コダワリ女のひとりごと(Minettyの旅とグルメ)

旅、ご当地グルメ、スイーツ、地酒、世界遺産、鉄道など旅ブロガー、フードアナリスト&温泉ソムリエが綴る日常の記録。

【佐賀】九州最大の桜のライトアップの御船山楽園の紅葉を愛でる

2019-12-09 | 旅 佐賀県

一泊2日の長崎と佐賀の旅の〆は九州最大の桜のライトアップで有名な佐賀県、武雄市にある御船山楽園(みふねやまらくえん)です。
訪問したときはまだ紅葉は少し早かったのですが、湖面に映る逆さ紅葉が美しく、しばし見とれるきゆっくり流れる時間を楽しみました。

 

【武雄】三度めの武雄温泉楼門で辰野金吾の謎とき?!4つの干支をみる
前の記事はこちら 

 


武雄市のシンボル・標高210メートルの御船山の南西麓にあります。

御船山とは神功皇后が新羅征伐から帰った時に「御船」をつながれたことから名付けられたとのこと。 
前身は「萩の尾園」という佐賀藩第28代武雄領主・鍋島茂義によって造営されたもので、1845年(弘化2年)までに約3年かけて完成させた鍋島氏別邸の庭園。
明治末年以後にサクラや大量のツツジが植えられ現在の姿となったそうです。 
総面積は15万坪で園内からは御船山の断崖絶壁を見ることができます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

チームラボ かみさまがすまう森の廃墟と遺跡 - THE NATURE OF TIME
入園料とは別料金で開催中でした。
 
 
 
御船山楽園の燃ゆる秋
標高210mの御船山を借景に、15万坪の庭園敷地内に広がる紅、橙、黄色の重なりは、まさに錦秋です
 
 
粉茶と串団子のセット500円。
ちょうど池の前にあり、逆さ紅葉を楽しめるビュースポット。
 

萩野尾御茶屋
紅葉まつり期間中は限定公開し、昼は「粉茶と串団子のセット」夜は「粉茶とぜんざいのセット」を販売してます。
 
 
御船山楽園の燃ゆる秋
標高210mの御船山を借景に、15万坪の庭園敷地内に広がる紅、橙、黄色の重なりは、まさに錦秋とのことで
日本経済新聞「なんでもランキング・専門家が選ぶ昼も夜も楽しめる庭園 東西10選」にランクイン。
西日本2位、全国3位だそうです。
 
 
 
だんごと紅葉のコラボがなんとも絵になって、何枚も何枚もおだんごを撮影してしまいました。
お団子をいただきながら、まったりと紅葉鑑賞💛癒されました。
ツツジや桜のライトアップもいつか来たいです🌸
 
 
 
 
御船山楽園
〒843-0022
佐賀県武雄市武雄町大字武雄4100
0954-23-3131
 
紅葉まつりは2019年12月8日で終了しました。
さくらまつりや、つつじまつりまた、来年のもみじまつりのご参考にどうぞ♪
※2019年12月現在

開園時間 昼 8:00〜17:30、夜 17:30〜22:00
入園料(昼または夜) 大人(中学生以上)600円、小学生300円
入園料(昼夜共通) 大人(中学生以上)900円、小学生400円
※竹林亭・御船山観光ホテルにご宿泊のお客様は入園無料

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 【佐賀県武雄市】三度めの武... | トップ | 2019秋 JR九州スイーツトレイ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

旅 佐賀県」カテゴリの最新記事