同志社大学体育会航空部 活動日誌

同志社航空部の活動報告を公開中!

板倉滑空場に行ってきました

2019年01月05日 | 日常
あけましておめでとうございます。
二回生の清水です。
今年も同志社航空部をよろしくお願いいたします。

本年の初更新は私がGETしちゃいました☆

タイトルの通り板倉滑空場にお邪魔させていただきましたのでそのご報告をします。
また、今回板倉滑空場を拠点に活動する日本グライダークラブ様が制定しているラインボーイ制度というものを利用いたしました。
これはR/Wワーク(グラウンドワーク)をすることにより学生は2000feet30minまでのフライトを無料ですることができその上なんと3000円の交通費を貰えてしまうという夢のような制度です。

私は出身が成田の隣町なので帰省ついでに行ってまいりました。
板倉に申請する書類とか但し書き申請の仕方など手順など堅いものは同志社のOneDriveにあげておくのでどれだけ楽しかったかを書いていこうと思います(ㆁωㆁ*)

機体はTwinⅡです、操縦系統はさほど変わりませんが計器が高度計がfeet、バリオがknot、速度がkm/hでした。feet計は読みが慣れるまで??ってなるときが何度かありました、時計の長針短針みたいな感じでした。
後席教官は世界選手権に出場していらっしゃった丸山さんに乗っていただきました。
そして2000feetでいいの?本当に?
という甘い言葉に誘われて離脱は4000feetで!とお願いしました。

切り離したところでプラスがあり8knotでどんどんあがっていき5400feetくらいまであがりました。その後同じプラスを求めて元の位置に戻りましたが上がれずR/Wに寄せました。
それから最低1200feetくらいまで落ちたり弱いプラスであがったりを繰り返しながら最終的に1+04で着陸しました。

言葉で書くとこれだけですが飛んでいる間に知らなかったことを沢山丸山さんが後ろから教えていただいています。
上がってる機体の下に入れば上がれるサーマルもあったのに全然上がらないサーマルもあるその差、山の有無によっての風量の変わりよう、尾根や谷を見てのリッジの探し方など…

いつか私が本当にその知識を活かせるようになるときまで頑張って理解を深める&技量を上げられるように頑張ります(´・ω・`)

そしてなんとディモナ右席でのフライトもさせていただきました!これはなんと無料で!写真を撮り、タッチアンドゴーに興奮した完全なエンジョイフライトでした笑


そして訓練のあとにはブリーフィングと櫻井さんの今日の概況の説明がありました。これがまたとても勉強になって気象の複雑さ、自分の浅学さがよくわかりもっと気象について勉強しなきゃという気になりました。

結局4000feet切り離し、1+04のフライトだと計¥6600超過料金が発生しましたが交通費支給分を差し引けば¥3600で東海関西でいうとWT1発ちょい足しくらいです、それでここまで濃密な体験ができてすごい満足しましたし楽しかったです!

日本グライダークラブの皆様方、本当にありがとうございました。
また機会がございましたらぜひよろしくお願いいたします。


コメント (4)

12月同志社・名城合宿@木曽川 最終日

2018年12月20日 | 合宿
今回の合宿でピストを務めました、4回生の藤井です。

最終日の訓練報告をします。
機体は299、30GC、448、06DWの4機を組みました。
昨日と逆に大変静穏な気象条件で、基本的な操縦練習に向いた日でした。下回生を中心にどんどん飛んで発数を伸ばせました。


本日、同志社合宿では恐らく初めての田渕教官と学生同乗フライトがありました! ちなみに1発目は同志社1回生の池田でした。
田渕教官、これからもご指導よろしくお願いします。


次なるトピックは昨日耐空検査を通したばかりのASW28(AIONⅢ)です。
4回生の山口は朝のチェックフライトに合格し、念入りなシート完熟をしました。
そして11時頃、山口の初ASW28を達成しました! 直近のASW28の学生フライトは2年前になるのでしょうか? その時もピスト席から見ていた覚えがあります。やはりASW28に乗りこなすパイロットは格好良く見えるものです。同期の快挙に少しだけピスト席を離れて機体取りに出させていただきました。


日没や撤収作業の兼ね合いで14時半に最終着陸、撤収となりました。

この日の発数は40発、合宿通して68発となりました。数だけを見ると決して多くはないですが、初日はサーマルソアリング、2日目は基本的な操縦練習と内容は充実したものだと思います。

