ふくの映画ブログ

映画の紹介です

「戦火の勇気」

2019年11月16日 | 戦争映画
1996年公開の映画の紹介です

監督はエドワード・ズウィック。
戦争が舞台のヒューマン・ドラマ映画です。
主演・出演は、デンゼル・ワシントン、メグ・ライアン、ルー・ダイアモンド・フィリップス、マット・デイモン。


1990年代、湾岸戦争。
アメリカ軍のサーリング中佐は、戦車隊を引きいて敵の戦車に向かいます。
視界が悪い為ボイヤー大尉の戦車は外れて進みます。
砲撃が始まり、照準を合わせる兵士にサーリングが撃たせた相手は、味方のボイヤー大尉の戦車でした。
その後アメリカ軍は大勝しますが、長く共に戦った大尉を死なせ、サーリングの心は重くなるのでした。
戦争が終わり、ボイヤー大尉の誤射事件は公にされることなく、家族にも名誉の死が伝えられます。
納得がいかないままのサーリングですが、将軍からウォールデン大尉の名誉勲章授与に関しての調査を頼まれます。
ファイルを開けた途端、
「女だ」
とサーリングは驚き、将軍は授与すると女性初になるから皆騒いでいると話します。
-----------------
ウォールデン大尉は数人の下士官兵と医療ヘリで味方の救助に向かい、敵の戦車を暴発させますが墜落してしまいます。
朝まで交代で見張りながら敵と交戦し、翌朝救助が来た時はウォールデン大尉は死亡、数人の兵士が生存していたという事です。
-----------------
サーリングは生存者の一人、衛生兵のイラリオを訪ねると、イラリオは大尉は最後まで勇敢と語り、顛末を話します。
ところが話がまちまちで、モンフリーズ軍曹は、大尉は臆病ものでヘリが墜落したあと泣いていたと証言するのです・・

********************************************************
ウォールデン大尉役は珍しく果敢な役どころのメグ・ライアン。
「恋人たちの予感」(1989)、「めぐり逢えたら」(1993)、「ユー・ガット・メール」(1999)では“ロマンティック・コメディの女王”と呼ばれて、3作品ともゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)にノミネートされているんですね。
なんと、「メグ・ライアン」という小惑星が、命名されて存在するんだとか。

イラリオ役は、なんと18キロ減量したというマット・デイモン。
しかも撮影は2日間・・・

≪ 湾岸戦争 豆知識 ≫

1990年8月2日、イラクがクウェートに侵攻して、間もなくクウェート併合を発表
1991年1月17日、国際連合に派遣された多国籍軍(連合軍)がイラクを空爆して始まった戦争
同 2月23日、陸上部隊による進攻が始まり、多国籍軍は圧倒的勝利をおさめ、クウェートを解放した。

軍事行動の作戦名から「砂漠の嵐作戦」とも呼ばれている

※ 多国籍軍
アメリカ合衆国、カナダ、アルゼンチン、オーストラリア、ニュージーランド
イギリス、フランス、スペイン、ポルトガル、イタリア
大韓民国、バングラデシュ、パキスタン、エジプト、モロッコ

などなど、まだたくさんの国による軍






応援ありがとうございます
まだまだ、頑張ります  (p*・∀・)p
コメント (4)

「ハート・ロッカー」

2019年08月21日 | 戦争映画
2008年公開の映画の紹介です

監督はキャスリン・ビグロー。
アメリカ軍爆弾処理班を描いた戦争アクション映画です。
主演・出演は、ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ガイ・ピアース、レイフ・ファインズ。


2004年、イラク。
戦争が続く現地では、アメリカ軍の爆発物処理班が死と隣り合わせの中任務を行っていました。
ブラボー中隊ではその日の任務の終り頃、突然爆弾が爆発しトンプソン軍曹が命を落としてしまいます。
その後、ジェームズ二等軍曹がリーダーとして派遣されてきます。
ジェームズは就任当初から安全対策も行わず、無防備な姿で爆弾に近づき、しかし、速やかに解除していきます。
中隊のサンボーンとエルドリッジは面白く思いませんでしたが、ジェームズの解体処理した爆弾数を聞くと言葉が出ませんでした。
数日して、中の任務だけでは退屈だからと軍医が皆の任務に同行します。
しかし、民間人を追いやろうとした時暴発が起き、軍医は吹き飛ばされ、見ていたエルドリッジは動転して騒ぎだしたのです。
一方ジェームズは、DVDを売りに来る少年がスパイではないかと思い、独断で調査をしていました。
しかし、誤って同行した仲間を傷つけてしまうのです・・

****************************************************
冒頭から暴発のシーンを見たせいで、その後の解体シーンはドキドキものでした。
爆弾に詳しくない為、汗が滴っただけで爆発するのではないかと気が気でなかったんです。・・・ばか・・!?

