JA4VNE ☆ Log Book

YG : 山口県 山口市







PHOTO: 沖縄県竹富島 コンドイ浜

CQ WW DX Contest CW

2021年11月29日 | コンテスト

CQ Logo The 2021 CQ World-Wide DX Contest CW

11月27日(土) 09:00 ~11月29日(月)08:59 (JST) で開催されました. 今年はハイバンドのコンデションが回復し、28日夕方(JST)のCWは 21.000-21.070MHz まで、ヨーロッパ局がびっしり並んでいました!



”休み休み”の参加でも結構楽しめました.ログは一番多くQSOした21MHzバンドで提出します.当局のロケーションとシステムでは飛んで行く先が限られますが、マルチ表 の49エンティティとWkdできました.

 

             

 

DE  JA4VNE

コメント

「詳細はウェブで」?オール鳥取コンテスト結果

2021年11月27日 | コンテスト

10月3日(日)「2021 オール鳥取コンテスト」が開催され、県外局:個人局電信マルチ部門で参加しました.そして11月24日(水)沖縄・宮古島の旅運用から帰ると、JARL鳥取支部から封書で郵便が届いていました.中を確認すると当局宛のコンテスト賞状が入っていましたが、挨拶(説明)文はありません.賞状の記載から「県外個人局 マルチバンド エリア別 1位」ということが分かりました.

 

 

もう発表があったのかな?と思い JARL鳥取支部 のサイトを見ても、11月26日(土)現在も コンテスト結果の発表はなく、『詳細はウェブで』ということでもないようです.

 こんなスコアだったんんですけど・・・ 


詳細はいまのところ不明ですが、賞状ありがとうございました.(発表前に賞状が届いたコンテストは初めてです hi )

 

DE  JA4VNE

コメント

オール九州コンテスト

2021年11月24日 | コンテスト

11月22日(月)2 1:00 ~23日(火・祝)15:00まで「第42回オールコンテスト」(JARL九州地方本部 主催)が開催され、昨年の石垣市 JCC 4704 に続き、今年も沖縄県に乗り込み「管内局」として参加させていただきました.今年は宮古島市 JCC 4714  です.初めて宮古島に来たので、無線&観光「ひとり旅」を楽しみました.

▽ 移動運用時の eQSL(宮古島市 上空) ↙ 海上には軽石が見えます!!


コンテスト参加時の状況は 宮古島移動 4日目 で記事にしているので省きます.7MHzバンドは前日までのジャミングはなくなったものの、当局が参加した23日(火・祝) は9時~14時半ころまでは近場(6エリア)くらいまでしか飛ばず、6エリア以外の聞こえる局をコールしても『QRZ?』ばかり、50WなのにまるでQRP運用と錯覚しそうでした・・・

 

  ← 21MHzバンド以上は聞こえませんでした


オール九州コンテスト 参加各局、おじゃました6エリア局(沖縄県は聞こえず残念)、そして応援のコールを頂いた山口県のローカル局、JE6CIY/4、JF2AIA/4(モービル)、JA6EFA(JH4OUH/6)各局 、QSOありがとうございました!

なお、今回の「宮古島移動」は11月23日(火)で終了しました.移動運用時に各バンドごとコール頂いた各局、クラスターに上げてくださった各局、アイボールQSO頂いた宮古島在住のハム・JS6OWR 来間さん、みなさん 大変お世話になりました!! 

 

DE  JA4VNE

コメント (2)

JIDX Contest

2021年11月10日 | コンテスト

コンテストが目白押しの11月.でも開催スケジュールを把握していないので、お世話になっている 国内コンテストカレンダー で検索すると、何故か?今週末の国内コンテストが少ない・・・ こういう時はメジャーなDXコンテストがあるのでは?と、DXカレンダーを検索したら、ありました!  JIDX Contest SSB の開催週でしたね.でも、当局は「ネイティブスピーカー」成らぬ「ネガティブスピーカー」なので参加は遠慮しておきます.(hi)

そう言えば、4月に参加した JIDX Contest CW の結果 を確認していなかったことを思い出しました.JIDXのサイトを検索すると、ありましたね~ #1 in JA4   JA-4エリア1位を頂いておりました.ありがとうございます!



 

DE  JA4VNE

コメント

CQ WPX コンテスト 結果

2021年11月09日 | コンテスト

5月29日(土) 09:00ー5月31日(月) 08:59 (JST)に開催 された 2021CQ Woid Wide WPX Contest CW の結果がコンテストのサイトに出ています.

