JA4VNE ☆ Log Book

YG : 山口県 山口市







PHOTO: 沖縄県竹富島 コンドイ浜

オール九州コンテスト 宮古島移動

2022年11月24日 | コンテスト

11月22日(火)21:00~23日(水=祝日)15:00 に開催の 第43回オール九州コンテスト(JARL九州地方本部 主催)に九州・沖縄管内局として、沖縄県宮古島市(JCC#4714)から参戦しました。 ここ宮古島は、昨年のオール九州コンテストでも「管内局 14MHz 電信 第1位」をいただいた縁起の良い島です。

 

    

移動場所も昨年と同じ宮古島最東端にある絶景・東平安名崎(ひがしへんなざき)です。ここは観光客のみなさんが下車するひとつ手前の駐車場なので、ほとんど車が入らず無線運用にFBな場所です。トイレもあります。

天気予報によると、宮古島地方は朝6時ころから本降りの雨になるらしいので、東平安名崎には午前4時30分ころ到着し、小雨の中、ギボシ式ダイポールアンテナを設営しました。リグ類は昨夜レンタカーにセッティングしていたので、アンテナさえ張れば、いつ雨が降っても大丈夫です!

 

 

案の定、アンテナ設営を終えて明るくなったころから本降りの雨になりました。もし30分遅かったらずぶ濡れになるところでした( ^ω^)・・・

6:00  7MHzバンドがすでに全国ネットで開けており、ごあいさつ代わりに7:30まで46局(Dupe含む)とQSOし、そのあとは本命 14MHzに移ってオール九州コンテストへ本格参戦!です。今日はラッキーなことにこのバンドもコンデションがFBです!!

14MHzバンドでは169局(Dupe含む)とQSOでき、昨年のQSO数とマルチを大きく上回ることができました。昼前後に、ほんの少しだけ青空が見えましたが、日中は ほぼ本降りの雨。車から出てダイポールのギボシを他のバンドに切り替えることができず、7MHz SSBでのサービスQSOもしたかったのですが、結局アンテナは14MHzのままでコンテスト終了時間の15:00を迎えました。

 

     

       

 

この駐車場は東平安名崎へ向かう観光道路沿いです。観光バスや観光客のレンタカーがたくさん通っていましたが、一時は傘を差すのも大変なくらいな大雨が降っていました。岬の灯台まで観光されたみなさん、『 せっかくの勤労感謝の休日なのに気の毒だなぁ・・・ 』と、コンテストに参戦しながら、心の中でお見舞いしておりました。

記事の写真にはありませんが日中雨が降り続き、アンテナ撤収時には ずぶ濡れになってしまいました。もっともここは南の島、雨天でも30℃近く気温があって、濡れてもまったく寒くないのが有難いですね~

 

▽ この画像は昨年< 2021年11月 > の東平安名崎と当局です( hi )

 

オール九州コンテストでQSOいただいた各局、大変ありがとうございました!

DE  JA4VNE/6   沖縄県宮古島市


JA9コンテスト電信に参加

2022年11月20日 | コンテスト

11月19日(土)21:00 ~ 20日15:00(日)JST に開催された JARL北陸地方本部 主催 「 JA9コンテスト HF 電信部門 」に参加しました。 

 

 

当局のコンテスト参戦は 20日の早朝から。途中朝食を挟んで、8時台まで 1.8 → 3.5 → 7MHzへと運用 バンドを変えて、9時にはQSOが頭打ちとなってしまいました。14MHz以上が開ければもっと遊べたのでしょうが、コンデション上昇の兆しが無いので一旦休止。午後からも同様のコンデションが続き、結果は 33QSO で終了しました。

 

 ↖  QSO実績 > 14、21MHzはスキャッター気味

 

ハイバンドが強力に開くこともなく、少し持て余し気味のコンテスト参加でしたが、日曜日のひと時を楽しく過ごせました。お相手頂いた9エリア管内各局、管内乗り込み各局(お疲れ様です)ありがとうございました! 

