糖蜜(糖みつ)糖蜜飼料・糖蜜吸着飼料の富士デベロプメントブログ
糖蜜(糖蜜)・糖蜜飼料・糖蜜吸着飼料の富士デベロプメント株式会社ブログ
 



北海道より

撮影したところからでも日本海側に見えなくなるまで続いています。地元の人の話では、風の強いところなので原発数基分に相当する発電量があるそうです。

北海道の海沿いにはよくある光景です。

弊社(香取)工場裏手にも最近、太陽光発電システムを近隣の方が立てましたが、その業者の方の話では、補助金(電力会社からの買取金額保証も含む)もそれなりに出るし、広い遊休地があって、タンス貯金なりで一千万単位の資金を用意出来るなら、銀行にお金を預けるよりも金利がいいかも・・・とも言っておりました。

弊社も遊休地(←二束三文の土地)と工場屋根など、丁度いい場所もあって将来的には経費節減もあるのですが、、資金が・・・。(^-^;

軽減税率などもそうですが、お金持ちに優しく、貧乏人に厳しい政治家さん。

原発なんかいらないから、せめて高速料金の深夜割引50%を復活させて欲しい今日この頃です。('◇')ゞ

ホントは、1000円高速がいいけど・・・。(^_-)-☆

糖蜜飼料・糖蜜吸着飼料の富士デベロプメント



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする




北海道より。

士別市のとある牧草地です。山一面がゴルフ場かスキー場のように見えます。
 
 
 
士別市で運営しているレストランから見える風景ですが、士別市では「サフォーク」という名の高級肉用種の羊で町おこしをしてます。
 
「サフォーク」は札幌でも食べられる場所は限られており、和牛並みの価格なので、なかなか口にすることは出来ません。
 
北海道は「ジンギスカン」が有名ですが「ラム肉」のほとんどが輸入品で、北海道で飼育された羊ではないのです。
 
しかし、最近は輸入「ラム肉」の高騰や首都圏での「ジンギスカン」の流行による羊肉の大衆化を追い風に、北海道でも羊を飼う農家が増えてきております。
 
「モラセスパワーを羊に給餌したい」と言う問い合わせも増えております。

他にも魚や馬などの飼料、肥料や土壌改良材、或いは水質浄化などにも使われる糖蜜ですが、特に糖蜜吸着飼料は他の部材に吸着していることから、まきやすく、更にその副原料から染み出る効果で長時間継続する為に「非常にいい」と使われる方も多いようです。

ただ、関税定率法や飼料安全法などの行政のくくり、BSEの問題などで、弊社としては「牛専用(A飼料)」としか、製品説明を含めて製造販売してはならないという、安全なのですが難儀な製品です。

現在の法制度では、FDC(弊社)としては牛用飼料でしかご説明出来ませんが、100%の原材料表記もしていますので、試験も含めて色々と使われて、実績のあるユーザーもいらっしゃるようです。(います・・・とも法律の関係で断言出来ないこともご察し下さい。)

糖蜜飼料・糖蜜吸着飼料の富士デベロプメント

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする




北海道より

天塩川近くの牧草地です。

地平線まで続いているような広大な牧草地で最後の刈り取りが終わっています。

短い秋が終わり、もうすぐあたり一面が雪に覆われます。

糖蜜飼料・糖蜜吸着飼料の富士デベロプメント

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする