Max Rod Craft Blog

Max Satohのバンブーロッドクラフティングに関するブログ

3アマの終了試験受けてきた

2020年10月24日 | アマチュア無線

10月12日に始めた3アマ(第3級アマチュア無線技士国家試験)のE-ラーニング、順調に進んで約1週間で全過程を終えることができた。 最後の修了試験は、近所の試験場を予約して10月23日17:00の終了試験に臨んだ。

1時間で、学科10問と電子工学10問の計20問で、それぞれ60点以上をとれば合格となる。

終了試験は、E-ラーニングの中間試験に合格していれば、たぶん、全部答えられるだろう。

発表は約1週間後となる。  結果が楽しみだ・・・

コメント

F2Aキーヤーの製作 1-1 まずケーブルを作る(つづき)

2020年10月24日 | アマチュア無線

昨日の接着のエポキシは固まっていた。

念のためにプラグとケーブル端の導通テストを行う。

導通テストはテスターでケーブルの両端(片側はプラグ)の抵抗を測定する。

テスターの抵抗レンジを 20Ω に合わせ、ゼロ設定をしたのち、ワイヤー1本1本をテストする。 不導通の場合は、テスターは 1を表示してそのまま数値は動かないが、導通の場合は一定の数値が表示されたのち減っていって0に近い数値になる。

PTTワイヤー(Φ3.5㎜ピンPos.3) OK

Micワイヤー(Φ3.5㎜ピンPos.2) OK

スピーカー(+)ワイヤー(Φ2.5㎜ピンPos.1) OK

スピーカー(- GND線)ワイヤー(Φ2.5㎜ピンPos.2) ・・・ んん! 導通しない! 1のままだ。

ピンの周囲にエポキシでコーティングしてしまったかな? と思いピンの周囲をサンドしてみたが・・・やはり導通しない。 ・・・まずい。

昨日の半田付け後の写真(↓)

下左側ピンに半田付けされた黒いワイヤーがスピーカー(- GND線)。 この写真では半田は付いているが・・・

再度二つに割ってみると・・・エポキシが固まった状態が確認できる。(↓)

接着時にプラグピンの出具合を調整するために板孔から出し入れしてケーブルを動かしたために、ピンが動き、接着剤の中でΦ2.5㎜ピンのGNDの半田が剥がれてしまったようだ。

ピンの周囲の固まったエポキシをカッターで削り、ピンの根本を露出させ、再度半田付けをする。 今回は余った金属線でGND周囲を巻いたうえでGND線の半田づけをした。 これで半田が剥がれることはないだろう。(写真↓ 半田付け後)

再度導通テスト  

スピーカー(-)ワイヤー OK

F2A用3Vワイヤー(Φ3.5㎜ピンPos.1) OK

づついて、プラグをハンディー機 TH-79 に繋いでスイッチオン。

F2A用3Vワイヤーと、スピーカー(-)GNDワイヤ間の電圧を測定する。 導通テスト(抵抗の測定)の場合は極性は関係ないが、直流電圧の測定は極性があるので注意が要る。 レンジを20Vに設定してテスターの赤いほうの線を+側に、黒い方をー側に押し当てる・・・と、

3.45Vを示した。 取説では3Vと書かれているが、実際には3V+くらい給電されることを確認。 この2本の線のあいだにF2Aキーヤーの回路を挟めば良いのだ。

再度エポキシを入れて接着すればプラグは固まり、F2Aケーブル(スピーカー・マイク+F2Aキーヤー)が完成する。 やれやれ・・・

コメント

F2Aキーヤーの製作 1 まずケーブルの作成

2020年10月23日 | アマチュア無線

いよいよF2Aキーヤーを作ろうと思う。

Kenwood用スピーカーマイクを分解してみたところ・・・ありゃりゃ・・・ワイヤーが4本しか入っていないではないかっか。

スピーカーに行ってるワイヤ・・・2本、1本はスピーカーの+に、もう1本はスピーカーのグランド(-)に。

マイクに行ってるワイヤ・・・1本

PTTに行ってるワイヤ・・・1本

計4本しか入っていない。

F2Aキーヤーには、もう1本、TH-79から3Vの給電を受けるためのワイヤーが必要なのに・・・

ははん、通常はスピーカーマイクは本体(この場合はTH-79)からの給電は無しで稼働できるようになってるんや。 だから、スピーカーマイクとしてはこれが正常なわけなんだな。

