El Cielo Azul de YOKOHAMA

青い空 白い雲 どこまでどこまで続く
僕の夢は高く 雲を越えてゆくよ

世界で一番 BONNIE YOKOHAMA

See you again Steven TWEED

2006-06-22 | 5.STEVEN TWEED
スティーブン・トゥイード退団セレモニーが終わった。

気持ちを込めた軍曹Tシャツ。
スコットランド民謡Auld Lang SyneにのせたOh Stevenの歌。
白い薔薇。
500本以上、いやいやもっともっと遥かに多かった。
三ツ沢のゴール裏に密集し、埋め尽くした人達が一本ずつ白薔薇を掲げました。

最前列、ど真ん中、柵の上に立って振り返り、みんなを見上げた。
その光景は素晴しかったよ。
まるで起伏のある丘の上
白い薔薇の花畑が延々と続いているようでした。
きっと、ピッチをゆっくりと移動するスティーブンからも同じように見えただろうね。

場内を一周し、目の前に来たとき、あいつは着ていたユニを脱ぎ、手渡してくれた。
ありがとう。
かわりに新品の酔鳥マフラーを裸のスティーブンの首に巻いてあげた。
そしてそのまんま抱き合った。
このユニはアウェーにも連れて行きます。
例え私が行けなくても誰かが連れて行きます。
いえ、お願いします。
みんなでアウェーへ、そしてJ1へ連れて行って下さい。


何でこんなことになっちゃったんだろうね。
何で退団しなきゃならなくなっちゃったんだろうね。
もっともっと、出来ることはたくさんあったはずなのにね。


色々とこの数週間、忙しく企画したり準備したり。
多くのサポが動いた。

白と水色の千羽鶴班もお疲れ様。
スティーブンは「ORIGAMI」と「TSURU」の言葉を憶えてくれたよ。
また、この鶴は願いをかなえるためのもの
折鶴ひとつ一つに折ってくれた人の願いが込められているもの
息子さんの全快を願って・・・
それもちゃんと理解してくれています。

白い薔薇班も大変だったね。
事前に用意した500本の薔薇一本づつにフリエの象徴、水色のリボンを巻く作業
ご苦労様。

また、多くの方が個人で白い薔薇を買い持って来ていた。
白い薔薇、置いてない花屋さんも多いんです。
うれしかった。

私の横断幕にメッセージを書いてくれた皆さんもありがとう。
私の幕は、このセレモニーではなく、19日にスティーブンへ渡しました。
ちょっとだけ、クラブ側のイベントとは一線を画したかったので。
で、真ん中に書いた。

『You're a great father and are Great DeFender.』


1週間ほど前にフリエサポの女性から
先日の日本代表×スコットランド戦の時の写真を貰いました。
メインスタンド側から私がいたスコットランドサポーター席を撮ったものでした。
セント・アンドリュース・クロス旗を振る姿。
写真には、スティーブンの直筆メッセージが書いてあった。
わざわざメッセージを貰ってくれたんですね。

『My only Japanese Scottisch Supporter』
ちょっと泣けたよ。

だけどね、昨日の退団セレモニーでスティーブンも判ってくれたと思う。
「only」という言葉が引っかかったんです。
ちがうよ「many」だよ。

Your many many many Japanese Supporters

多くのサポーターが
あなたを愛し
あなたの熱いプレーに酔い
あなたの責任感に誇りを感じていたことを。


Dear Steven-san
さよならはいいません。
あなたが8年間記録し続けているノート
監督になるその日のために書き貯めているノート
そのノートを持ってスーツ姿に着替えたあなたと
いつか再び横浜FCで一緒に戦えることを
私は信じてる。




終わったね。

気持ちを整理し
自分自身
この問題にケリをつけるため
精一杯出来ることを探してやって来た。
スティーブンと一緒の戦いはあと1試合残しているけど
この退団セレモニーで気持ちを切り替えます。

『昇格』へ向けて



PS.
しゅうちゃんぶうちゃんのはいていたキルトだけどね
あれ、だめだよ。
プレードの両端・平らの部分は前、プリーツの部分は腰から後ろ。
前と後しろ、逆に着てたね。
一声掛けてくれりゃ、事前にチェックしてあげたのに。(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

