エディの出張所日記

日々うつな気分?でも音楽は大好き!信州佐久発、エディファミリーの日記です

ポール・ロジャースのギター・コレクション

2005-09-30 06:19:12 | 楽器
たまたま、古い雑誌「ヤング・ギター」を見ていたら、ポール・ロジャースのインタビュー記事が載っていた。あまりにも古い’86年6月号です。
ロンドンの自宅でのインタビューで、ちょうど、ソロ・アルバム「カット・ルース」をリリースした、半年後位の時期です。
内容は、あのジミー・ペイジとバンドを組む話の事(この後、ザ・ファームを結成している)、アームズ・コンサートの話、ギターの話、ギター・コレクション紹介等でした。ここでも、ジェフ・ベックについて褒めちぎっている。
ポールって、ヴォーカリストだと思っていたが、ギターも弾くんですね(汗)。
ギター・コレクションは、どれも名器が揃っている。
あの、ポール・コゾフが所持していた、’59年製レス・ポール。大変お気に入りのようです。他には、’58年のレス・ポール、’58年のストラト(ほとんど新品!)、ミック・ラルフスから貰ったいうボデイとネックが’57年~58年ものでヘッドのロゴが’64~’66年に変えられているストラト。他にも珍品が!アイバニーズのWネックギター、ヤマハの12弦と6弦のアコギ(バッド・カンパニーで来日時、日本で買ったもの)、ギブソンのJ-200(ジョン・レノンのギターだったとの話しあり)、ローランドのギター・シンセサイザー等。
あらためて、ポールがギタリストだったことを発見しました。
来日が楽しみです。


ブログランキング登録中!クリックお願いします
コメント (3)

ジョーバがやってきた

2005-09-29 06:08:18 | 家族
先日、電気屋さんで購入した、乗馬フィットネス機器「ジョーバ」が昨夜、電気屋さんが持ってきました。
さっそく、居間に持ち込み家族で体験しました。
新聞の記事によると、ドイツでは医療行為として認可されている乗馬療法は、バランスを取ることで背筋、腹筋の強化、腰痛防止と、バランス感覚の改善が期待できるそうです。この、「ジョーバ」はサラブレッドの動きを解析再現し①前後のスイング②前後のスライド③左右スイング の3つの動きを組み合わせた八の字の動きで筋肉を鍛えてくれます。
昨夜体験したワンセット15分の運動は、姿勢を真っすぐにしてバランスが取ることが難しいことを感じました。普段まったく運動していない私は、今、背筋、大腿筋、腹筋、ウエスト回りの筋肉、太もも内側の筋肉等が痛いです。
いかに運動不足なのか思い知らされた気分です。
ただ乗っているだけなので、飽きずに毎日欠かさずやろうと思います。
家族みんなが気軽に運動ができるので、良い買い物をしたと思います。
少しは、ダイエットにもなりそうです(笑)



ブログランキング登録中!クリックお願いします
コメント (4)

チケット当選!

2005-09-28 05:22:27 | 音楽
先日、申し込んでおいた、クイーン+ポール・ロジャースの追加公演のチケット、プレリザーブ結果の連絡がきました。
な・な・なんと希望通りの、10月29日分のチケットが当選しました!!!
アリーナA席で、ステージからも結構近いです。
ちょっと、ラッキーだったりして。
公演まであと1ヶ月、わくわくしながら待ちたいと思います。


ブログランキング登録中!クリックお願いします
コメント (9)

クリニックへ行ってきました

2005-09-27 05:50:40 | 通院
昨日は、クリニックへ行ってきました。
予約の時間に、間に合うよう行ったのですが、いつもより混み合っており珍しく少し待たされました。診察には、だいたい一人5分~10分程度かかるのですが、結構長い時間カウンセリングを受けている方もいたようです。
帰りには、次回の予約を取っていくのですが、人それぞれです。待合室で受付の方との話を聞いていると、1週間後、2週間後、1ヶ月後と、人それぞれ今の症状によって医師が決めています。
そんな診察後の、人たちの様子を気にしながら待っていると、ようやく自分の名前が呼ばれました。主治医から2週間の出来事、症状などを話すと、親身なって話を聴いてくれます。アドバイスもしてくれるので、診察の時は結構リラックスできます。なんというか、心が落ち着くんです。
現在、会社での様子がまだ不安な状態が続いているので、それを改善する薬を1日3回分追加してもらいました。
そんなわけで、次回の予約はいつもなら2週間後なのですが、ちょうど祝日にあたり休日なので、次の週で3週間後になりました。診察期間が延びることはちょっと不安なのですが、今の状態ならなんとか持ちそうです。
以前に比べれば、少しずつ快方に向かっている感じもします。



ブログランキング登録中!クリックお願いします
コメント (5)

連休明けて、会社と通院

2005-09-26 05:10:37 | Weblog
連休明けです。今日から、また会社です。
今日は、通院の日(午後)でもあります。
連休明けの会社ってのは、ちょいと辛いです。
んー、気分がいまいちです。
でも、通院の予約が入ってるので午後3時過ぎには仕事も終わる。
そんな事を考えていたら、ちょっと気が楽になった。
そんな訳で、今週もマイペースで過ごそうと思います。



ブログランキング登録中!クリックお願いします
コメント (2)