また1回生の体調不良が相次ぎ不参加が多くなったのは痛かったです。年明けは体調管理には注意した上で万全な状態で参加していただきたいです。

個人的には、この仕事が久しぶりとはいえ忘れていることや不手際が多くサブピや教官に多大な迷惑をおかけしたことを反省しています。後輩の皆さんは、私の姿を反面教師として次回以降の糧にしていただけたらと思います。

次の同志社合宿は2月木曽川となります。

ありがとうございました。
コメント (2)

12月同志社・名城合宿 1日目

2018年12月15日 | 合宿
こんにちは 2回生の清水です。
私にとって半年ぶりの同志社合宿です。

1日目はとっても条件に恵まれた日でした。
朝一発目から最終発航まで最低でも10分以上、最長1時間3分のフライトがあったりと木曽川じゃないみたいでした。

しかしながら主管校でありながら同志社の参加人数は5人という…。
一回生の半分以上が体調不良で合宿に不参加ともったいない結果になってしまいました。

私もサブピながら一発飛んできました!14分でした
私の先に飛んだ21が10分、後にとんだ23が7分ですが私の次にとんだ13が55分フライトしてたので悔しかったです。
ソアリング途中で元のポジションに戻ってればたぶんもっと滞空できたと思います。
地上に帰ってきてからソアリングの選択ミスで悔しい思いをしたのは初めてだったので
ちょっと競技とかでみんなが味わえてる気分が体験できてなんかうれしかったです笑

また、この合宿は結果的に7校の学生が集まってて参加者が楽しめてるっぽく運営側としてはうれしいです。

28の久々の木曽川で飛んでいる姿も見られました。
今回も耐空検査を無事に通りました。
ご協力していただいた方ありがとうございました。

また、OBの村瀬さんご夫婦,清水さんと西山さんに差し入れをいただきました!
ありがとうございます。おいしくいただきました!

コメント (2)

12月同志社名城合宿@木曽川 集合日

2018年12月14日 | 合宿
こんばんは
ブログ更新遅れてしまい申し訳ありません
英語の授業で「恋愛論」というよく分からない本を読まされている大倉です

集合日は整備士の坂口さんを含めて4人でのオープンとなりました。
着いたら3機のオープンをしなければならないので、非常に忙しいなと思いながら木曽川へ向かいました
しかし着いてから宮地さんから伝えられたのは「さっき国土交通省から電話があって、ゲートが通れないそうだ」ということでした
こんなにも行政の遅いことで怒りに打ち震えたのは言うまでもありません
逆ゲートへ通ることもできたのですが、やめておこうという話になりました

ただ宿舎でも行うことはたくさんあるので先にそれを終わらし、16:00ごろから何台か運べるとのことだったのでそれを手伝いました。山本さんと宮地さん、坂口さんにドライバーをしていただき3台は運べました
やはり牽引できる人はかっこいいですね
憧れます

それからはすぐに日が暮れ、ランウェイから撤収しました
大工や府大の外参組も宿舎に来て引き継ぎしてから、明日からリーキャンだったので夜に帰りました
w28の耐空検査が何事もなく無事に終わるように願うのみです

今回合宿のオープンに手伝っていただいた坂口様、ありがとうございました

これで今回のブログを終わります
コメント (1)

トレセン 最終日

2018年12月09日 | 合宿
こんにちは、4回生の山口です。

11/24〜12/3で全国大会強化合宿(トレセン)に参加しました。
私自身1回生ぶりの妻沼でしたが、かなり成果のある合宿となりました。

・24kmタスク達成
・1時間滞空達成
・出場機体での飛行時間5時間達成
・総飛行時間35時間達成
・初ATソロ

以上5つの項目を達成し、全国大会の経歴を揃えることができました!
関関同立戦前には総飛行時間が23時間半だったことが信じられません。
現在では38時間となりました。

妻沼は一見条件が渋そうな日でもサーマルができていて、木曽川や大野とはまた違った、恵まれた滑空場だと感じました。

次に妻沼でフライトするのは全国大会です。
経歴がたまったことに満足せず、あと3ヶ月でできる限りの対策をして全国大会に臨みたいです。
コメント (2)