愛すべきあなたへ白いバラを

2006-06-12 | 5.STEVEN TWEED

LOVE STEVEN

6/21、
スティーブンホーム最終戦。
試合後、白いバラでスタンドを埋めて

みんなでスティーブンを送り出そう。

 こちらでもある程度の本数は

用意いたしますが、

青いリボン巻いた白いバラを1輪。

 スティーブンのために

気持ちを込めて

三ツ沢へ持ってきて下さい。

 

 BLUTIGRE

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

厳しすぎる笠松へ

2006-06-02 | 5.STEVEN TWEED
笠松組はもとより全開だと思う。
留守番組、それから仕事組のみんな、頼む。
みんな、それぞれの環境の中で
闘ってくれ。
横浜の勝利のために
それぞれ闘ってくれ。
今日の笠松と水曜の山形
すんげえ厳しいサポートになると思う。

頼む。
みんな、それぞれの環境で出来る限り闘ってくれ。
笠松に行けなくとも
山形にいけなくとも
みんなが闘っている気持ちが
現地サポの力になる
選手の力になる。

頼む。
6月全勝
行きたいんだ。
やりとげたいんだ。
みんなの力を下さい。

俺も間に合わないかも知れないけど
例え1分でもいい
笠松へ向かう。

みんなの気持ちを
笠松へ向けてくれ。

Garuda
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Steven TWEED へメッセージ

2006-05-23 | 5.STEVEN TWEED
今、横浜FCサポーターのみんなが考えていることは、以下の3つかな。

●もう、決定を変えられないのか
●スティーブンへ感謝と激励の気持ちを伝えたい
●スティーブン離脱後のチーム強化はどうなるのか

一つ目は、スティーブンと家族の強い気持ちだし、どうにもならない。
去年も退団に気持ちが傾いたこともあったはず。
ただあの頃は、彼の深刻な問題をよく知らなかったので、あの手この手で、彼の気持ちを繋ぎ留めようした。
拙い英語で退団の意志を問いただしたり、お前の守備、いや攻撃力、得点力が必要だと訴えたり。
家族を呼んでBBQパーティを企画したり。
休暇が終わり練習初日、日吉に駆け付けた私の背中をバシバシ叩きながら再会を喜んでくれた。
前回の退団騒動時、しんよこに駆け付けた私を見つけ、わざわざ練習を中断して来てくれた。『継続するよ』
そのスティーブンが今回は契約を途中解除するリスクを負ってまで決心した。
俺はもう、あいつを引き止められないよ。

だから、二つ目、やるよ。
もともとスコットランドデイ開催をクラブに持ちかけてたし。
それよりも、サポーターひとり一人の気持ちをメッセージにして彼に届けたい。
日本語でいい。
彼への感謝
息子への激励
J1昇格への決意
そんなメッセージを集め、英訳して彼に届ける。
俺個人で集めてもいい。
英訳ボランティア募集。
ネット、ミツザワ、色々と集められるよね。
クラブ側と協力してもいい。その方がより多くの人達のメッセージを集められるかも。
残念なのはオーロラビジョンを使える横国の試合が7/1だということかな。
緑戦の豪快な先制ヘッドや数々の得点、身体を張ったクリアを映したかった。

三つ目は、クラブに頑張って貰うよ。
今年の目標に向かって、やるしかない。
スティーブンの移籍が選手兼コーチ格ならば、リビングストンFCや古巣ハイバーニアン、ダンディとの提携、スティーブンの目で見た選手の派遣ほか。
クラブが考えることだけど、これまで無駄にして来たことを繰り返して欲しくない。
いい関係で彼を送り出し、この関係をクラブの財産のひとつにすること。
やっと変わり始めた今のクラブならそれが出来るはず。重要性が判るはず。
あだっさんのようにね。
クラブ、頼むよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Steven Tweed 彼からのメッセージ

2006-05-22 | 5.STEVEN TWEED
本日、スティーブンの離脱がクラブから発表された。

-----

☆ トゥイード選手 帰国のお知らせ ☆


この度、当クラブ所属のトゥイード選手が、ご家族の
健康上の理由により6月末日で、契約を解除し、
スコットランドに帰国することとなりましたのでお知らせします。        

◆ トゥイード選手 プロフィール
本  名: Steven TWEED(スティーブン・トゥイード)
登 録 名: トゥイード
生年月日: 1972年8月8日(33歳)
国  籍: スコットランド
身長/体重: 192cm/94kg
ポジション: DF
略  歴: ハイバーニアンFC(スコットランド)-イオニコスFC(ギリシャ)
-ストークシティFC(イングランド)-ダンディー・ユナイテッドFC(スコットランド)
-MSVデュイスブルグ(ドイツ)

◇本人コメント
「家族の健康状況により残念ながらチームを
離れることとなりましたが、チームスタッフ、
サポーターの方々のご支援には家族共々心から感謝しております。
いつの日か家族が成長し、状態がよくなる日が来れば
コーチとして再び、チームにもどれるような日が来れば幸いです。
これまで皆の応援、本当にありがとうございました」


-----

遂に来るべきものが来たか・・・。
その原因の大きな部分を知ったのは、昨年に開催した私主催のBBQ大会の時です。

(この企画は、当時、怪我が長引きサッカーが出来ないスティーブンやハヤ達を励ますために、私が個人的に企画したものです。会社の許可は取っていませんし、こういう企画が許されるのかどうか、私にも良く判りません。)

彼の子供が病気であると聞かされ、食生活にとても気を使うスティーブンを見た。
この病気は歳とともに症状が重くなるとのことでした。

今年のシーズンになって、重大な事象が発生したようでした。
その時、スティーブンと家族はとても心細い経験をしたのでしょう。
それは、彼が安心して生活をするために日本を離れる決心をさせる程のことだったのでしょう。

私らサポーターは選手の去就について口を挟むべきではない。
チームの強化について、誰を雇え、誰を残せといえるほど、チーム運営に責任や義務を負っているわけではないから。
だけど、そのまま受け入れることは出来ない場合もある。
以前、有馬やマシューの時に抗議活動を行ったこともあった。
それは、サポーターの範疇を越えたことだと気付いていたが
自分の気持ちが切り替えられなかったからでした。

私はスティーブンを引き止めることは出来ない。
彼が英語圏へ行きたいと真剣に悩むことに対して、何の力にもなれない。
クラブでもどうすることも出来ないでしょう。
通訳を24時間つければ済むものでもないでしょう。

スティーブンとの間に残された時間は1ヶ月。
この1ヶ月間を大切に使いたい。

あなたが私達、横浜FCサポーターに残してくれたもの

それに対してどう感謝すればいいのか。
いろいろと考えてみたい。

今回の発表を前に、スティーブンからメールが来ました。
そこには、こう書いてありました。

『私達が横浜FCの一員として素晴しい時間を過せたことを、あなたと全てのサポータに感謝したいと思う』

そして

『横浜FCのサポートを続けなさい』

とあった。

このメッセージを公開すべきか悩んだ。
前回のBBQに参加してくれた人のみへ送るべきか・・・。
だけど、今、私達、横浜FCはフロントも選手もサポーターも『団結』することを目指している。
ならば、横浜FCを応援するみんなに伝えるべきではないかと思った。
そして、スティーブンのメッセージの最後にあった言葉に忠実に従いたいと思う。

『あなたのオンライン友人達へ即刻メッセージを送りなさい』


-----From Steven Tweed 2006/05/21(Sun) 11:49-----

Hi Garuda-san,

Now the supporters Know that I shall leave Yokohama FC on the 25th of June.

We leave because my son has been terribly sick.....we have had to visit emergency hospital in the middle of the night, which is no fun when the staff do not understand 100% the problem.

I want to thank you and all the supporters for the wonderful time we have had in Yokohama Fc,
Please continue to support the team and also support Livingston FC the team which I will sign for in July, upon my return to Scotland.

Hopefully one day I will come back to be the coach of Yokohama FC.


