JA4VNE ☆ Log Book

アマチュア無線局 JA4VNE

山口県山口市

Eスポが活発です!!

2019年06月10日 | コンデション

お空の上でスポラディックE層の発生が活発になってきました!

6月8日(土)~9日(日)は仕事が入り、ほとんど無線ができませんでしたが、

9日夜は帰宅後に、食事、入浴、アルコール、そしてテレ朝『ぽつんと一軒家』

を見え終えてシャックに入り、リグの電源を入れたのが午後9時.

 

▲NICT 宇宙天気予報 

 

こんな遅い時間にも関わらず、50MHzで1エリアがガンガン入感をしています!

最近 当局はSSBにも積極的に出るようにしており、お気に入りのヘッドセット

とフッドスイッチを駆使して、早速CQを連呼! 

1エリアを中心にたくさんの局にコールを頂き、クラスターにもUPして頂き

ました.各局、ありがとうございました.

 

 

このEスポは午後11時頃まで続いたようですが、久しぶりのフォーンのためか

のどを痛め、10時半過ぎでQRT!  1時間半で1、2、7、0エリアの32局とQSO

が出来ました.

当局はゆっくりしたQSOを楽しむのが好きな方なので、折角かくコールを頂いた

のにQSO出来なかった局、申し訳ありませんでした.またEスポで逢いましょう!

 

DE  JA4VNE

コメント

NICT 宇宙天気予報センター

2019年05月29日 | コンデション

今年も本格的なEスポシーズンがやってきました.

NICT(情報通信研究機構) 宇宙天気予報センター のサイトは、黒点数を見て

HF(特に)ハイバンドのコンディション把握に大いに役立っていました.

しかしこの数年は、サイクル24が終わり25が始まったのか否か?諸説ある中

このような ↓ 状態が続いています.

 

 

黒点がほとんど見えず、宇宙天気を楽しく見ることがなくなっていたのですが、

どっこい、2018年6月にリニューアルをされたウェブサイトは結構楽しい内容と

なっていました!

最近、当シャックではいつも宇宙天気の現状/トレンドを常時ワッチしています.

データは5分おきに更新され、右にある 『スポラディックE層』をひと目見れば

HF~50MHzまでのコンディションが即把握できます.この画面で稚内でEスポ

観測をされていますので、アンテナのビーム方向を8エリアに向けてワッチしたり

しています.

 

 

C1ch(49.75MHz)中国TVの映像信号もアルインコDJ-06DXで音声を受信していま

すが、沖縄が ”Lv.3”になるとTVの信号も59オーバーになり、BやBY、JS6沖縄

八重山諸島の局もよく聞こえてきます.50MHzでのEスポQSOはもちろんですが、

各コンテストでのハイバンドの状況把握に大変役立っています.

 

 

DE JA4VNE

 

 

コメント

サイクル24 最終バーゲン?

2013年10月08日 | コンデション

サイクル24も最終バーゲンセール中?か、10月に入り

HFハイバンドがとっても賑やか!!

今日は仕事がoff、台風24号の進路を気にしながら、

午後3時ころから、シャックに入りハイバンドをワッチ。

28MHzで、ヨーロッパ方面が開け始めました。

ZS(南アフリカ)も入感していますが、とっても弱い!

↓ 21/28MHzデュアル・バンド3エレヤギです(下)

28MHzで12局ほどヨーロッパを中心にQSOしながら、

21MHzもワッチ・・・・。

あまり聞こえません! この季節、DXバンドは28だよ!

ってな事を勝手に妄想しなら、午後6時半ころ、

28のコンディションが落ちてきたので24MHz(ダイポール)を

ワッチすると、LY(リトアニア)がめちゃくちゃ強く、エコーを伴って入感。

ちょっとして、ロング・パス? 早速、コンファーム。

ならばと、21MHzに切り替え、”屋根より低い”3エレヤギを

ヨーロッパ方面(南西)から、ま反対の太平洋方面(東南)へ

回すと・・・・、

おお、HB3(スイス)がエコーを伴って入感! 

