Max Rod Craft Blog

Max Satohのバンブーロッドクラフティングに関するブログ

少しづつ編み貯めてます

2019年11月19日 | シルクフライライン

気候も落ちついてきたのでシルクラインを編み始めました。 といっても家内制手工業なのでひとつづつゆっくりと編み貯めています。

今回は色糸を使って模様付きのシルクラインを編んでいます。 すべてハーフテーパー、ハーフラインです。 

ハーフテーパーというのは片側にだけテーパーがついています。 

ハーフラインは45フィート、焼く15mの長さです。

#3と#4をそれぞれ用意するつもりです。

 黒いリボンは#4、赤いリボンは#3です。

緑地に白のW螺旋模様#4

赤地に白の螺旋模様#3

白地に赤の螺旋模様#3

色付きのシルクラインは持っているだけでもウキウキしますね。 

は~るよこい~は~やくこい ♪~

コメント

センサーライト付けてみた

2019年11月17日 | 人生観

娘が家の前の道路が暗い・・・というので、センサーライトを物色。

Amazonを見ると・・・あるわあるわ・・・いろんなのがたくさんあった。  ありすぎると選ぶのに迷う。

星5つでベストセラーだというのがあったので、フィードバックを読んでみると、良さそうなので注文した。

LED150個、蓄電池容量2200mAh、8時間充電で10時間持つ、という。

午後いっぱい直射日光で充電して点灯してみたところ、十分に明るい。 明るくてまぶしい。

暗い部屋でテストしてみた。 スイッチはトグルになっていて順次下記のように変わる;

モード1: 通常は消灯、センサー感知でハイライト点灯

動くものをとらえるとピッカーと全150個のLEDが点灯。 動くものがなくなってから15秒後に消灯する。 かなり明るい。  朝明るくなると自動で消灯する。

モード2: 通常マイクロライトモード、センサー感知でハイライト点灯

動くものがなくなると15秒後にマイクロライトモードに戻る。 朝明るくなると自動で消灯する。

モード3: 常時マイクロライトモードで点灯

あたりが薄暗くなるとセンサーが感知して自動で点灯する。 朝明るくなると自動で消灯する。

モード4: OFF

防犯目的ならモード1が良いかも。 ピッカーと点灯してまぶしいくらい。 突然点灯するのでびっくりする。

しばらくモード1にして観察・・・うちの前道路の反対側を歩いても点灯する。 歩いている人が突然の光にびっくりする可能性がある。 この道路けっこう車の往来が多い。 車が通っても点灯する。 これじゃ朝まで電池が持たないかもしれない。 

暗い部屋の床に置いておいたら猫がびっこを引きながら部屋から出てきた。 想像だが、猫はいつものように歩いていたんだが、ピッカーと光ったのでびっくりして飛び上がった。 そして足をくじいたのでは・・・

モード2もびっくり効果と車の通過で点灯するのは同じ。

モード3で朝までマイクロライトモード・・・どうやらこれがよさそう。 一晩試して電池が持つかどうかテスト中である。

3千円弱で2個セットになっていた。 1個余る。 夜釣りにでも行くときにライトとして使おう。 

設置場所は、午前中は日が当たる東側の雨戸の上部にネジ止めした。 半日充電で朝までもつかどうか・・・

左側の明るいのがセンサーライト、モード3です。右はLED電球の常夜灯

高さは2m以上あり踏み台がないと手が届かないので、持っていかれることもないだろう。 庭置きのセンサーライトって、よく持っていかれてしまうって書いてあったので・・・

中国製だが意外と良さそうな製品だと思う。 

コメント

インターネット利用者の基本的人権

2019年11月11日 | 人生観

昨今のインターネット利用に関して一言申し上げる。

インターネット、ホームページ、ブログ、スマホ、通信、などの全般について・・・

まず、どのサイトの頁もネット広告で埋め尽くされ、頁の中身を見るのを妨げている。 それも個人情報をどこかから集めてきたのか、直前に検索したものに関するコマーシャルが、これでもか、これでもか、と勝手に表示される。

頁の上帯、記事の間、左のレーン、右のレーン、下帯、と全部を広告に使っているサイトさえある。

記事を書いた人にとってみれば、言わば頁作成の著作権を侵害してはいないのかなあ?  見ている人にとっても、その頁の閲覧権を侵害されているような気がしてしまう。  見たくもないものを見せられているんだから。

ちょっと、やりすぎなんじゃない?  ひどい!、醜い‼

ブログなんかでは、月に500円程度の金を払えば、こういった広告を消してあげます、なんてことで金を取る。 見たくないものを消すのに金が要るだなんて・・・一句浮かんだ・・・

