Max Rod Craft Blog

Max Satohのバンブーロッドクラフティングに関するブログ

かな漢変換がおかしい

2015年11月17日 00時37分01秒 | ホームページ

いつごろからだったか・・・ことしであることは間違いないのだが・・・

文字入力をするたびに、かな漢変換がおかしくなるのだ。

ローマ字で文章を入れる際に、たとえば、「か」 と入れようと思って、「k」 と 「a」 を入れようとするでしょ。

そうすると、「k」を打った直後に そのKがクルクルと姿を変え、まるでスロットマシンの絵を見るがごとくに
K k K k というような風に勝手に動き出すのです。

そして次の「a」を入れると、「k」のウゴkイガオカシクナrウノdエsウ・・・

kオウナrウノdエス。  

ダレカタスケテ・・・

ワシが知らない間に Microsoft IME 2010 とうのがインストールされていた。  たぶんWindows Updateかなんかで入っていたのだろう。

IMEの調子が良い時のみ、このブログが書けるってわけさ・・・

 

コメント

PCがスピードアップしたぞ

2015年05月30日 18時29分28秒 | ホームページ

何時の頃からか、使っているPCの動きがなんとなく遅くなってきた、Lenovo Thinkpad。

最近ではインターネットの表示が遅くて、マウスのスクロール機能(ホイールによる上下)も利いたり利かなかったりして、仕方がないのでPgDn、PgUpのボタンなんかで頁を上げ下げしたりしていた。

また、つい最近、フレッツ光ネクスト(NTT)から、光コラボ(Excite光)に変更したので、ネットの表示速度の遅いのは、光コラボの所為だと思っていた。  確かに光コラボを契約してからは、ネットで見る映画(Hulu)などが、以前はスムーズに見れていたのが、画面が固まったり、音が変になったりしているので、NTT時代からは遅くなっている、と娘が言っている。

光TVはTVを2台付けてもちゃんと写っている。 時々画面が固まるのはBCASカードの接触が緩む所為だと分かっている。

さて、PCのスピードアップの件だが・・・その顛末をお話ししましょう。

まず、PCがおかしいと考える現象は・・・HDDのランプが点きっぱなしになる、という現象だ。

HDDは書いたり読んだりするとランプが点いたり消えたりするのだが、点きっぱなしであるということは、何かを書きっぱなし、読みっぱなし、ってことで、その所為でPCが忙しくなり、ネットの表示どころではなくなるってことを意味している。

このことは、Windowsのタスクマネジャーってのを立ち上げてみて分かった。 立ち上げ方は、だいたいどのPCでも似たり寄ったりだと思うが、キーボードのCTRLキー+ALTキー+Deleteキーの3つを同時に押すと幾つかのオプションが表示され、その一番下にタスクマネジャーってのが書かれている。 そいつをクリックすると・・・

タスクマネジャーのポップアップが表示され、アプリケーション、プロセス、パフォーマンス、その他のタブが上端に表示される。

まず、パフォーマンスタブを開くと、CPUの使用状況と物理メモリーの使用状況がグラフで表示される。  そして最下部に、CPU使用率、物理メモリ使用率が数値で%表示される。

CPU使用率が100%だったり、物理メモリ使用率が90%以上だったりすると、PCは何らかの理由で暴走していることを暗示している。  

では、一体なにがその原因なのかは、プロセスタブを開き、CPUとメモリの使用量の多いアプリ(実際にはプログラム名)を突き止めることになる。

今回、ワシのPCでは、立ち上げた直後で何も実行していない状況でも、何時もメモリ使用率が90%以上だったのでおかしいと考えたわけだ。  HDDランプも付きっぱなしだから・・・

そこで、プロセスタブを表示してメモリの欄をクリックすると、使用量の多い順にプログラムが並べ替えられる。  CPUの欄をクリックするとCPU使用量の多い順にプログラムが並べ替えられる。

すると・・・LenovoのThinkvintageってのが一番メモリを食ってるやんけ。  このプラグラムにカーソルを置き、青く反転させ(選択した)後、下の方にある「プロセスの停止」ボタンを押した。  すると、このプログラムはPCから抹消されたわけだ。  とたんにHDDのランプが付きっぱなしから点滅状態へと変化した。

