は行の日記

ははは、ふふふ、ほっほっほと笑って暮らせたら人生幸せです!

更に大きな家へ

2019-01-06 19:25:24 | ぬか床カッサンドラ

昨年の8月に新築の家に入った新婦カッサンドラは

今まで美味しいぬか漬けを毎日提供してくれた

日々成長していく(味を見る)のも楽しみだ

10月には田舎の古民家に引っ越し カッサンドラのお引越し←ポチっとどうぞ

たくさん野菜をつけるようになって、昨年末あたりから少し手狭になった気がして

古民家からの引っ越しを考えていた

昨年、山友との忘年会&里山トレッキングの時に寄った道の駅で

お安くなっていた柚子をたくさん買い込んであった

たくさんの種を取りだし

袋に入れて、お風呂に

果汁は絞ってゆずポン酢に  実と袋は取って置いて

皮は20分茹でて  隣で豚肉を焼いている その奥はカボチャのポタージュ

1度に3つのことをしている、毎度忙しいkikiさんです

ゆで汁ももったいないので、種と一緒にお風呂に(期待していたような柚子の香りはしなくて残念だったが)

わたが透き通ってきれいですね  これをスプーンで削り取って

砂糖を加えて、皮、実、袋と一緒にジャムにする        

茹でた皮は小分けに冷凍保存し、時々ぬか床に入れてやる

今回ぬか床が水っぽくなって来たので

足し糠(唐辛子や塩を足す)に削り節や昆布と一緒に入れた

こじんまりとした古民家が好きだったけれど

これだけぬか床が多くなってくると、甕の中ではかき混ぜられない(糠がこぼれ出てしまいます)

そこで、ひなたの流しの下に有った白いホウロウ鍋(?)と思っていたものが

ここのおばあちゃんがぬか漬けをしていたものに違いないと確信し

カッサンドラと一緒に、大根、ニンジン、キュウリ、蕪もお引越し

かくして古民家から中古のワンルームマンションへお引越し

新旧並べてみると大きさは反って甕の方が大きく見えるけれど

甕は口がかなり細くなっていて、かき混ぜにくいけれど

寸胴という名前の通り、ホウロウの寸胴は下から上までずっと太いので(笑)

漬ける野菜もたくさん入るし

kikiのぶっとい手もすんなり入ってかき混ぜ易い

ぬか漬けの乳酸菌のおかげか、いろいろと調子がいいkiki

年末年始、お休みがとれずに、ついいらだった時もあったけど

今日は久しぶりに、電話も何もなく休めた一日

カッサンドラと対話しながら、無事お引越しが終わりました めでたしめでたし 

ジャンル:
健康食品・飲料
コメント   この記事についてブログを書く
« 謹賀新年 | トップ | 今年初めてのモノ作り »

コメントを投稿