Max Rod Craft Blog

Max Satohのバンブーロッドクラフティングに関するブログ

トランペット これで悩み解決?

2018年11月19日 10時17分32秒 | トランペット

何気なくTVを見ていた・・・

ん・・・サイレントピアノ・・・???

なんとピアノを家で弾いても音が外に聞こえない・・・???・・・だって・・・???  そんなことができるのなら家にあるピアノも弾けるかな~、と興味をもった。  うちのピアノにも弱音ペダルってのがついてた筈だが・・・

なんでそんなことができるん? とメカニズムを聞いてみると、こういうことらしい。

メカの部分に工夫をしてピアノのハンマーがピアノの弦をたたかないようにする。
同時に、その音を電子音で再現する。  音の強弱は光センサーでタッチの強さをとらえて電子音の発生をコントロールする。  ピアノの方がクラビノーラの方に近づいたってわけだ。

これで電子音をヘッドフォンやイヤホーンで聞きながらピアノ演奏を楽しめる・・・ということらしい。  そうなると、これは電子楽器になるわけだから、ジャックをつなぐと録音もできるし、他のマイナスワンの楽曲との合同演奏もできるということになる。 当然、耳に入る音の強弱は制御できるわけだ。

へ~え、世の中変わったもんだな・・・道理で道をあるいていても住宅の窓からピアノを練習している音がきこえなくなった筈だ。  最近、どこかの家でピアノを弾いてるのって聞こえないいよね~。  ワシの子供らが小さかった頃は、街を歩いていると、どこからかピアノの練習をしている音が聞こえたりしたもんだが・・・バイエル・・・ソナチネ・・・

・・・で、これと同じことがトランペットでもできないのかな~、と思ってググってみたら・・・なんと・・・あるではないか・・・サイレントブラスってのが・・・え~・・・あるの?

ということで、自分の年齢も忘れて、買ってしまった。  これだ!

YAMAHAサイレントブラス

仕組みは・・・

1. かなり音を消せるミュートをトランペットの朝顔(ベルのこと)にはめ込む。
2. ミュートにミニジャックをつないで他方を黒い小さな箱(パーソナルスタジオ)のミュートインというところにつなぐ。
3. 箱にイヤホンをつなぐ。
4. 箱のスイッチを入れる。 
5. この状態でトランペットを吹いてみて音量を調節する。
6. 部屋の中で吹く、というのと、ホールで吹く、というスイッチで共鳴の具合を使い分ける。

という具合です。

この専用のミュートを付けて吹くと、同じ部屋にいる女房でも、何かなってるのかな?・・・程度の雑音だそうです。

ミュートを付けると・・・吹くのは・・・かなり苦しいが、これはハーマンミュートを付けて吹いても同じ程度だが、ハーマンミュート付は結構な音がする。

イヤホンに聞こえる音は、音量を調節できる。  ホールで演奏を選択すると、音が周囲に反響して聞こえるように変わる。

うん・・・これはいいぞ! と思ったが、ミュートなしで思い切り音を出せるのが一番いいことに違いはない。

そういえば・・・数年前に、ザ・ジャズ道 アドリブの扉、ザ・ジャズ道 アドリブの極意、って本を2冊もかっちまったな。  たしか、これにはマイナスワンのCDが付いてたはずだったな・・・

ザ・ジャズ道 アドリブの扉、と、極意・・・・マイナスワンCD付

マイナスワンというのは、トランペットだけが録音されていないカラバンドの演奏が入っているのだ。  これを聞きながら自分のトランペットを演奏するのだ。  トランペット版カラオケ、というわけだ。

とすると、家の部屋の中で、堂々と、女房も気にせず、だれにも聞かれることもなく、外に音も漏れずに、アドリブの練習ができるってことになるんだな・・・

アドリブだから吹く都度フレージングが違うんだよな・・・だから、ジャズのフレーズってのは、その場その場で独自のフレーズが咄嗟に作れるかどうかって練習になるんだな。  それにはカラオケCDで練習するのが一番合ってると思う。  

曲をフレーズ(小節)単位作ればいいってことは、これまで気が付かなんだ。  フレーズは単に小節である、という観念しか持ち合わせていなかった。   フレーズを作ってつなげてみよう、なんて訓練はジャズ道アドリブの扉を読んで初めて知った。  その際に和声とかリズムとかコード進行とかが必要だとわかってくる。 

日本の音楽教育(学校での)は、こういう点がおくれているんだ。  ドレミの弊害は、ジャズを習おうという今でさえ楽譜を読む際に邪魔をする。  小節は小節であり、和声は単に和声である。  