インターネットの表示も速くなったのである。  うっへ~、このPC買った時にはこれくらい速かったよな~。

タスクマネジャーでプロセスを停止させても、次にPCを立ち上げると、このプログラムは「スタートアップ」という一覧表に書かれており、起動時に自動的に立ち上げられるのだ。

スタートアップには2種類ある・・・

第1のスタートアップ(アプリのショートカット一覧)

スタートボタン(Windowsの丸いマーク)を押すと、インストール済みの色々なアプリの一覧が表示され、下の方に、「すべてのプログラム」というのが表示される。  こいつをクリックすると、「スタートアップ」と命名されたフォルダーが見つかる。  このフォルダーをクリックして開くと、中には各種アプリのショートカットがいくつか入っている。  消したいアプリのショートカットをこのフォルダーから消すと、次の起動時からは自動起動されない。  消すのはそのアプリのショートカットだから、もとのアプリは消されないで残っている。 

第2のスタートアップ(システムプログラム)

スタートボタン(Windowsの丸いマーク)を押すと、「プログラムとファイルの検索」という四角い箱が表示されている。 この中に、"msconfig" と入力してエンターキーを押すと、「システム構成」というウィンドが表示されるので、「スターッとアップ」というタブを開くと、自動起動されるプログラムの一覧が表示される。

その一覧から、自動起動を止めたいプログラムを見つけ、チェックマークを外すと、次の起動時からは自動スタートしないようになる。  チェックマークを外したまま消されずに残るので、自動起動したくなったら再度チェックを入れれば良い。

このスタートアップから、Lenovo系のプログラム全部のチェックを外して再起動をしてみた・・・ところ・・・

メモリ使用率は45%程度に低下・・・HDDのランプもめったに点滅しなくなった。

当然、ネットの表示は昔のように早くなった。  スクロールのホイールも利くようになったのだよ!

ちなみに、光コラボの速度測定は、相変わらず、下り 23Mbps、上り 28Mbps、といったところだ。
最高100Mbpsの回線の筈なのだが・・・それでも結構速く表示されるようになったよ。

光コラボを考えている人は、よ~く調べてからにした方が良さそうだね。  明らかにNTTのフレッツの時の方が速かったと思う。  数百円程度を節約するために遅くなってしまったと、後悔先に立たず・・・。

そういった中でもExcite光は良心的なほうだと思う。  料金は安いし、スマホとのセット化も、解約料も無いのでね。  あとはどれくらい改善努力をしてくれるかってことにかかってるね。

 

コメント

個人情報が知らぬ間に使われている

2012年04月16日 23時43分46秒 | ホームページ

最近ブラウザでサイトをいろいろ訪問した後で検索プロバイダの画面を表示したりすると、自分が過去に訪問したサイトの業種やジャンルの宣伝が出てくるので、おかしいな?、と思っていた。

偶然知ったのだが、特定のサイトには訪問した個人のPC情報が自動的に収集される仕組みが入っているそうだ。 たとえば不動産会社のサイトなどにG○○○○○ Mapなどが含まれているような場合、ここを訪問するとMapのアプリを介してあなた(訪問者)のPCの個人情報が収集されるようになっている。  

かくして収集された情報は、あなたがG○○○○○検索やG○○○○○の宣伝を載せているようなサイトを表示したときに、同様の不動産会社の宣伝などが他の企業群の宣伝よりも優先度を高くして表示される、訳だ。

つまりあなたの癖や動向を、こうやって集めているわけなんだな。  この人はこういうものに興味を持っている、というような使われ方をする。  不動産探しをした後では、別荘の宣伝が表示されたり、ボートの検索をしているとボート屋とか船外機の宣伝などが表示されたりする。

だからHなサイトばかり見ていると、いつか検索プロバイダの頁に、いろいろなエロサイトが宣伝として表示されたりして赤っ恥をかくことになる。  

まさか氏名までは集めてはいないだろうけれど、メルアドくらいは持って行ってるかも知れんね。  Hサイトなんか見ると、ViagraとかEDとかの薬のEメールが次の日に届いたりする。 (見とるんやないか! あんた!)

