ちゃんに赤ちゃんが生まれます


ある日、中3の女の子からこんな報告が…
「先生、お姉ちゃんに赤ちゃんができたんよ!」
「ええっ!いつ生まれるの?」
「来年の1月なんよ。受験の真っ最中なんじゃけ、ずらして欲しかった~


報告してくれた女の子のお姉ちゃんは、塾の卒塾生で、
このお姉ちゃんが中学3年生だったある日、
こんな報告があったのを、思い出した。
「先生、妹が生まれた

あれから15年。
その時の妹が中3となり、
お姉ちゃんに赤ちゃんが生まれる


偶然にも、もう一人、
中学2年生の男の子だが、お姉ちゃんに赤ちゃんが生まれた。
赤ん坊の様子を聞くと、
「よくウンチをします。順調です
と、立派なおじさん振り!
このお姉ちゃんも塾生だった頃、
「弟が生まれた!めっちゃかわいい~
……と、言っていたのを思い出す~

もう、孫が生まれた気分ですね~
ルンルン

そんなうれしい報告の相次いだ秋

「先生、栗が届きました。
今から持っていきますね」


……と、連絡が入りました。
御親戚から届く「丹波栗」を、毎年おすそ分けしてくださる。
で・でかい

早速、渋皮煮をつくることにしました。

つながって、つなげて、これからも。
生活のつながりは、命のつながりそのもの
コメント