米国ではろくに学校に行っていなかった黒人の音楽家が草が生えるように次々と生まれたのは、こういうところの実践的練習が根底にあるように思える。

1小節か2小説の短いフレーズを即興で演奏できればズージャは出来たようなもんなんだな。  (これが難しいんだけどね・・・じつは)

幸い、パーソナルスタジオという黒い箱には、AUX INという穴があって、ここに音響機器からのジャックをつなげば、マイナスワンCDをコンボでやスマホで再生し、その音を聞きながら、自分でアドリブを吹くという練習が可能になるんだ。

お~、今日ここで、やっと、自宅でのトランペットのアドリブ練習の体制が整った、ってわけだ。  長かったな~・・・

そして、おもむろに出してきた・・・ザ・ジャズ道 アドリブの扉、と極意、マイナスワンCD付き・・・これだ!  もっと昔、高校生の頃、1960年代に買った、Modern Jazz School、って本も見つかった。 (持ちのいいこと・・・)

教則本がたくさん・・・ジャズ道まっしぐら・・・か

さらに、昔ネットから印刷したトランペットの基礎練習の楽譜も、ぞろぞろでてきた・・・こちらは基礎練習用

スケール、リップスラー、タンギング、フィンガリングなどの基礎練習の楽譜


・・・で、最後に、このサイレントブラスの機器の収納法だが・・・いちいち出して来たり、仕舞ったりするのは、すごく面倒で、仕舞い忘れてしまう可能性が高い。  

が、こういう風にトランペットケースにすっぽりと収まるではないかっか。  ミュートを付けたままでも収納できるように作られている。

ワシのケースには、前に買ったマイルスが良く使うハーマンミュートも入っているのだ。 (待ってろマイルス~)

なんでも入るドラえもんのポケット?

 

サイレントブラス・・・結構使い道はあるけど・・・やっぱりミュートはつらい・・・

きっと途中で欲求不満がたまるであろうから、たまったら河原や海辺に行って、思いっきり生で吹けばいいよな・・・そのころには多少うまくなってるやろ。

家でやるのは、タンギング、フィンガリング、スケーリング、アドリブのフレージング、カラオケ演奏、好みの曲・・・の練習ということに。

外でやるのは、ロングトーン、リップスラー、のウォームアップから、好みの曲を2~3曲を思いっきり・・・吹いて、そそくさと帰る・・・江戸川の河原かな・・・ま、日々の散歩だと思って・・・時間は死ぬまであるんだから・・・マイルスに会えるのかな~・・・

コメント

2台目の高台 その1 木材

2018年11月10日 17時44分22秒 | 組紐・組紐台

先週綾竹台の3台目が完成した。

つづいて今度は高台の製作を依頼された。  妹に作ってあげたのを聞きつけて、お友達が、私にも是非、ということで・・・お引き受けした。

高台は、幅88㎝、高さ72㎝、奥行84㎝という大きさで、いわゆる小高台と中高台の中間くらいの大きさ、それなりに長い材木が必要になる。

先の綾竹台はハードメープルという無垢材を使って非常に良い出来だったので、今回も・・・と探したが、長さ、幅、厚み、本数、の合うものが手に入らなかった。

妹のと同じ高級木材、無節の雲杉にしようと決めかかったが、無垢材屋さんを物色していたら、レッドオークなら必要な長さのものが必要な本数手に入るには入るのだが・・・幅、厚みがごっつい・・・40㎜角しかない・・・

う~む、何とか自分でプレーナー処理するか・・・ということでレッドオークを注文した。 レッドオークは高級テーブルの天板や足などに使わる木材だ。

で・・・届いたのが・・・かなり・・・ひ・ど・い・・・こちらの要求に比してという意味で・・・

少しだが歪んでいる物、ねじれている物、50mmもあるもの・・・45㎜角のもの・・・40mm角どころではなかった。  そしてハードウッドだけに、お・も・い。  雲杉は軽くて扱いやすかったが、やはり、ハードウッド系は結構な重さがある。 原木で全部で27Kもあった。  まあ、どっしりしていいか・・・

届いた原木状態がこれ・・・表面は、接着剤がついていたりしてかなり汚い。  乾燥はしているようだ。

届いた原木、レッドオーク

二日かけて、マキタの電動プレーナーを使って、40mmx35mmの角材に仕上げた。  40mmx30mmにするには、削る部分が多すぎて、その勇気が湧かない。  
曲がったり捻じれたりしていたものは調整してまっすぐにした。 