今回F2Aキーヤーを作るに当たっては、TH-79の3Vをキーヤーの電源として利用し、かつ、F2Aキーヤー回路のGND回線を、スピーカーマイクのGNDにつないで、本体のGNDに電気をお返ししよう、という魂胆なのです。 スピーカーマイク回路はそのままF2Aキーヤーの中に取り込んで、スイッチで切り替える、という魂胆なのです。 3VはΦ3.5㎜プラグの先端の極から取ります。

すると、まず、いまスピーカーマイクにくっ付いている4芯のケーブルは使えない、ということになります。 5本のワイヤーが必要なのです。

スピーカーマイクについていたケーブルは、4芯の線でシールドは有りませんでした。

そこで千石電気から4芯のシールド線を購入しました。 4芯シールド線には、シールドとして編み線が4芯を巻いているので、全部で5本のワイヤーとして使えます。

一つ問題が・・・L型のツインプラグ(Φ3.5㎜の3極とΦ2.5㎜の2極のくっついたプラグ)ってのはどこ探しても売ってなかったんです。

仕方ないので、スピーカーマイクに元々ついていたL型ツインプラグを真っ二つに割り、中身を取り出しました。 そして5芯のワイヤのうち、2本をスピーカー用のΦ2.5㎜に、3本を3V電源、Mic(F2AのTone Out兼用)、PTT、用にΦ3.5㎜に半田付けします。テスターでワイヤの両端で導通テストをして、それぞれにマスキングテープのマークを付けておきます。

ワイヤの導通をテストしてマーク

ショートしないようにワイヤの長さをキッチリ測定して銅線を出し、半田付けを完了させます。 そのために、厚み6㎜の板切れの側面にΦ2.5㎜とΦ3.5㎜の穴をドリルで空けました。 2本の金具の間隔を、あらかじめキッチリ測ってから穴を空けます。

これは工作中に、金具の間隔が動かないように、かつ、きちんと平行になるように、プラグ先端を穴に入れて半田付けや接着をするためです。

半田がキッチリ固まったら、いよいよ仕上げの接着です。

半割したゴムのプラグケースの位置を決め、まず片側に90分硬化の2液性エポキシを入れます。 配線が埋め込まれるようにたっぷりと入れます。 

接着開始

次に、反対側のケースに、たっぷりのエポキシを入れます。 そして2つのケースを所定の位置で合わせます。 この際、金具の基部がきちんとケースの縁に並ぶように気を付けます。

そして、乾燥待ちのために、クリップで挟んで温かい場所で乾燥させます。 90分後にはL型ツインプラグが出来上がっているでしょう。

乾燥待ちのツインプラグ

・・・と、これで一応5芯のケーブルが出来上がるはずです。

コメント

モールス符号 暗記のコツが分かった

2020年10月21日 | アマチュア無線

メモリーキーヤーとピアノ・パドルで毎日モールスの打鍵練習をしている。

メモリーキーヤーは電源を入れると最初に、--・- ・-・ ・・・- (QRV)と音を出してくる。

QRVとはI am ready.(準備完了)という意味のQ符号。

モールス打鍵では、短点(・)1、長点(-)3、1符号(文字)内の短点長点のあいだ(休符)1、1符号(1文字)と1符号のあいだ(休符)3、1語(文字の連続)と1語のあいだ(休符)7、と長さ(の目安)が法規として決められている。

みんなこのルールに従って打鍵し、聴き取りを行うのである。

符号を覚えるということは、これらのルールを身をもって行える、ということに他ならない。 じゃによって、休符の長さが異なっていたりすると、うまく打ったつもりでも、聞く方は正しく聞き取れない。

メモリーキーヤーの音を聞いているうちに、キーヤーの出す音に、ある聞こえ方の法則(まさに上のルール通りなんだけど)を見つけた訳さ。

それは、符号内の休符の聞こえ方が、こういう風に聞こえるのさ:

ツートツーツーツー(うん)ツートトトツーツートツー(1.聞こえ方)

ー・  ---     ー・・ ・ー   ー  ・ー   (2.符号)