   見せといて 見たくなければ 金払え      ブラリンマン

 

ブログの世界に、「ブログ村」なるサービスがあって、ブログ記事につけたアイコンをクリックすると、閲覧者数やランキングなどを表示してくれるんだが、そのブログ村の頁といったら、

広告のお化け・・・写真撮っときました。

   

 

ちょっとネット広告の在り方を何とかしないと・・・ネット上げると化け物屋敷・・・という世界になっている・・・

ブログ村は、こんなだから退会してリンク外しました。 閲覧者数なんぞなくてもえ~。

 

次に、スマホの通信について、

ワシはつい最近スマホデビューしたんだが、スマホをデータ容量で契約している人は、騙されないようにしないと、とんでもないことになる。

スマホに事前に入っているアプリ・・・不要なものを早めに整理(アンインストール)しておかないと、こやつらやたら通信を使うんだな。 

まず、見たくもない通知が届く。 こんなアプリ使ってたかなあ、と思うようなものから、通知が・・・これで通信容量なんぼか食らう。

次に、アプリの最新版への更新の通知・・・へたに更新すると、アプリのダウンロードはかなりの容量食らう・・・前に消したはずのアプリがまた入っていたりする・・・

一番恐ろしいのは、xxxxPayなんてアプリが入っていたりする。 アカウントコードはスマホの電話番号になっているものもあり、万が一スマホを紛失した場合、拾った人がそれを利用してアカウント登録なんぞをして、xxxxPayでペイペイと支払いをしてしまう・・・なんて事件も起こりかねない。 指紋認証のついたスマホでもなければ、怖くて入れられないアプリだ。 裏で自分のクレディットカートに直結しているんだから。  ワシは即このアプリを消した。

インターネットを使うのなら、最初に入っているアプリのホーム頁は表示せず、自分が表示したいものを決めて、それを常時表示するのがよい。  なぜなら、最初に入っているものは、写真や広告が多く、特にニュース関連、そいつらを表示するためにたくさんのデータ容量を食らうからだ。 ここでも見たくもない広告やニュースのために貴重な通信容量を無駄に使うことになる。 

ワシはデータ容量のすくない自分のホームページが表示されるように設定し直して使っている。

と、まあ、知らずに使っているということは、よく考えるとおっかないことなんですな。

 

コメント

Windows 10 にしては見たが・・・

2019年11月09日 | ホームページ

来年早々に、現在使っているWindows7のサポートが切れる・・・ということで、どないしょうか? と考えこんでてしまった。

新しいPC買うには10%の消費税が邪魔をするし・・・ということでお定まりのネットサーチをしてみたら・・・

なんとWindos7から10に無償アップグレードが可能という情報を得たので小躍りした。

早速MicrosoftさんのWindows10ダウンロード頁からMediaCreationTool1903.exeってのをダウンロードしてデスクトップに置いた。 そしてそいつをクリックするとWindows10のダウンロードが始まる。 無償だなんて・・・Microsoftさん、ありがと~、と感謝。

ダウンロードは、WiFi環境で約1時間程度で終了。 

次にWindows10のメディアを準備ということで1時間くらい。

構成をチェックしています・・・で1時間くらい。

Windows10をインストールしています・・・で1時間くらいかな?

計4時間くらいかな?

途中で、Rescue&backup と Microsoft Security Essential はWindows10では使えない、ということでアンインストールするか?という画面が出て、Rescue&Backupのみ、その画面からアンインストールが済んだが・・・そこで音信不通になってしまった。 アンインストール後に自動で再起動がはじまり、再起動したところで音信不通になる。 いくら待ってもインストールのタスクが始まらないのである。

しゃ~ないから再び、デスクトップに置いてあったMediacreationTool1903.exeをクリックしてやり直し(だからデスクトップに置いておいたほうがいいのです)。 その前にSecurity Essentialをコントロールパネルのアプリの画面からアンインストールしておいた。 また途中で再起動・・・音信不通となるのは嫌だからね。

再びWindows10のダウンロードからやり直しとなる。 ほんとに頭からやり直しになるのでっせ・・・信じられる? まあ、途中で、クリーンアップしています、というメッセージもでたから、逐一不要となった前のダウンロードファイルは消しているのかもしれないのだけれど。

これからやる人は、先に上記2つのソフトはアンインストールしておいたほうが何時間も時間を節約できる。 そうそうMacafeeのクイックスキャンも先にアンインストールしておいた。 セキュリティー関連ソフトは事前にアンインストールしておくこと。

そうこうして無事Windows10がインストールされたが・・・???

