JOEは来ず・・・ (旧Mr.Bation)

なんの役にも立たない事を只管シコシコと

「スペル」

2009-11-13 | 映画(DVD)
「スペル」2009年 米 監督:サム・ライミ

ライバルに勝ち、銀行で昇進したいクリスティン・ブラウン(アリソン・ローマン)は、上司に仕事ができることをアピールする必要に迫られていた。そこへ、ジプシー風の老人(ローナ・レイヴァー)が不動産ローンの延長願いを申し出る。クリスティンが拒否すると、老人は態度を豹変。敵意をあらわにし、クリスティンに飛びかかる。

珍しく新作です。

この映画は「死霊のはらわた」のサム・ライミ監督の原点回帰の作品なんだそうである。と言われても「死霊のはらわた」観てないし、思い入れのない者にとっては良く解らない。「スパイダーマン」はレンタルで観たけどサム・ライミさんの本質なんてさっぱり解らない素人。

だいたいホラー映画って観ない。スプラッタの方は少し観るようになったけど・・・
ホラー映画と銘打ったものって驚かせる事はあっても怖いという印象が無いので(それでいいんだろうけど)あまり観たいと思わない。

この映画もご多分に漏れず、怖くないけどちょっとビクッと驚かされる部分はある。
脚本はオープニング・エピソード(これが1番怖いか?)から結末へよくまとまっている。
スプラッタにお笑い要素が大切なのと同様ホラーにもお笑い要素は大切なんですね。

この映画はなんと言っても、主演のアリソン・ローマンのイモっぽさ。
怪老婆ガーナッシュの孫に「あなた以前太っていたでしょ」と言い当てられたり、恋人の母親から「農家の娘」と蔑まされたり。アリソン・ローマンだからそいういう設定が考えられたのか、そういう設定に適する役者を探してきたのかわかりませんが嵌りすぎです。

ユーモアの中で進む展開(主にポルターガイスト)はやや中だるみがあるもののそれなりに楽しい。

発端の不条理性も好ましいし、ガーナッシュ夫人の義眼、入れ歯などの汚らしさも素晴らしいです。車上の闘争での義眼ステープラー。

霊媒師が登場するけど、あそこで羊の頭をぶった切れないドジな男がいけない。
しっかりぶった切れよ。ぶった切ったら話は終わっちゃうけど・・・

菜食主義者で動物を愛するアリソン・ローマンは自分を守るため可愛いペットを生贄に捧げます。
しかし、憎むべき不正を行って自分を陥れたライバルに地獄行きのプレゼントを捧げる事は良心が邪魔をしてできないんですね。
所詮、動物愛護ってのはその程度のもんなんだな、実際。などと関係ない事を考えたり・・・・

そしてクライマックスの雨中での墓あばきからラストへのテンポの良さがとても秀逸。
正直言って、結末は充分読めてしまう。それでも納得させられるラストの展開。結局アリソン・ローマンが引きづりこまれて原題のスーパー「DRAG ME TO HELL(わたしを地獄へ引きずりこんで)」でのENDに内心「お見事!」と快哉を叫んでしまう。



「死霊のはらわた」は観ておくべきかな。

TOHOシネマズ六本木

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
« 訃報 森繁久弥 | トップ | 「村八分」 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やったね! (gs)
2009-11-14 00:07:24
僕ほんまに この映画が好きです。
サムライミどんの一番の肝「阿呆阿呆さ」のドーパミンと先走り汁出まくりの潮吹き大作
この数年度のナンバーワンまちがいなし。
わざとらしいまでの説明描写(これがまたもっちゃりとしてたまらなくイイ)。これみよがしのわかりやすいカメラワーク(「ほら ほら 今 ヒロインの不安感を表してますよー」ってめっさわかりやす過ぎ)たまらんもんだらけです。
あ~全然怖くなく阿呆らし~。
「死霊のはらわた」は こんなにスピーディーで上手な作りではないので かなりキっツイ(退屈とゆーイミ)ですが、もっちゃりライミ節の阿呆阿呆さの土だらけの原石なので頑張って耐えてみましょう。
 あ~「スペル」のブルーレイが早く欲しい 
なんべんも なんべんも 巻き戻して観たいシーンのテンコ盛りでございました。