この映画はアカデミー賞で9部門のノミネートがあり、
「作品賞」「監督賞」など6部門で受賞しています。

この映画のタイトルは、アメリカ軍のスラングで「苦痛の極限地帯」「棺桶」を意味するんですね。

演技者たちは、実際にアメリカ軍の軍事訓練を受けて撮影に臨んでいるようです。
通常のハリウッドの撮影条件とは違い、個人用のバスルームや空調の整ったトレーラーなしの、過酷な撮影現場だったんだとか。





コメント

「ハイドリヒを撃て!」

2019年08月08日 | 戦争映画
2017年公開の映画の紹介です

監督は、ショーン・エリス。
チェコ、イギリス、フランス合作、実話のサスペンス・戦争映画です。
ハイドリヒ暗殺の『エンスラポイド作戦』を描いた壮絶な作品です。
主演・出演は、キリアン・マーフィ、ジェイミー・ドーナン、 アンナ・ガイスレロヴァー、シャルロット・ルボン、 トビー・ジョーンズ。


1941年冬、チェコの森の中にレジスタンスのヨゼフとヤンはパラシュートで降りました。
 降りる際、ヨゼフは足にけがを負います。
 民家に住む男に2人は声をかけられ休ませてもらいます。
しかし、男がナチスに売ろうとしている事に気付きヨゼフは男を殺します。
 男の車でヨゼフとヤンはプラハへ行き、レジスタンス仲間に合流します。
パラシュート舞台にはいくつかの指令があり、リーダーのハイスキーは2人に尋ねます。
ヨゼフとヤンが「エンスラポイド(類人猿)作戦=ハイドリヒ暗殺作戦」と話すと皆、驚愕します。
間もなくヨゼフとヤンはある家庭に下宿して、計画を練ります。
隠れみのとして2人の女性と行動しますが、やがて巻き添えにした事を後悔するのです。
決行の日、ヨゼフとヤンは何人かの仲間と役割を確認し、ハイドリヒが乗る車を待ちます。
2人は仲間の一人の、護衛が付いている合図を確認し、行動に移します。


*************************************************************
同じ内容の実話の映画では「暁の7人」(1976)が公開されています。

原題:は『Anthropoid』で、直訳では『類人猿』でしょうか。
映画のサブタイトルに『「ナチの野獣」暗殺作戦』とついてます。

ヨゼフ役はキリアン・マーフィー。
アイルランド出身で、同郷のコリン・ファレルやリーアム・ニーソンと仲がいいんですね。
「ダークナイト」(2008)シリーズの出演、「インセプション」(2010)、「白鯨との闘い」(2016)、「ダンケルク」(2017)の出演があります。

ヤン役はジェイミー・ドーナン。
カルバン・クラインやアルマーニ、クリスチャン・ディオール、などのブランドのモデルとして活躍する人気モデルなんですね。
「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」(2015)シリーズのクリスチャン・グレイはぴったしの役でした。

≪ 物語の背景 ≫

1938年、ミュンヘンにて英・仏・独・伊の首脳会談の際、ドイツはチェコ周辺地域の譲渡を希望しました。
ドイツの軍事力に圧倒されている他国は承諾し、チェコは闘わずしてドイツの占領下に入ってしまったんですね。
ラインハルト・ハイドリヒはナチス親衛隊の大物幹部の一人です。
冷酷なユダヤ人大量虐殺から「金髪の野獣」「プラハの屠殺者」と呼ばれていました。





コメント

「プライベート・ライアン」

2019年07月16日 | 戦争映画
1998年公開の映画の紹介です

監督はスティーヴン・スピルバーグ。
監督の4作目となる第二次世界大戦をテーマにした戦争映画です。
主演・出演はトム・ハンクス、トム・サイズモア、ヴィン・ディーゼル、マット・デイモン。