完成した角材がこれ・・・表面はきれいに超カンナ仕上げとなっている。  かなり・・・い・い・・・

木目もきれいに出ている

中には、レッドオークの杢である虎斑が出ている物もある・・・全部ではないが・・・シルバーラインとも呼ばれる杢だ。  杢の好きな人には垂涎もの。

右端2本の角材上面に虎斑の杢が出ている

これだけの本数を3mm~15mm、4面カンナ掛けしたのだから、出た削りくずも半端ない。  マキタの集塵機は容量限界を超え、詰まってしまって往生した。  もう集塵するより手で寄せ集めてゴミ袋に入れる方が早い。

ゴミ袋3杯分になったわ。  家の中には、あちこちにおが屑が散乱・・・

ゴミ袋のおが屑

 

ともあれ、角材の準備が完了した。  あぐらかいてプレーナーかけていたので、立ち上がれなくなってしまった・・・歳だね~・・・あいたたっ

コメント

3台目の綾竹台を作る 完成

2018年11月04日 08時16分57秒 | 組紐・組紐台

3台目の綾竹台は、2段羽根12枚と3段羽根8枚の製作に移っている。

木固めエースをたっぷり2度塗りして乾燥させた。 気温が下がったせいか、半日では乾かないので、裸電球を装備した漆風呂に入れておいたら2~3時間で完全に乾燥した。

木固め中

木固めエースの2度塗りは必要ないことが判明した。 表面に残る樹脂を1000番の耐水ペーパーでこするのだが、2度塗りすると表面に樹脂が多く残りサンディングが大変だ。 1度塗りで十分浸透する。

ウレタンの粉と格闘しながら羽根を全部サンドして製作は完了した。  特に糸を置くU字部分は、何度も何度も絹糸を通し、引っかかりがないことを確認した。  この工程が実は一番大変なのです。

 

2段羽根12枚を装着

正面から  横から

3段羽根8枚を装着

正面から  横から

 

毎日少しづつだから・・・1か月と10日ほどかかったかな・・・

 

コメント

3台目の綾竹台を作る

2018年10月19日 17時23分56秒 | 組紐・組紐台

ある方から製作を依頼され、3台目の綾竹台を作っています。

今回は、2段12枚羽根と3段8枚羽根の製作も一緒に依頼されています。

現在、構造体まで完成しています。

3台目の綾竹台

この綾竹台は組み込み式になっており、ホゾとホゾ穴で組み立てます。

難しいところは、ホゾとホゾ穴が、スムーズに出し入れができるように加工することと、組み合わせた後はカッチリと動かないようにすること。  互いに矛盾するような要求ですが、そうしないと一般的なご婦人がうまく組み立てたりバラしたりできないのです。

家や家具などのホゾ加工では、ホゾは木殺しといって、金づちで叩いて木を縮めてからホゾ穴にはめ込み、縮んだ木が戻ることでしっかりとホゾ穴に固定されるのです。  しかし、組み立て時には木をたたいて殺してから組み立てください、とはご婦人に言いにくいのです。  

すんなりと入るように微調整の加工になります。  だからホゾとホゾ穴の位置は、位置指定となっています。  だから位置を間違えると、入らないなんてことがあり得ます。 (笑

組み合わせた後で、閂(かんぬき)という丸棒を差し込み、ホゾが抜けないように固定します。  この閂も、金槌で叩きこむのではなく、スムーズに指で抜き差しできるように微調整加工をしています。 

そういうところに結構時間がかかるわけです。

写真の綾竹台は、角を丸め、サンドペーパーをかけ、羽根と鳥居を取り付ければ完成となります。

あとすこし・・・

コメント

俳句の作りよう と 俳句

2018年09月15日 07時38分01秒 | 俳句

8月から俳句を作り始めて、いろいろな投句会に投句してきた。  結果、約1か月でやっと佳作、並み、程度の句と評価されるようになった。  プレバトなら「凡人」くらいのレベルかな? 