N    (3)    O        (7)      D        (3)  A (3)  T (3) A    (7)  (3.休符)

No Dataと打ってきた場合、上のように聞こえる。

覚えるべきは、1.の ”つ” の感じ・・・分かるかな~・・・

打つ前に一呼吸 ”うん””、とか、”つ”、とかを入れるとうまくいくような気がしています。 

符号の頭に常にそれがついているものとして覚えちゃってもいいんじゃないのかな? と・・・

A(・-)   は トツー か、うんトツー
B(-・・・) は ツートトト、か、うんツートトト
C(-・-・) は ツートツート、か、うんツートツート

てな具合に・・・

コメント

次元の低い議論 2 富岳による飛沫シミュレーション

2020年10月18日 | 人生観

とうとう世界1になった富岳・・・2位じゃ駄目だったんでしょうか?

今さかんに紹介されている、新型コロナの飛沫シミュレーション。

4人席で会話をした場合、向かい側よりも隣の方が多くの飛沫を受ける・・・という結論。

ラーメン屋のおやじが、そんなの当り前じゃないの? と言ったとか。

ワシのような素人(実はコンピュータ界に20年以上)でも、世界1の演算装置を使って何故このようなシミュレーションをしたのか? という疑問が残る。
あまりにも次元が低い。 唾液の飛散実験をするだけでも分かること。

シミュレーションの前提がおかしい。 

1つの小さなテーブルに、計4人が2人づつ向かい合って座っておしゃべりをする。

政府も東京都も、ソーシャルディスタンスということを言っている社会である。
飲食店はそれから除外したのか? 会議室での議論はそれから除外したのか?

そもそも規範に違反している前提のシミュレーションを、世界1の演算装置を使ってする必要があるのか、という疑問が残る。

やってほしいシミュレーションはいっぱいある、と思うよ。

・人ひとり当たりの呼気吸気の量を一定と前提する。
・ある空間、電車でも会議室でもイベント会場でも寄席でも映画館でも・・・の総空気量
・その空間に一定量の新型コロナウィルスかが存在するとする
・ある空間にXX人の人が居て標準的な呼吸をしているとする。
・新型コロナウィルスが人の体内(呼吸器)に入り込む確率は? 感染する確率は?
・大きなイベント会場や、野球場や、サッカー場で、XXX人の観衆が大声で楽しんだり、騒いだり、応援したり、飛んだり跳ねたり、した場合、中にXX人くらいの感染者が居たとしたら、ウィルスを吸い込む人の確率は? 感染する人の確率は? 
・そういった諸空間がどの程度換気されていれば感染が防げるのか? 1分間に100%の換気が必要なのか、10%程度でも良いのか?

一人の呼吸の量と、空間の大きさ、との関係、換気をした場合の結果への寄与の仕方、などから、寄席に入れても良い人数だとか、サッカー場、野球場に入れても良い観客数だとか、イベントをする場合の空間の広さの基準だとか、映画館では空間1に対してX人の観客を入れて良いだとか・・・感染をしないための換気の基準だとか・・・

そんなことに使ってほしいな・・・富岳は

世界1の演算処理装置なんだから、世界1の研究テーマのために使ってほしい。

飛沫の飛散は富岳でなくともラーメン屋のおやじにきけば分かる話だったね。

コメント

次元の低い議論 1 日本学術会議

2020年10月18日 | 人生観

毎日のようにメディアは、この件について報道しているが・・・

野党もメディアも次元が低すぎてニュースを見る気もしない。

 

”なぜ6人の学者を除外したか?”

そもそも人事というのは隠密裏に検討し決定し最後に発表するものだ。 会社でも政府でも。 公にするのは選挙による決定くらいじゃないの。 

人事の選考過程を公にしている機関はあるのかい? 会社でも政府でも官公庁でも。

それから、”この6人を”、というように個人情報を前面に出して、なぜ、この6人が採用されなかったか? などと騒ぎ立てると・・・

この6人は人事において採用されなかったという事実。
本人の名前、関係する学校や研究機関、研究分野、等々の個人情報が公にされ、その家族や子供までが、騒ぎに巻き込まれるではないか。 それらの人々や機関の名誉は傷つかないのか? 守れるのか?