気になる自局の成績ですが、SO HIGH ALL部門のJA-4エリアに限ったランクが6位/7局中でブービー、JA全エリアで順位検索すると67位/158局中でほぼ中ほど、しかし全世界では914位/1432局中と壁は厚い・・・ かなり頑張ったつもりの Over 500QSOsでもこの結果です.結果分析をすると、有効マルチ175の内65がJA(得点は0)なので、DX局とのQSO不足かな~ Poorシステムなのでこんなモン!


▽ 2021年 SO HIGH ALL部門/JA4エリア順位


▽ 2019-21年 SO HIGH ALL部門/JA4VNE 成績


▽ CQ WPX Contest「Cert」/参加証明書

 

この 「Cert」 はコンテストのサイトからPDFでダウンロードできます.#6 JAPAN-Call Area 4 はJA-4エリア6位ということ.シャックに飾ってもなかなかFBなデザインです.来年もがんばります!!

 

DE  JA4VNE

コメント

UKRAINIAN DX CONTEST

2021年11月08日 | コンテスト

11月6日(土)21:00 ―11月7日(日)21:00(JST)に開催された Ukrainian DX Contest (ウクライナDXコンテスト)、当局は日曜日午後から21MHzバンド CWで参戦しました.現在サイクル25が動き始めていて、ハイバンドのコンデションがとてもFBです.昨年もこの時期はよかったのですが、今年はさらにサイクル25がパワーを増した感じです!


21MHzバンドでは13:00過ぎからUkrainaやAsiatic Russia、EU Russiaのビッグ・ステーションが聞こえ始めました.そして16:00ころからはDLやF、EAといったEUの西方面まで開けてきました.このコンデションは日没後も続いていましたが、応答率が下がったので当局は19:00過ぎにコンテスト参戦を終了しました.

結果は下の通り.100局超えた程度でしたが、当局のpoor-System(200W+10mH 2el Yagi)としては上出来です!

       


ちなみに昨年の結果が⤵ こちら

           


UKRAINIAN DX CONTESTはEU方面の参加が多く、JAからCQを出すと結構呼ばれて楽しいです.またJA局同士も有効なのですが、国内が開けていなかったこともあり1局(ローカル局)のみでした.昨年も3バンドに出ましたが、JAとのQSOは0局でした. WPXやIOTAコンテストではJA局同士のQSOも盛んですが、Ukraina のコンテストは(JAでは)ちょっとマイナーですかねぇ・・・

クリミヤ半島併合やドネツク州独立問題など、Russiaとの問題を抱えるUkraina.日本からは遠い国ですがアマチュア無線は大変アクティブで、HFハイバンドでEU方面が開けている時間帯にCQを出すと、高い確率でUkraina-UR局からコールがあります.QSOの機会が多い分、現地の状況を伝える国際ニュースも気になります.

 

DE  JA4VNE

コメント

QRPコンテスト

2021年11月04日 | コンテスト

11月3日(水・祝)13:00 ー21:00に開催された 2021年QRPコンテスト(JARL QRP CLUB 主催)にIC-705で参加しました.


 

開催時間中、ハイバンドの国内コンデションはさっぱりで、こんな結果でした.50MHzの2QSO'sはローカル局との2Mode QSOです.(当局のところからは)7MHzは飛びが悪く、早い時間(16時ころ)から3.5MHzにQSY. ログは一般/電信電話3.5MHz部門で提出しました. 各局、QSOありがとうございました.


ちなみに、昨年のQRPコンテストはKX2を使用して、結果はこんな感じ.個人的感想ですが、IC-705よりKX2の方がシンプルで使いやすく、聞きやすいです!

    

 

DE  JA4VNE

コメント (2)

東京CWコンテスト

2021年10月24日 | コンテスト

10月23日土曜日夜の「 電信電話の日コンテスト(NTT R&Dハムクラブ 主催) 」は広島ー阪神戦のプロ野球TV中継が終わってから出ようと思っていましたが、睡魔に負けて結局寝てしまいました. 