投句したのはインターネットで投句を受付けてくれる投句サイト各種。  NHK俳句とか日本伝統俳句協会とか、その他多数。

最初に投句した会は、ネットで投句したものを他のネット会員が、「いいね」して、「いいね」の数でレベル(名人とか)を決めようという全自動ネット句会のようなもの。 投句したらTwitterで仲間に触れ回って、「いいね」を促すことも推奨している。 最初は面白がって投句していたが、こういう印象を持ったので止めた。

どんな人が「いいね」を押すのかわからない。 「いいね」の信頼度。
仲間が多ければTwitterで後押しできちゃう。 公平さに欠ける。 一人は不利みたいな気になる。
いつでも誰でも見られるので自分の投句のアイデア(俳句は発想の勝負なのです)を盗まれる。 すぐに似た句が投句される。 等々。

他の投句会では、撰者という人がいて、上位3席、佳作、などを決めてくれるのだが、撰者の方にも多少、傾向や好み、癖、感受性の違い、等があるようなのだ。  これらの傾向は、あって然りとおもうのだが、投句する前に、この撰者はこういう傾向、というような理解をしていると、安心して投句できると思われるんだな。 過去に主席に選ばれた句を多々眺めていれば、撰者の感受性の傾向は分かるのです。

高浜虚子の「俳句の作りよう」では句作の方法を次のように言ってたね。

1.まず17文字を並べること  

2.題を箱でふせてその箱に上って天地乾坤(てんちけんこん)を眺めまわすということ 

3.じっと眺め入ること  

4.じっと案じ入ること  

問題は、これの 2. 兼題と天地乾坤(てんちけんこん)を眺め回せ、ということ。 兼題とは別の事象を身の回りに発見せよ、ということなんだな。

俳句初心者には、この兼題にて17文字で俳句を作ってみよ、といわれても何をどう発想すればよいのかがわからないのです。 あるいは、この景色をみて俳句を作れという場合も同じです。

何をどう考えてどうすれば良い俳句になるのか、という思考過程が分からないのです。  だから虚子は、上の2.でこういっているのです。

兼題(俳句の題、テーマ)を箱で伏せて、一旦わすれる、そして全く別の事象事物を眺め回してみよ、と言っているんです。

つまり、兼題と全く別のことを見つけ、2つを組み合わせてみよ、と言ってるんですな。  兼題というのは、テーマであるわけで、季語であることも多いのですから、ここはまず、季語を置いてみればいいわけですな。

季語は季語辞典というものまであるくらい、たくさんあるので、その中から適当なものを持ってくればいいということになるわけですな。

極端な場合、どんな句にも、「ほととぎす」という季語をくっ付けてみれば、適当な俳句は作れるのですな。 だから季語は俳句にとっては大事なんですな。  ちなみに、ほととぎす、は夏の季語となっておりますな。

例えば、

稀勢の里昨日負けたか ほととぎす  即興
台風は西に逸れたか ほととぎす   即興

それじゃ~、別の季語をくっつけてみたらどうなるか、

稀勢の里昨日負けたか 秋の風    即興
台風は西に逸れたか 山は秋     即興

どうです? 季語の選び方によってはなんとなく俳句らしくなるでしょ?

これは、組み合わせ句作法といったもので、一物仕立ての句作法とは異なる、句作法なのですな。

万葉集の中にも、正述心緒(せいじゅつしんちょ=心に浮かんだものをまっすぐに正直に述べる。 俳句でいう一物仕立て句作法にあたるか)と、寄物陳思(きぶつちんし=物に寄せて思いを述べる。 俳句でいう組み合わせ句作法になるかな)という2つの歌の作り方について述べている巻(巻11,巻12)があるそうですな。  

寄物とは、眼前には不在のものの像を想起し、その像に対する心を発生させ、増幅させる呪物であり、不在のものを立ち顕わさせる鏡である、と説明されております。 (だからただの組み合わせではないのであります)。  鏡を見てあなたを思う・・・とか、妻の縫った衣をみて妻を思うとか・・・

何かを見るにつけ、想い起こすは・・・・・・てな感じですな。  季語の中にもそのようなものが多数含まれておるわけですな。  例えば、花、鳥、風、月、などは、何をか思わん・・・ですな。  だから単に季語をくっつけるという句作法は組み合わせ法ということになるんですな。

この組み合わせ句作の簡便法は、素人が初めて俳句を作る際の思考の動き(何をどう)を教えるものであって、このレベルで出来た句はいくらリアルがあっても、絵がはっきり見えたとしても、人の心を動かす詩情というものがないのですな。 いわゆる感動のない575というだけであって、俳句とは程遠いものなのですな。

投句会の中には、この事を重視するあまり、詩情のない、なんの感動もないような575を良しとするところもあるようですな。 ・・・う~ん、わかるけど詩情がないね~、という句です。

あとは好みの問題にもなるのでしょうが、ワシの好みとしては、

どんな作り方をしても良いから、できた俳句には、ある種の詩情、感動、おかしみ、とん知、同感があってほしい、と思うんだな。  風情は季語自体が持ってるんだし・・・

 

物言えば唇寒し秋の風  芭蕉

 

