シャープは10月3日、都内で会見を開き、スマートフォン「AQUOS」として初めて有機ELディスプレイを搭載した「AQUOS zero」を2018年冬モデルとして発売すると発表した。これまで液晶ディスプレイの技術開発に専念していたが、新たな要素を取り入れることで、ユーザーの裾野拡大を狙う。

スマートフォンAQUOSシリーズ初の有機EL搭載「AQUOS zero」

 発表会に登壇した、シャープ通信事業本部の中野吉朗本部長は、「新モデルでは、ディスプレイを進化させた。自社国内初、国産の有機ELディスプレイを搭載したスマートフォンを投入する。2020年にはAndroidスマホのシェア40%超を目指す」とコメントした。
 
シャープ通信事業本部の中野吉朗本部長

 サイズは6.2インチで、画質はWQHD+(2992×1440画素)、100万:1の高コントラストを実現した。DCI-P3規格を100%のカバーする広色域と、「AQUOS」で培った「リッチカラーテクノロジーモバイル」で、色鮮やかな映像を映し出す。

 有機ELディスプレイを採用しつつ、側面にマグネシウム合金、背面に軽量で強度の高いアラミド繊維を用いることで、画面サイズ6インチ以上、電池容量3000mAh超のスマートフォンとして世界最軽量の146gを実現した。また、ディスプレイの中央に向かって緩やかに盛り上がるラウンドフォルムを採用し、自然なタッチ操作を可能にしている。

 CPUには、「Qualcomm Snapdragon 845」を採用、メモリは6GBで、ストレージは128GB。長時間のゲームプレイや動画視聴も快適に楽しめる。