男性は家族とアメリカ人記念墓地を訪れ、ある墓の前に行くと泣き崩れます。
そして、1944年のノルマンディ上陸作戦を思い出します。
1944年。
オマハビーチに向かう船の中でジョン・ミラー大尉は右手の震えを気にします。
間もなく岸に到着すると真正面からドイツ軍の銃撃を受け、瞬く間に海岸は血の海となってしまいます。
作戦を細かく実行し、ジョンは部隊の数人と陣地を確保します。
一方、軍の最高首脳は、ライアンという兵士が3人命を落とし、4人兄弟であることを知ります。
そこで、死亡が確認されていない4男を生きて返そうと考え、ジョンの元に命令が下ります。
「3人の兄が戦争で亡くなった4男のジェームズ・ライアン2等兵を探し出し、故郷の母親の元に帰国させよ」
ジョンは軍曹やドイツ語が堪能な兵士などを連れて、敵地に向かいます。
しかし、途中でドイツ軍から攻撃を受け、死者が出てしまうのです。
一人の為に、と不平を言う兵士も増えますが、遂にジョンはライアンを見つけるのです。
ところが予想をしない展開になり、ジョンは軍曹に助言を求めます。

**************************************************
この映画は、「ナイランド兄弟の逸話」が基になっているんですね。
やはり3人の兄が戦争で死亡していて、前線から本国に戻されたとか。

第二次世界大戦をテーマにした他3作品は、
「1941」(1980)、「太陽の帝国」(1988)、「シンドラーのリスト」(1994)

この映画はアカデミー賞で「監督賞」「音響編集賞」「録音賞」「撮影賞」の受賞があり、
「作品賞」「主演男優賞/トム・ハンクス」「脚本賞」などにノミネートされています。

170分の長編ですが、撮影期間はわずか60日間だったとか。





コメント (2)

「ダンケルク」

2019年06月17日 | 戦争映画
2017年公開の映画の紹介です

監督・脚本はクリストファー・ノーラン。
実話をもとにした戦争映画です。
主演ではないですが、トム・ハーディ、マーク・ライランス、キリアン・マーフィーなど、渋めの俳優陣が大共演です!!!


≪防波堤:一週間の出来事≫
ドイツ軍の追撃から生き残った若き兵士・トミーは防波堤に辿り着きます。
仲間たちと海軍の船に乗り込んだのもつかの間、船はドイツ軍の魚雷攻撃を受けてしまいます。
なんとか砂浜にたどり着き、トミー達は民間の船に乗りますが、船外から何発もの銃撃を受け、船は穴だらけになっていくのです。
≪海:一日の出来事≫
戦禍のダンケルクに向けて、兵士の救出の為に一隻の小型船がイギリスの港から出発します。
途中、英国兵を救助しますが、船がダンケルクに向かっている事がわかると、英国兵は突然妨害を始めたのです。
≪空:一時間の出来事≫
ダンケルク救出作戦で船を援護する為イギリスを旅立った三機のスピットファイアは、ドイツ機と遭遇し、撃墜します。
ダンケルクの海が近付くと、飛行士のファリアは、敵の攻撃を受け沈没しつつある船を目撃します。
その船はまさにトミーたちが乗っていた船だったのです。

**************************************************
あらすじ通り、この映画は空、陸、海の3つの視点で語られています。

題材は『ダイナモ作戦』です。
ドイツ軍によって、フランスのダンケルク海岸まで追い込まれた英仏連合軍の兵士40万人を救出する作戦です。
撮影は、実際に撤退作戦が行われた場所で撮影されました。
しかも、軍艦は本物。
CGではなく、1500人のエキストラと厚紙を切り抜いた兵士と乗り物の小道具を使って、33万強の軍隊を作ったんですね。

トミー役はフィン・ホワイトヘッド。
オーディションに参加して、主演の一人に選ばれました。
海辺のロケでは、爆撃も行われて、実際の戦争に匹敵するぐらいの恐怖だったんですね。

ラストまでとっても粋なファリア役はトム・ハーディ。
撮影の殆どがコクピットだった為、あまり他のキャストとは接点がなかったとか。

民間からの兵士救出に参加したドーソン役はマーク・ライランス。
「ブリッジ・オブ・スパイ」(2016)でアカデミー助演男優賞受賞他、たくさんの賞を受賞しています。




コメント

「グローリー」

2019年06月02日 | 戦争映画
1990年公開の映画の紹介です

監督はエドワード・ズウィック。
アメリカ南北戦争で実在した初の黒人部隊を描いた戦争映画です。
主演・出演はマシュー・ブロデリック、デンゼル・ワシントン、ケイリー・エルウィス、モーガン・フリーマン。


