日々の寝言~Daily Nonsense~

日々の出来事への感想、雑感、思いつき、ぶつぶつ・・・

将棋界の危機

2009-02-25 22:59:42 | 将棋・ゲーム
羽生四冠が変調だ。

2-2で迎えた王将戦の第5局は、
先手の深浦王位がごきげん中飛車。

深浦王位が機嫌よく攻めたが、
羽生王将が反撃して竜を作り、
控え室は羽生さん有利との声。

しかし、そこで「手が無かった」
ということで、あっさり敗勢へ。

そのまま控え室の読み筋どおりの
負けになった。

なんだか不思議な、
ぽっきりと折れたような
全く羽生さんらしくない負け方。

終盤、何か錯覚があったのではないか、
とのことだが、やっぱり竜王戦の敗退が
まだ尾を引いているのだろうか・・・

まさかまさか・・・まさかの
3連勝から4連敗なのだから、
影響が残るのは当然だ。

一年間予選から勝ち抜いたものが、
あとほんの少し、というところで
すべて水泡に帰したのだから・・・

もしかしたら羽生さんは、
生まれてはじめて、
将棋というゲームが(一時的に)
嫌いになっているかもしれない^^;

傍から見ていると、
そうした感情や精神的な後遺症のせいで、
手が見えたり、見えなくなったり、
不安定な状態が続いているような
感じがする。

さすがに玲瓏とは行かずに、
晴れたり曇ったりしているようだ。

それに加えて、
昨今の将棋界に山積する問題もある。

公益法人の問題、
将棋会館建て直しの問題、
などなど・・・

どれも大変なことだ。

本来、棋士に解決できる
課題ではないだろう。

しかし、日本には
優秀な経営人材が少なく、
それを得るのは至難だ。

梅田さんはひとつの鍵ではあると思う。
ここで将棋界の経営を立て直せなければ、
プロのコンサルタントの名が泣くだろう。

いずれにせよ、
棋士とファンが一体となって、
この大きな危機を
うまく乗り切ることを祈っている。

それは、今の将棋連盟が
生き残るということを
必ずしも意味しないかもしれないが・・・


コメント   この記事についてブログを書く
« 強い森内九段 | トップ | サントリー烏龍茶 贅沢銘茶 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

将棋・ゲーム」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事