明けて24日日曜日、朝6時から「 第43回 東京CWコンテスト(JARL東京支部 主催)」が始まりました.こちらのコンテストは、しっかり寝たのでスタートから参戦. 3.5MHzバンドでのQSOが一通り終わり、7時台にはのんびりと朝食を取りました.東京コンテストの楽しいところが、東京都外局同士のQSOも有効なところ、朝食後の7MHzでのRunでは少しだけパイルも味わえました.

 

 

東京コンテストはお昼12時終了の短期決戦です.首都東京だけに局数が多い(はず)ですが、本州の端っこ 山口からは東京が遠い分取りこぼしも多いようです.7MHzバンド都内局マルチ表(グレーアウト=Wkd)を見ても、結構歯抜けとなってしまいましたね~ 10時ころから14MHzが少し開けたので助かりました.


 


  3バンドでQSO数149局.ログは都外オールバンドで提出しました. 昨年は21MHzバンド部門で「4エリア1位」をいただいたのですが、オールバンドは(4エリアのライバルが多いので)ちょっとムリかなぁ?   ちなみに山口県の局は(当局のところからは)残念ながら聞こえませんでした・・・

東京CWコンテスト参加各局、QSO有難うございました!

 

DE  JA4VNE

コメント

KCJコンテスト 山口県1位 賞状

2021年10月12日 | コンテスト

8月21日(土)~ 22日(日)開催の「2021年 第42回 KCJコンテスト」 シングルオペマルチバンド部門で山口県 第1位 を頂いておりましたが、KCJコンテスト委員会より賞状がメール(PDF)で届きました. QSO数 534局、有効得点数 84,968points、全国ランキングは 26位/315局中 でした.

ありがとうございました.来年も頑張ります!!

 

 

DE  JA4VNE

コメント

全市全郡コンテスト

2021年10月11日 | コンテスト

10月9日(土)21時00分から10日(日)21時00分(JST)までの24時間、JARL主催「第42回 全市全郡コンテスト」が 開催 されました .



当局は、金曜日 広島のマツダスタジアムであった広島ー巨人戦のナイター観戦に出かけたので、山口に帰ってきたのが日付が変わった土曜午前1時. その土曜は朝から仕事と、ちょっとハードなスケジュールだったのでコンテスト参戦は日曜の朝8時過ぎからにしました.

日曜日 朝、先ずは14MHzバンドでスタート.途中からハイバンドのコンデションが上昇し、午前11時台から午後にかけては 季節外れながら50MHzで8-7エリア方面がオープン! このバンドで移動された各局さん『おめでとうございます~』という感じでしたね.

当局の方はコンテストに参戦はしたものの、マツダスタジアムで開催の 広島ー巨人戦デーゲームが気になって、13~16時台はリビングで ほぼテレビワッチ状態!( CS放送なのでシャックでは映らない ) 7MHz 以下のローバンド参戦は17時を過ぎてから・・・ なのでコンテストの結果もそれなりではありますが、電信オールバンド(CAH)でログを提出しました.

QSO頂いた各局、ありがとうございました.

 

 ← QSO結果はこんなところ・・・ 


 

DE  JA4VNE

コメント

オールJA5コンテストはブービ~

2021年10月07日 | コンテスト

JARL四国地方本部のサイトを覗くと「2021年10月2日付   2021オールJA5コンテストの結果発表」が既にアップされていました.「結果発表」のメールがくる親切なコンテストもありますが、いつもはブログ・ランキングに書き込んである各局のブログ・ネタが「結果発見」の頼りです. というのも当局、(大御所コンテスターには敵いませんが)結構なペースでコンテストに参加しているので、各主催者のサイトを細かくチェック出来ていないからです.

                                                            ※  開催日は 2021.7.17~18 では?


 ▽ 2021オールJA5コンテスト結果(抜粋)


さて、前置きが長くなりましたが 7月17日(土)~18(日)開催の オールJA5コンテスト の結果はこのとおり. QSO数 16局×11マルチ=176ポイントで、四国外局 電信電話14MHz  4位/5局中のブービー(賞は当然なし)でした. コンデション頼りの14MHzバンド参戦でしたが、JA5の未Cfmエリアを埋めるのも目的のひとつなので、収穫はいろいろありました. 各局、ありがとうございました.

 

DE  JA4VNE

コメント

10月4日 50MHz DUオープン

2021年10月05日 | コンテスト

10月4日 夕方18時前、50MHzで南方面がオープンしました.最近チェックしている RBN を見ていると、各バンドでアクティブな N7ET/DU7  Dale さんが50.110MHz CW で出しているCQを国内スキマー局が捉えていました.

