JA4VNE ☆ Log Book

CWとコンテストそして
無線旅が大好きです!






PHOTO: 沖縄県竹富島コンドイ浜

好調!28MHzバンドCW

2024年02月15日 | コンデション

2月に入ってから、春本番のようなとても暖かい日が続いていますが、お空の上でも春のDXシーズンが始まったようです。特に28MHzバンドCW は好調で、朝の北米や南米、夕方のヨーロッパがFBに入感してきます。

当局のロケーションは北東方面に岩山があり、北米・東海岸や南米、カリブ方面への飛びは あまり良くありませんが、聞こえる局を呼べば、ほぼコールバックがあります。

 


▽ JST: 2月14日★RBNで見た 28MHz CW  ( 20Hours : Spotted JA4VNE )

★RBN = Revers Beacon Neteork

当局の場合、特にFBなのが夕方の日没前後の28MHzバンドです。アンテナを330°に向けてCQを出すと、ヨーロッパの局が次々と呼んできます。14日QSOした PA0ZAV は80W +DIPOLE でしたが、この程度の設備で飛んでくるヨーロッパ局も多いです。JA4VNE 28MHzバンドの設備は、200W +8mH 3ELE HB9CVです。

ちなみに同時間、21MHzバンドを2ELE YAGI でワッチするも、あまり聞こえてきません。やはり、今DXのメインストリートは28MHzバンドのようです。サイクル25のピーク(2025年?)に向けて、ハイバンドのコンデションが最高潮を迎えつつあるようです! 

 


▽ JST: 2月14日 JA4VNE CLUBLOG (13日は一部のQSOを表示)

 


SSN 200突破してますよ!

2023年03月06日 | コンデション

3月6日月曜日、NICT 宇宙天気予報センターが公表した太陽黒点相対数の推定値によると、太陽黒点相対数(SSN=サンスポットナンバー)が「200」を突破しています。

太陽黒点相対数算出のために利用されている観測所の数が(1)なので、修正されるかも知れませんが、SSNの数値は 3月に入って景気の良い急上昇カーブを描いていますね!

 

★ 見出しの「太陽」と以下の「データ」は、NICT 宇宙天気予報センター からの引用です


 

 

 


太陽フレアが Lv.3 と「活発」でMクラスの発生が予想され、これは通信障害を起こすレベルのようです。 今(3月6日夕方)時点では 28MHzバンドはとても平穏で、アンテナをヨーロッパ方面に向けても、いつも強力に入感してくる東欧方面の局がまったく入感しません。すでに障害が発生している模様です。

この通信障害が収まったあと、このバンドはどんな状態なるのか?楽しみ~ というか、コワいですね・・・・ 3月7日以降のハイバンドに注目!!!

 

 

DE  JA4VNE


21MHzの飛び具合は?

2022年11月15日 | コンデション

10月が始まったころは、ハイバンドでサイクル25のすばらしいコンデションを実感できたのですが、ここのところは小康状態なのでしょうか? 当局のシステムではハイバンドのCWで、DXがあまり聞こえてきません。 

なので当局は最近シャックにいる時、 7、14、21MHzバンドの SSB で国内QSOを楽しんでいます。SSBに今まであまり出ていなかったので1st QSO の局が多く、新たな出会いがあります。



一方、ハイバンドでCWは今どのくらい飛ぶのか?  今日、比較的コンデションが良かった21MHzで、久びりにCWでCQを出してみました。  5分間のCQで応答は1局(F5LLN)だけ・・・ サンスポット・ナンバー100以下が続いており飛び具合はイマイチですが、弱いながらもヨーロッパや大西洋・カナリヤ諸島方面まで飛んで行っているようです。

当局はやりませんが、この程度のsnrなら、FT8ならバリバリとQSO(と言うのか??知りませんが)できるんでしょうね~

 

DE  JA4VNE


帰ってきた「シン・28MHz」

2022年10月12日 | コンデション

これこそ「シン(真)・28MHz」です!! DXのメイン・バンド28MHzが11年ぶりに帰ってきました!  今日、10月12日の16時半ころから2時間ほど 28MHzでCWを運用しました。 時間の経過とともに中央アジアから東欧、西欧へと当局をコールしてくる局が移り変わってゆきます。( 下の CLUBLOG 参照ください)