Steven

-----

スティーブンの真意を汲んで欲しい。
このメッセージを他の掲示板などに張ることは控えて欲しい。
横浜FCのサポーターであるあなたへのメッセージであることを
理解して欲しい。


最後に、スティーブン、私は今でも思ってます。
あなたと一緒にJ1へ行きたかった。



私の糞みたいな英語ではこんなもんです。
自動翻訳してもやっぱり糞です。(泣笑い)
だけどスティーブンへ伝えたい。

一緒に闘ってくれて
ありがとう


-----

Dear Steven san

I’m Garuda, YOKOHAMA FC Supporter.
It was heard that you resigned from the team in June from xxxxx.
I am very sad, regrettable feelings.

I liked your courageous play very much.
I raised the position to the other party goalmouth by you of the defender,
and was surprised at play to deprive of the attack participation doing and the goal very much.

The result of the team thought this year and I thought
that I was able to be promoted to a high-ranking J1 league with you well.

.....

The antecedent of Yokohama FC is a club of the name of A.S Yokohama FLUGELS of the J1 league.
A.S FLUGELS was a strong team that won to Emperor's Cup of Japan twice, 1993, 1998.
However, it was a very small team.

It is 1998 eight years ago.
A.S FLUGELS was suddenly absorbed to a Big club NISSAN Marinos,
and disappeared.

It is that All Nippon Airways and Nissan Motor Co. of the parent company
decided it without permission.

It felt sorry for supporters.

However, do not cry.

Supporters put up the cash each other, the SOCIO system was made,
and Yokohama FC today was established. It is 1999.
Yokohama FC is promoted to J2 League in two years.

.....


In us, do the stream of proud blood that keeps resisting the large country and the Big club
to Yokohama FC supporters.

Yokohama FC supporters have brave man's heart in us.

It was really glad that you had come from the country and Scotland of a genuine brave man to Yokohama FC.
A genuine brave man came to the small, poor club that we had established.


There might variously be reason resigning from the team.
The supporters cannot solve the cause to you.

But we want thinking. As for us, experiencing wonderful time together with this Yokohama FC.

Thank you Steven.
Thank you brave man Steven really.


From Garuda.

-----
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BASS PALE ALE

2006-05-18 | 5.STEVEN TWEED
THE CLASSIC ENGLISH ALE
最近、定番のBEER
このビールは美味いよ。


土曜日、日本代表×スコットランド代表の試合で彩スタへ行きました。
日本代表を追い求め、国内のワールドカップ予選も全戦スタジアムへ駆け付けた俺が
初めて、日本代表を敵に回した。
そう、俺はタータン・アーミーをエスコートし、スコットランド応援席最前列にいた。
セント・アンドリュース・クロスの大旗を振り、スコットランド国歌を歌い、タータン・ボーイズを鼓舞し続けた。

正装サポーターの凄さ、強さ、格好良さに感動しながら、ドレミの歌を歌い、大旗を振り、『グッ・ボール』と鼓舞し続けた。

ここに来れば、見失いかけた応援の何か
大切な何かを見つけられるのではないか。
クラブ・サポーターとして、自分の立ち位置はどこか。
仲間に求めるモノは何か。
何が正しいのか。
考えたよ。
そして、色々なモノが見つかったよ。

本国から来た年配の正装サポーター。
彼の声量に度胆を抜かれ、その一途さに打たれ、
気付いた。
サポーターは歳じゃない。

好きにならずにいられない気持ちと、そのエネルギー。

これだね。

ホームチーム・日本の応援のライト感覚に
『ジャポネーゼ』を感じながら
自分の目指す方向を再確認した。


SCOTLAND THE BRAVE
毎日、これを聴いている。
大国に抵抗しながら、自らのアイデンティティを守りぬく。

STAND UP! IF YOU HATE MARINOS.

フリエ魂と同質のものが
ここにあったんだよ。

ねぇ、君にはフリエの血が流れてる?
どんなに逆境だって、
馬鹿にされたっていい。
自分の信じるものに向かって、
闘う血だよ。
沸き立つ血だよ。

進むよ、どこまでも。
ひとり一人が
5人、10人の力を発揮する。

俺達、フリエサポに求められているものはこれだよ。

ひとりも欠けちゃいけない。
一緒に
闘おうよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Stand up, if you hate Marinos!