・・・同感かな・・・独白なのかな・・・秋のもの悲しさなのかな・・・比喩なのかな・・・作り方としては一物仕立てかな・・・季語を使っている以上、組み合わせなのかな・・・

 

吾ときて遊べや親のない雀  一茶

 

・・・一物仕立てだよね・・・見たまま心のままを言ってる・・・雀の子への憐憫・・・雀の子は自身の子供時代に対する寄物なのかな・・・

コメント

ジャバ・ザ・ハット 

2018年09月01日 08時28分10秒 | 人生観

ジャバザハットと言っても帽子のことではありません。

スターウォーズに出てきた・・・あの・・・レイヤ姫を縛り上げていたカエルとナメクジの化け物・・・のこと・・・醜いよね~

これだよ、これ、誰かに似てね?

 

長い間権力の座に君臨すると、だれでもジャバザハットになるのかな、と思った次第です。

スポーツ界に限らず、xx協会とか理事会とかいったものの理事、理事長、といった役職は、当初はよくても長く続くと、さび付いてきて現状に則さない存在になるものです。  政治や行政も同じだとおもいます。

日大フットボールの理事会の理事、相撲協会の理事、女子レスリング協会強化部長、アマチュアボクシング連盟、そして今回の日本体操協会の理事、強化部長・・・

みな同じような問題を起こしている。  その共通するところは・・・


長く君臨しすぎている。

やり方が現状に則さなくなってきている。

個人と権力を混同している。 

保身に身をやつす。

本来の目的を忘れている。

権力的地位(強化部長とか理事とか)と自分の組織の長いう二足の草鞋を履く。

自分の身内を優先させる。

だいたい70才を超えて10代の若い選手たちをどうやって指導強化するってえの?  昔の技と今の若い娘たちの技を比べてごらんよ。  月とすっぽん以上の差があるから。  悔しかったら若い娘たちの前で、今の娘たちの技をやって見せてごらんよ。  できるわけないから。

 

奇しくも、日大事件と今回の体操協会の事件・・・告発者が同じ名前・・・だというのは何かの因縁か・・・

 

ワシと女房は、かつて世界的に有名な某外資系の会社に勤めておった。 結婚することになって初出勤すると、君と奥さんは同じ課には在籍できない、と告げられた。 女房の方が別部門に転籍させられた。

その心は、同じ部署に利害関係者が二人以上存在すると呼応してどんな悪事でも働ける。 したがって同じ部署には夫婦は存在してはいけない。  というのが外国の考え方なんだな。  もう40年も前の時点でだよ。

今回の体操の五輪強化部長、体操協会には問題の夫婦が在籍しているし、強化部長をしながら自らの体操クラブを主催している。 ましてや、その夫婦はその体操クラブ自体の総代と代表コーチでもある。  不正が入り込まないというほうが難しいんじゃないか?

 

周囲から異を唱える意見が出たら、自分がジャバザハットになっていないか、胸に手を置くべきだろうね。

もう要らないと言われていると思った方がいいね。  謙虚にね。

 

そこで提案!

いかなる組織でも、長というのは4年(一定限度)を超えて就いてはならない!!!

現場と理事、理事長、強化部長などという二足の草鞋を履かせてはならない。 権力を与えるのなら、一旦現場とのつながりをなくさねばならない。

 

あらたなジャバザハットを生み出さないために・・・

政治もまた然り!  総理大臣も4年までとするべきじゃ~ないのかな。  刷新刷新!
   

コメント

俳句はじめた

2018年07月31日 08時48分49秒 | 俳句

TVでプレバトを見ていたら、俳句の部で夏井いつきさんの辛口と添削が面白くて、これならワシにもできそう・・・と感じて・・・まず、俳句の本を読んでみようということになった。

女房が本は買わないで借りた方がいいよ、というので市の図書館で借りた。

まず読んだのは、

俳句の作りよう         高浜虚子
俳句とはどんなものか    高浜虚子
俳句はかく解しかく味わう  高浜虚子

の3冊、薄い単行本なので一気に読んだ。 うむ・・・面白かった。

ついで、夏井いつきさんの、

寝る前に読む一句二句、と、超辛口先生の赤ペン俳句教室 の2冊     簡単に気楽に読める本だ。

つづいて、

小林一茶 句による評伝   金子兜太

と、下記が一冊になったもの、

松尾芭蕉/おくのほそ道  松浦寿輝
与謝蕪村  辻原登
小林一茶  長谷川櫂
とくとく歌仙  丸谷才一・大岡信・高橋治

総評・解説 池澤夏樹

本を読んだ結果・・・なんとなく俳句の世界が理解できたような・・・気がする。

5・7・5の17文字だけで、日頃感じた詩情や事柄を江戸時代の芭蕉先生から今日まで、ありとあらゆる俳人が一人で何十何百何千何万という数の句を読むのであるから、一体いくつの句がすでに存在するのやら・・・というのが最初の感想だ。