食事からシャックに戻った19時ころには、 地中海の EA6UP(バレアレス諸島)が599で入感していました。盛んにCQを出しているのですが、あまり呼ばれません。そこで一発コール、即コールバックがありました。 



ちなみに当局のアンテナは2ELE HB9CV ですが、なんと一文字違いのHB9CW が呼んできました。当局が使っているアンテナが『HB9CV』だと打電したら『FB FB』と返してきました。 また、デンマークの OV1CDX は『 WX SNOW 』と打電してきました。早くも冬が到来したようです。 

DX局との一般的なQSOの場合、JAのような『599BK』スタイルはあまりやりません。最低でもOP/NAMEの交換はやります。中でもドイツや北米局は話がとても長~い局が多いです。 OP/NAMEはもちろん、聞いたこともないQTHの紹介だったり、WX/TEMP(Wの場合℉で打ってくる)、My RIG(PWR)、ANTの紹介まで、とにかく話が長いです。 なので、ドイツ、北米局とのQSO時には、(電報内容が覚えられないので) ハムログRemarksへのメモ入力が必須です! まぁ、これもまた、DX QSOの醍醐味でしょうか。

「シン(真)・28MHz」、「シン・サイクル25」のベスト・シーズンがやってきました!!

 

DE  JA4VNE


今朝の28MHzはLUとQSO

2022年10月07日 | コンデション

昨日の西アフリカ・マリ( TZ)の28MHz CW Newに気を良くして、今朝10月7日金曜日は出勤前の9時前後に、28MHz CWバンドをパトロールしてみました。やはり出てました! アルデンチン(LU)が599です!! こちらは、599/599でQSO。こんなに強いのに、他に呼ぶ局がいません。 ちなみに28MHz CW で南米とのQSOは、2016年9月のウルグアイ(CX) 以来で6年ぶりでした。

 



 

東向けビームで、CQを出してRBNで28MHz CWの飛び具合を確認すると、KH6までは飛んでいるようです。あと、このCQにお馴染みの4F3(フィリピン)が呼んできてくれました。ほかにも南米局が出ているのかもしれませんが、当局の11mH 2エレHB9CVとロケーションでは聞こえません。 今日の夕方のコンデションが楽しみですが、残念ながら今からシゴトに出かけます。 73, CL

 

DE  JA4VNE


28MHz CWでTZから呼ばれた!

2022年10月06日 | コンデション

10月6日木曜日。いつものRBNをブログネタにでもしようと思って、16時ころから28MHz CWでCQを出してみました。

 


西方面は中央アジアのカザフスタン(UP)、南方面はオーストラリア(VK)、サモア(5W)までは何とか飛んで行っているようです。

その後のCQで、ブルガリア(LZ)や、あのドネツク人民共和国?(D1)から呼ばれた後、なんと西アフリカのマリ(TZ)からも呼ばれました! 普通なら大パイルに負けて "涙" に暮れるところですが、逆に呼ばれるとは超ビックリ!! 28MHzでアフリカは2013年4月のカナリア諸島(EA8)以来。TZは、28MHz CW New です。

 


 


当局の設備は、200W+11mH 2エレ HB9CV(上から3本目)といったPoor System でしたが、今日は東欧を中心に17時ころまで呼ばれました。ちなみにウクライナ(UR、UT)とも2局ほどQSO出来たのですが、アマ無線禁止令は解除されたのでしょうか?

