京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

「肉小説集」/坂木 司

2015-02-10 00:02:10 | Book

「肉小説集」/坂木 司(KADOKAWA)

 

【肉小説集(2015/2/6読了)】


豚足×会社を辞めて武闘派として生きる元サラリーマン。
ロースカツ×結婚の許しを得るべくお父さんに挑むデザイナー。
角煮×母親に嫌気がさし、憧れの家庭を妄想する中学生。
ポークカレー×加齢による衰えを感じはじめた中年会社員。
豚ヒレ肉のトマトソース煮込みピザ風×片思いの彼女に
猛アタックを試みる大学生。
生ハム×同じ塾に通う女の子が気になる偏食小学生。
肉×男で駄目な味。

今までとちょっと違った坂木さんの切り口の小説でしたが、
坂木さんが肉を買いに肉屋さんに行ったとき、
豚の部位の写真を見てこの小説を書いてみようと思ったそうです

特に中年会社員のくだりと、
ハムに拘る小学生に哀愁と寂寞の思いあり(笑)
小学生の頃、放課後珠算に行く前に肉屋さんに寄り、
どうやったらこんなに薄く切れるのだと思うほど、
ペラペラに切って揚げられたハムカツの味は今でも
忘れられないし、中学生の頃に初めて食べた生ハムは、
擦り傷で血を舐めたときの血の味にソックリ(笑)

それぞれに、姿形は違うのだけど、
どこか人物描写の根底とそのキャラクターに、
ホリデーシリーズの面々の影が見え隠れしたりして(笑)

装丁を見て、馬の部位も思い出しちゃいましたよ

馬んざい

『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 「百段雛まつり 瀬戸内ひな紀... | トップ | 「ハリネズミまん」/耀盛號 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Book」カテゴリの最新記事