クリエイティブビジネス論!~焼け跡に光を灯そう~

元コピーライター・境 治が、焼け跡になりつつあるこの国のクリエイティブ業界で、新たな理念を模索するブログなのだ!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

例えば3D映像はクリエイティブデフレを抑止できるか

2009-11-17 00:27:51 | 再生のギョーカイ
なんだかまたどなたかの\"つぶやき\"があったみたいで、またアクセスが増えていた。前々回のギョーカイ決算表が\"ウケた\"らしい。そうかあ、グラフや表を置いてそれに分析的なこと書けばウケるのかあ。ってこらこら。別にアクセス数増やしたくて書いてるわけじゃないだろ、おれ。こっそり書いてるんだろ。でもまあ、何かを表現すると、少しでも多くの人の反応が欲しくはなるよね・・・ . . . 本文を読む
コメント (2)

メディアの選択肢が増えるとデフレが起こる・カッコ仮説

2009-11-11 00:30:27 | 再生のギョーカイ
メディアがデフレでクリエイティブもデフレだ~、ということを書いている。その真相に迫りたいと、いろいろ頭をめぐらせてみた。うーん、こういうことなんでねえ?と思えるモデル図をつくってみたぞ。インターネット登場時に、集中と拡散が同時に起こる、と言う人がいた。それがヒントなんだけどね・・・ . . . 本文を読む
コメント (4)

業界デフレ~テレビ局・代理店上期決算出揃う

2009-11-09 00:33:47 | 再生のギョーカイ
すでに話題になってるけど、テレビ局と電通博報堂の上期の数字が発表された。正確に言うと、一部の企業は決算結果を出したんじゃなく、\"業績予想の修正\"を発表しただけなのだけど、上期についてはほぼ、結果だとみていいだろう。で、TBSが最終赤字だとかブログのネタになってたりした。表にして並べて見ると、なんだかなー、と溜息が出る。クリエイティブのデフレの話の続きとして、この暗い数字を見てみよう・・・ . . . 本文を読む
コメント

メディアのデフレ、クリエイティブのデフレ

2009-11-02 00:57:32 | 再生のギョーカイ
せっかくアクセス数が増えたのに一週間サボっていたら11月になっていた。今年も余すところ2ヶ月だ。なんだか焦るじゃないか。焦ると言えば、なんだかデフレムードだ。いや日本経済の、ということじゃない。メディアの、そしてクリエイティブの、ということだ。メディア優位か、コンテンツ優位か、と前々回書いた。その最後に意味あり気に\"他にも大問題がある\"とも書いたの、覚えてる?そしてそっちの方が大問題なんだ、きっと・・・ . . . 本文を読む
コメント

日本国で、ギョーカイで、何が終わりを迎えているのか?

2009-10-26 00:08:13 | 再生のギョーカイ
\"日本国\"について書いているのか、\"メディアコンテンツ産業\"について書いているのか、よくわからなくなってきた。\"日本国\"について書き進むつもりが結局\"メディアコンテンツ産業\"について書いていたり、あるいはその逆だったりしている。なにしろぼくはずーっとその相関関係について考えながら生きてきたし、どうやったって関係があるに決まってるからね。そして国も業界も大きな大きな転換期を迎えようとしている。その変化は、どうも想像を超えたものなんじゃないかって気がしてきて・・・ . . . 本文を読む
コメント

ぼくたちの構造改革~メディア優位かコンテンツ優位か~

2009-10-21 01:00:16 | 再生のギョーカイ
古い希望を捨てる勇気を持ち、新しい希望をつくる意志を持とう。では新しい希望はどうやってつくるの?という話を書いていこう。ほんとは少し、古い希望を捨てるとは?という方をまず書こうと思ってたんだけど、ちょっと暗い話になるなあと躊躇していた。そしたら、今日、ある会社を辞めました、って人と話して、その人の話に感服したので、やっぱ先に\"次のこと\"を書いた方がいいかなと、少なくとも今日はそんな気分になってね・・・ . . . 本文を読む
コメント

希望を捨てる勇気、希望をつくる意志

2009-10-19 01:08:26 | 再生のギョーカイ
Twitterでのつぶやき以来、このブログのアクセス数の水準が変わった。こっそりギョーカイについて書いてきたので、少々戸惑っている。まあでも大した数でもないから、ま、いいか。ところで、\"再生のギョーカイ\"のサブタイトルでしばらく書いてきたけど、ほんとはちがうことを書くと宣言してたんだった。と、方向修正を図ろうとしてたら、池田信夫さんの『希望を捨てる勇気』という本が出た。ちょっと、これを方向修正のきっかけにしよっと・・・ . . . 本文を読む
コメント