 

DE  JA4VNE


夕方の21MHz DX伝播テスト

2022年08月17日 | コンデション

まだお空のコンデションは夏枯れなのでしょうか? 前サイクルのツゥィンピーク時(2012~14年ころ)にはお盆が明けた辺りから秋のコンデションが始まり、21や28MHzが DXメインバンドになっていたのを思い出します。果たして今年はどうなんでしょうかねぇ・・・

今日、8月17日 夕方。 21MHzバンドをワッチしても、当 Poor-System ではDXがあまり聞こえてきません。実際のところはどうなのか? 最近ハマってる Revers Beacon Network を使って飛び具合を確認してみました。出力は200Wで、アンテナは11mH 7/21MHz用 2EL YAGI 。ビーム方向は 北西 330°です。5分間ほどCWでCQを出してみた結果です。



一応、ドイツやイングランド方面まで飛んで行ってはいるようですが、Snr 10db以下・・・ 信号はとても弱いようで、コールバックがまったくないのも仕方ありません。デジタルをやらない当局にとってDX=CW。秋のDXシーズンが待ち遠しいこの頃です。

 

DE  JA4VNE


24MHzは貸切バンド?

2022年07月25日 | コンデション

7月25日月曜日 夕方、仕事は休みで用事もなくヒマです。50MHzバンドではEスポが発生中なので、きっと24MHzも開けているはず! まだ見ぬ(CWで未CFM)山形、佐賀、熊本各県を求めて24.909MHz付近でCQを連発してみました。 

RBNで自局電波の飛びを確認すると、JA1エリアのスキマー局でSnr 30db以上、お隣中国のスキマーでも 20~30dbで捕捉されており、ソコソコ飛んでいるようですが、如何せん応答がまったくありません・・・


▽ WARCバンド専用機  IC-7200

▽ IC-7200専用 メモリーキーヤー

▽ 18/24MHzバンド用 ナガラ製ダイポール 


17時前、RBNでCQが捕捉された1エリア局にダイヤルを合わせ、やっと1局とQSOが出来ました。 まるで平日の24MHzは貸切バンド?です。 コンデションが良すぎてこの時間、各局は他のバンドに行かれてるのでしょうね。

 

DE  JA4VNE


6mバンドは近場DXのオンパレード!

2022年06月05日 | コンデション

今日、6月5日 日曜日の6mバンドは、この季節らしい素晴らしいコンデションとなりましたね! 昨夜から始まった「宮崎コンテスト」に参加しながら、気になる6m(50MHz)バンドを監視していたのですが、なんと朝から沖縄や台湾、フィリピン、中国、韓国など近場DX局のオンパレードでした!

 

▽ 今日のハムログ(宮崎コンテストを除く)

 

ログデータのように当局とDX 局のQSOはCWのみでしたが、SSBの近場DXもかなり聞こえていました。 6m FMでQSOした JS6OWR 来間さん(沖縄県宮古島市)によると、2m FMでもEスポが発生したようで、モービルホイップでJA本土から大パイルを受けたとのことでした. 残念ながら中央アジア~ヨーロッパ方面は(CWでは)聞こえませんでしたが、このグッドコンデションのおかげで楽しい日曜日を過ごすことが出来ました!

 

DE  JA4VNE


「春は名のみ」のコンデション

2022年01月19日 | コンデション

2019年12月(サイクル24最極小)に始まったとされる「サイクル25」ですが、2020年1月に黒点数が上昇に転じ、2022年1月で2年が経過しました. NICTの宇宙天気予報を見ると、SSNが100を超える日も10~12日周期であり、いい感じなんですが・・・・


 ▽ NICT 宇宙天気予報 「現状ー太陽黒点」より


ところが、(当Poorシステムでは)21MHzバンドで夕方 EU方面がソコソコ聞こえるものの弱いし、朝のW方面はほぼ聞こえてこない・・・ ましてや28MHzバンドのDX局など「蚊が鳴く」程度にしか聞こえてきません. FT8では結構「見えている」のかもしれませんが、当局はやらないのでわかりません.

たしか・・・前回の「サイクル24」では(当局にとっての)DXバンドは28MHzバンドだったよなぁ~ とか、当時の状況を思い出して10年前のログを確認してみました. そうですね! 記憶通り 2012年以降のDXメインバンドは28MHzでした.前年の2011年はまだ21MHz がメインでしたが、12年の春以降 28MHz のコンデションが「爆発」的に上昇していました!