もう一度直接ヨーロッパ(ショート・パス)に向けるが弱い!

こりゃ、明らかに大西洋→太平洋経由の電波(ロング・パス)だ!

で・・・なんとか無事コンファーム。

21MHzもコンディションが落ち(着き)始めた19時ころ、

更に下の、18MHzをダイポールでワッチすると・・・・

なんと!CX7(南米ウルグアイ)が盛んにCQを出している!!

この時間の南米は、紛れもなくロング・パス!!

つまり、ヨーロッパ経由ということ!

これも難なくコンファームできましたよ!

もちろん、50ワット!!

 

(私含む)ベア・フッドのみなさ~ん! 

正真正銘 50ワット+ダイポールでも、CWなら

「地球一周電波の旅」ができます!!

今が、サイクル24の最終バーゲンですからね~

----------------------------------

※画像は以前撮ったヤツです。(外は台風なもんで・・・)

DE: JA4VNE

 

コメント

太陽黒点数 200突破!

2011年10月24日 | コンデション

太陽ですごいことが起きています!


2011年10月21日(金)太陽黒点が207まで行きました!!

今はちょっと下降気味ですが、それでも22日(土)が164でした。

今朝は夜明けとともに、28MHz CWバンドをワッチしていますが、

南米CEが6時半ころちらっと聞こえた程度・・・北米方面も弱いので、

サンスポットは一旦下降をしているのかも?

突然やってきた太陽の大活動!来春がサイクル24のピークかなぁ?

この先お空(電波の飛び具合)がどう変化するか、すご~く!楽しみです。

 

↓ SWC宇宙天気情報センター

 

http://swc.nict.go.jp/sunspot/

コメント

水面反射 DE 南米、東欧からパイル?

2011年02月06日 | コンデション

何とも不思議な場所です。

この大海湾の堰の水面反射は 『すごい!』 のは以前から
知っていましたが・・・・。

午後3時頃、21MHzモービル移動。

CX2がSSBでCQを出していたので、飛ぶわけないな~と

思いつつ呼んだところ、1発でコールバック。

なんと、簡単に南米ウルグアイまで飛んでしまいました。

バンド内はT88がCWでパイルを受けている程度で、先ほどの

CX2がCQJAを連呼しているものの、パイルにもなりません。

ほかにはQSOしている局も聞こえません。

じゃあ、ぼちぼち店じまいを・・・・

と思い最後に、21.013MHz CWでCQを出したところ、

P29,PP5,R9,UA4,RN6・・・


思わぬコールバックに、左手でパドルを操作していた私は

ちょっとパニックに!

しかし、このモービル・ホイップ(左)で、ブラジルと東欧ロシアそれに

オセアニアからも同時に呼ばれるなんて・・・

40年近くハムをやっていますが、初めての経験でしたね~

 

2月5日(土) 午後3時頃 山口市秋穂大海にて




 

コメント (2)

VK8VFビーコン ON 28.268MHz

2007年09月17日 | コンデション

最近、固定でちょっと活躍の場がなくなったYAESU FT-817。
ネットをサーフィンしていたらJA3DOさんのココログに『28メガのビーコン』という書き込みを発見しました。

『28MHzでVK8VFのビーコン発射のINFOに出会い、28.268CWを聞いてみた。最近のように、21メガでも何も聞こえない状況で、半信半疑だったが、ベランダのATAS-25にFT-897を繋いで、聞いてみると・・・』

とあり、昨年5月の書き込みですが、かなりよく入感とのこと。

本日さっそく、最近固定で出番のないYAESU FT-817にSAGA ZEEPアンテナを繋ぐと、なんと519~539くらいで入感している。これならコンディションを把握するビーコンとして使えそうです。

で、とりあえず今日からFT-817は「VK8VFビーコン」ワッチ専用機となりました。



コメント