これって何かの法律に抵触するんじゃないの? よくわからんけど、なんとなく監視されているようで、不安を感じるね。

そこで調べてみると、ブラウザ(IE)には、この個人追跡する機能をブロックして防止する機能ってのが入ってるんだな。  やらせといて禁止もできる、ってのは手の込んだやらせではないか。  だめなら初めからそんな機能を入れなければいいんだけど、潜りでやるやつもいるので、(追跡防止機能は)まああった方が良い機能ではある。  

実際、あるプログラムを書けば、各人のPC内にクッキーが書き込んでいるレコードを読み取ることは出来てしまうんだな。  そのクッキーがネットショップのものだったりすると、あんたの住所、氏名、電話番号、メルアド、何をいつ買ったか、値段は、等々、何でも分かってしまうんだな。  

だからクッキーは出来たら使われないようにユーザー側でブロックした方がいいのだけれど、クッキーを有効にしないと買い物ができない、なんてことになる。 (インターネットオプションでブロックできる)

PCも機能を知らずに使っていると、こういう目に合う。  最近はやりのスマートフォンってのは、ちっこいPCだということも知っておかねばならない。  裏で何が動いているのか、意識しといたほうが安全だ。  知らないなら誰かに教えてもらえばよい。

さて、今回の個人追跡機能をブロック(無効に)するための方法だが、次のようにすればできる。 

ブラウザ(IE9だけど)のツールボタン=>アドオンの管理を選択=>追跡防止をクリックすると、
”個人用リスト”というファイル名を書いてある表が表示される。  この段階で下のほうにある”無効にする”ボタンをおしてしまうと、この個人用リスト自体を無効にすることになるので要注意。  ここは無効にせず、有効のままにしておく。

”個人用リスト”の行をクリックして選択し、下の設定ボタンを押すと、今個人追跡をしているサイト名がずらずらと表示される。  まあなんとあることあること。  こんなに勝手に追跡されていたんだと驚く。
上のほうにある、”自動的にブロックする”にチェックを入れると、個人用リスト内のすべてのサイトの個人追跡機能をブロックできる。

この個人用リストは、あなたが訪問したサイトのうち、個人追跡をしているサイトの一覧で、訪問するサイトが増えればこのリストの中身も自動的に増えていく訳だ。   ”最新の情報に更新”ってボタンを押すと、リストの内容が更新される。

現在、すべてのサイトの個人追跡をブロックしているが、G○○○○○ Mapの表示機能の一部に不具合が出たリはするが、まあ不便はなくMapは使えている。  G○○○○○ も Y○○○○ も L○v○ D○○rも、ほかにも一杯やってるで。  個人用リストの中を見てみなはれ。

気いつけなはれや!

 

コメント

PCダウン

2008年11月25日 04時09分18秒 | ホームページ
先日予見したとおり、メール用PCがダウンした。
電源が切れたために、ディスクが壊れたようだ。 ユーザープロファイルが読み込み不能、ハードウエアプロファイルが読み込み不能、とメッセージが出て、仮のプロファイルで立ち上がった。
セーフモードで立ち上げなおし、profile1 という古いプロファイルを使って回復して見たが、デスクトップには、数個のアイコンのみ。 もちろん、メールソフトはデスクトップにはなく、新たに作らざるを得ない。
ちゃは~、大事な過去メールを全部失ってしまった。

幸い、local settingに、デスクトップのバックアップってのが見つかったので、新たに定義したユーザープロファイルの下に上書きコピーしたら、デスクトップは復元できた。 が、やはり、メールの復元は出来なかった。

電源が抜け落ちるとこんな羽目に陥るのね。 くっくっくやしぃ~。

ただいまご注文中のお客様、恐れ入りますが、再度ご連絡をいただければ幸いです。


コメント (3)

最近の検索エンジンの巡回ロボット

2008年08月02日 10時31分46秒 | ホームページ

最近、わがサイトのWebManagerの訪問ログを見ていると、いわゆる、巡回ロボット、の訪問回数が異常に多くなっている。 巡回ロボットというのは、検索エンジンを提供するプロバイダが放った忍者みたいなもんで、リンクをたどってリンク先の頁を読み、シソーラスかなにかを使って、言葉、の索引を作るわけだな。 ほいでもって、検索エンジンに、言葉、を指定して検索すると、世界中から、その言葉を持つサイトを表示する、というとてつもなくエンドレスな紹介サイトなのよ。(いつか、終わりがくるだろうけど。) 