だから人事情報は㊙であり、個人情報は㊙なのである。 

野党第一党を目指すのなら、このあたりをクルクルっと2~3回自問自答、何故何故3回をしたうえで、追及するのかしないのか、追及の仕方を決めないと、言ってはみたものの収拾が付かないことになって自分の首をしめることになりかねないよ。 以前にもあったよね、似たようなことが・・・

この問題の本質はどこにあるのか? というように考えてほしかったね。

一時の決定を既得権として当たり前のようになっている学会。 何年したら選ばれる筈だ、推薦したから採用して当然だ、というような勝手な期待。 この会議は存在するのが当たり前だというようなうぬぼれ。 あたかも公務員になったかのような諸手当。 また、それを既得権として採用を期待する学者。

国民の税金で賄っているんだよね、これらの費用は。

この状況を放っておいた政府の責任は重大である。 何年も諮問もしない政府、提言もしない学術会議(いくつか提言はしているみたいだが)。 その存在に疑問を呈した菅政権は、むしろ〇だと思う。 前の政府はこのあたりが酷かったもの。 遅すぎた感はあるけどね。

枝葉末節で政権を退陣に追い込む、なんてことはしない方がよい。 もし、野党が、日本学術会議は機能しているのか? その存在を見直すべきなのではないのか? と政府に迫るのなら、それは第一党たる所以がある。 野党は野党たるの見識をもってことにあたらないと、いつまでも野党のままだよね。 枝葉末節、重箱の隅をつついてばかりいては・・・信に値する政党になってほしいんだよ。

コメント

終活 その2 車やめた

2020年10月18日 | 終わりの始まり

令和元年をワシの終活元年としよう、と昨年、年賀状仕舞いをした。

そして白内障の手術、奥歯の抜歯、痛風、・・・体から一つづつ何かがなくなっていく・・・年齢は一つづつ増えていくけど・・・

そして・・・とうとう来た・・・きっと来る、きっと来る(たけしの家庭の医学の主題歌?)・・・

そうなんです、来ちゃったのです。

愛車との別れ・・・運転の終了・・・運転免許の返納・・・の時が。

今年の11月が、13年目の車検、保険の満期、となるので更新するべきか迷っていた。 軽の人感センサーのついたのに乗り換えるか、とも考えたのだが、一つづつ無くなっていく自分の体の機能のことも考えねばならぬ。

そして結論を出した。 

車の運転を止めよう・・・と・・・つ・ら・い・・・けど

でも、考え直した・・・つらいんじゃなくて・・・良いことを・・・

・車検費用が浮く  12~3万円/2年

・修理代が浮く   分からないので算定せず

・自動車保険料が浮く 4万円/年

・ガソリン代が浮く  4~5万円/年

・自動車税が浮く  4~5万円/年

・駐車場が空く   家庭菜園?花壇?

年間で概算20万円前後の費用が浮くことになる。

これは政府の新コロナ対策の家計支援金の倍に相当する。 毎年支援金をもらえるようになる、と思えば、気持ちは楽にはなるね。

これからは・・・歩こう! 電車に乗ろう! タクシーに乗ろう! 釣りは誰かに乗っけてってもらおう!(そんな奇特な方は居ませんかね?)

コメント

ピアノ電鍵パドル 塗装完了

2020年10月12日 | アマチュア無線

先日完成したピアノ電鍵パドルを塗装して完成しました。。

黒鍵と白鍵はセルロースセメントで塗装し、ピカピカに。 台は黒漆で漆黒のピアノ風です。

4チャンネルメモリーキーヤーに接続して、パドリングしてみました。 い~い具合です。 ストロークは横降りのパドルと同様精密な動きです。 あたかもピアノを弾くように2本の指で鍵盤を抑えます。 するとキーヤーが規則的な符号を作り出してくれます。 

パドリングの極意は、パドル(鍵盤)を離すタイミングと見たり。 キーヤーでは、押すより離すタイミングが重要になりますね。

ピアノパドルは、中指と人差し指の2本でパドリングします。 ストロークは精密で、ほんの少しパドルを抑えるだけでキーヤーが反応します。 パドルを離すと音は切れます。 スクイーズもうまく働きますが、指には重力があるのでパドルから指を離すのが遅れ気味になります。 すると意図した符号ではなくなってしまうのです。

だから、スクイーズは使わずに(使っても良いが)、縦振り電鍵と同じように、指を上下する、ー(右)・(左)ー(右)・(左)というようにやると非常にうまく打てます。 鍵盤の弾き方は、あたかもスタッカートで弾くようにすると、あとはキーヤーが正しい長さの音を出してくれます、-・-・ とね。

ピアノ電鍵パドルとメモリーキーヤー

写真もういっちょ

コメント

女と男と、その間

2020年10月11日 | 進化論

最近みた番組に面白いものがあった。

それは、染色体におけるXXとXY染色体にまつわるもの。 つまり、女(XX)と男(XY)についての研究だった。

昔は、このように習ったはずだ;

人間の染色体は23対で構成され、女性の染色体はXXが1対になって23対で構成される。 男性の染色体は22対までは女性と同じくXXが1対となり、残りの1対がXYという組み合わせで構成される。

生殖器官(卵巣や精巣)では、23対の染色体は1本づつに分かれ23本の染色体を持つ生殖細胞を作る。 女性はX染色体、X(X)と表現、23本を持つ卵子を、男性は23本のX染色体を持つ精子、X(X)と表現、または、22本のX染色体と1本のY染色体で計23本の染色体を持つ精子、X(Y)と表現、を作る。

性交を経て子宮内で1つの卵子に対して無数(?)の精子X(X)と精子X(Y)が卵子を探して結びつくのが受精である。 卵子の中には原則1匹の精子しか入れない。 このため生まれてくる子が女XXになるのか男XYになるのかが分からない訳なんだな。 卵子のX(X)と精子のX(X)が結びつくと女の子XX、卵子のX(X)と精子のX(Y)が結びつくと男の子XYが生まれる。

そして女性はXX、男性はXX+XYの23対の染色体を持って成長する。

このY染色体を持つものが男性と見なされる。

ところがである。 Y染色体はX染色体に比べると、現代では非常に短くなっており、今後も短くなる一方なのだそうだ。

しまいにゃ、Y染色体は消滅し、世の中女性ばかりになる時代が来る、と予見されている。

現代の男性の精子をサルの♂のそれと顕微鏡で見て比較していたが、サルの精子は、それはもう無数という感じで皆元気ハツラツに動き回っており、一方人間の方は、精子の数は少なく、皆元気がなくあまり動き回らない。(男性すべての話ではないと思うが・・・)

最近不妊治療の数が増えているのは、こういう事情があるのかもしれない。 あるいはニューハーフの増加、LGBTの増加、などは、こういう事に裏付けされるのかもしれない。

また、男性が年齢を増すと、体中の細胞中の染色体の状況が変わるらしい。 本来、男性では、すべての体細胞の染色体はXY構造を持つべきものが、XXとXYを持つ細胞のモザイク状態に変化していく、というのだ。 たとえば、体の細胞の一部が女性染色体XXで一部がXY染色体を持つ老人がいるみたいなのね。 

これ聞いて、ふえ~っと驚いたね。 年取ると声が甲高くなるのは、この所為なの?  増えている前立腺の癌との関係は? 年取るとすね毛が薄くなる、なんてね。

外部性器の形状にも変化が見られるらしいのだ。 その人の研究によると、マツタケ状の男性性器、アワビ状の女性性器の間に、何種類かの性器形状があるらしい。 マツタケの裏側に割れ目のある形状、マツタケでなくシメジ状のもの、ナメコ状のもの、以下省略、等々。 えっ、ワシ?・・・エ、エリンギかな・・・割れ目はないけどね・・・

つまり、世の中、女と男だけではなく、女女男、女男男、男女女、男男女、みたいな性器の形が確認されている、らしいんだな。

決して差別する意味で言っているのではありません。 多様性は受け入れなければならない、と言っているのです。 みんな生きているんですもの。

最後に、生物界では、♀だけしかいないのに、ちゃんと子孫を残しているものが居る、ということも報告してたな。 驚きだね~。

あるネズミは個体はすべて♀なのだが、ちゃんと子ネズミが生まれている。

魚の中には、♀しかいないのだが、成長して一番大きな体の♀が♂に変わる、性転換が起こるものが居る。  カクレクマノミ(ポニョ)、コブダイなどがそうらしい。  メダカもメスだけになると性転換するということを子供のころ聞いたことがある。

