おおした鍼灸院のブログです|東京南青山

刺さない針で優しく治す。妊婦さんやお子さんも心地よく。2004年外苑いちょう並木近くに開院。浅刺接触経絡鍼灸治療院です。

29週頭位になったけどまた逆子に(^◇^;)(逆子初診28週3日)(125人目)

2016年03月20日 | 患者さんからのお便り

先日お休みをいただき80歳になる母と明治神宮へ行ってきました
とってもよい気をいただきました!



ただいま継続治療中の妊婦さんの情報です

治療で一旦直ったのですが、31週の健診にてまた逆子になりました

第一子を地元で外回転術が成功し経膣分娩されました

今回も経膣分娩希望ということで、直ってもらいたい症例の一つです

----------

患者情報

----------

【主訴】 
 逆子

【初診】 
 平成28年2月●日(28週3日)…(来院1回)

【年齢】 
 37歳(二人目)

【仕事】 
 会社員(育休中)

【備考】

第一子(2歳8ヶ月)は里帰り先で36週外回転にて逆子が直る。

その時なかなか直らなかったため、今回は逆子対策を早めに行うべく来院。

 

---いただいたメールより---

おおした先生

先週初めて診療いただいた(^^♪です。

本日29週2日の健診でしたが、逆子はなおっていました☆

下に頭で、右側が背中、おへその辺りにお尻、そこから下がって左下腹あたりがお尻とのこと。

いつものようにぐるぐる胎動の感じは毎日していましたが、(それでも教えていただいた体操とお灸で動きがいつにも増してよく動いていた感じがある)、2日くらい前に胎動の位置が変わり、いつも右側メインだったのに左側に感じるようになり、その時は左側にいるような感じでした。

でも胎動は下腹の方だったのでまだ逆子かなぁと思っていたのですが。

昨夜はまた右側にいるような感じで、胎動も右下の方でした。

とてもよく動いているようですね(逆子がなおった感や、どのように動いているかなんて、自分では分からないですね。。)。。

 

左下の方に胎動を感じでも頭も下なら逆子ではないようですし。

 

すごくよく動くのでまだまだ安心できないのですが、今後体操とお灸はどのようにしていけばいいでしょうか?

まだ同様に継続した方がいいですか?

(体操は仰向けで頭を下に、腰の下にクッションを入れて高くして膝を立てて15分そのままというやつ、を出来た時は朝と、夜寝る前は毎晩、お灸は三陰交と至陰を毎晩してました)

 

それから、31週の健診の後(まだ心配なので、、)帰省前に一度診療受けたいのですが、子供の預けの関係で、●●日●時くらいは予約とれますでしょうか?

 

どうぞよろしくお願いします。

(^^♪

> (^^♪さま

> おおしたです

> 連絡ありがとうございます

> 3月4日の健診にて頭位になったのですね

> よかったです!

> 推定児体重1000gを超えたと思います

> 上のお子さんが長く逆子であったので、これから先、逆子にならない…とは言い切れないですが、もう少し先、1,500gを越えて(もう越えましたでしょうか?)の頭位が確認されましたら、ほぼ大丈夫かと思います

>

> 今後についてですが、逆子のお灸は内くるぶし上の三陰交は生まれるまでお級をしていただくと、安産になります

> ですから続けてくださいね(^^♪

>

> 逆子体操はやらなくて大丈夫!

> ハイハイの姿勢は安産と母乳の出に効果大なので、毎日トータル30分以上を目指してハイハイやってみてくださいね!

>

> ●●日●時ですね

> 大丈夫ですよ

>

> 追伸、

> もしもよろしければこのメールをブログに掲載させていただけませんでしょうか?

> 早めに来ていただくと直りやすいということを知ってもらいたくって…

> もちろんお名前や数字は伏せて掲載します

> よろしくお願いします!

> おおした鍼灸院

> 大下義武

おおした先生

ご返信ありがとうございます。

赤ちゃんの推定体重は1400gでした。

次回、31週の健診結果がキーですね。

よく動き胎動がやはり下の方に感じるので心配な気持ちになりますが、前向きな気持ちでいたいと思います。

お灸や体操の件了解しました。

ハイハイも頑張ります。(子供の遊び相手でハイハイする機会は多いので積極的にやりたいと思います)

 

●●日よろしくお願いします。

体験をブログに載せる件も問題ないです。

他の方の参考になれば幸いです。(^-^)/

(^^♪

 

その後のメールで

---------

おおした先生

今日31週1日の健診でしたが、

なんとまた逆子でした。。(T_T)

今度は背中が左側にきているようです。(前回は右側)

ぐるぐる回ってるようです。。

推定体重は15●●gで、概ね週数通り元気に育っています。が。。

病院で逆子体操(膝胸位と骨盤高位)を教えてもらいました。(3年前は膝胸位だけだったので骨盤高位も追加されてますね)

今日からまた体操と逆子のお灸も頑張ってみます。。

次回健診は33週、里帰り先の病院になります。。

 ●●日はよろしくお願いします。。

(^^♪

 

逆子治療では前回の出産も参考にしなければいけません

後日談は改めて連絡させていただきますね



鍼灸ジャーナル vol.13(2010年3月号)3/1発売号
に「逆子の臨床考察」として論文を掲載させてもらいました。

 
3、もしものことも考えると…、逆子治療をやりたくない先生もいます

病院でも、全く落ち度がないのにクレームをつける方が少なからず存在する時代です 何でもできる、というのは何もできないと言っているのと同じことリスクのある治療をや...
 

できたら妊婦治療はやりたくない…

何かあったら大変だし、気は使うし、子どもいないし…

鍼灸師にも得手不得手があります

もちろん私にも得手不得手があります

えっ…その三陰交の位置ってもろ腎経に乗ってるじゃん!って見当違いな場所にお灸してるセンセーも少なからずいます

やっぱ得意分野を持つ鍼灸師に任せるのが得策かと思います! 


2014年の今頃書いたのはコチラ↓
いうこときかない?それはあなたの能力不足^^;
誰かを非難すると快楽物質が分泌される…
その悪口、実はあなたのストレス解消のためだったりして…

2014年だから一昨年前…
その今時分のブログより

 2014年3月10日
出生前診断について考えていたこと、ちょっと変わってきました

2014年3月11日
今更ですが、今日は桃始笑でした&出生前診断のこと2回目

2014年3月12日
出生前診断のこと、なんだかボチボチ書いてたら三回目になっちゃいました。

2014年3月13日

出生前診断について考えたことの最終回

  • 胎児に異常があった時に人工妊娠中絶を行う可能性が出てくる。
  • 障がい者の人権と絡めて、優生学的な発想や倫理学的な価値観との絡み。
  • 妊娠期は心配ばかりなのに、さらに心配が増えてしまう可能性。
  • 流産の危険性のある検査でもある。
  • 診断しても全ての異常を見つけることができない。

とかいったデメリットもあります


2014年3月14日
お灸をやらないほうがよい妊婦さん、直したことのない逆子ちゃん^^;
睡眠から考えると色々と見えてくることがあるかと思います

2014年3月15日
気持ちからゆるまないと…

2014年3月16日
モンシロチョウ??

コメント   この記事についてブログを書く
« 明日金曜日はお休みします | トップ | 3月第4週以降の予定とかこの... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

患者さんからのお便り」カテゴリの最新記事