2006-04-27 | 5.STEVEN TWEED
そろそろ、戦闘モードに切り替えようかなぁ
などなどと
週末の湘南戦へ向けてソワソワしてきました。(爆)

ところで、13日の日本代表×スコットランド代表、行く人いますか?

ちょっと気になるのは、本国からタータン・アーミーは来るのかということ。
私自身はTVや雑誌でしか見たことがなく
本物を見てみたいと常々思っています。
一応、チケットは入手したので、アウェイ側へ行ってみようかと考えています。

ドイツW杯予選の何かの記事に出ていた話しで
彼等が「ドレミの歌」を延々と歌っていたと読んだのですが
それってこの歌詞なのかな?
気になってます。(笑)

Do(doe), a deer a female deer 雌の鹿
Re(ray), a dorp of golden sun 太陽の光
Mi(me), a name I call myself 自分の呼び方
Fa(far), a long long way to run はるか彼方
So(saw), a needle pulling thread 針仕事
Ra(ra), a note follows so ソの次の音
Ti(tea), a drink with jam & bread ティー

Stand up, if you hate England!


最後のフレーズは勝手に付けちゃったんだけど(爆)
このフレーズって使えますよね。
私らだと

『マリノスの嫌いなやつは立ち上がれ!』
 Stand up, if you hate Marinos!

になるのかな?
真っ向勝負でいい感じです。

大国に立ち向かう小国の意地を強く感じて好きなんですよ、スコットランド。
天邪鬼気質なんでしょうかね、自分は。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

開幕・仙台戦4-0

2004-03-13 | 5.STEVEN TWEED
4(2-0)0という結果に、夢の島3(0-4)4の借りは返せたと思いました。
無失点試合は良かった。それに前半は最高の出来でしたね。お米5Kgもあたったし(笑)。
DFラインがしっかりしているので、ボランチが下がらず、しっかりと中盤を抑えていました。中盤でボールは繋がるし、仙台のボールは悉くカットするし、ジェフェは前線でキープしためを作れるし、ドリブルでチャレンジしてFK奪うし、セットプレーに長身選手はうじゃうじゃいるし。
それとうっちぃ、幸平がよく動いていました。
仙台やズデンコが悪すぎたとはいえ、ベストメンバが揃うと、今年の横浜は楽しいサッカーができることがわかりました。

しかし去年の11位で学んだことですが、
開幕戦でJ1降格チームに勝ったからといって、これで『やれるんだ』と勘違いしないことです。後半バテたり、バンダイ君(18番)に押込まれたりもあったしね。選手層も薄いし、出場停止は即、戦力低下に繋がるし。
気を引き締めて次節に臨みましょう。

横浜はいつだってチャレンジャーです。
次も挑戦して行きましょう。

PS.帰宅したら、手術した口の中の縫い目が裂けて、出血していてビックリ。大声を出しすぎて、やっちゃいました。また縫ってもらわねば(涙)。
☆スコア
 横浜 4(2-0)0 ベガルタ仙台
☆得点者
 横浜
   マチュー(12分、48分)、小野智(20分)、城彰二(58分)
 仙台
   なし
☆入場者数 7,788人
☆スタメン
 GK 菅野
 DF 早川、捨文、山尾、小野智
 MF 臼井、魔蹴、内田、大友
 FW 城彰二、ジェフェルソン
☆リザーブ
 GK 小山 DF 眞中
 MF 吉武 増田 小野信 FW
☆交代
 60分 城彰二 → 吉武
    :キング城、乙
 73分 大友  → 小野信
    :よ~く考えよ~大友大事だよ~UH♪には笑った
 81分 臼井  → 増田
    :汗かき役が交代して押し込まれたね
☆警告
 34分 内田
 64分 吉武


夢の島の借りは返したぞ 横浜!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Google Adsense

<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script> <script> (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); </script>

Google Adsense 20150916

<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script> <script> (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); </script>