同じ季題で読んだら、必ずや過去に類似の句があるに違いない。  そしてこれは当たっていた。  

何の先入観もなく、はじめて自分で作った句を、過去の句集などに照らしてみると(ネットで検索できるよ)、句の発想が似たものがぞろぞろと出てくるのだ。

こりゃ盗作騒ぎになるのは必定だ。

そして考えた。  俳句っていったい何だ?

まだ、今時点の理解ではあるが・・・

歴史的理解

和歌(短歌・長歌・旋頭歌)-短歌(5・7・5・7・7、長歌に対して)ー連歌(上の句5・7・5と下の句7・7を、なんとかつながりで複数人が順に読んでいく歌仙形式)-俳句(連歌の発句5・7・5だけを独立させたもので風情を表現する)

というような変遷を経て成立した。 松尾芭蕉さんがその立役者である。  俳人の多くは連歌師でもあった。

その後は、俳句は流行ったりすたれたり、川柳という季語のない句が流行ったり、正述心緒、寄物陳思、花鳥風詠、不易流行、写生、花鳥風月、客観写生、現代俳句、などの標語のもと、いろいろな流儀というか流派・主張というようなものが生じては消えていった。

そして現代、現代語による句作ということに至っている。

ひとつ大変興味を引いたのは、総評で池澤夏樹さんが書いておられたことだ。

石川淳が、「一般に俳句と呼ばれる17文字の形式に何かのこころを託そうとすることはどうも詩的に無理、いや、無意味に似る。 というのは私の俗眼をもって観察すれば、この形式は俳諧の連歌の部分としてよりほかに詩的意味を持ちえないようにみなされるからである。」と言ったということ。

たしかに、句集や前置きの説明などを読まないと、その俳句が本当に言いたいこと、言外の意味、心情、余韻、などが汲み取れない、逆に、それがあれば、ああなるほど、というように同感できる、ということは大いにあるように、ワシにも思えるのである。  だから句集には句作の経緯などがかかれているんだな。

現代俳句では、そういうものがないので5・7・5だけでは、あまりピンとこないもの、読者に伝わらないものが多くなるのは当然なんだろう。  駄作が多くなるわけよ。

では、自分は何のために俳句を作るのか? ということになると、はなはだむずかしい。

俳句で飯を食っていこうという人たち(業俳)は、いろいろと考えるのであろうが、先のこれまでのバックログを考えた場合、自作の句であることを証明するのは大変難しいことになっている。  句集を出して売るにしても、同様である。  残るは、人に教えて教授料をいただく、本を出して印税を稼ぐ、くらいか。

何のために俳句を?

ワシは何のために俳句をつくろうか?

俳句って、今の時代でいうツイッターブログだと思う。 日記でもいい。  ただ、5・7・5の17文字だけで完成させる。  そういう遊びだと思えばいいじゃん。

季語は・・・あってもなかってもいいんじゃないか? 言いたいことがわかれば。 (このあたりから季語不要論者がでてきそう。 俳句が川柳になっちまうかも。)  ただ、川柳もまたよし。 おかしみがあるから。

芭蕉さん、蕪村さん、一茶さんなどは、旅をして日々の発見を俳句に残した。 その当時から似た句は山のようにあったのだろうし、自分なりのユニークな発見をするために題材を旅にもとめたのではなかったか。
 
現代の我々は、それを、インスタや、ツイッター、ブログに残す。

ワシの俳句は、死ぬまでの日々の日記となるであろう。  句題に困ったら、旅でもするか芭蕉さんのように・・・東北の釣り みたいな・・・

 

 

俳句

しずけさや岩に染み入るせみの声    芭蕉

秋風やテレストリアルなフライ巻く    松楠   

 

川柳

君たちは働き蟻だと神定む      松楠

病院と手術と薬のネタばかり     松楠

 

