糖蜜(糖みつ)糖蜜飼料・糖蜜吸着飼料の富士デベロプメントブログ

糖蜜(糖蜜)・糖蜜飼料・糖蜜吸着飼料の富士デベロプメント株式会社ブログ

製品(糖蜜吸着飼料)の出荷再開のお知らせについて

2022-03-02 15:00:00 | 日記

平素は、格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

昨日、FAX登録のあるお取引様、販売先様にはご連絡いたしておりますが、待ちにまった「やし油かす」を積んだ船が到着しました。

これにより、順次糖蜜吸着飼料の製造出荷が可能となりました。

出荷停止期間中、お客様をはじめ関係者の皆様には、大変なご迷惑とご心配をおかけ致しましたこと、改めてお詫び申し上げます。

出荷開始直後は、しばらく混雑をきたす為、引き取り日の調整をお願いすることもございますが、ご了承頂けますよう、重ねてお願い申し上げます。

引き続き、安全な飼料製造、製品の供給に努力をして参りますので、今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

本出荷再開日 :令和4年3月9日(水)

糖蜜飼料・糖蜜吸着飼料の富士デベロプメント


年始早々にご迷惑をおかけいたしております。

2022-01-19 13:00:00 | 日記

タイトル通りですが、年始早々に弊社糖蜜吸着飼料をご愛顧のユーザー様、ならびに代理店様、取扱店様、また、仕入先様と関係者の方々には、大変ご迷惑、ご不便をおかけしておりますこと、深くお詫び申し上げます。

ブログを更新している場合ではないのですが、現状思いつく範囲だけですが、やれることは全て行い、後は1月13日にインドネシアから出港した、弊社やし油かすを載せた船がシンガポール経由(積み替え)で無事に東京にたどり着き、税関検査等もすんなりと終わって、弊社に着くのをクビを長くして待つしかない状況です。

一部、本当にごく少量ですが、ご愛顧頂いております取扱い店様からのご協力で、国内流通のやし油かすを譲って頂ける話となり、弊社仕入れとしては、国内輸送費も含めて、通常よりもかなり高額となってしまいましたが、延命原料として利用させて頂ける事となりました。

関係各所の方々、ならびにこの時期に貴重な輸入原料を譲っていただいた企業様には、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

引き続き、日本国内流通のやし油かすは探しておりますので、本ブログを拝見された方で少量でも譲って下さる方、またはご紹介して頂ける方がいらっしゃいましたら、弊社にご一報頂ければ幸いです。

年末のインドネシアの地震や先日のトンガの海底火山の大噴火など、世界各地で起きている天変地異、世界中の港湾関係の問題など、弊社のような小企業では予測や危機管理体制など、不可能なことばかりが起きております。

今回の輸入原料の問題については、多くのお取引様からはご理解を得ています状況ですが、一部のお取引様からは、事前に予知出来なかったのか、国内調達の原料を探したほうが良いのではと、弊社の危機管理体制を問われるご指摘等を頂き「ごもっとも」の部分は、痛感いたしております。

しかしながら、今回ばかりは、弊社での問題(輸入原料を買い付ける資金繰り、社内外の倉庫、原料や製品の価格など)とは別で、地震やコンテナ物流の大混乱と、あの某一流企業のハンバーガー屋さんですら、ポテト製品が出せない位の事なので、ご理解頂けると幸いです。

色々言い訳をしても結果として、糖蜜吸着飼料が、次のやし油かすが仕入れられないと製造出来ない状況と、これからの予定も海上の天候、税関検査等と確実な日程は、現状分かりません。

弊社で分かる情報が変わり次第、弊社事務所、営業、本ブログを通じてご通知させて頂きます。

今後とも糖蜜吸着飼料のご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

糖蜜飼料・糖蜜吸着飼料の富士デベロプメント

なお、11月21日以降、さぼってしまっているブログ更新ですが、原料タンクの改修工事については無事に終了し、既に稼働はしておりますことを最後にご報告申し上げます。

ロボットアームや半製品タンクなどの改修工事と、立て続けに行ったことにより、予算と工事期間の関係もあり、色々と不完全なところもありますが、全体を囲ったことで雨風から守られ、金属腐食も防いで、今までのものよりは長持ちするのでは。との業者さんの見解もあり、乞うご期待の設備となりました。

糖蜜飼料・糖蜜吸着飼料の富士デベロプメント

 

 

 

                   


原料タンク工事開始

2021-11-21 12:00:00 | 日記

本日、11月21日。

いよいよ、一昨日から既存のAメーカー30年前のFRPタンクが、ボロボロになってしまったのをきっかけに、いつもお世話になっているB鉄工所?さんの多大なるご協力の下、CメーカーのFRPタンクに代える工事が始まりました。

足場を組んだりという作業があるので、正確には15日、16日もあったのですが、

約30年以上、使い続けると、どこからともなく水が入って、原料が固化してしまい、外壁にこびりつき、これを叩いて落とすことをしていると、一番画前のタンクのように丈夫なFRPタンクでも穴が空いてしまい、補修するも叩く場所もなくなって、非常に難儀していました。

こんな感じで足場を回して、19日より解体を初めて、

こんなに汚いのは、外に設置しているからということもあり、今回は、これ毎屋根で囲う工事も合わせて行います。(^_^;)

写真をとるタイミングを外してしまいましたが、8本全てのタンクを下ろす前にその上にあるコンベアを除去したり、これを解体して、更に小さくし、新しいタンクは新しいたんくで、メーカーから4つづつ重ねてきたFRPタンクに、金具を付けて設置案配を見ながら、次に備えての準備。(^_^)

逆さにすると「ロケット」さながら、会社の2階建て社宅に比べても結構な大きさだな。とつくづく思ったところです。(^^;)

もう一方では、古いタンクのほうをトランスバックに入れて運ぶために小さく壊していました。

これで片側の設置が終了。(^_^)

鉄柱が斜めになっているが気になって、業者の方に聞いたところ、Aメーカーのタンクと、Cメーカーのタンクとでは、内容積は同じにしても縦横の大きさが違うとのことで、どうしても足の位置が変わってしまう為、アダプターをつけて、4点の支点を代えて居るために斜めになっているとの説明を受けました。(*^_^*)

分かりやすくいうと、正方形が大きい4つの支点のA社の台座から、ちょっと痩せているC社のタンクを乗せる為に、設置棒はずらして設置。但し、逆に安定しやすくなったとのことでした。

農家さんならタンク設置で終わりかも知れませんが、これに

上部のラインを乗っけて、上下共に既存のラインと結合しないと、製造も出来ないので、ドンドン進めて欲しいけど、、、

明日は雨なんですよね~。しかも12時現在での降水確率が今晩70%、明日は90%。と、

絶対雨じゃん!!ってところなので、明日は難しそうです。(^^;)

以上、21日午前中の情報からでした~。<(_ _)>

 

糖蜜飼料・糖蜜吸着飼料の富士デベロプメント

 

 

 


成田山新勝寺初訪問。(^_^;)

2021-11-16 11:00:00 | 日記

秋というよりも、一気に冬というくらい寒くなり、体のあちこちが痛み出し、体が動かなくなってきました。年のせいなのか、食欲の秋だから・・・とダメな理由を神棚にあげて。

原料タンク工事を今週末に控えているで、神頼み。(^_^;)

の前に腹ごしらえ。

いつもの定番、山岡家の朝ラー。

今のところ、ワンコイン以下で食べられて、梅干しのペーストが食欲を増しながら、さっぱりとした食感を味わえるので、出来れば朝だけでなく、日中の販売も期待したいラーメンです。(*^_^*)

工事の安全祈願などの理由は後付けですが、北海道と横浜、川崎で働くほぼ全ての役員と社員が、香取工場に集まり、一致団結!という機会が11月11日と、1並びの日にあり、その流れで一部の人で成田山新勝寺に行く機会があり、管理人も初訪問しました。

いつもは、香取神宮か、川崎大師、鎌倉八幡宮で初詣。

もしくは、超地元の戸田神社(香取市米野井)、白根神社(横浜市旭区)が行きつけのお寺、神宮ですが、成田山新勝寺は、参道を通って入り口まではいったことがある程度で。。(^^;)

特に理由はないのですが、テレビでしょっちゅう見ていたので、行った気になっていたのか、、

参道?の途中に人だかりがあって、何だ?と思ったら、小銭を池の中にある島?岩?のような場所に投げ銭していて、そこに止まるかどうかで、競い合っている訳でもないけど、香取神宮などでは見かけない光景をみました。

境内には、七五三の記念パネルもあって、多くのお子さん連れの方が、記念写真を撮られていました。(^_^)

北海道の人を送るために久しぶりに成田空港に行きましたが、相変わらず閑散としているのに驚いてしまいました。(^_^;)

テレビニュースでは、空港も結構な人出の映像をみたけど、あれは羽田空港だったのか、成田空港でも第一ターミナルでなく、第二ターミナルだったのか。。真相は分かりませんが。(´д`)

