糖蜜(糖みつ)糖蜜飼料・糖蜜吸着飼料の富士デベロプメントブログ
糖蜜(糖蜜)・糖蜜飼料・糖蜜吸着飼料の富士デベロプメント株式会社ブログ
 



本日、11月21日。

いよいよ、一昨日から既存のAメーカー30年前のFRPタンクが、ボロボロになってしまったのをきっかけに、いつもお世話になっているB鉄工所?さんの多大なるご協力の下、CメーカーのFRPタンクに代える工事が始まりました。

足場を組んだりという作業があるので、正確には15日、16日もあったのですが、

約30年以上、使い続けると、どこからともなく水が入って、原料が固化してしまい、外壁にこびりつき、これを叩いて落とすことをしていると、一番画前のタンクのように丈夫なFRPタンクでも穴が空いてしまい、補修するも叩く場所もなくなって、非常に難儀していました。

こんな感じで足場を回して、19日より解体を初めて、

こんなに汚いのは、外に設置しているからということもあり、今回は、これ毎屋根で囲う工事も合わせて行います。(^_^;)

写真をとるタイミングを外してしまいましたが、8本全てのタンクを下ろす前にその上にあるコンベアを除去したり、これを解体して、更に小さくし、新しいタンクは新しいたんくで、メーカーから4つづつ重ねてきたFRPタンクに、金具を付けて設置案配を見ながら、次に備えての準備。(^_^)

逆さにすると「ロケット」さながら、会社の2階建て社宅に比べても結構な大きさだな。とつくづく思ったところです。(^^;)

もう一方では、古いタンクのほうをトランスバックに入れて運ぶために小さく壊していました。

これで片側の設置が終了。(^_^)

鉄柱が斜めになっているが気になって、業者の方に聞いたところ、Aメーカーのタンクと、Cメーカーのタンクとでは、内容積は同じにしても縦横の大きさが違うとのことで、どうしても足の位置が変わってしまう為、アダプターをつけて、4点の支点を代えて居るために斜めになっているとの説明を受けました。(*^_^*)

分かりやすくいうと、正方形が大きい4つの支点のA社の台座から、ちょっと痩せているC社のタンクを乗せる為に、設置棒はずらして設置。但し、逆に安定しやすくなったとのことでした。

農家さんならタンク設置で終わりかも知れませんが、これに

上部のラインを乗っけて、上下共に既存のラインと結合しないと、製造も出来ないので、ドンドン進めて欲しいけど、、、

明日は雨なんですよね~。しかも12時現在での降水確率が今晩70%、明日は90%。と、

絶対雨じゃん!!ってところなので、明日は難しそうです。(^^;)

以上、21日午前中の情報からでした~。<(_ _)>

 

糖蜜飼料・糖蜜吸着飼料の富士デベロプメント

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする




秋というよりも、一気に冬というくらい寒くなり、体のあちこちが痛み出し、体が動かなくなってきました。年のせいなのか、食欲の秋だから・・・とダメな理由を神棚にあげて。

原料タンク工事を今週末に控えているで、神頼み。(^_^;)

の前に腹ごしらえ。

いつもの定番、山岡家の朝ラー。

今のところ、ワンコイン以下で食べられて、梅干しのペーストが食欲を増しながら、さっぱりとした食感を味わえるので、出来れば朝だけでなく、日中の販売も期待したいラーメンです。(*^_^*)

工事の安全祈願などの理由は後付けですが、北海道と横浜、川崎で働くほぼ全ての役員と社員が、香取工場に集まり、一致団結!という機会が11月11日と、1並びの日にあり、その流れで一部の人で成田山新勝寺に行く機会があり、管理人も初訪問しました。

いつもは、香取神宮か、川崎大師、鎌倉八幡宮で初詣。

もしくは、超地元の戸田神社(香取市米野井)、白根神社(横浜市旭区)が行きつけのお寺、神宮ですが、成田山新勝寺は、参道を通って入り口まではいったことがある程度で。。(^^;)

特に理由はないのですが、テレビでしょっちゅう見ていたので、行った気になっていたのか、、

参道?の途中に人だかりがあって、何だ?と思ったら、小銭を池の中にある島?岩?のような場所に投げ銭していて、そこに止まるかどうかで、競い合っている訳でもないけど、香取神宮などでは見かけない光景をみました。