再生のギョーカイその4~新聞の人たちは何してんの?~

2009-10-15 00:49:12 | 再生のギョーカイ
90年代テレビ隆盛の分析を、世間の声に応えて書いてみたら、昨日はまたすごい(あくまでいつものこのブログのアクセス数よりすごい)アクセス数だった。Twitterでつぶやいてくれたのは、メディアについてよく書いている著名なジャーナリストの方だった。ぼくはその人の本、いくつか持ってる。光栄!さらに、よくトラバしてくれるかねこっちさんの紹介で自分もTwitterの仲間入りしてみた。まだ使い方がよくわからなくてあんまりつぶやいてないけど。で、調子に乗って今度は新聞の話・・・ . . . 本文を読む
コメント (3)

再生のギョーカイその2+α~90年代テレビ隆盛の理由~

2009-10-13 00:29:10 | 再生のギョーカイ
先週このブログのアクセスが多かったのは、どうやらはてなブックマークでブックマークされたり、Twitterで誰かがつぶやいたりしてくれた結果らしい。ふーん、そういうこともあるのかー。で、そのブクマのコメントに「テレビが生き残った理由を分析するべし」というものがあった。そこまで踏み込むつもりはなかったのだけど、そう言われると、分析したくなるじゃないか。えーっとね、それはね、たぶんね・・・ . . . 本文を読む
コメント

再生のギョーカイその3~クリエイティブディレクター不要論~

2009-10-09 00:31:45 | 再生のギョーカイ
gooブログではアクセス数をIP数とPV数の両方で確認できるのだけど、今週はなぜかいつもより断然多かった。このブログは\"こっそり\"書いているのであちこちにトラックバックをかけるなど\"広める\"行為はしていないのでびっくりした。なんで?あんまり多いとドキドキしちゃう・・・まあ、それは置いといて、前回のグラフを見て感じたことをもう少し書いてみようかな・・・ . . . 本文を読む
コメント

再生のギョーカイその2~バブルの延長線上にあるテレビ広告~

2009-10-04 23:59:23 | 再生のギョーカイ
\"ギョーカイ市\"の20年にはひとつ特徴的なことがある、という前回の話。特徴的な点は何かと言えば、\"テレビ広告費の特殊性\"だ。というか、テレビが90年代以降、強大になっていったってこと。日本のテレビはとくに影響力が強いとよく言われる。それが90年代以降に顕著になっていったことが分かるのだ。グラフを作ってみてぼく自身、あらためて気づいたんだよね・・・ . . . 本文を読む
コメント (1)

再生のギョーカイ~バブルの夢のおしまい~

2009-10-02 01:10:40 | 再生のギョーカイ
ドラマ「再生の町」はそのまま\"この国\"の姿であり、メディアコンテンツ業界(=ギョーカイ)とほぼ重なる・・・という前回の続きね。どこがどう重なるのか?何から何まで重なるんだよ・・・万博で描いた幻想がバブル崩壊でガラガラと崩れ去り、なのにその夢から覚めない、そんな姿なんだ・・・ . . . 本文を読む
コメント

再生の町~万博の夢の終わりに~

2009-09-28 00:47:16 | 再生のギョーカイ
「20世紀少年」と「官僚たちの夏」について書いた。この2つの物語とまた共振しているのがNHK土曜ドラマ「再生の町」だった。このドラマがまた、26日の土曜日で終了した。どこがどう共振しているのか。わかりやすいポイントとして、このドラマにも万博が登場する。ラストシーンは象徴的に、現代の”太陽の塔”を見上げる主人公ファミリーで終わる。ここにも\"高度成長の夢の跡\"が登場するわけ・・・ . . . 本文を読む
コメント

「20世紀少年」と「官僚たちの夏」の終わり

2009-09-24 01:28:46 | 再生のギョーカイ
連休中はとくに遠くには出かけず、娘と「20世紀少年」の最終章を観に行ったりした。同じ日の夜、「官僚たちの夏」が最終回を迎えた。まったくちがう物語なのだけど、関連はいろいろあって、結局は同じ話だったとも言える。ちがうか。「官僚たちの夏」のつづきが「20世紀少年」なんだな・・・ . . . 本文を読む
コメント