登録制だといっていた、Yahoo Japanですら、現在は、USのYahooの放つ、crawl.yahoo.net によって節操無く集めた索引を使って検索サービスをしているんだ。
このyahooのロボットが一番性質が悪い。 ものすごく頻繁にくる。 数十秒置き。 同じ頁をその都度持っていく。 ロボットの出来がすこぶる悪い。 そういう制御(頻度や、頁が更新されているかどうか、何分前に同じの取ったとか)、すらやっていない。
よほど、頭の悪いSEが作ったに違いない。

Robot.txtだって? そんなもの守ってる奴なんて居るわけ無いじゃないの。 オレオレ詐欺の世の中だよ! 生き馬の目をくり抜く世の中なんだよ! 今は! そんな決まりで引っ込んでくれるロボットなんて、居る訳ないじゃないか! アホかっかっか!!!

ある意味では、それほど世界にわがサイトをご紹介していただきありがたい、のですが、逆の意味では、わがサイトにある、ありとあらゆる情報を根こそぎ黙って持っていかれる、のには抵抗がある。

行儀の良い巡回ロボットも居るには居るが、ロボット訪問の異常さというのは、数秒置き、あるいは数分置きに、大量の頁をごっそり持っていくのである。 土足で他人の家(ホーム)に上がりこみ、何から何まで持っていく、ドロちゃんのようなのである。

検索エンジンは、世界に1つではないので、yahooだ、googleだ、 msnだ、 gooだ、 so-netだ、 ハッキング目的だ、といった何種類の有象無象のロボットが交錯して訪問してくるのだ。 分かったかロボットSEども!

こりゃ堪らんわ。 みぐるみ剥がされて、丸裸。 怖くて大事なものをサイトに格納もできん。 何が持っていかれて、何が持っていかれないのか、疑心暗鬼になってくる。

そこで、吾がWeb Managerの登場である。 このCGIは、わがサイトへの全てのアクセスを自分で制御する能力を有している。 この際、巡回ロボットには、少し遠慮と言うものを覚えてもらおうと、許可した頁以外には、頁184(イヤヨ)という一切のリンク情報なしの頁を表示して、巡回リンクの輪を、ここでストップさせていただくことにした。 頁にリンクがなければ、それ以上の検索はしない筈だべ?

ホームには、一日百回でも、千回でもアクセスして、カウンターをアップしておくれ!
世界に紹介するための情報は、わがホームにすべて書いてある。 紹介していただくのは、その程度で十分だわ。 それ以上細かいことを知りたければ、ロボットじゃ~無くて、実際に読者が訪問してくれればええんよ。

一般の訪問者には、なんら影響が出ないように、工夫がされていますが、万が一、CGIが
巡回ロボットと間違えて、あなたに 頁184を表示しちまったとしたら、すいませんが、一旦ホームに戻り、リンクをたどって必要な頁を表示してくださいまし。(まあないと思いますがね。うっふっふ、自信) この可能性があるのは、アドレスバーから直接URLを指定するような場合です。でも一般訪問者は大丈夫ですよ。(うっふっふ、自信) ブックマークからのアクセスなどには、なんら影響はございません(えっへっへ、自信)。

このWeb Manager、優れものですから、いたずらアクセスでお困りのサイト様などがございましたら、ご相談ください。 有償でサポートさせていただきます!
今はしがないロッド・メーカーやってますが、Maxは、元はれっきとした某国際企業のSEちゃんです。

Web Managerを使うと、こんなことが防げますよ;
* サイト頁にある電話番号を持っていかれる。→ 後日、妙な電話がかかってくる。 オレオレなんて言ってね。
* サイト頁にあるEメールアドレスを持っていかれる。→ 後日、Viagra,スイス時計、出会い系サイト、などの宣伝メール、SPAMメールが頻繁に届く。
* サイト頁にあるBBS、掲示板情報を持っていかれる。→後日、BBSや掲示板に宣伝用のURLや、HサイトのURLを直接書き込まれる(ロボットによる)。 何度も何度も書き込まれる。
* サイト頁にあるBBS、掲示板情報を持っていかれる。→後日、BBS、掲示板にいたづら書きされる(手書きによる)。
* 無用に頻繁な複数の巡回ロボットによるアクセス。 → プロバイダのサーバーに負担がかかる。 一般訪問者のサイト頁表示速度が遅くなる。
* Robot.txtが効かない。→ どないしても持っていかれる。