 

DE  JA4VNE


2022 CQ WPX CW Results

2022年11月10日 | コンテスト

5月28日(土) 朝9時から30日(月) 朝9時 (JST) まで48時間開催された「2022 CQ World-Wide WPX Contest」の Results(結果)が主催者から発表されています。


当局の参加部門での成績は次のとおり。 WPX-CWは 2019年から連続参加していますが、今年は期間中に福岡PayPayドームへ野球観戦に出かけたので、参加時間わずか3.2時間、有効QSO数 112局でした。 

★ 当ブログ関連記事 ⇒ WPX コンテストCW 終わりました・・・

 

 

★  Results(結果)を和訳すると次のようになります


    ← 3.2時間/有効QSO数 112局


 

コンデションのとても良かった 21MHzに絞ってエントリーしたのが幸いし、参加局が少ないこともあり JA-4エリア 第1位 でした。もっとも、JAランキングは 12位/17局中です。(hi)

 

DE  JA4VNE


ウクライナコンテスト QSL届く

2022年11月09日 | コンテスト

Ukraine Chernivtsi のコンテスト・ステーション「 UW5Y 」からQSLカードが来ました。今回届いた JARL ビューロー経由でのカード中の1枚です。

 

 

UKRAINAN DX CONTEST 2020 UW5Y MO UKRAINE WINNER  とカードに印刷されています。 ログとコンテスト結果をチェックすると、2020年に参加したウクライナDXコントスト時のQSOで、ウクライナ コンテスト・ステーション UW5Y は 2020年MO(Multi Op.、All Band_Mix)部門の優勝チーム。優勝記念でQSLカードを作ったのでしょう。

当局は2021年にも参加したウクライナDXコンテストでしたが、先週 11月5-6日(JST)開催だったはずの 2022年コンテストは、やはり中止となってしまいました。サイクル25がピークに向かう2023年は、なんとか平和下でのコンテスト開催を願っています。

 

▽ UKRAINAN DX CONTEST 2021 参加証

DE  JA4VNE


オール大阪コンテスト ありがとさん

2022年11月06日 | コンテスト

第28回オール大阪コンテスト ( JARL大阪府支部 主催 )
日 時:2022年11月6日 日曜日
        06:00~11:30 電信部門
        12:30~18:00 電話部門
        06:00~18:00 デジタル部門(RTTY/SSTV)

               

本日、上記時間帯にオール大阪コンテストの各部門が開催されました。当局は午後から用事があったので、午前の電信部門と午後の電話部門に「ちょこっとだけ」初参加をさせていただきました。


☆電信部門

 

  

 

 


☆電話部門

 

  

 

電信部門の終了が「11:30」と、ちょっと中途半端?な時間だったためか、終了後も大阪府内数局が暫く『 CQ OSKO TEST  』を出していて、それをコールする府外局もいました。これは他のコンテストと同様に「**:00」終了の方が、間違えが少ないかも知れませんねぇ・・・

電話部門については所用のため、1時間ほどの参加でした。大阪府内各局、『 オール大阪コンテスト ありがとさん』でした。

 

DE  JA4VNE


2022年QRPコンテスト

2022年11月04日 | コンテスト

文化の日 に毎年開催される JARL QRP CLUB 主催「 2022年QRPコンテスト 」が 、今年も11月3日(木) 1300 ~ 2100 JST にありました。 たくさんの局が参加しているのですが、みんさんQRP5W以下なので 比較的落ち着いた雰囲気のコンテストになっています。



当局は13時のスタートから15時前まで、1エリア以北が開けていた14MHzバンドで参戦。その後は、19時ころまで7MHzと14MHzを行ったり来たりしていました。 19時から3.5/1.8MHzのコンデションが上がるのを待っていましたが、ノイズ が多くて大苦戦・・・ 1.8MHzバンドなど、6エリア1局のみのQSOでした。

また、いつも聞こえる県内局とQSO出来なかったのも残念!(山口県 33 はマルチ無しでした)

 

 


「 2022年QRPコンテスト 」でQSO頂いた各局、ありがとうございました!

 

DE  JA4VNE


Ukrainian DX Contest 今年は中止

2022年10月29日 | コンテスト

早いものでもうすぐ11月に入ります。 毎年11月第1週目に開催されるDXコンテスト【Ukrainian DX Contest 】ですが、さすがに2022年は中止のようですね。

 


14 July 2022
ロシアのウクライナ侵攻により、ウクライナDXコンテスト2022は中止となりました。
ウクライナに栄光を!
英雄に栄光を!
私たちは勝ちます! 

Ukrainian DX Contest page! から抜粋 日本語に翻訳


 

 


 

▽ 2020ー2021年の参加結果


ウクライナ局はとてもアクティブで、JAとの伝播も良いので好きなDXコンテストのひとつ。2020年、2021年と連続参加しています。期間中は当 Poor System でも(のべ)100局くらいQSOができます。参加局には上のような証明書(CERT.)が発行されます。