▽ 2012年4月上旬の当局ハムログ・データ


当局にとって、28MHzがDXメインバンドになっていたのは、2012年春~2014年秋のほぼ3年間です.当時のアンテナは 「21(短縮)/28MHzデュアルバンド ・3エレ八木」でした. その後の「サイクル24」終焉に伴い、現在は「2エレ・HB9CV」となっています.元の3エレ八木に戻す元気はありませんが、28MHz のコンデションが「爆発」すれば、このPoorシステムでも遊べるはずです.(たぶん hi)


▽ 2014年11月下旬の当局ハムログ・データ


2022年春にコンデションが「爆発」してくれるよう願って、「春は名のみ」のコンデションの中、21/28MHz バンドを観察し続けています.

 

DE  JA4VNE


黒点大売出し!今日の結果

2021年12月23日 | コンデション

2022年新年に向けて【黒点大売出し!】、今日(12月23日)は仕事が休みなので、SSN150を実感できるか? HFハイバンドを中心にパトロール~  と今朝のブログ記事に書いたのですが、いろいろとヤボ用があり、結局16時台にちょっとだけオンエアしました.

ヨーロッパ方面がちらほら聞こえ始めた 1615JSTころ21MHz CW でCQを出しました.すると、早速 DL1からコールあり. その後、R4  S51  RA3  RC7  IK2 と立て続けに呼ばれました.残念ながら1635JSTにQRT.20分間でCLUBLOGにあるように6局とQSOができました.

 


 

あのサイクル24ピーク時のコンデションとまでは行きませんが、21MHzで ヨーロッパを「呼べば答える」コンデションとなってきましたね! FB DX!!

 

DE  JA4VNE


黒点大売出し! SSN150ですよ

2021年12月23日 | コンデション

サイクル25の活動が本格化していますね. SSNをNICTで確認すると、なんと150を超えています! 冬至日を過ぎ、2022年新年に向けて【黒点大売出し!】が始まりました.今日は仕事が休みなので、SSN150を実感できるか? HFハイバンドを中心にパトロールすることにします.

 

NICT 宇宙天気予報センター>現状>太陽黒点 より


 

DE  JA4VNE


SSN(太陽黒点)100超え~

2021年12月16日 | コンデション

SSN が 0 ~ とボヤいたのが今週日曜日に参加したARRL 10m Contest でしたが、なんと今日12月16日は ” SSNが 100 ” 超え~ 太陽活動が活発な状況にあります.HFハイバンドのコンデションに反映するのに少しタイムラグがあるようですが、さぁ今週末から『歳末売出し』となるのでしょうか?

NICT 宇宙天気予報センター > 太陽黒点 より

 

 

DE  JA4VNE


7MHz ジャミング

2021年11月19日 | コンデション

この数日7MHzバンドが荒れています.当地だけなのか、それとも全国的なものか?定かではありませんが、2サイクルエンジンのようなパルス性のジャミングがずーっと出ています. 当局のQTHではまともなQSOができませんが、クラスターを見ると各局のQRVレポートが結構上がっているので、影響は地域(西日本?)的なものなのでしょうか?

北西方面(300°くらい)に2エレ・ビーム向けると、一番強くなるような気がします.いつまで続くのかなぁ・・・ 困ったもんです.

 

DE  JA4VNE


50MHz Eスポ出てますね!

2021年11月08日 | コンデション

今日は午後休。 夏場のEスポならブログネタにもならない話しですが、秋本番の11月8日月曜日15時現在、久しぶりに 50MHzバンドでEスポが発生しています. お天気も久しぶりの本格的な雨.低気圧が影響しているのでしょうか?

 ◁ NICT 宇宙天気予報>現状


▽ Yahoo! 天気 雨雲レーザー

NICTの宇宙天気予報は「山川」がレベル3ですが、50MHzは福島ビーコン(50.027MHz CW)が599で入感しています.

CQを出すと下記の局からコールを頂きました.また、クラスターにも上げて頂きました. ありがとうございます!

50MHzの福島ビーコンを聞いていつも思うことですが、バンド中が閑散としていても JE7YNQ 50.027MHz CWだけは599で強力に入感している~ 今日もそうなんですよね! しかも50W>10W>1W>0.5W と減力しても強いんです!! 他にはFT8(QTH不明)しか入感していません.不思議。。。

 

DE  JA4VNE