防げます。








コメント

オンラインショップの変更(予定)

2007年11月12日 00時52分24秒 | ホームページ
現在、ワッシのサイトで稼動中のオンラインショップは、某会社のデータベース管理機能付のCGI(有料)ですが、これが検索エンジンに引っかからないという代物です。せっかく販売用の記事を書いても、それらはCGIフォルダー下のデータベースに格納されてしまって、検索エンジンはそのフォルダーからシャットアウトされてしまいます。 で、この8月からはメンテしていません。 でも、現在ショップは正常稼動中ですから、ふるってご利用ください。

MyHPは、革命的HP管理システムで稼動していますが、ショッピングカートとは別稼動という状態でした。 そこで、この先、オンラインショップ機能を、革命的HP管理システムに取り込み、製品紹介記事から直接購入できるように変更する予定です。(また、やることが増えてしまったワイ)。

売上倍増! (勝手にわめいておれ!) シルクライの販売までには間に合わせようと思っております。


コメント

やっと終った~

2006年03月02日 16時25分11秒 | ホームページ
やっと終った、といってもあの冬季五輪のことではありません。 
ロッド設計ソフト、と、Web管理ソフトの2件の開発が終ったということでした。

いやはや、長くかかりましたね~、ベランダの修理以来・・・。 年取ったということでしょう。すべてが、ゆっくり進みます。

ということで、今は、ホームページを更新してます。 気がつくと、BBSあり、What's Newあり、おまけに、Blogまでついているホームページになっとるではあ~りませんか! 

まあ、もったいない!から全部くっつけておこっと。

ソフトの次は? 

実は、ダイニング・テーブルの表面が汚くなってきたので、リールシート用の端材を細かく薄くスライスして貼り付けてモザイクのテーブルにしよっかな、という話が持ち上がりました。(自分で持ち上げとんやろっ!) 

ロッド造りは、これと並行して進めまんがな! かんにんして~な。

コメント

URL変わりました

2005年11月22日 00時47分08秒 | ホームページ

2005年11月半ばにURLの変更をしました。 Max Rod Craft (MaxRodCraft)は下記URLに変わりました。

http://www.maxrod.net

たびたびの引越しでご迷惑をおかけします。

コメント

CGI

2005年06月06日 18時52分26秒 | ホームページ
ホームページに、mailto: で、メールアドレスを書くと、検索ロボットに収集されてSPAMメーリング・リスト(そんなんあるん?)に載せられるので、専用のフォームを作ったんです。 
ところで、私のプロバイダ、CGIでSendMailを許してくれないのよね。 知らんかったんだよね。
でも、プロバイダの提供するCGIインターフェース使えばメール自体は出せることが分かったのは良かったんだな。
Perlって分かりにくい言語だな~、ほんと。 わしゃ30年前に、PL/Iを習ったんじゃが、書き方がジェンジェン違う。VBとも違う。 PL/IとVBとは似ているところがあるが、Perlはどうも体系的じゃ~ないね。ごちゃごちゃ、と便利そうな文や関数はあるけれど、なんか理解しにくい。
が、しかし、HP完成させんといかんし、本とにらめっこしながら書いたんです。 通らないのよね~、これが。 CGIって簡単に作れることは分かったけれど、"."一つ、”)”一つ書き忘れても、どえらい間違いをしたように、しんたっくす・えらー、とか、いんたーなるさーばーえらー、とかなって止まってしまうんだな~、これが。
スクリプトのフトコロの広さと、このエラー処理の了見の狭さは、対照的だね~。