境内には、七五三の記念パネルもあって、多くのお子さん連れの方が、記念写真を撮られていました。(^_^)

北海道の人を送るために久しぶりに成田空港に行きましたが、相変わらず閑散としているのに驚いてしまいました。(^_^;)

テレビニュースでは、空港も結構な人出の映像をみたけど、あれは羽田空港だったのか、成田空港でも第一ターミナルでなく、第二ターミナルだったのか。。真相は分かりませんが。(´д`)

とりあえず、弊社に来られる積み込みの場所がこんな状況では、洒落にならないし、今回の工事も含めて、資金が足りないので、皆様のご愛顧、ご紹介を願うばかりです。

今後とも、糖蜜、糖蜜飼料、糖蜜吸着飼料とともに弊社のことも色々な方にご紹介頂ければ幸いです。

よろしくお願い申し上げます。

 

糖蜜飼料・糖蜜吸着飼料の富士デベロプメント



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする




前回に引き続き、半製品タンクの工事について、、最終回です。(^_-)-☆

 

9月24日(金)8日目

前日までにほぼほぼ大きい機械は設置を終えて、後はモーターなどと、操作盤を繋げて電気を送って、、という状況に。

電気屋さんが設計図を見ながらドンドンとモーターなどに接続。

リミットスイッチなど、細かい部品についても施工業者さんを通して、設計者さんに位置確認。(*'▽')

他方では、

半製品タンク下部の点検、掃除の際に利用する足場の設置方法の確認。

今回、施工業者さんの話で、今回の工事で設計上地盤強度が少し足りないとのことが後から分かったらしく、急遽追加の工事として、地盤補強の為にコンクリートを増すとのことで、

その準備も初めて、、

また、別の業者さんが、知らぬ間に、壁の穴もきれいに補正している、、('◇')ゞ

今回の工事までは、管理人が考える現場監督って、何か事故などがおきたらその責任を取らされて、普段はコマ使いのようにされる部活でいうマネージャーのイメージでしたが、ここまで複雑怪奇に入り乱れる業者さん、職人さんへの指示や顧客への対応など、わがままな意見、意思の調整役で、しかも今回、お二人もいらして大変なんだ~と、感心してしまいました。( ;∀;)

 

9月25日(土)9日目

前日の時点で電気配線もほぼほぼ終了に近く、この日空運転と、掃除が出来るかも・・・と迎えるも・・・。(*'▽')

切り取った足場や階段の修繕設置などは、順調に進み、

コンクリート補強も順調に進むも・・・、

弊社社員が待機するなか、何故かその時は来ず、、、夕方になってしまった。('Д')

これは翌日に繰り越しということで、、、帰宅。

 

9月26日(日)

いよいよ、試運転開始。

機械操作を教わると、同時に

とりあえず、金物など、危険物がないかも含めて、糖蜜以外の原料を少量、今回新設した設備に投入し、テスト運転を始めた。(#^.^#)

トラブル発生!!粉砕設備のインバーター。スピード表示方法、調整方法が今までと違った為、椰子油粕の粉砕前のものが、コンベアであふれて、飛散。。

電装業者さんのパソコンがドえらい状況に。( ゚Д゚)

自分のパソコンだったらと思うと心苦しいところですが、「大丈夫です!」って仰って下さっていたし、その場では一応動いていたようなので、、、大丈夫、、と思うしかないし、弁償とか言われたら、、今回の場合は施工業者さんか、その下請けの機械業者さん。最悪4社で折半だな。と、勝手に心に決める管理人でした。"(-""-)"

 

9月27日(月)

明日、28日には施工業者さん、機械屋さん、電装屋さんが撤退と決まっているなかで、製造を行うのは、今日と明日しかない中で、前日までトラブル続きで、時間的にはカツカツの日でしたが、管理人が所用で不在となった為、写真はありませんが、メインである特用5号の製造を行った。

 

9月28日(火)

いよいよ。最終日。

当初、液晶画面には、弊社ライン等が常に表示されている仕様でしたが、画面焼けしてしまう可能性も否定出来ないので、触らない限りは消灯という設定に変更。

半製品タンクにも分かり易いように番号を振って、図面、機械番号を合わせて調整。。(^_-)-☆

ただ、、、過去の人が付けていた機材番号なので、順番通りでないところもあって、、、ちょっと残念な感じになってしまった。。(*'▽')

