JA4VNE ☆ Log Book

アマチュア無線局 JA4VNE

山口県山口市

FT-7900

2010年03月10日 | モービルシャック

バーテックススタンダードのデュアルバンドモービル機
FT-7900H(144MHz 50W,430MHz 45W)を購入しました。

VoIP無線に便利なDTMFマイクが標準でついています。



このリグは主に、430MHzでのWiRES,EchoLinkアクセス用。

しかし、旧型のFT-7800に比べてインターネット・キーが
押しにくい上、バックライト付きボタンでないため、夜間の
操作に手間取ります。



更に、マニュアルではインターネット・キーでDTMFメモリーが
選択できると書いてありますが、いくら操作してもロックON
になるだけ。



メーカーに電話で問い合わせたところ、2時間程して・・・

『実機でテストしてみましたが、ご指摘のとおりでした。
ソフト担当者に確認しましたが、この操作ではロックに
なります。

旧型FT-7800の操作手順を、間違えて7900のマニュアルに
記載したようです。
プリントミスにまったく気づきませんでした。
誠に申し訳ありません。』

・・・とのことでした。


今まで、誰も気づかないなんて
このリグでWiRESやってないのかなぁ?

コメント (8)

KENWOOD TH-F7

2009年09月27日 | モービルシャック

モービルに積んで430/144/29MHzを楽しんでいる
3バンドハンディ機ケンウッド「TH-F7」です。



秋になり、にぎやかだった10mFMもひと段落。
エアコンを止めて走行することも多くなりました。



で、噴出口にセッティングした本機なんですが、送信中に
冷却されず相当熱を持ち、保護回路が働きパワーダウンを
することもしばしば。



そこで、12V小型ファンをリグの後ろに着けてみました。
これで発熱をなんとか抑えられそうです。



『おいおい、TH-F7って430/144MHzの2バンド機じゃないの?』



よくつっこんでくれました

実は↑これ!!(下)
東京ハイパワーの2m→HFトランスバーターを使って
29MHz FMにも出られるんです。

ちなみに TH-F7 はナローFMにも対応、SSB、CWも
受信できるというスグレモノであります

コメント

29MHz FM モービル

2009年02月11日 | モービルシャック

しばらくシャックの隅で眠っていた東京ハイパワー
のHFトランスバータHX-240(144MHz→HF)を愛車
いすゞウィザードに載せましました。

エキサイターはケンウッドの144/430MHzハンディ機
TH-F7。(ナローFM対応)
昨年暮、FT-817+HL50Bを車から降ろして以来、29MHz
FMモービル運用の再開となります。



セッティング後、ローカル局にご協力を頂きテスト
QSOをしましたが、無事飛んでるようでひと安心。

アンテナはダイアモンドの29/50/144/430 4バンド
ホイップ。

29MHzの出力は30W程度ですが、コンディション
次第では十分楽しめます。(たぶん??)

夏のEスポシーズンが、今から楽しみですよ!

コメント (3)

ICOM IC-7000M

2008年07月16日 | モービルシャック

アイコムのHF+50MHz+144MHz+430MHzトランシーバー「IC-7000M」50W機(を導入しました。

アイコムの2mが出せるオールモード機はIC-260(30年くらい前?)以来ですが、多機能過ぎて使い方がさっぱりわかりません。

毎晩、マニュアル片手にお勉強中です。

おっと、中国電気通信管理局に無線設備の変更届を出さなければ。。。

コメント (4)

PC用ハンドル固定金具③

2008年01月05日 | モービルシャック

↑下で作製したPC用ハンドル固定金具の使い勝手を検証するため、山口市平井の椹野川河川敷へ移動してみました。

短縮ダイポール・アンテナを立木に引っ掛け、FT-817(5W)を使い7MHzCWにて運用を開始。

さすが、ダイポール。地上高5mながら、早速コールバック。
車のハンドルに仕掛けたPCで、Logingもスムーズにできました

コメント (2)

PC用ハンドル固定金具②

2008年01月05日 | モービルシャック

↑作製したPC用ハンドル固定金具の使い勝手を検証しました

コメント

PC用ハンドル固定金具①

2008年01月05日 | モービルシャック

↑PC用ハンドル固定金具を作りました。

ブックエンド2個を 』+『 ←こんなふうに組み合わせ、両面テープ、マジックテープでつなぎ合わせただけの簡単なものです。

最後に黒のラッカーを吹きつけ、車の内装に色を合わせました。

今までPCを助手席に置いてLogingしていたため、姿勢が悪く長時間運用では腰が痛くなりましたが、これなら快適な運用ができそうです

ちなみに、100円ショップで買った材料はブックエンド2個、マジックテープ2個、両面テープ1個、ゴムシート1個で合計600円でした。

コメント

C★MET ブロードバンド・モービルアンテナ(その後)

2007年11月27日 | モービルシャック

今日は平日休み。

久しぶりに山口尾(山口市下小鯖)に登って来ました。
国道262号線鳴滝から棯畑地区までの県道21号線が整備され、走りやすくなっていたのにびっくり!
さて山頂への連絡路に入り、落ち葉と生い茂った木々に出迎えられます。

モービルアンテナ2本は折りたたんで走行したんですが、車のルーフで「ご~ん!」と異音。
やっとの思いで山口尾に到着し、アンテナを確認すると「が~ん!」



なんと、この前ネットで買った2万数千円のHFアンテナのエレメントがありません!「やばい!!」
でもよく確認すると、辛うじてルーフにエレメントが引っかかっていました。

このアンテナ、センターローディング・タイプなので六角ナットが緩み易いのでしょうか?
早速アンテナの六角ナット部分を締め直し事なきを得ましたが、このアンテナ今後要注意です!!