さて、なにを・・・どこから・・・スタートすればいいんだろ??? とまどう。

ステータスバーの左隅にある小さな窓マーク(これがWindows7のStartボタンに相当する)、電源を切ったりスリープさせるのにも、この窓の「電源」をクリックして終了する。 終わり方もわからず少し戸惑ったのよ。

さて、入れた直後の印象であるが・・・これ・・・スマホと似てるね。 mac的とでも言おうか・・・

Windows PCがそのままスマホになった、という印象だね。

インターネットにつなげるソフトが、最初から3つも入っている:

IE11(Win7で使ってたやつ)、Windows Edge、GoogleChrome と・・・3つ

IEのレスポンスは、7の時よりもかなり遅い。 画面変更の前に考え込んじゃってる・・・Chromeのレスポンスはいいね。 Edgeも遅い。 

メールもOutlookにGmail、まだほかにもあるのかも・・・SNSやTwitterも、Facebookも使えるし・・・PCとスマホで通信もできる。

どうやらこれまでのパソコンはこう、スマホはこう、というは区別はなくそうとしているように思える。 業務用ってのはどうなっちゃうんだろね?  Windowsはプログラミングやスプレッドシート、パワーポイントにエクセル、と業務をこなすというイメージが定着しているんだが、スマホ的に使うとなると・・・なにか失ったような気がする。

PCはipadに近づき、ipadとスマホはほぼ同等・・・つまり、パソコン、タブレット、スマホの区別は単に筐体の大きさの違いだけ、ということになってきたような気がするわけよ。

それならワシ等は3種類ものコンピューターを保有する必要はなくなり、スマホだけ持ってればことは足りる、ということになるんじゃないの?  あ、もうそういう時代になってるの?  置いてけぼりになってるの?

ワシは今、imac、Vista(まだ生きてる)、Windows10、iPad、Androidスマホ、と5台もPC持ってる(女房のスマホ入れると家に6台も・・・)けど、こんなにはいらんことになったわけだ。 ぶつぶつぶつ・・・ 

コメント

ループ技法で作ったスマホのストラップ

2019年11月08日 | 組紐・組紐台

以前ループ組紐技法というのをご紹介したが、その折に組んだ組紐を利用してスマホのストラップを作ってみた。

ワシのスマホは両開きの手帳式のカバーを採用したのだが、閉じて置いておくにはいいのだが、いざスマホを使う段になると、左手で安定して保持するのが難しい。 もたもたしているとタイムアウトで黒画面にもどってしまったり、滑って落としそうになったり、画面の変なところを押してしまって思いもよらない画面に切り替わってしまったり、と、てんてこ舞い。

そこで一工夫・・・

まず、こんな風に普通のストラップ

収納時はこんな形に

スマホを使うときは指を通して保持

ということで、組紐を有効に利用できました。  スマホ使うのも楽になりました。

コメント

祝 ラグビーワールドカップ2019 ベスト8

2019年11月06日 | シルクフライライン

日本ラグビーのスピリッツを見せてくれたチームにちなんで、ジャージの色をまねて編んでみました。  それっぽく見えるかしら・・・

さくらジャパン

Victory road~♪

 

Max Rod Craftのオンラインショップにあります(売り切れ御免)。

コメント

奥歯を抜いた

2019年11月04日 | たわごと

ちと気が引けるが・・・ワシの歯のこと・・・

ワシの下あごの奥歯2本は1985年ころ(44年前)に抜いた。 話せば長いことになるが・・・

小学生のころ C1という虫歯が幾つか学校の定期健診で見つかった。 放っとけばよかったんだが・・・おっかさんが直せ直せということで、近所で歯学生みたいなのが自宅で診療をしていて、(もぐりだったかも)、評判が良かったせいか、そこにいかされた。  C1という小さな黒い点にドリルで穴を開けられC1はC3くらいの大きさになった。(穴が大きくなった)。  それが翌年になると、詰め物がとれちゃってまた虫歯になり、年々大きくなるのであった。

かくしてワシの下あごの奥歯は臼のように中央が虫歯で無くなり、クレーターの淵が残るのみとなり、1年半の海外出張で、米国のRaleighというところで寿命となった。

アメリカの歯科診療は、そのころでも進んでいて、歯科に予約をとっていくと、その日のうちに虫歯などは完全に診療してくれた。 予約はなかなかとりにくいんだけどね。

奥歯を抜歯した米人歯科医は抜歯専門のようで、行くとすぐに麻酔を打って、太い目打ちのような器具で奥歯の根元をゴリゴリと削った。 聞くと下あごの骨は密度が高く硬い骨でできているらしい。 だからゴリゴリ削らないと歯根が取れないわけだ。