 (とらねこ)
2009-11-14 13:19:04
入れ歯があんなに恐いなんて、あんな描写ありませんよねん
もー素敵ですっ!楽しかったよ~ん。
imaponさん、死霊のはらわたは私、15歳の頃からお気に入りですの
見て欲しいですぅ~!
Unknown (imapon)
2009-11-18 23:06:58
gs様、コメント感謝です。
また、えらい気に入りようですね。
エンターテイメントとして解りやすく、楽しめました。サム・ライミ初心者でも・・・
「死霊のはらわた」は必修科目のようですね。
 (imapon)
2009-11-18 23:11:45
とらねこさんへ

怪老婆ガーナッシュ。よくあんな婆さん作り出しましたな。入れ歯、指、義眼、ハンカチ・・・
「死霊のはらわた」見ます見ます、待ってて。

ところでとらねこさんのコメントタイトル●って良いですね。
とらねこさんからコメントいただいたってすぐ解りますから。
いつも感謝!

コメントを投稿

映画(DVD)」カテゴリの最新記事

7 トラックバック

スペル/アリソン・ローマン、ジャスティン・ロング (カノンな日々)
『スパイダーマン』シリーズのサム・ライミが手がける驚愕のサスペンス・ホラー。ホラー作品としては異例とも思えるくらいだいぶ前から劇場予告編がかかり何度も目にしました。レイティング指定はされてないみたいですけど、映像的なグロさは無いという事なのかな?あの老...
スペル (★YUKAの気ままな有閑日記★)
最近、劇場で観たい映画がないので、、、思い切って、“ホラー系映画の一人劇場鑑賞”に初チャレンジ―【story】クリスティン・ブラウン(アリソン・ローマン)は、上司に仕事ができることをアピールする必要に迫られていた。そこへ、老女(ローナ・レイヴァー)が不動産...
スペル ▲161 (レザボアCATs)
'09年、アメリカ原題:Drag Me to Hell監督:サム・ライミ脚本:サム・ライミ、アイバン・ライミ製作:ロバート・G・タパート、グラント・カーティス製作総指揮:ジョー・ドレイク、ネイサン・カヘイン撮影:ピーター・デミング美術:スティーブ・サクラド編集:ボブ・ム...
『スペル』 (めでぃあみっくす)
ホラー映画も1周すればコメディ映画になる。まさにその通りの映画でした。とにかくホラー映画なのに笑える、ワクワクする、楽しい気分になるというこの場違いな感覚。ただしこれは昨今のホラーよりも昔のB級ホラーが好きな映画ファンに限る特別な感覚です。ですから映画...
スペル 婆がきょえ~~~~Σ(゜口゜;)// (労組書記長社労士のブログ)
【 61 -13- 1ヶ月フリーパスポート=9 】 昨日は大失敗。 参加表明していた社労士有志の勉強会の日程を間違って携帯のスケジュールに登録していたせいで、不連絡で欠席してしまった! 仕事だったのだが、その仕事流れで飲みに行った店から出て携帯を観たらその勉強会にそ...
映画「スペル」 (おそらく見聞録)
監督:サム・ライミ(死霊のはらわた、スパイダーマンでお馴染み) 出演:アリソン・ローマン(◎)ジャスティン・ロング ローナ・レイヴァー(最高☆婆さん) 出演:ディリープ・ラオ デヴィッド・ペイマー アドリアナ・バラーザ チェルシー・ロス  ほんの...
スペル (Drag Me to Hell) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 サム・ライミ 主演 アリソン・ローマン 2009年 アメリカ映画 99分 ホラー 採点★★★ 中学の時かと思いますが、通いましたねぇ『死霊のはらわた』。最初に観た時散々怖い目に遭ったんで、2度目以降は同じ目に遭わせてやろうと、同級生たちを道連れに。併映の『悪魔...