Y染色体だけでなく細胞を♂化させる何らかの因子があるのかもしれない、と言っていた。 こんなことを専門に研究している人が要るんだね~。

おもしろいね~、生物って。

コメント

安上がりなモールス通信を目指して F2A CW

2020年10月02日 | アマチュア無線

そろそろ電波を発してモールス通信に挑みたいと思っている。 その準備として、Key-Sound(発信練習機)、縦振り電鍵、4チャネルメモリーキーヤー(まだパドル発信練習機の段階)、ピアノ電鍵(エレキ-パドル)、と作ってきた。

Key-Soundと縦ぶり電鍵でモールス符号を覚える

キーヤーとピアノ電鍵でパドル打鍵を練習

実際の発信機への接続は、まだこれからだ。

3アマ免許をとったら無線機も自作しようと、自作無線機の本も買ってある。

だが、いろいろ調べていくと無線の世界ではアンテナがものを言う、ということが分かってきた。 無線周波数によってアンテナの長さやアンテナの形式が違うんだな。 

いろんなアンテナを立てるとなると自宅の形状が気になってくる。 我が家は住宅密集地で広い庭もない。 あるのは屋根の上くらいだ。 屋根の上にアンテナ立てることは、昔TVアンテナが腐って倒れたことが思い出される。 最近の台風は風が強力になってきているし・・・あんまり大仰なことはやりたくないし・・・

こんな状態で、何から手を付けようか・・・と思案している。

そこで、今の状態から最も金をかけないで実現できる無線通信について考えたのさ。

先月修理なったKenwoodの FM144/430 MHzデュアルバンドのハンディートランシーバーがあ~るじゃないかっか。 リピーター局ってのを使えば、日本全国のアマチュア無線家と音声では交信ができる。 無線機は高いものは10万円以上する。何十万もするものもある。 手持ちのハンディーを有効に使おっと。

固定局としてACアダプタ使えば5W、移動局で電池6Vなら2~2.7Wの送信出力になる。 QRPといってアンテナを工夫して、送信機は出来る限り低電力で出来るだけ遠くと交信を楽しむっていう世界もあるのさ。 QRPとは無線用語で送信出力を下げることを意味するQ符号のこと。 QRP?と打電すると送信電力を下げましょうか?という意味になる。

生き返ったKenwood TH-79ハンディートランシーバ

これに簡単なループアンテナを自作して、高いところに移動すれば、日本中の相手を探しながら音声でもCWでも通信できるじゃ~ないかっか。 2Wのハンディー機でも十分に使いもになるのさ。

ループアンテナはDaisoのパイプクリーナーから安く作れるという記事があった。 このパイププクリーナーはDaisoまで探しに行ったが、既に廃盤になっていてどこのDaisoの倉庫にもないことが判明した。(確認、Daisoにて:2020年10月3日現在) 無けりゃ皮膜付きの鉄の針金でも作れるのさ。

その次に必要なのは3級のアマチュア無線免許・・・モールス通信をするなら3アマが要る。 
これはコロナ密集を避ける意味で、E-Learningで約14K円で自宅に居ながら取れるんだ。 最終試験は1時間だけ試験用の端末のある場所に行けばいいんだ。 うちは徒歩13分の駅前にあるのさ。  

今4アマは持っているので音声なら今でも開局申請さえすればできる・・・んだが、CW(モールス通信)をやりたいわけさ。

アマチュア無線では使える電波形式というのが総務省で決めている。 

電波自体にモールス信号を乗せる形式(電波の断続)が通常のCW(モールス通信)で、A1Aという区分になる。 電波自体がモールス符号のツートンに従って断続するので CW(Continuous Wave)という。 A1Aには音声は乗せられない。

その他に、F2Aという電波形式がある。 F はFM(周波数変調した電波の意)で、2というのは、音声電波だけどモールス信号の音を乗せていいよ、という意味。 最後のAは、打鍵によるモールス符号の発出を意味する。 他のクラスはRTTY(テレタイプ)とかパケットとか。

F2A形式なら手持ちのFMハンディー機Kenwood TH-79で、144/430 MHz周波数帯で音声でモールス通信ができるわけだ。 あたかも口笛でモールス符号を送るような感じでね・・・実際にはキーヤーの出す音が乗る・・・まだあまり人口は多くないみたいだが、仲間を増やす楽しみもあるさ。