おかげで車で帰宅するときには下あごから頬、喉あたりまで腫れ上がり、1週間の間、顔相が変わるほどであった。 これを右左2本の奥歯を抜いたのだった。 

そうして44年が経過した。 下の奥歯がないことから上の奥歯は44年間使わず仕舞いで宙に浮いていた。

それが年々下に伸びてきて左の上奥歯は、下がってきて下あごの歯肉にまで達するようになった。 下に受け皿がないので伸びるしかなかったようだ。 (下にインプラントでも入れとけばよかったのかも)

いつのころからかその左上奥歯は、湯や冷水にしみるようになり、またぐらぐら動くようになってきていた。

ついに今日痛みを感じだしたので3年間ご無沙汰していた歯医者に電話して抜歯した。 すいていたので当日予約して約30分で抜歯は終わった。 

抜いた歯には黒いシミがあり、そこが虫歯になっていて沁みていたんだそうだ。  長年の懸案が30分であっけなく解決してしまった。  医者とはありがたいもんだ・・・ぶつぶつ・・・

次は上の奥歯・・・まだ動いてはいないが、こいつも徐々に下にのびてきている・・・下の右、奥から3本は歯根が折れてしまっているそうだ・・・硬いものを噛むと少し痛む・・・やばそう・・・

次第になくなる歯・・・命より先になくならないでね~

コメント

ホームページの常時SSL化 対応完了

2019年11月04日 | ホームページ

最近主流になっているホームページの常時SSL化対応を完了した。

SSL化とは、PCとサーバーとの間のデータ通信を暗号化する技術で、通信過程でデータを盗み見られることを防ぐ目的で開発された技術です。

これまでワシのHPも、お客さんの個人情報が入力されるオンラインショップの通信はSSL化してあった。

最近Googleが、SSL化していないサイトをスマホやPCで表示する際に、”このサイトは信頼できません”、という表示をするようになった。  親切のつもりでやったんだろうが、この1件がPC、スマホユーザーに与えた影響は絶大に大きい。

ホームページでビジネスを行う企業は、こぞってホームページ全体をSSL化し、”信頼できないサイト”表示から逃れんとする。  一部の頁にでも、”このサイトは信頼できません”、などと表示されてしまったら、サイト全体が、”信頼できない”ものと感じてしまうからだ。

いわゆる   ”風評被害” が起こるわけだ。

ほんでもって、極小零細個人事業者であるワシのサイトにも、年に一人や二人のお客が来るんだが、風評被害で、あのサイトは信頼できない、なんてことになったら、只の閲覧だけのお客さんまで来なくなってしまう。

大手検索業者は、常時SSL未対応のサイトのSEO(検索の並べ順)の優先度を下げる、あるいは、検索対象にしない、など、悪乗りする。

SSL業者、は儲かる。 SSL証明書を発行して金をとる業者がいるんだな。  これが年5万円~10万円と高い。 むろん無料のSSLも存在する。  ワシのSSLは、有償のSSLを、プロバイダーがサービスとして無償で提供してくれるSSLで、信頼性も高い。

SSL化すると、URLは、http:// から https:// に変わり、すべての頁のサーバーとの通信データが圧縮され保護される(筈だ)。

SSL化したことによる影響は、CGI (Perlで作ったオンラインプログラム)が動かなくなる、リンクが表示できなくなる、など、URLが変わることによる影響がでる。  これらをすべて修正しないとサイトは動かなくなるのであ~る。  

ワシのサイトをブックマーク等に登録している方は、HTTPのままで来られた場合は、強制的に HTTPS にリダイレクト(転送)されるような仕組みになっとりますので、ご安心ください。

結果的に、以下のURLでも SSL化された保護サイトに転送されます。

http://maxrod.net/

http://www.maxrod.net/

https://maxrod.net/

https://www.maxrod.net/ (これが常時SSL化されたURL)

スマホからのホームページの閲覧もSSL化されますので、安心ですよ。 スマホ、SSL対応の済んだワシのサイトに安心してお越しください。

コメント

スマホ デビュー と HPのスマホ対応

2019年10月31日 | ホームページ

月¥980より~、といううたい文句と、3Gのガラケーがもうすぐ使えなくなる、という脅し文句に釣られて、auショップに行った。

年齢60歳以上は、24時間国内電話無料(時間制限なし)、データ容量1GBまで、スマホは京セラのBasio3 24回払い、故障紛失オプション契約、で、初年度¥3,000ちょっと。 オプション、ハード抜きだと、約¥1,700ちょっと、なので、まあガラケーに毛が生えたくらいの月額でスマホデビューすることにした。