 

 

昨日(10月28日)夕方、28MHzバンドCWでウクライナ局 UT7VW  PeterとQSOし送られてきた eQSL  (一部画像修正)です。2月の『 30日間 アマ無線禁止 大統領令 』以降は、少しづつオンエアする局が増えてきています。

その一方で、ウクライナからの分離独立を宣言しているドネツク(未承認国家)からは D1IY (=ITUで割り当てられたコールサインではない)という局も出ています。この局とは 10月6日 28MHz  CW で当局のCQにコールしてきたので、一応応答はしましたが・・・

 

彼の地は まだまだ予断を許さない状況ですが、来年2023年の【Ukrainian DX Contest 】は平穏な中で開催されることを祈りたいと思います。

DE  JA4VNE


電信電話記念日コンテスト「NTT TEST」

2022年10月24日 | コンテスト

10月23日 日曜日。 東京CWコンテストに続く、もうひとつの国内コンテストが 18:00 ~ 24:00 JST開催の 第34回電信電話記念日コンテスト 通称「NTT コンテスト」です。その名のとおりNTT R&Dハムクラブ が主催しています。

ちなみに【電信電話記念日】は、1869年10月23日(旧暦明治2年9月19日)に、東京~横浜間の電信線架設工事に着手した日で、電気通信省(当時)が制定した記念日 だそうです。

 

 


 

23日の夜は、食事や入浴のルーティンに加え「プロ野球 日本シリーズ」や「大河ドラマ 鎌倉殿の13人」のテレビワッチと結構忙しく、腰を落ち着けて参加できたのは21時になってからでした。

NTT コンテストでは、7ー3.5ー1.8MHz CWバンドを巡回しながらQSOを重ね、のべ117局(内、NTTグループはのべ23局)とお相手いただきました。14MHz以上では国内局がまったく聞こえませんでした。 夜に弱い当局は睡魔に勝てず、途中の22時半でコンテストを離脱、就寝しました。 QSOいただいた各局、ありがとうございました。

 

DE JA4VNE


東京CWコンテスト

2022年10月23日 | コンテスト

10月23日 日曜日06:00~12:00 JST 開催の 東京CWコンテスト (JARL東京都支部 主催)に参加しました。 さすが大都会・東京支部主催のコンテスト!都外局同士のQSOもOKということもあり、国内が開けているバンドでは相手局に困ることはまったくありませんでした。

 

  


 

開催日時=日曜日午前中は、21MHzは東方面の1~8エリアまで開けていました。また、7や14MHzも安定してコンテストが楽しめました。28MHzは1エリアのハイパワーと思われる局がスキャッター気味で入感していましたが、何度もコールしましたが応答がありませんでした。

この週末、JR新山口駅のホームで全国旅行割のお客さんをたくさん乗せた「東京行き新幹線 のぞみ」を見送りました。「花の東京」へは3年くらい行ってないなぁ~ うらやましい・・・ワタシは、次の「こだま」に乗って徳山(周南)までシゴトに行きました。

 

 

東京CWコンテストでQSOいただいた各局、ありがとうございました。

DE  JA4VNE


ドイツのコンテスト 28MHzで参戦

2022年10月17日 | コンテスト

10月18日 日曜日夕方から、ドイツのアマチュア無線連盟 DARC が主催するDXコンテスト WAG (Warked All Germany)Contest に参加しました。

コンテストは、18日の 00:00 ~ 23:59 (JST)で開催されていましたが、当局は28MHzバンドCW の飛び具合を試すのが一番の目的なので、ヨーロッパ方面のコンデションが良くなる16時過ぎから参戦を始めました。

 


 

         ← 21/24 districts  


 

28MHzは予想通りのFBなコンデションです。相手のドイツ局がバンド中に溢れており、「CQ WAG TEST」を出すと結構呼んできます。この時間の競合相手は他のヨーロパ局です。現地が朝なので、JA4エリアで例えれば、近場のJA8エリアや7エリアからコールがあり、更にその先のWからも呼ばれるといったところでしょうか。

17時ころから21MHzへも出てみましたが、28MHzの飛びには負けます! 14MHzなど、当局のシステムではまったく飛びませんでした。

数日前の当ブログで、『これこそ「シン(真)・28MHz」です!! DXのメイン・バンド28MHzが11年ぶりに帰ってきました!』と書きましたが、今日も28MHzバンドがDXのメイン・バンドでしたね!!