そこでさらに調べていくと、F2A用エレキ-ってのが見つかった。 つまり、こうなる・・・

ハンディー機で交信相手を音声で探す、CQ CQ F2Aでお願いします。 相手がF2A OKってことなら、その後はエレキ-を使って、声の代わりに、モールス信号でやり取りする。 モールスが聞き取れないという場合は、即座に音声で、今なんて送ったの?とか、ワシのモールス聞き取れる?、というようなことがやり取りできる。 初心者にとっては非常に便利で安心な方法だ。 あまりモールス得意でなくても入っていける。

これで次の目標が定まった。 よし、F2A用エレキ-キットを作ろう。 エレキ-は2台目となるが、今度は練習機ではなく、実際に発信機(TH-79)につなぐものを作る。 もちろん、練習機としても使える。 

運用はこんな感・・・ハンディー機にエレキ-用プラグを差し込んで・・・;(TH-79はΦ2.5㎜のスピーカープラグとΦ3.5㎜のマイクロフォンプラグの親子プラグになってるの)

・エレキ-の、音声 vs CWの切り替えメインスイッチでどちらかを選ぶ

・音声の場合:エレキ-に組み込みのスピーカー・マイクで交信する。電波形式は F3E。
・CWの場合: F2キーヤーに組み込みのパドルを使ってモールス信号で交信する・・・キーヤーにはエレキ-パドルがくっついている。電波形式 F2A

   パドルは?・・・キーヤーの握りの人差し指と中指の来るあたりに   タクトスイッチを2個付けとけばえ~やん。パドルの機能は2つのタクトスイッチそのものなんだな。

・これらを片手でキーヤーを握ったままできるようにする。
 逆の手はおそらくアンテナを動かしてたり、相手局のコールサインをメモしたりしているだろうから・・・左右どちらの手でも扱えるようにする
・F2キーヤー内に音声用スピーカー・マイクを組み込む。
 音声とCWを即座に切り替えたいのでね・・・

・スピーカー(相手からの音)は、ヘッドホンでも聞けるようにする。  風の強い時や、夜室内で周囲に迷惑をかけたくないような場合 に・・・でも耳に入れるタイプのイヤホンは雑音が大きすぎて使えんわな。 ヘッドホンを使わんと・・・

・スピーカーとは別に、キーヤーのモニター用ブザーも内蔵する。 こいつは音量調節ができるようにする。

というようなF2Aキーヤー with パドル with スピーカーマイク with ヘッドホンジャック付き、を作ろう。 F2キーヤーと市販のKenwood用スピーカーマイクを合体させればいいのさ。 Kenwoodのハンディーの多くはマイクジャックから何ボルトかの電気を給電するように出来ている。 Kenwood TH-79は、ジャックから3Vを給電できるのでキーヤー側に電池は不要なのさ。 キーヤーは3V~5Vで動くように設計されている。 Kenwoodのハンディーはよく考えてあるね。 ほかのメーカーのハンディー機を使う場合は、この給電の仕組みの接続、回路が違うので要注意。給電なしでキーヤー側に電池を必要とするものもあるんよ。 

形状のアイデアも固まりつつある・・・ピストル型。 キーヤーの回路も入手した。 スピーカーマイクも買った。 キーヤーに使うPICというICも入手した。 

これで、また、しばらくStay Homeで遊べる・・・

PICの入手について:

PICというと、自分でマイコン用プログラムを書き、それをテストしてアッセンブルし、ICに焼き付ける、という一連の作業をする事例がたくさんあるが、それをやるとなると大変な労力と時間がかかる。 もともとワシはプログラミングの世界で生きてきた人なので、やれば簡単にできる・・・が、面倒だ。

そこで調べてみると、焼き付け用のHexファイル(テスト済み、アセンブル済み)さえあれば、焼き付けを代行してくれるショップが見つかった。 幸いキット用のHexファイルは公表されている。

ここでは、PIC費用は実費(¥100前後)、焼き付け費用(1個につき¥100)、プラス送料負担。 大事なのは PIC 1個からでもやってくれる、という点。 いまどきありがたいショップじゃ~あ~りませんかっか。 

ここを訪ねてみて

コメント