1862年、アンティータムの戦い。
北軍の20代の若い大尉ロバート・グールド・ショーは、闘いの中負傷して気絶してしまいます。
ショーが軽く叩かれて目を覚ますと、黒人のローリンズが「大丈夫か」と覗いていました。
----------------------------------------------------
地元のボストンに戻ったショーは、奴隷解放運動家の父に呼ばれ、北軍初の黒人連隊の隊長就任を依頼されます。
ショーは友人のフォーブスと就任を受諾し、幼なじみの黒人のトマスは、「僕が兵士志願第一号だ」とはりきります。
ショーは『黒人部隊第54連隊』の隊長となり、訓練を開始します。
しかし、北軍でも黒人に対する差別は大きく、指導する曹長は特に学者風情のトマスに辛く当ります。
戦争に重きを置き、ジョーはトマスを特別扱いせず、とりわけ兵士たちの銃の訓練の厳しさはひときわでした。
ところが、「黒人部隊は実戦で役に立たない」と言う噂が広まり、下働きばかりの日々が続きます。
ある日、ショーは脱走した兵士・トリップを連行したという連絡を受け、刑罰に立ち会います。
その後ショーはローリンズを呼び、黒人兵士達の様子を訪ねます。
トリップの脱走の理由を聞き、怒り心頭のショーは、数人の黒人兵士を従え補給係将校の元にかけ合いに行くのです。

*****************************************
この映画はアカデミー賞で「助演男優賞/デンゼル・ワシントン」「撮影賞」「録音賞」を受賞しています。

実話が元になっていますが、ロバート・グールド・ショー大佐以外は実名ではないようです。

ショー役は、日本では「ウォー・ゲーム」(1983)や「GODZILLA」(1998)で知名度があるかな的な、当時27歳のマシュー・ブロデリックです。
撮影が進み、大佐としての貫禄が付いた頃の取りなおしもあったとか。
舞台も長く、『努力しないで出世する方法』『ブライトン・ビーチ回顧録』でトニー賞を受賞しています。

トリップ役はこのころ36歳ほどのデンゼル・ワシントン。
たくさんのアカデミー賞助演男優賞・主演男優賞のノミネートがあり、この映画と「トレーニングデイ」(2001)の主演男優賞を受賞しています。




コメント

「マスター・アンド・コマンダー」

2019年05月24日 | 戦争映画
2004年公開の映画の紹介です

監督はピーター・ウィアー。
戦争・アクション映画です。
主演・出演はラッセル・クロウ、ポール・ベタニー、ジェームズ・ダーシー。


1805年。
ヨーロッパ制覇を目論むナポレオンによって、海上は戦場となっていました。
イギリス海軍のサプライズ号の艦長・ジャック・オーブリーは、政府からある任務を受けます。
間もなくサプライズ号は、フランス海軍の強敵のアケロン号に不意を突かれて砲撃を受けまてしまいます。
何とか霧にまぎれて逃げ切り、体制を整えた後、ジャックの戦略でサプライズ号はアケロン号の後ろに回ることに成功します。
アケロン号を追いかけながらも、ジャックは、補給もかねてガラパゴス諸島に寄ることを考えます。
島には色んな生物の生息が確認でき、学者でもあるスティーヴンはとても喜びます。
ところが、アケロン号が近くにいることがわかり、ジャックは追いつくことを優先にします。
しかし船上では、乗組員が飛ぶ鳥を撃とうとして、弾がスティーヴンに当たってしまったのです。

*********************************************
この映画は、アカデミー賞で「撮影賞」、「音響効果賞」を受賞しています。
他、「作品賞」「監督賞」「編集賞」「美術賞」などのノミネートがあります。

原作はパトリック・オブライエンの海洋冒険小説「英国海軍の雄 ジャック・オーブリー」が土台となっている様です。

ジャック・オーブリー役はラッセル・クロウ。
なんと離婚記念のオークションで、約4億円稼いだというニュースが・・
そのうちこの映画で使用のバイオリンは15万ドル(約1590万円)で売れたんだとか。

スティーヴン役はポール・ベタニー。
古くは「キス★キス★バン★バン」(2002)、「ビューティフル・マインド」(2002)などの出演、近年では「アイアンマン」シリーズのジャーヴィスの声、「アベンジャーズ」シリーズでヴィジョンとして活躍しています。



コメント

「ハクソー・リッジ」

2019年05月22日 | 戦争映画
2017年6月公開の映画の紹介です

監督は、出演していないメル・ギブソン。
太平洋戦争の沖縄戦で衛生兵として従軍し、名誉勲章を授与したデズモンド・T・ドスの実話の映画です。
主演・出演はアンドリュー・ガーフィールド、サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン。
アメリカでR指定、日本ではPG-12指定でした。