ま~どんな番号をつけても、慣れればOKなので、これからこれから。

 

原料が一部漏れてしまうなど、後日に軽微な修正はあるものの、大まかには製造が出来るよう、また、遅くにタイマー設定で粉砕業務が出来るようになるなど、ちょっとは安心する管理人でした。(^^♪

まだまだ、更新しなければならない場所や機器がたくさんあるので、銀行さんに相談だ~という感じですけど。。(/ω\)

 

糖蜜飼料・糖蜜吸着飼料の富士デベロプメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする




前回に引き続き、大型工事の模様を・・・。(^_^;)

コロナでなかなか出張にも行けず、牛さんの写真なども許可やら何やらと色々と大変なので、もしこのブログをご覧の弊社製品のご愛顧ユーザー様の方で、「ウチは写真とか撮っても良いよ!」とか、「ウチの自慢の娘っ子」とか、何かしら全世界に発信しても構わない方がいらしたら、弊社営業までご一報下さいますよう、お願い申し上げます。<(_ _)>

・・・とはいっても、SNSの時代なので、そういう方は既にご自身で配信されているとは思いますが・・・。(^_^;)

9月20日(日)

前回、ブログ更新した通り、今回今まで使っていた、弊社が川崎から香取に移転して来てから、、或いはその前から30年以上使ってきたメインの配電盤を更新。

以前のものよりもかなり大きくなり、ちょっとビックリしてしまったが、色々と分散していた機器を統合した結果、、ということではあるようです。^^;

ただ、前回の話でもあった通り、電気の設計部隊(会社)と、接続部隊(会社)との違い、ケーブルの太さ、柔らかさなど、色々なことがあって、結局は現場合わせで、今回も綺麗な天板なんですが、穴を開けて色々とケーブルを通す電気工事だそうです。

ま~誰が悪いという訳ではなく、結局は「現場が一番重要で、一番大変だ!」ということなんでしょうけど。。(^_^;)

んで、、ここの配電盤が1日後には、

こんな感じになり、

更に一日後の22日には、こんな感じになってしまいました。(^^;)

ブログ管理人である自分もテレビやパソコンなどの家電製品の配線くらいは自分で出来ますが、これは流石に・・・。

勉強しても英会話同様に匙を投げてしまうのが関の山です。(/_;)

9月21日(火)

半製品タンク下部のスクリューコンベアのモーター

副原料投入口

所用でブログ管理人の自分は、出かけてしまったので、写真を他の社員にお願いしておりましたが、どうも内部で使うS型コンベアが来ないと、大きな工事が進まないようで、電気関係の接続工事が多かったようです。(^_^)

9月22日(水)

もしかしたらこの日が一番忙しかったかも。と思える位の変化があり、

まずは階段設置。

中間地点の踊り場を

後にコンクリートで10センチほど、補強するとのことで、少しうかせて設置。

手すりなども準備されて来ているので、これを取り付け。

全体像で外回りはこんな感じに。

一方工場内部では、、S型コンベアのパーツでの搬入が行われて、これを組み立て。

こんなパーツや

こんなパーツを

上から外枠を組み立てて、、翌日の23日にですが、

上から、

こんな細々とした部品を一つ一つ足して、

経路の上下に入れ込んで、最後に上下で接続し、バランスを調整する作業。

結構大変な作業なので、これって壊れたら大変なのでは??と思うコンベアでした。(^^;)

S型コンベアの場所が決まったところで副原料投入口の設置。

フォークリフトで移動させて、

設置完了。

S型コンベアで時系列が崩れてしまいましたが、22日に発注先のエライ方々が視察に来られていたのも印象的でした。(*^_^*)

9月23日(木)

前記の通り、S型コンベアの組み立ての続き、それに繋がる機器の設置など、位置を決めて順次設置。

 

細かいトラブルや問題はあるものの、現場責任者の方のお話では順調で、後は電気関係の接続が出来れば、試運転に移れそうとのことで、今日も17時終わりとなって少し安心している管理人でした。(^_^)

 

糖蜜飼料・糖蜜吸着飼料の富士デベロプメント

 

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする




コロナで糖蜜に関するネタもなく、弊社内の大型工事のネタで大変すいません。<(_ _)>

もしかしたら気にしてくれている人がいるとの思いで、、、この数日、このネタを。。

9月16日(木)

こういった大型工事にあるあるのことですが、色々な業者さん(弊社からの発注先さん、その電気施工業者さん、工事施工業者さん、機器作成業者さん、プログラム業者さん)と、工事現場で配線を組む業者さん(関東)、施工元(今回は岡山方面)の方とで、思惑が難しいところで、とりあえず新しく据え付ける外部機器、既にある内部機器の配線を新しい制御装置につなげる為の配線を2日前より準備。

 

同時に

大型重機が入れるように鉄板を敷いて、、これは習志野の業者さん?