奥さんと2人分なので月¥6,000プラスの出費となる。  痛いね~・・・  2年目以降はケータイー>auスマホ割が無くなるのでプラス¥1,000、月¥8,000以上。  

そこに愛はあるんか?・・・ほんものの愛はあるんか?・・・1年たったら何か手を打たねば・・・

家にはフレッツ光が入っていてWifiが使えるので閲覧は自由。 外出時にはネット検索は極力しない。 なんせ1GBまでしか使えないんだから(金払えばもっと使えるけど)。

ということで、スマホデビューだが、最初から、まあいろんなアプリが、auのだとか、 googleのだとか、入っていて、通知だ、アップデートだと、やたら通信を使ってくる。  その都度、スマホがブルブル震えるので、もう煩わしいこと甚だしい。  だから、ほとんどのアプリをアンインストールしたら、すこし静かになった。

ワシらは、無料の国内電話をバンバンかけることにするんや、と思ったけど、友達も少なくなってきたし、電話する相手がほとんどいない・・・なんて、これ洒落か?  無料電話もあんまり必要ないのかもしれない・・・と感じ始めたが・・・まあ、ええか・・・

ほいで、自分のホームページをスマホで覗いてみたら・・・画面が小さく圧縮されていて、伸び伸~びしないと字が読めない。  う~ん、スマホが世に出てからワシのオームページはこんな風に見えていたんか・・・とややがっかりした。  

ワシのホームページは、Web Managerというダイナミックに画面を生成しながら表示する画期的なシステムだったのに・・・ワシが自分で作ったのに・・・宝の持ち腐れになっておった。

そこで、CGIをちょこっと手直しして、スマホ(iPhone, Android, Windows Phone)からのアクセスの場合は、画面の体裁を、これまたダイナミックに変更するような修正を行った。  いわゆるHPのスマホ対応を行ったわけだ。  これで訪問者がグッと増えるのかもしれない・・・かな?

スマホで実際に表示すると、うん、字も大きくなって結構見やすい。 が、一部、画像が大きいために、頁全体が縮小され、字が読めないページが幾つか残っている。 いずれ暇を見つけて画像を小さくすれば解決する。

サイトの内容はPCとスマホで全く同じ。 画面の配列がちと変わるだけ。 スマホの頁の方が字が大きくて見やすいことは確かだ。  だが、ワシの記事は、かなり詳しく長文なので、スマホではかなりの縦長になる。  暇な人は電車などで読むにはちょうど良いのかもしれない。

というわけで、スマホデビュー、HPのスマホ対応を遅まきながら果たしました。

次に、サイトの全体SSL化を予定している。  終活といいながら、生き延びようとしている・・・笑える・・・

コメント

固定触れ止め、移動触れ止め の改良 - ベアリングを付けて

2019年10月14日 | 旋盤

旋盤を買ったときに、使い勝手も分からず、2種の触れ止めってのを一緒に買った。

この触れ止めってしろもの・・・硬い丸棒の触れ止めには使えるかもしれないが、軟材や木材(丸棒)を加工するさいには使えるものではない。  先端は真鍮製でとがっていて、軟材や木材は回転しているうちに削れてしまう。  だからあまり使ったことはない。  一度長すぎるニッケルシルバー(洋白)を固定触れ止めで削ったことはある。 が、真鍮が触れているところは浅い溝ができてしまった。

だから・・・あまり使ったことがなかった。  そのころは、先端にベアリングでもつければ使えるかな~、と考える程度であった。

今回それを実行に移すことにしたのは、先般、組紐用の組玉を100個作った際に、有効な触れ止めが無かったために、丸棒をバンドソーで切ったことがきっかけだった。  バンドソーってまっすぐに切れないのです。 切り口が曲がるのです。  旋盤で突っ切れば切り口がまっすぐに真っ平になるのです。  その細工は100個ともなると大変な作業量になるのです。

そこで、発注したのは、

ボールベアリング  5個 (固定触れ止め用 3個、移動触れ止め用 2個) 直径 9mm 内径 4mm  厚み 4mm  (ミスミ製)

M4 0.7mmピッチ 平皿 ネジ長 10mm  5個

M4 0.7mmピッチ用 タップ(ネジ切ドリル)

 

それを、こんな風に加工して取り付けます。

φ10mmエンドミルで深さ4.2mmまで沈める。

端から3.5mm中央にφ3.5mmの穴あけ、同M4タップ加工

そして出来上がったのが、

先端にベアリングのついた固定触れ止め

同移動触れ止め

もっと早くにやればよかった~。

コメント