トレセン6日目

2018年12月01日 | 合宿
再び妻沼に帰ってきました、一回生の硲です。

トレセンも終盤に差し掛かり、最後まで気をひきしめていこうという思いで今日一日訓練をしました。

今日は朝から北風が吹いていましたが、11時半を過ぎたあたりから横風成分が強くなり、時より背風が吹き始めたので、お昼のタイミングでピス交をしました。しかし、その後風が再び北風になったため、お昼休憩が終わった時に、ピス交返しをしました。

午後は急に風が強くなったため、訓練を中断しましたが、そのまま風が弱まらなかったため撤収となりました。

今日の気象は、まだまだ知識がない自分にとっては難しいものでしたが、mtgで話された「気圧の谷」や地上と上空の風の強さの違いなど、新たに多くのことを知ることができました。

自分は明日の陸送で帰ってしまいますが、出来る限り作業を手伝って、自分が上回生になったときにしっかりと指導できるようになりたいです。
コメント

トレセン5日目

2018年11月30日 | 合宿
こんにちは一回生の登島です。
本日の訓練では、先日同様ATとWTを並行して行いました。しかし昨日とはうって変わって条件もあまり良くなく滞空機体はほぼありませんでした。やはりグライダーは自然との駆け引きだということを強く感じます。

今回自分も始めて妻沼滑空場へ来ました。全国大会の会場ということでランウェイも二本ありWTとATが並行して行えるなどとても広いという印象を受け、また条件もかなり高確率で出て滞空し易いとも思いました。
今回自分も8月の福井合宿以来の滞空をし、やはりグライダーの操縦は楽しいものだと再確認しました。しかしサーマルの中では自分の思い通りには機体を操縦できず、もどかしい思いもしました。全国大会の選手が続々と単座で空に出るのを見ると羨ましく、かっこいいなと思います。自分も早く選手として活躍できるよう頑張ります。
コメント

トレセン4日目

2018年11月29日 | 合宿
こんばんは。一回生の松本大瑚です。
本日の訓練は、昼頃に滞空する機体がでてきて、組んだ6機全てが上空にいることもあるなど条件に恵まれたものとなりました。

今回の合宿で妻沼には初めて来ましたが、色々な土地で飛ぶことは、良い経験にもなり、何よりもとても楽しいことであることを実感しました。

フライトに関しては、少しずつ自分で考えて飛ぶことが出来るようになってきて、とても嬉しい気持ちがある反面、地上での勉強やイメージトレーニングの大切さ、自分の勉強不足を痛感することとなりました。
また、同志社四回生の山口さんをはじめとした選手の方々が、ASK23やDiscusなどの単座機で滞空する姿をみてとてもカッコいいなと思いました。

授業の関係で今日帰ることになり残念ですが、訓練はまだ続くので、天候が崩れないことを願っています。
コメント

トレセン3日目

2018年11月28日 | 合宿
こんにちは、3回の谷です。
今日の訓練は午後からの雨の可能性を考慮してWTのみの訓練でした。結局雨は訓練中は降らなかったのですが、午後から南東からの風の為、ピス交となりました。

一回生に関しては昨日からの養成もあり、多くの子が一人立ちしました。また朝の機体組の流れが掴めてきたみたいで自分から次に必要な作業にかかろうとし、機体組みバラしのスピードも夏に比べて上がってきたように思います。発数も20発前後となり段々と自分が考えて操縦する箇所が多くなり、難しさを感じつつもそこの楽しさもわかってきたと話していました。

僕個人としては妻沼のフライトは一年ぶりで地形の再確認から始めました。木曽川と違い滑空場の幅が広く、ランウェイが2本あるなど戸惑いつつも、十分慣熟できたように思えます。

トレセンはまだまだ続きますので同志社として妻沼で練習できる機会を存分に活用していきたいと思います。
コメント

トレセン2日目

2018年11月27日 | 合宿
こんばんは、二回生の清水です。
寒暖差が大きくてしんどいです。

昨日は発航順回ってきたのですが今日はまわってこなかったのでひたすら走り回ってました。

一回生の親をしてたのですが一回生が頑張ってくれて、この2日で独り立ちしたりかなり独り立ちが進んだりしててなによりです、逞しく育ってほしいです。

全然関係ないですが今日は曳航機に関東にハスキーをお借りしました。
モーターグライダーですらエンジン音にびっくりしたのに軽飛行機のハスキーはさすがの迫力でした。
そして小回りが聞いててすごかったです。胴体に書いてあるJALはなんの意味なのでしょうか…

私は明日までなので体調に気をつけてラスト一日頑張ります
コメント (3)