別工事ですが、、

工場入り口が約30年の歴史で、こちらも道路と、農業用水路をまたぐ橋がえぐれてきていたので、同時進行での工事を実施。(^_^;)

9月17日(金)

翌日の土曜日に重機で解体する為に飛散しないように防御膜を回りに設置。

「防音」って書いてあるけど、効果ってあるのか・・・。(^^;)

弊社社内、社員は、工事中の出荷に備えて、普段は2段積みとかしないのですが、、仕方なく、在庫を抱えて、半製品タンクを空(から)に。。(^_^)

 

この辺りの機器類も30年以上の歴史がありますが、お役御免。(/_;)

少し寂しい気持ちにもなりますが、、、

9月18日(土)

台風14号が九州から四国、紀伊半島と、上陸。雨も風もどうなることかと思いつつも、既に人手も含めて色々と手配しているところで、変更がきかないので、朝を迎えての解体作業。^^;

まずは中と外の機械の切断から。・・・中の機械に影響しない為??

気が付いた時には、既に階段を撤去していましたが、巨大ハサミを持った重機で側面を切断。

この重機の正式な名前は知りませんが、ハサミにしたり、バケットにしたりと、ヘッド部分を取り替えることで、色々な使い方が出来るようです。。技術力って凄いですね。。(^_^)

端から崩して行くと思いきや、真ん中から大胆に切断。。よくよく考えれば確かにバランスを考えれば、端を残して崩れる方向を中心にすれば被害が最小限に抑えられるってことなんだけど、、

簡単に、、、といっても流石に重機なので、上下左右と自在に手首が回る訳ではないので、徐々にではありますが、

こんな感じになって、更に

こんな感じにたった1日で撤去が終わってしまった。。(^_^;)

何度か、台風の影響で土砂降りが酷い時もありましたが、思ったよりは順調に工程を進められて、ビックリしました。

作業員の方達は本当に大変でしたが、変な話工事自体は、解体するタンクから発生するホコリが雨で落ちたり、切断作業で発生する火花が消えるという利点のほうがあったのでは??と思うくらいの状況でした。(^_^)

ポジティブ発想ですけど、、ただ、遅くなっての、

土台の面取り(平らにする作業)は、大変そうでした。。雨の中ご苦労様です。<(_ _)>

 

9月19日(日)

前日の台風が嘘のような晴天に恵まれ、岡山方面から来た半製品タンク、、とりあえず2機が現着。

中はこんな感じで、奥に見えるのが、タンク底と、天井の部品とのこと。どうなることやら。(^_^)

設置場所では、土台作り。

工場内では解体作業を始めていて、カメラマン兼編集兼撮影監督兼(ケンケンブログ管理人)は、どこを撮ったらいいのか、現場の方や施工業者の方が優しい方ばかりなので、怒られはしなかったですが、、、多分邪魔だろうな~と思いながらも、現場最前線にて撮影を敢行!

土台を設置して、写真ではタンク1機しか据え付けていませんが、実際にはこの日2機を設置して、外作業は終了。

中作業は、撤去機材を全てどかして、日曜日作業を終えました。

・・・上の写真は、20日(朝)に新しい制御盤を入れる際に撮った写真ですが、前日の写真はちょっと汚かったので、朝掃除しての状態です。(^^;)

写真撮影に写真選択・写真加工(個人情報・場所の削除)、更にブログ作成と慌てて行っての掲載なので、不具合があったらご免なさい。<(_ _)>

これをインターネットに掲載した後、一応、元請けの業者の現場ご担当の方にはご連絡しますけど、個人特定や批判なども含めて問題ある写真や言動があった場合には速やかに編集・削除しますので、ご理解のほどお願い申し上げます。

 

糖蜜飼料・糖蜜吸着飼料の富士デベロプメント



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする


« 前ページ