 

DE  JA4VNE


大分コンテスト 副賞「かぼす」到着

2022年10月14日 | コンテスト

「 第20回大分コンテスト 」副賞 として大分名産『かぼす』が当選したと以前ブログ記事に書きましたが、本日(10月14日)JARL大分県支部様から宅配便で到着しました!



早速、『かぼす焼酎』で頂きました。いやぁ、本場のかぼすは 香りがいいですね~   湯豆腐にも最高! 吞み過ぎてしまいそうです。 JARL大分県支部のみなさん、ありがとうございました。

 

DE  JA4VNE


オール鳥取コンテストに参加

2022年10月10日 | コンテスト

10月10日(月・スポーツの日)06:0012:00(JST)開催の「 2022年オール鳥取コンテスト 」に参加しました。鳥取県内のコンテスト参加局が少なく、朝9時からの参戦ということもあり、あっという間に頭打ちとなってしまいました。


 


昨年は【 鳥取県外個人局 電信エリア別 第1位 】をいただきました。今年のスコアも、昨年と同じくらいのスーパー・ロースコアですが、果たして結果や如何に?

ログ提出時コメントで各ロカコン主催者に提案しているのですが、JARL三重県支部のように「県人局」「名誉県人局(入賞者)」を県内局として迎えれば、もっと盛り上がると思うんですが・・・ 

現地乗り込みをしたいところですが、同じ4エリアながら交通網が整備されていないので、山口県から鳥取県へ行くのはとても遠いです!

鳥取県各局、ありがとうございました!

 

DE  JA4VNE


全市全郡コンテスト「400局超え~」

2022年10月10日 | コンテスト

10月8日(土)21時00分から9日(日)21時00分(JST)まで、JARL主催「 第43回全市全郡コンテスト」が開催されました。 当局は夜が弱いので、9日 朝06:45からのスロースタートでした。

すでに14MHzは国内が開けており、関東より北と沖縄が強力に入感しています。早速CWで参戦し、快調に局数を伸ばすことができました。このバンドのFBなコンデションは夕方になっても落ちることがなく、14MHzだけで200局を超えました。そろそろ局数が頭打ちとなったので、15:30頃からは気になる7MHzにQSYしました。

 

  CTESTWIN での集計結果です

 


コンテスト終了時の21:00まで頑張り、最後に覗いた1.8MHzのコンデションが良かったこともあり、QSO数が400局を超えていました。QSOいただいた各局、ありがとうございました。

次のJARL主催コンテストでの目標ができました。「500局超え~」です!

 

DE  JA4VNE


JLRS パーティーコンテストに参加

2022年10月03日 | コンテスト

JLRS 第51回パーティーコンテスト・電信部門が10月の国内コンテストのスタートを切って、10月1日(土)12:00 ~ 2日(日)12:00 JST に開催されました。

 

            

 


コンテスト規約にある呼び出し方法は、電信で:OM = CQ YLO TEST / YL = CQ YLY TEST なのですが、YL局とのQSOのみが得点となります。CWコンテストが人気とはいえ、YL CW局はOMに比べてはるかに少ないので、QSOするのが難しい国内コンテストのひとつだと言えます。

2日の午前中、当局がメインでワッチしていた14MHzバンドは、国内が開けている気配ですが静かでした。でも、ひとたび 『CQ YLY TEST』が聞こえると全国からLove Call を浴びていました。どうやらみなさん、CQを出しても無駄だと感じて、おとなしくワッチされている様子でしたね~

QSOいただいたYL各局、ありがとうございました。

 

DE  JA4VNE


第 43 回 KCJ コンテストの結果

2022年10月02日 | コンテスト

8月に開催された「 第 43 回 KCJ コンテスト 」の結果を、全国CW同好会(KCJ)コンテスト委員会からメールでいただきました。頻繁にチェックしないと結果発表を見落としてしまうコンテストもある中、KCJ コンテストは参加者全員にメールで案内をいただけるので助かります。


結果は14MHzバンドで11位/20局中と、入賞はもとよりQSO数が足らず山口県1位すら逃しました。 でも、下のような参加証がメールからダウンロードできます。

 

 



来年2月開催予定の「 KCJ TOP BAND CONTEST 」では、山口県1位を受賞できるよう頑張りたいと思います!

 

DE  JA4VNE