太平洋戦争末期。
沖縄に上陸した米軍は日本兵と闘っていました。
衛生兵のデズモンド・ドスは、負傷して担架で運ばれます。
-----------------------------------------------
16年前、バージニア州。
デズモンドの父は第一次世界大戦に出兵して以来、神経が侵され酒におぼれています。
ある日、取っ組み合いのけんかで、デズモンドは弟のハルに大けがを負わせてしまいます。
その時の母の一言は、その後のデズモンドに大きく影響を与えました。
数年後、真珠湾攻撃の流れでハルが出兵すると、デズモンドも影響で出兵します。
訓練基地に入営したデズモンドは順調に見えましたが、M1ライフルの射撃訓練だけは頑なに拒否します。
理由はあれど、上官からは叱責を受け、同じ訓練兵仲間からも酷い目に遭います。
ところがデズモンドの意志は変わらず、聴聞会まで開かれてしまうのです。
見かねたデズモンドの父は聴聞会を訪れます。
・・・しかしやがて、デズモンドの信念は、多くの戦士たちに素晴らしい教訓となって現れるのです。

***************************************
アカデミー賞では、「作品賞」「監督賞」「主演男優賞/アンドリュー・ガーフィールド」などのノミネートがあり、
「録音賞」と「編集賞」を受賞しています。

“ハクソー・リッジ”とは、沖縄戦においての日本軍陣地・前田断崖の事です。
北側が急な崖となっていた為、日米両軍の激戦地となったことから、米軍がこの崖につけた名前なんですね。
崖は約150メートルもあり ノコギリ(ハクソー)で切った断面のような形をしているとか。

デズモンド役はアンドリュー・ガーフィールド。
「ソーシャル・ネットワーク」(2010)では、ゴールデングローブ賞助演男優賞に、ノミネート。
「わたしを離さないで 」(2011)では、サターン賞で助演男優賞を受賞しています。

かなりの殺戮シーンがあり、『最も暴虐で血まみれた殺戮』と評価されてるんですね。
それについて監督は、
「こんなところ、誰だって1秒たりともいたくないと思って欲しかったからだ。」

※ この映画にはメルギブソンの息子 ミロ・ギブソンがラッキー・フォード役で出演しています。



コメント

「ブラックホーク・ダウン」

2019年03月29日 | 戦争映画
2001年公開の戦争映画の紹介です。

30分もあれば達成できる作戦が、アメリカ軍兵士数十名の死亡者と負傷者、ソマリア側は1000名以上の大惨事となった痛ましい実話の戦争映画です。
監督はリドリー・スコット。
主演・出演はジョシュ・ハートネット、ユアン・マクレガー、エリック・バナ、サム・シェパード、オーランド・ブルーム。



1993年、無政府状態の東アフリカ・ソマリア。
アメリカは内戦終結と難民支援のため、ソマリアへ派兵を行っています。
ガリソン少将は皆を集め、事態を急促進に解決させる為に下された作戦を話します。
その後、自称コーヒー係のグライムズ特技下士官も、怪我をした隊員の代わりに初めて出動することになります。
ガチガチに緊張するグライムズに隊員たちは、
「皆と同じ方向に銃を撃てよ」
だの
「すぐ戻ってくるから水なんかいらないよ」
だの茶化します。
進発の暗号『アイリーン』が発令され、全員持ち場につき、発動します。
到着直後、敵のRPG攻撃に遭い就いたばかりの上等兵が落下し、担架で車輛隊の車に乗せられます。
もう一基のブラックホークもRPGの攻撃を受け、市内に墜落してしまいます。
あちこちから民兵がやってきて、墜落したブラックホークは次第に囲まれてしまうのです。

***************************************
昼間の決行の為、皆の表情がはっきり映し出されます。
それほど重くない任務の気楽な雰囲気から、緊張感が走り、仲間が死んでいくのを見、死を覚悟で救出に向かう表情など、すさまじい限りです。

この映画の舞台はソマリアの首都モガディシュですが、撮影当時も政情不安のため、地形の似たモロッコで実施されたんですね。

実際にこの作戦に従事して無事帰還したアーロン・A・ウィーバーというレンジャー隊員がカメオ出演しています。


≪ RPG:豆知識 ≫

旧ソ連が開発した携行型対戦車ロケット発射機です。
簡単な構造で誰でも使えますが、当時の ほとんどの戦車を破壊可能の強力な武器です。







コメント