今日の格言⇒『不幸中の幸い』でした・・・。

コメント

C★MET ブロードバンド・モービルアンテナ(飛びは?)

2007年10月29日 | モービルシャック

↓C★MET ブロードバンド・モービルアンテナを車に設置して10日余り、運転席左にパドルを配し、FT-817(5W)で通勤に行き帰りに”左打ち”の練習をしています。

どうせ飛ばないから(?)と、今朝もいつものように防府市内を走行中、7MHzで試験電波「VVV DEJA4VNE QTH・・・」と送信していると、突然私を呼ぶ局が!
JR3QKH 神戸のOUEさんです。シグナルレポートは599/559。

このアンテナで初めてのQSO。そして、パドルの”左打ち”初めてのQSOでしたが、何とかこなすことが出来ました。

こんなシステムで、こんなに飛ぶなんて驚きでした!

コメント

C★MET ブロードバンド・モービルアンテナ

2007年10月17日 | モービルシャック

インターネットでC★MET ブロードバンド・モービルアンテナを購入しました。

早速、ルーフレールに設置し、車載のYAESU FT-817で試験電波を発射。
なんとカタログ通り7&18~54MHzでSWR1.2以下をマーク!
しかもノンラジアル!これはもう、魔法のアンテナです!!

アンテナは全長約1.2m、車高と合わせても約3.1m。
コンパクトでしかもブラックカラーなので、HFアンテナにしては余り目立ちません。

明日以降、FT-817(5W)でどれだけ飛ぶか検証をします。

購入先: いずちょっくらいいねっと

コメント

続・続・DIAMOND ANTENA 「MAT-50」

2007年05月25日 | モービルシャック

MAT-50はマグネット・ベースでもOK!と謳ってあります。早速、試してみました。
場所は、防府市大平山山頂。主にHF帯のマッチング・テストなんで、どこでも良かったんですが、つい五月晴れに誘われて登ってきてしまいました。

アンテナはダイヤモンドのカセット・コイルタイプのモービルアンテナ。

まずは、3.5MHz用カセット・コイルでテスト。
MAT-50のマニュアルでは2枚を貼れば3.5MHzでもOK!とありましたが、残念ながらSWR:5以下には下がりませんでした。
アンテナチューナーを用意すればなんとか下がりそうな値ですが、3.5MHzはどうせ実用にならないからパスします。

続いて、7MHz。こちらはMAT-50 1枚でOK!7.02MHzあたりでSWR:1.2と好成績。十分実用になりそうです。
電波を出してみましたが、平日の昼間、おまけにFT-817(5W)なので応答なし。

次は21MHz。こちらも、広いバンド内 SWR:1.1~1.8くらいでカバー。国内が開けていたので2局と楽々QSO。

あと、28MHzは28.0がSWR:1.1で、どう調整しても中心周波数を上げることができず、29.3MHz FMはアンテナチューナーなしでは無理。

最後に50MHzのカセット・コイルでテスト。
MAT-50のマニュアルではリード線を調整するように書いてありましたが、そのまま1枚貼り付けただけでOK!
50.1~51.2MHz辺りまでSWR:1.1~1.8くらいでカバー。

MAT-50は3.5MHz以外、1枚でOK!逆に2枚貼るとSWRが高くなるバンドもありました。
こんな簡易アンテナセットでも十分性能を引き出せるダイヤモンドアンテナMAT-50は、まさに「魔法のマット」と言えるでしょう。


コメント (2)

続・DIAMOND ANTENA 「MAT-50」

2007年03月24日 | モービルシャック

早速、MAT-50を車の屋根に貼り付け、アンテナ基台とつなげてみました。
アンテナは29MHzバンドでいくら調整してもSWRが全く下がらなくて、使いものにならなかったダイアモンド29/50/144/430MHz 4バンドホイップ。

な、なんとこの一枚で29MHz FM帯でSWRが1.5以下に下がった!!
やはり、CQ誌のユーザー・レポートにあるように『魔法』を見てるよう・・・
いや、これこそ魔法のマットでした (^-^)v

コメント (2)

DIAMOND ANTENA 「MAT-50」

2007年03月24日 | モービルシャック

4月号のCQ誌ユーザー・レポートでも紹介され、話題沸騰!の第一電波工業製マグネットアースシート 「MAT-50」を入手しました。
製品パッケージの謳い文句は『車体アースで悩む必要はありません!!』だそうで、さて、さて、どのような効果が得られるかは、後のお楽しみ・・・。

今回マグネットベースも併せて購入したので、これとのセットでMAT-50のレポートをしたいと思っています。

ちなみに、購入先のデオデオ通信館(広島市中区紙屋町)によると、MAT-50は品薄気味!やっと昨日5個入荷したそうです。
もう2個しか残っていなかった!入手できて超ラッキー!!

コメント