ナショナル・パナソニック フェア

2005-09-25 06:38:13 | Weblog
昨日は、私のなじみの電気屋さん達で行っている、ナショナル・パナソニック フェアへ出かけてきました。
ちょうど、家のテレビがおかしい(色合いが悪い)ので、修理の相談も兼ねて行って来たのですが、余計なものをついつい買ってしまいました。
その物とは、ネーミングそのもの「ジョーバ」(乗馬)。いわゆる健康器具で、またいで乗るだけで、乗馬しているかのごとく動き、体のお腹の辺りから下半身の運動をしてくれるマシンである。
なんと15分乗っているだけで、30分歩いただけの体力消費に相当するらしい。
お腹からお尻、太もも辺りの脂肪を燃焼させ、ダイエットにもなるようです。
普段、運動をしない私にはぴったりのマシンである。私の親も健康のために、歩いているが、天候に左右されず部屋で、相当の運動ができるのと、妻や子供たち家族全員使えるので、買って損は無いだろうと思い、値切りに値切って○○○円で買いました。
そんなわけで、予定外の物を買ってしまい、更には液晶テレビ(ビエラ)も勧められ、カタログを貰ってきました。私の地域も、来年には地上波デジタル放送も始まるので買い替えの時期にきてるんです。
ついつい、電気屋さんの話にのせられて、買ってしまいそうな私・・・。
アー、買おうと思っていたストラトキャスター・JBモデルが遠ざかっていきそうです・・・


ブログランキング登録中!クリックお願いします
コメント (6)

チケット、プレリザーブ申し込み完了!

2005-09-24 05:14:13 | 音楽
クイーン+ポール・ロジャースの追加公演、「チケットぴあ」にてプレリザーブ申し込み完了しました。
申し込んだ日は、10月29日(土)の分です。
抽選結果発表は9月26日です。チケットが、取れればいいのですが。



ブログランキング登録中!クリックお願いします
コメント (3)

クイーン+ポール・ロジャース 追加公演 決定!

2005-09-23 05:30:53 | 音楽
クイーン+ポール・ロジャースの追加公演が決定しましたね。
予想はしていたのですが、さてどうしようかな。
さいたまスーパーアリーナの公演は、仕事の関係であきらめていました。
今回の追加公演は10月29日(土)/30日(日) 横浜アリーナ。
open 16:00 / start 17:00
S席:12000円/A席:10000円。
いずれも休日だし、日帰りできるかも?
ちょっと、新幹線の時刻表をみて検討してみようとおもってます。
でも、早めにチケット取らないとな~(汗)


ブログランキング登録中!クリックお願いします
コメント (9)

ピッキング・フォーム(3大ギタリスト編)

2005-09-22 05:20:15 | 楽器
昨日に続き、今日はギターのピッキングについて調べてみました。
エリック・クラプトン:小指を軽く伸ばして他指を自然に折り畳んだ感じのナチュラルな握り方フォームと、コード弾き時に顕著に見られる他指をまとめてスッと伸ばした”バー型フォームを併用するのが基本スタイル。
ジェフ・ベック:何といってもフィンガー・ピッキング。以前はフラット・ピックを使用していたが、現在は完全にフィンガー・ピッキングに転向している。親指のみ、人差し指のみ、その2指のコンビネーション、そして早弾き時には、ピックを持ったつもりのフォームを作って人差し指の先端で弾く。これはなかなか弾きこなすのに大変そうです。
ジミー・ペイジ:他指をスラリと伸ばした”バー型”が基本フォームギターの位置が極端に低いので、上から打ち下ろす感じ、あるいはちょっと手をコネクリ回す感じの動作で、ブリッジ寄りの位置をラフにピッキングする。ここに奏法面の一番の特徴とジミー・ペイジの個性がある。それと、”ピック+他指”のツマミ弾きも意外と多い。
さあ、どうでしょう。自分に当てはまるのは?
やはり、基本的なフォームは、エリック・クラプトンがタイプでしょうか。
他の二人のピッキングも、こなせるとピッキングの領域も広がって楽しいかもね♪


ブログランキング登録中!クリックお願いします
コメント (4)

ギターの構えは3者3様(三大ギタリスト編)

2005-09-21 05:06:00 | 楽器
最近は、バンド活動も一時休止状態なのですが、家でギターを弾く時って床に座って弾くのですが、実際立って弾く時の構えってどうなのでしょう?
いわずと知れた3大ギタリストについて見てみました。
エリック・クラプトン:ベルトの位置より少し低めにギターを構える中くらいの高さ。
ジェフ・ベック:エリック・クラプトンより少し高めの位置。
ジミー・ペイジ:レッド・ツェッペリン時代、レス・ポールは低く構えるのが一番カッコイイ!をというイメージを作り上げた。ギターの下側が膝あたりにくる、まさに股間弾きの元祖!
それぞれ、構え方をみても三者3様である。オーソドックスで端正なプレイを身上とするクラプトン、演奏性と機能性を優先させるベック、楽器の持ち方にも個性を主張するペイジという大雑把なプレイ指向が見えてくる。ただこのギターの位置は時代と共に多少の変化がおきている。クラプトンは、年代と共に高くなる傾向で、ベック位の高さだし、ジミー・ペイジも今ではずいぶんギターの位置が上がってきている。それでも低めなほうですね。(カリスマ的イメージが無いのは残念・・・)
じゃあ、自分はどうなんだろう?ふっと考えてみた。やはり、高いほうが引きやすいのでエリック・クラプトンやジェフ・ベックに近いんだろうな。どうやってもジミー・ペイジの真似はできません(爆)


ブログランキング登録中!クリックお願いします
コメント (4)