お笑いください

禁転載

コメント

クラッシャボー・ハット

2018年06月19日 06時37分22秒 | Fishing

Crushable・・・クラッシャボーと読んでね

大昔、オーストラリアで買った皮革製のハット・・・クラッシャボー(帽 w)・・・押しつぶしてバッグに入れても、すぐ元通りの形になる・・・というのがうたい文句・・・

今は亡きメーリングリストのBFRFのステッカーがまだそのまま・・・みんなどうしてえるかなぁ~

しょぼくなったのでベルトの更新・・・亀甲紋がえ~か、矢羽がえ~か、はたまた笹波か・・・

色柄合わせ

ループ組紐技法で1mの亀甲紋の組紐を新たに組んだだよ・・・2時間くらいかかった・・・

そしてクラッシャボーに縫い付けました。

帯締め風に結ぶとカッコえ~だろ? フライも刺せるし・・・

行ってみたいな~ ・・・でも足腰が・・・

コメント

組紐 綾取りでミサンガ があっという間に作れる

2018年06月08日 20時20分12秒 | 組紐・組紐台

みなさん、組紐(くみひも)と聞くと「君の名は」というアニメを思い出すでしょう。

異なる時空に引き裂かれた二人が組紐によって時空を超えて再び行き会う・・・というお話だったよね。

この映画で一気に組紐、ミサンガ、などが脚光を浴び、組紐教室には申し込みが殺到したようだ。

だが、組紐を習うというと、丸台、角台、綾竹台、高台、組玉・・・などといった道具を買わされる。  バカにならない金額を取られる。 躊躇する・・・あきらめる・・・といった悪循環が起こっている。

ところが・・・こういった組み台が使われ始めたのは江戸時代になってからのようなんだな。  それ以前はというと、手で組んでいたんだ。  (だから・・・今でも手で組紐が組めるんだよ。)

ループ組紐技法ってのがある。  奈良時代(もっと以前とも言われている)のころからあって、正倉院の御宝とか、平家納経を巻いていた紐とかに実際使われていた。

これらの史実は、調べた人たちがいて、ループ技法を再び集大成し、考古学的な組紐が発見されると、それらをループ技法を使って再現する、といった活動をしておられる。

ループ組紐技法は、まず1本の紐(ひも)から輪を作る。  複数本の輪(ループ)を作り、両手の指にかけて、一定の規則性のもとに輪を動かすと、組紐が組めている、というすごく便利で簡単なものだと分かった。

似たような文化に「あやとり」という遊びがあるが、あやとりとループ組紐技法は、大変似ている。

世界各所にループ組紐が存在し、あやとり遊びも世界各所に存在する。  あやとりは全世界に自然発生的に表れた、と言われているが、ワシ個人の意見としては、そうは思わない。  あやとりは、ループ組紐の文化と一緒に世界に流布された、と思っている。  だいたい、子供がどのようにして紐を手に入れたか、その前に、どうやって紐が、この世に出現したのか、などと考えると、自然発生的に表れるはずはない。

紐は植物の繊維から木綿として、もっと根源的には、羊毛などの獣毛から紡いで作られたと思う。  羊の放牧やアルパカなどの毛の手に入るところには、必ずと言ってよいほど組紐の文化が存在する。  南米しかり、ヨーロッパ、中東、南アジア、アフリカ北部と分布している。  文化の伝搬とともに組紐も遊びも同様に伝えられたと考えるのが自然な気がする。

絹を使った組紐の日本への伝搬は、絹と一緒に大陸や半島から来たものと思われる。  金印の紐とか・・・衣冠束帯にくっついていた房紐とか・・・

アイヌの文化にも、年代はわからないが、組紐はあるようだ。  シイクンタラ(熊おぶい紐)の根元とか、エムシアッ(刀下げ紐)の一部、ライクルタラ(死者用荷縄)、ウプソル(下紐)、などに使われているそうです。 特に、ウプソル(下紐)は、独特の紐の組み方によって女性の血脈を伝えるものとされていたようです。

 

さて・・・と、講釈は置いといてっと・・・実際に自分で組んでみた。

硬めの毛糸で、いろんな色のものを1mの長さに切って輪にする。 長さ50㎝の輪ができる。

使う輪の数は、4つ、5つ、7つ、8つ、9つ、などといろいろな数の組み方がある、が運指法は大概似たものである。

あやとりのように1本の輪を両手で輪を操るのではなく、複数本の輪の片側を1つに縛って、何か動かないものに固定する。 たとえば椅子の背もたれとか・・・

両手の指に輪の反対側をかけ、あちこち動かすと組紐が出来上がる。  輪の長さの半分くらいの組紐が、あっという間に出来上がる。  これをミサンガや携帯のストラップにすればいいんだ。

こんな感じで、小指を輪2,3,4の中をくぐらせて輪1を取る・・・

実際、輪を移動させることを「綾を取る」と言っていますね、技法の中でも・・・ひょっとしたらループ組紐って綾取りそのもののことだったのではないのかな~・・・と感じたりして・・・それを子供たちが横で見ていて、大人から紐をもらって真似して始めたのが綾取り遊びの始まりじゃ~ないのかな~・・・

いずれにせよ、ループ組紐技法ってのは、綾取り遊びと似たような感覚で組める組紐技法であることは間違いない。

面白いのは、同数の輪で、ほぼ同じような運指法で、1か所だけ紐の取り方を変えることで、

1. 角紐(あるいは平紐) 2本同時 太さは2または3の半分
2. 角紐 (あるいは丸紐) 1本
3. 平紐                     1本

の3種類が組めるということだ。  面白いね~輪の動きってのは・・・結び目理論ってのも関係あるかも・・・

例えば、これ、8本の輪で組んだ 笹波組3種、 もうミサンガの形になってるでしょ。

1本から2本に連続して組んだ角紐、途中で綾の取り方を変えただけ

こちらは同じ運指で綾の取り方を変えると平組紐に、サンマの開きみたいね

両端を2本、中央を1本、というように連続して組むこともできるんよ。  そういう形の物って、いろいろあるよね・・・羽織の紐、鉢巻、、下駄の鼻緒、木のボタンのボタン穴、腕輪(ミサンガ)、携帯ストラップ、帯締めの端っこ、ネックレス、などなど・・・

ボタン穴にして他の端を通すように組んだ7本平組紐

組み方の資料も難しいことはなく、技法の資料を読んだ後、5分~10分でこんな紐が組めたんよ・・・言っとくけど、ワシ、組台は作ったことはあるけど、これまで組台の組紐は1本も組んだことはなかったんよ・・・

調子こいてこんなに組んじゃったわ

写真右から、(畝とはうねりの山のこと)

5本の輪  2畝平組紐(蛇腹組) 2本同時 (赤いの)
5本の輪  4畝平組紐 あるいは 重打   ・・・亀甲紋が出てるね (黄とグレー)

8本の輪  矢羽根柄ささなみ組角紐 途中から 2本同時 同角紐 (青と白)

4本の輪  丸紐 途中で各指の糸の色配置を変えることで右螺旋、右螺旋、2本筋 と変わる (茶と白)
4本の輪  4つ打ちと同じ手順で組むと 2本筋の角紐 (茶と白) シルクラインと同じ組み方

7本の輪  2畝と4畝の平組紐の組み合った2層組紐 (青とエンジ)
7本の輪  少しだけ糸の取り方を変えている (青とエンジ) 

7本の輪  2畝と5畝の平組紐の組み合った2層組紐 (白と茶)
7本の輪  同上 (白と茶にエンジ)

もう1本、長さ1mの紐作ったんだが、女房がメガネをぶら下げるのにいい、といって持って行ってしまったわ。 (角杉 4本ループ 青とエンジ)

両手の指の数、10本以上になると、複数の組手が横に並び、綾を交換する形で組む必要があるんですな。  まさに、綾の取りっこ・・・

 

組紐をこれから習おうと思っている人は、騙されたと思って、このループ組紐技法をマスターしてから、組台を使った組紐を習うといいでしょう。  ミサンガを簡単に作りたい人も・・・刺繍糸なんかでやってみるとイイネ。  模様がどういう風に出てくるのか、とか、表裏で色を変えて模様の出し方とか、この段階で理解しちゃう方が、後が早いと思う。  大概の組紐が組めるし、いろんなことがわかる。

ワシのミサンガ いいでしょっ? 四つ組です。

組紐の原点を知ることで、台を使った組紐の組み方が、なお一層理解しやすくなると思いますよ。

興味のある方は、 l-m Brics  と入れて検索すると l-m BRICSニュース、というサイトが出てきますので、それを読破することをお勧めします。  ちなみに、l-m B とはLoop Manipulation Braiding(ループ組技法)の略。  中世には英国やヨーロッパでも流行していたみたいよ。

特に技法入門シリーズ1,2 くらいを読むと、すぐにでも組めますヨ。

コメント

巨大トンボ - 組紐用組玉つくり 経尺装置に自動停止装置が完成

2018年05月29日 13時32分26秒 | 組紐・組紐台

先日製作した組糸用経尺装置、巨大トンボに自動停止装置を取り付けました。

これがそれ、this is it!

写真のように、数値(この例では30)を指定してスイッチを入れると、その回数だけ回転して自動的に止まります。

必要な本数の組糸が、放っておいても出来上がるのです。

便利になりますね~。

 

 

コメント