とりあえず、弊社に来られる積み込みの場所がこんな状況では、洒落にならないし、今回の工事も含めて、資金が足りないので、皆様のご愛顧、ご紹介を願うばかりです。

今後とも、糖蜜、糖蜜飼料、糖蜜吸着飼料とともに弊社のことも色々な方にご紹介頂ければ幸いです。

よろしくお願い申し上げます。

 

糖蜜飼料・糖蜜吸着飼料の富士デベロプメント


半製品タンク工事8日目~最終日

2021-10-01 18:00:00 | 日記

前回に引き続き、半製品タンクの工事について、、最終回です。(^_-)-☆

 

9月24日(金)8日目

前日までにほぼほぼ大きい機械は設置を終えて、後はモーターなどと、操作盤を繋げて電気を送って、、という状況に。

電気屋さんが設計図を見ながらドンドンとモーターなどに接続。

リミットスイッチなど、細かい部品についても施工業者さんを通して、設計者さんに位置確認。(*'▽')

他方では、

半製品タンク下部の点検、掃除の際に利用する足場の設置方法の確認。

今回、施工業者さんの話で、今回の工事で設計上地盤強度が少し足りないとのことが後から分かったらしく、急遽追加の工事として、地盤補強の為にコンクリートを増すとのことで、

その準備も初めて、、

また、別の業者さんが、知らぬ間に、壁の穴もきれいに補正している、、('◇')ゞ

今回の工事までは、管理人が考える現場監督って、何か事故などがおきたらその責任を取らされて、普段はコマ使いのようにされる部活でいうマネージャーのイメージでしたが、ここまで複雑怪奇に入り乱れる業者さん、職人さんへの指示や顧客への対応など、わがままな意見、意思の調整役で、しかも今回、お二人もいらして大変なんだ~と、感心してしまいました。( ;∀;)

 

9月25日(土)9日目

前日の時点で電気配線もほぼほぼ終了に近く、この日空運転と、掃除が出来るかも・・・と迎えるも・・・。(*'▽')

切り取った足場や階段の修繕設置などは、順調に進み、

コンクリート補強も順調に進むも・・・、

弊社社員が待機するなか、何故かその時は来ず、、、夕方になってしまった。('Д')

これは翌日に繰り越しということで、、、帰宅。

 

9月26日(日)

いよいよ、試運転開始。

機械操作を教わると、同時に

とりあえず、金物など、危険物がないかも含めて、糖蜜以外の原料を少量、今回新設した設備に投入し、テスト運転を始めた。(#^.^#)

トラブル発生!!粉砕設備のインバーター。スピード表示方法、調整方法が今までと違った為、椰子油粕の粉砕前のものが、コンベアであふれて、飛散。。

電装業者さんのパソコンがドえらい状況に。( ゚Д゚)

自分のパソコンだったらと思うと心苦しいところですが、「大丈夫です!」って仰って下さっていたし、その場では一応動いていたようなので、、、大丈夫、、と思うしかないし、弁償とか言われたら、、今回の場合は施工業者さんか、その下請けの機械業者さん。最悪4社で折半だな。と、勝手に心に決める管理人でした。"(-""-)"

 

9月27日(月)

明日、28日には施工業者さん、機械屋さん、電装屋さんが撤退と決まっているなかで、製造を行うのは、今日と明日しかない中で、前日までトラブル続きで、時間的にはカツカツの日でしたが、管理人が所用で不在となった為、写真はありませんが、メインである特用5号の製造を行った。

 

9月28日(火)

いよいよ。最終日。

当初、液晶画面には、弊社ライン等が常に表示されている仕様でしたが、画面焼けしてしまう可能性も否定出来ないので、触らない限りは消灯という設定に変更。

半製品タンクにも分かり易いように番号を振って、図面、機械番号を合わせて調整。。(^_-)-☆

ただ、、、過去の人が付けていた機材番号なので、順番通りでないところもあって、、、ちょっと残念な感じになってしまった。。(*'▽')

ま~どんな番号をつけても、慣れればOKなので、これからこれから。

 

原料が一部漏れてしまうなど、後日に軽微な修正はあるものの、大まかには製造が出来るよう、また、遅くにタイマー設定で粉砕業務が出来るようになるなど、ちょっとは安心する管理人でした。(^^♪

まだまだ、更新しなければならない場所や機器がたくさんあるので、銀行さんに相談だ~という感じですけど。。(/ω\)

 

糖蜜飼料・糖蜜吸着飼料の富士デベロプメント