ともあれ、やっと完成しましたよ。 このていどのもの作るのに2日もかかってしまいました。
 
でもま、メルアド隠すのと、お客様がMax Rod Craftにメールを出せるようになったんだから、良しとしようね。


コメント

SPAMメール対策

2005年06月05日 13時26分40秒 | ホームページ
最近よく来ますね~、迷惑メール。 私なりに分類すると次のような種類があります。
・Hサイトへの勧誘 - Hサイトにアクセスしたかな??? でもどうやってEメールアドレスを入手したんだろう? ひょっとするとスパイウェアを埋め込まれたかもしれません。 スパイウェアがPC内を引っ掻き回し、Eメールアドレスを集めるのかも。
・販売促進 - V*aglaとかCDとか、格安ソフトとか外国からのものが多いですね。これは恐らく昔登録したサイトが多分私のEメールをリストに乗っけちゃったんでしょう。 そのリストが流通しているみたいな現象です。 以前、リストから外してやるから、幾らか出せ、というメールが来たことがあります。一旦リストに載ったら、もうそのアドレスは放棄した方が良いでしょう。
・ヴィールス付 - 最近は来ているかどうか分かりません。自動削除されてますので・・・

また、Eメールの集め方にも、巨大プロバイダから流出した個人情報リスト、ホームページに書いてあるEメールアドレスを検索型ロボットで集めまわったリスト、などいろいろな集め方があるようです。 なかにはスパイウェアで集めているものもあるかもしれません。 公表されたメーリングリストのOwner宛てにも来ます。 まあ、業者の方もいろいろな可能性を追求しているんですね。ご苦労なことです。
 
私は複数のアドレスを持っていますが、気の所為か、どちらかというとYahooやGooなどの無料のEメールアドレスにはあまり迷惑メールは来ません。 自分で契約したアドレスに特に集中して多いですね。 どうしてかな?

SPAMの中にはヴィールスを添付してくるものもあり、昔はNorton、とか、MacAfeeとかヴィールス対策ソフトを入れてましたし、SPAMフィルターも利用しましたが、金ばかりかかって完全なものはありません。
或るとき新聞に「最近の気になるソフト」として紹介されていた無償のソフトが目に入りました。

それは、Eメールを幾つかのグループに自動的に分類してくれるソフトで、PopFileといいます。 どうやって分類するかというと、個々のEメールが持っているヘッダー情報、送信者、件名、本文、などからすべての語彙、Wordを取り出し、それを元に学習して分類します。 したがってこのソフト、最初は分類を間違ってばかりいます。 どうやって学習させるかというと、ユーザーである私が、最初の内は、このメールはこのグループ、このメールはこのグループ、というように指定してやるんです。 指定の仕方は簡単で、メールの一覧表にドロップダウンリストが付いていて、自分で定義したグループが表示されるので、どのグループかを選べば分類完了です。 そうして再分類ボタンを押すと、ヘッダー情報、送信者、件名、本文などにある語彙を取り出して、グループ単位に統計をとります。 以後、到着するメールは、この語彙の統計によって自動的に或るグループに分類されます。 分類が正しければそのままにし、間違っていたら分類しなおしてやります。 これを繰り返していると、ほとんど間違わなくなります。 約1ヶ月で98%くらいの精度になります。
でも、残りの2%は間違うことがあるので、完全には信頼できません。 削除されたリストをときどき確認する必要があります。 どちらかというと、必要なメールが削除フォルダーに入る、間違いが約2%です。
今はほとんど100%近く正しく分類されております。

私は、先の販促メール、Hメール、ヴィールスメールなど、不要なEメールは、SPAMというグループに自動分類しています。このグループは今は中身も見ず、自動的に削除されますので、開いてヴィールスを取り込むこともありません。プレビューも出しません。 時々PopFileのログを覗いて、間違って分類されたメールを再分類しています。 こちらのログは見ても安全ですし、メール自体が削除されていても本文を読めます。

今はもうNortonもMacAfeeも契約していません。 このソフト自体がSPAMフィルターですから。メールを開かないからヴィールス・メールも大丈V! 結構役に立っています。

Eメールで宣伝メールなどを出している企業の方々に一言。 あなた方の宣伝メールは、すべて捨てられていて、見ているひとなんか居ませんよ。 金をドブに捨てているようなものです。 今日では、Eメールによる宣伝は、誰一人として喜ぶ受領者は居ないと言ってよいでしょう。 Product-Outな方法はやめて、Market-Inな方法でやりましょう!! 

興味のある方のためにダウンロード先をお知らせしておきます。 日本語も使えます。
http://popfile.sourceforge.net/

コメント