1エリアでSNR 14dBと結構強く入感しているようなので、早速50MHz 7エレをDU方面に向けてワッチすると、この時期にしては結構強く来ています! ピークで59、でも季節外れのオープンでDaleさんのCQに応答する局はほとんどなく、DXクラスターにもまだアップされていません.


18時3分、IC-705にリニア(HL-166V)をオンにしてコールしたところ、N7ET/DU7 から一発でコールがありました. Dale さんとは9月にも10MHzと18MHz CWでお相手頂いており、『またお会いしましたね~』という雰囲気で、パイルも起きていないので少し長めのQSO.彼の設備は K3 100Wに4エレビームとのことでした.この強さなら IC-705単体(10W)でもQSOできそうです. QSO後、当局と6エリア局がDXクラスターへアップしましたが、その後数局のJAとQSOされたようですが、18時15分ころにはフェードアウトしてしまいました. ちなみに、ほかのDX局は当地からは確認できませんでした.

サイクル25もいよいよ本格始動! この時期でも50MHzも含めたハイバンドの<監視>、怠れませんね.

 

DE  JA4VNE

コメント

オール鳥取コンテスト

2021年10月03日 | コンテスト

10月3日(日) 06:00 ~12:00 まで「2021 オール鳥取コンテスト(TT Test)」=JARL鳥取県支部 主催 があり、当局は 県外局:個人局電信マルチ部門で参加しました.

朝6時のスタートから頑張ってワッチしたのですが、局数が伸びません・・・ この時期、ハイバンドで当地・山口から鳥取が開けることはまず無いので7MHzバンド勝負なのですが、TT県内局が少ないですね~  3,5/7MHz でQSO頂いた局も半数が県外からの乗り込み局のようです.14MHzは国内が少し開けていましたが、鳥取はスキャッターが微かに入感する程度でした.

 

TT Test 結果は表のとおり(TT)←涙  

各局、QSO有難うございました.また鳥取県への乗り込みサービス、お疲れさまでした. 鳥取県には4市あるのですが、QSOは鳥取市のみで他は郡部でした.県内第一の都市・米子市にはアクティブな電信マンがおられるはずなんですが・・・ 来年は当局も鳥取県に乗り込もうかなぁ~(車で4時間もかかりますけど)

 

DE  JA4VNE

コメント

ALL JA8 コンテスト結果

2021年10月02日 | コンテスト

6月26日(土)~27日(日)に開催された「2021 ALL JA8 コンテスト」の結果発表が、主催者のJARL北海道地方本部からありました. コンテスト日の土日は「ちびっこオペレーター」が現れて当シャックを占拠・・・ 思うように運用ができませんでした.

 

結果は上の通り、道外局電信部門 シングルオペレーター マルチバンド部門 全国 21位/100局中 でした. Tnx FB JA8 Contest !

現地に乗り込めば管内局として参加できたり、入賞したら管内局側になれる(名誉県人局など)ロカコンを最近研究(?)しています. コロナと予算の関係で自由に移動ができませんが、来年あたり ALL JA8 コンテストも管内局として北海道からオンエアしたいものですね.6月の北海道、最高でしょうね!!  Eスポシーズンだし~

 

DE  JA4VNE

コメント

KCJコンテスト 山口県内1位

2021年10月01日 | コンテスト

8月21日(土)~ 22日(日)に開催された 全国CW 同好会(KCJ)主催「2021年 第42回 KCJコンテスト」の結果が発表され、CA : シングルオペマルチバンド部門で山口県内1位 に入賞できました. コンテスト当日は各バンドともFBなCondxで、QSO数は当局の KCJコンテスト史上 最高の534局! ライバルのローカル局 OYDサンが出ていないので(県内1位の可能性があり)結構頑張りました~

主催者の集計・照合の結果は、有効得点 84,968(494ポイント×172マルチ)で全国ランキングは 26位/315局中 でした.


     

    △ 全国ランキングは 26位/315局中 でした       △ KCJコンテスト参加証です


人気のコンテストだけあって、各部門とも参加局が多くて楽しめました. ルールにより、QSO相手局がログを提出しないと得点になりません.QSO&ログ提出各局さんと、集計・照合されたKCJコンテスト委員会さんに感謝!!です.

 

DE  JA4VNE

コメント